志公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
為公会から転送)
移動先: 案内検索
志公会
Japanese crest Kage jyuyonn Kukiku.svg
自由民主党の党章に用いられる陰十四菊
略称 麻生派
前身 宏池会(宮澤派)/政策研究会(三木派)
設立年 2017年7月3日
設立者 麻生太郎山東昭子佐藤勉
種類 自由民主党派閥
本部 全国旅館会館
位置 東京都千代田区平河町二丁目
メンバー 自由民主党所属国会議員
会長 麻生太郎
過去名 大勇会、為公会/番町政策研究所

志公会(しこうかい)は、自由民主党の派閥。通称麻生派。会長は麻生太郎

沿革[編集]

本節では、大勇会(河野派)・為公会(旧麻生派)および志公会(新麻生派)について述べる。番町政策研究所(合流時山東派)の沿革については番町政策研究所を参照。

大勇会[編集]

1995年平成7年)の自民党総裁選挙で、現職総裁は宮澤派の河野洋平だったが、同じ宮沢派の実力者である加藤紘一は河野再選を支援せず他派である小渕派橋本龍太郎を支持。加藤は橋本の党総裁当選に伴い自民党幹事長に就任。この結果、河野と加藤の対立は決定的となる。そして、1998年(平成10年)12月、宮澤派領袖が加藤となって加藤派となることに河野が反発、派内の加藤会長就任に批判的な議員麻生太郎ら15人と脱退し、翌1999年(平成11年)1月、河野を高く評価していた三木派出身の鯨岡兵輔を最高顧問に迎えて、正式に派閥として宏池会系大勇会河野派または河野グループ)を旗揚げした。

大勇会は1992年(平成4年)、河野が宮澤内閣内閣官房長官を務めていた頃に派閥横断的な政策集団として結成されているが、この時から後に河野と宏池会を脱退する粕谷茂ら反加藤色の強いメンバーが参加していた。このように理念・政策よりも反加藤という人間関係で集まって成立した派閥のため、領袖は親中派ハト派の河野であるものの、派のメンバーは麻生を筆頭に親台湾派のタカ派議員が殆どで、明確な政策的接合性はない。2000年加藤の乱では反加藤という派の性格もあり、森内閣不信任決議反対に回った。

政策の問題から、衛藤征士郎などは台湾李登輝来日を河野が執拗に妨害しているとして離脱した(後にタカ派色が強い清和会に入会)。また、河野が衆議院議長に就任した2003年(平成15年)11月以後は河野が党派を離脱する事になったため、座長の相澤英之衆議院議員が派閥を纏める立場に就いた。

2006年(平成18年)5月、グループ所属議員の河野太郎(洋平の子)が、同年9月に行われる自民党総裁選出馬に意欲を見せる麻生太郎に先駆けて、立候補を表明した。しかし、大勇会では既に麻生の出馬を前提に動いているため、鈴木恒夫大勇会事務総長が河野太郎に対し、「(河野が)総裁選出馬を辞退する場合は、麻生氏の推薦人になるように」と、異例の忠告を行った。そして実際に出馬断念し麻生陣営に参加した。

なお、河野洋平の父親である河野一郎が率いた「河野派」(春秋会、現在の石原派二階派のルーツ)との関連性はない[1]

為公会[編集]

2006年(平成18年)9月20日の自民党総裁選で、弱小派閥である河野グループ所属の麻生太郎が136票で次点となり、次期総裁の有力候補としての地歩を確立した。総裁選翌々日の9月22日、河野洋平が麻生に河野グループ(大勇会)会長就任を打診したが、麻生は今後の情勢を見極めて判断すると答えた。

2006年(平成18年)12月15日麻生太郎が大勇会を継承しつつ新派閥として為公会麻生派)を立ち上げた。大勇会(河野グループ)は8年に及ぶ歴史にピリオドを打ち、為公会・麻生派に引き継がれた[2]

麻生が旗揚げした新派閥には衆議院議長の河野洋平を除く旧河野グループ全議員11人に加え、無派閥の鴻池祥肇山口俊一赤間二郎鈴木馨祐各衆院議員が参加した。派閥名は、中国の古典「礼記」の一節「天下為公」から取った。

宏池会の3分派である谷垣派・古賀派・麻生派を再結集させる大宏池会構想がしばしば話題になるが、谷垣派と麻生派は明らかに別々の総裁候補を抱えていて利害が一致しないことと、2007年総裁選で麻生派と反麻生勢力(谷垣派・古賀派)という対立軸が先鋭化したこともあり、麻生派を除いた二派閥による中宏池会構想が浮上し、2008年(平成20年)5月13日にこの二派閥が合流した。

