河合義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河合 義一(かわい ぎいち、1882年明治15年)3月11日[1] - 1974年昭和49年)7月25日[1][2])は、日本の農民運動家、政治家衆議院議員参議院議員

経歴[編集]

兵庫県加古郡、のちの高砂町(現高砂市[1][3]で、蔵元の家に生まれた[3]同志社中学校で学び、高砂教会で洗礼を受けた[3]1904年東京外国語学校仏語科を卒業し、日本銀行に入行[1][3][4]。その後、病気となり治癒したが、1911年、日銀を退職して帰郷した[1][3]

1919年、高砂町会議員に就任[1][2]賀川豊彦の活動に共鳴し農民組合運動に参加[1][2][3]日本農民組合東播連合会長、同兵庫県連合会長を務め[1][2]小作争議指導のため投獄されたこともあった[3][4]。また、日本労農党などを経て社会大衆党に所属し、1937年4月、第20回衆議院議員総選挙に兵庫県第三区から出馬して初当選した[1][2]

戦後、日本社会党に入党[1]1947年4月、第23回衆議院議員総選挙兵庫県第三区から出馬して当選し、衆議院議員を通算二期務めた[2]。また、1953年4月、第3回参議院議員通常選挙兵庫県地方区から社会党左派所属で出馬して当選し、参議院議員に一期在任し、参議院懲罰委員長を務めた[4]

伝記[編集]

  • 河合義一伝刊行会編『河合義一 : 農民の友として』河合義一伝刊行会、1976年。
  • 「河合義一伝刊行委」残務整理委員会編『河合義一 : 農民の友として 補記と報告書』「河合義一伝刊行委」残務整理委員会、1978年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『市民・社会運動人名事典』130頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』196頁。
  3. ^ a b c d e f g 『日本キリスト教歴史大事典』130頁。
  4. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』288頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年。