田中武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 武夫(たなか たけお、1912年大正元年)12月8日[1]1979年昭和54年)1月31日[2][3])は、昭和期の労働運動家、政治家衆議院議員

経歴[編集]

兵庫県出身[2][3]。1937年(昭和12年)中央大学法律科を卒業した[2][3]

1937年、鉄道省に入省し大阪鉄道局勤務となる[2][3]。その後、川西機械製作所に転じ、労働組合を結成し委員長に就任した[2][3][注 1]。1947年(昭和22年)日本社会党に入党[3]。明石地区労働組合協議会議長、兵庫県労働組合会議副議長、東播労連会長、兵庫県地方労働委員、兵庫労働金庫理事などを務めた[2]

1952年(昭和27年)10月の第25回衆議院議員総選挙兵庫県第3区から社会党左派公認で出馬したが落選し、次の第26回総選挙でも次点で落選した[4]。1955年(昭和30年)2月の第27回総選挙で初当選[2][3][5]。以後、1972年(昭和47年)12月の第33回総選挙まで再選され[3][6]、衆議院議員に連続7期在任した[2]。この間、検察官適格審査会委員、衆議院公害対策特別委員長、同公害対策並びに環境保全特別委員長、ロッキード特別委員会理事、日本社会党政策審議会特別委員会副委員長、同商工部長、同中小企業部長、同本部統制委員長代理、同本部選挙対策委員、同党代議士会副会長、国会白門会事務局長などを務めた[2][3]。その後、第34回総選挙に立候補したが次点で落選し引退した[7]

脚註[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本人事録 第6版』全国篇、525頁には「中央大学卒後三菱銀行入社 浅草橋通支店長 昭和二八年退社」と記載。

出典[編集]

  1. ^ 『日本人事録 第6版』全国篇、525頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』359頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』377頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』269-270頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』270頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』271-273頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』273頁。

参考文献[編集]

  • 『日本人事録 第6版』全国篇、中央探偵社、1963年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。