井上勝純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上勝純

井上 勝純(いのうえ かつずみ、明治17年(1884年7月1日 - 昭和13年(1938年9月15日)は、日本海軍軍人政治家子爵。最終階級は海軍大佐貴族院議員。旧名は松浦純

経歴[編集]

本籍は山口県伯爵松浦詮の八男として生まれ、子爵・井上勝の婿養子となる。明治39年(1906年)11月、海軍兵学校34期)を卒業し、翌40年(1907年)12月に海軍少尉任官。明治43年(1910年)8月、養父の死去に伴い子爵を襲爵。海軍大学校選科で学ぶ。

第2南遣枝隊参謀横須賀鎮守府付、臨時青島要港部副官、「扶桑分隊長、軍令部出仕(第3班第5課)、伊集院五郎元帥副官、「伊勢」分隊長、オランダ私費留学、フランス留学、「山城」分隊長、軍令部出仕(第3班第5課)、軍令部参謀などを経て、大正12年(1923年)12月、海軍中佐に進級。

ドイツ大使館武官、「駒橋艦長給油艦洲埼」特務艦長などを歴任し、昭和3年(1928年)12月、海軍大佐となる。「矢矧」「磐手」「加古」の各艦長などを経て、昭和6年(1931年)12月、予備役に編入された。その後、昭和8年(1933年)8月から死去するまで貴族院議員を勤めた。

親族[編集]

  • 妻:千八重子(1888年 - 1952年) - 井上勝の次女
  • 長女:正子(1910年 - 1953年) - 商法学者鈴木竹雄と結婚
  • 長男:勝英(1911年 - ?) - 子爵
  • 次女:加禰子(1913年 - 1930年)

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
井上勝
子爵
井上(勝)家第2代
1910年 - 1938年
次代:
井上勝英