2007年(平成19年)9月23日に行われた自民党総裁選では、麻生派以外の全ての派閥領袖が福田康夫支持に動き、麻生包囲網と呼ばれる不利な状況が生じた。しかし、福田康夫の極度の圧勝を警戒する議員心理も働き、結果的には前回をも大きく上回る197票を獲得し、惜敗したものの麻生の存在感を見せ付ける形となった。その後の福田政権における党人事、閣僚人事では麻生派からの選出はなく、反主流派となった。

しかし、福田政権・自民党が支持率を落とす中で、反主流派であった麻生が影響力を次第に増していき、2008年(平成20年)8月1日内閣改造・党役員人事において麻生太郎が幹事長に復帰し、鈴木恒夫文部科学大臣に就任するかたちで主流派入りした[3]

2008年(平成20年)9月に行われた福田康夫総裁辞任に伴う自民党総裁選では、会長である麻生が自由民主党総裁に選出された。

その後総裁派閥として順調に拡大し、所属議員数21名を数えるものの、2009年(平成21年)9月第45回衆議院議員総選挙の大敗によって12名にまで後退する。同年12月には、統一会派「自由民主党・改革クラブ」の結成により、茨城7区選出の中村喜四郎も同会派に参加したため、茨城県選挙区選出の長谷川大紋参院議員がこれに反発し、麻生の慰留を振り切って自民党を離党。

第22回参議院議員通常選挙では、福岡県が地盤の麻生が福岡県選挙区から出馬した大家敏志の選挙対策本部長を務め、選挙後に大家、藤川政人の2人が新たに入会した。

2012年春、高村正彦率いる番町政策研究所(高村派)との合流を視野に勉強会を発足させた[4]

同年9月に行われた自民党総裁選では高村派と協力して安倍晋三を支持、当初不利とみられていた安倍を当選させる原動力となった。この為、2009年衆院選以来影響力の衰えを指摘されていた麻生は一躍党内随一の有力者となった。さらに3ヵ月後の第46回衆議院議員総選挙での自民圧勝を受け、求心力を上げていた麻生派は新人議員を多く獲得し、党内での影響力を増した。その後の第2次安倍内閣発足に伴い、麻生は副総理兼財務大臣兼金融担当大臣として入閣した[5][6]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣では、同派の山口俊一が、内閣府特命担当大臣沖縄及び北方対策担当科学技術政策宇宙政策消費者及び食品安全)として初入閣を果たし、副総理兼財務大臣の麻生に加えて引き続き麻生派は要職を確保することとなった[7][8]

2015年10月7日第3次安倍第1次改造内閣では、同派の河野太郎が、国家公安委員長内閣府特命担当大臣消費者及び食品安全規制改革防災)として初入閣を果たした。

2015年11月13日、番町政策研究所の山東昭子会長と、合併に向けた協議を行う[9]

2016年8月3日第3次安倍第2次改造内閣では、同派の松本純が、国家公安委員長内閣府特命担当大臣消費者及び食品安全防災)として初入閣を果たした。

2017年2月9日、前内閣府特命担当大臣経済財政政策担当)・甘利明神奈川県を地盤とする甘利の側近田中和徳山際大志郎福田峰之中山展宏の4人がさいこう日本との掛け持ちで入会した[10]

2017年5月15日、番町政策研究所との合流により新派閥を結成することになった。また、佐藤勉有隣会を離脱したメンバーの天元会の参加も決定した[11]

志公会[編集]

2017年7月3日、志公会麻生派)が59名[12]のメンバーで発足した[13]

山東派所属の熊田裕通、天元会と有燐会を掛け持ちしていた園田修光は派閥参加を見合わせた。また山東派前会長の大島理森は現在衆議院議長として自民党会派及び派閥を離脱中。

派閥の名称について麻生は「志を高く持ち、公を腹に収めてやってもらいたい」と説明している[14]

現在の構成[編集]

役員[編集]

会長[15] 会長代行 会長代理 副会長 事務総長 事務総長代理 事務局長 顧問
麻生太郎 山東昭子 鴻池祥肇
森英介
佐藤勉
山口俊一
鈴木俊一
棚橋泰文 江渡聡徳 松本純 高村正彦
甘利明

衆議院議員[編集]

麻生太郎
(12回、福岡8区
高村正彦
(12回、山口1区[16]
甘利明
(11回、神奈川13区
森英介
(9回、千葉11区
山口俊一
(9回、徳島2区
鈴木俊一
(8回、岩手2区
岩屋毅
(7回、大分3区
河野太郎
(7回、神奈川15区
佐藤勉
(7回、栃木4区
田中和徳
(7回、神奈川10区
棚橋泰文
(7回、岐阜2区
原田義昭
(7回、福岡5区
江渡聡徳
(6回、青森2区
松本純
(6回、神奈川1区
伊藤信太郎
(5回、宮城4区
井上信治
(5回、東京25区
北川知克
(5回、大阪12区
阿部俊子
(4回、比例中国
永岡桂子
(4回、比例北関東
丹羽秀樹
(4回、愛知6区
御法川信英
(4回、秋田2区
山際大志郎
(4回、神奈川18区
赤間二郎
(3回、神奈川14区
鈴木馨祐
(3回、神奈川7区
薗浦健太郎
(3回、千葉5区
福田峰之
(3回、比例南関東
武藤容治
(3回、岐阜3区
安藤裕
(2回、比例近畿
井上貴博
(2回、福岡1区
井林辰憲
(2回、静岡2区
今枝宗一郎
(2回、愛知14区
大見正
(2回、比例東海
工藤彰三
(2回、愛知4区
斎藤洋明
(2回、比例北陸信越
瀬戸隆一
(2回、比例四国
高橋比奈子
(2回、比例東北
長坂康正
(2回、愛知9区
中村裕之
(2回、北海道4区
中山展宏
(2回、比例南関東
牧島かれん
(2回、神奈川17区
宮川典子
(2回、比例南関東
務台俊介
(2回、長野2区
山田賢司
(2回、兵庫7区
大隈和英
(1回、比例近畿

(計44名)

参議院議員[編集]

山東昭子
(7回、比例区
鴻池祥肇
(4回・衆院2回、兵庫県
武見敬三
(4回、東京都
有村治子
(3回、比例区
猪口邦子
(2回・衆院1回、千葉県
大家敏志
(2回、福岡県
塚田一郎
(2回、新潟県
中西健治
(2回、神奈川県
中西祐介
(2回、徳島県
藤川政人
(2回、愛知県
高野光二郎
(1回、高知県
高橋克法
(1回、栃木県
滝沢求
(1回、青森県
豊田俊郎
(1回、千葉県
今井絵理子
(1回、比例区

(計15名)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “3億5000万円”で「新自由クラブ」 新党結成秘話編
  2. ^ 為公会発足。
  3. ^ 自民総裁選 麻生氏対抗馬に岸田外相、野田聖子、小泉進次郎
  4. ^ 念佛明奈 (2012年5月3日). “自民:麻生派と高村派 合併を視野に勉強会発足”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2012年7月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120731014817/mainichi.jp/select/news/20120504k0000m010045000c.html 2012年5月5日閲覧。 
  5. ^ 【自民党派閥研究】麻生派(為公会)・二階派(志帥会)・石原派(近未来政治研究会) 再登板目指す麻生氏、もう1ポストほしい (1/2ページ)
  6. ^ 【自民党派閥研究】麻生派(為公会)・二階派(志帥会)・石原派(近未来政治研究会) 再登板目指す麻生氏、もう1ポストほしい (2/2ページ)
  7. ^ 安倍、麻生両氏に「旧経世会支配」への怨念 自民役員人事に漂う派閥再編構想 (1/2ページ)
  8. ^ 安倍、麻生両氏に「旧経世会支配」への怨念 自民役員人事に漂う派閥再編構想 (2/2ページ)
  9. ^ 自民の麻生・山東派、合併視野
  10. ^ 麻生派に甘利氏ら5人「久しぶりスタート台に」読売新聞 2017年2月9日
  11. ^ “自民派閥3派の合流決定 会長は麻生氏、党内第2勢力に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK5H5S30K5HUTFK00N.html?iref=sp_poltop_feature_list_n 2017年5月15日閲覧。 
  12. ^ 志公会発足時の内訳は、為公会(旧麻生派)44名、番町政策研究所(山東派)10名、天元会(佐藤グループ)5名。
  13. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  14. ^ 新麻生派「第2派閥」に 山東派など合流で59人日本経済新聞 2017/07/03
  15. ^ “麻生副総理らが新派閥「志公会」結成-「政権をど真ん中で支える」”. ブルームバーグ (ブルームバーグ). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-03/OSI7R26TTDS001 2017年7月3日閲覧。 
  16. ^ 2012年12月、自由民主党副総裁就任に伴い形式的に派閥を離脱。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]