矢矧 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese cruiser Yahagi 1916.jpg
艦歴
発注 1907年度計画
起工 1910年6月20日
進水 1911年10月3日
就役 1912年7月27日
除籍 1940年4月1日
その後 1947年 解体
性能諸元
排水量 常備:5,000t
全長 144.8 m / 134.1m(垂線間長)/140.5m(水線長)
全幅 14.2m
吃水 5.1m
機関 イ号艦本式缶混焼式16基
パーソンズ式直結タービン2基
4軸推進、22,500馬力
速力 26.0kt
航続距離
燃料 重油300トン、石炭1,000トン
乗員 414名
兵装 45口径15.2cm単装砲8門
40口径7.6cm単装砲4門
45.7cm水上魚雷発射管3門
装甲 舷側:89mm
甲板水平部:22mm
甲板傾斜部:57mm
司令塔:102mm

矢矧(やはぎ)は、日本海軍防護巡洋艦筑摩型の2番艦である。艦名は、長野県から岐阜県を経て愛知県に至る「矢矧川」にちなんで名づけられた。

艦歴[編集]

1910年、三菱合資会社三菱造船所(現・三菱重工長崎造船所)で起工、1912年7月27日に竣工し、二等巡洋艦に類別。日本海軍の巡洋艦として初めてタービン機関を採用し、同型艦三隻にはそれぞれ異なるタイプの機関を搭載している。

第一次世界大戦では、南洋諸島占領作戦に参加、さらに南シナ海インド洋、スルー海での作戦に従事した。

1923年から1937年までおもに中国水域の警備活動に従事した。

1940年4月1日に除籍され廃艦第12号と仮称、呉海兵団の練習船として使用した。

1943年には大竹に回航し海軍潜水学校で使用し終戦を迎えた。

1947年1月31日から7月8日まで笠戸ドックで解体作業を行った。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 小林恵吉郎 大佐:1912年4月20日 - 12月1日
兼海軍艦政本部艤装員(1912年4月20日 - 7月31日)
兼佐世保海軍工廠艤装員(1912年7月31日 - 8月31日)
  • 山岡豊一 大佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 阪本則俊 大佐:1913年12月1日 - 1914年5月6日
  • 長鋪次郎 大佐:1914年5月6日[1] -
  • 島内桓太 大佐:1915年2月1日 - 12月13日
  • 内田虎三郎 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 宮治民三郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 山口伝一 大佐:1917年12月1日 - 1918年12月1日
  • 小倉嘉明 大佐:1918年12月1日 - 1919年10月1日
  • 藤村昌吉 大佐:1919年12月1日[2] - 12月15日死去[3]
  • 高倉正治 大佐:1919年12月18日[4] - 1920年12月1日[5]
  • 常松憲三 大佐:1920年12月1日[5] - 1921年4月14日[6]
  • 左近司政三 大佐:1921年4月14日 - 11月20日
  • 島祐吉 大佐:1921年11月20日 - 1922年12月1日
  • 益子六弥 大佐:1922年12月1日- 1924年12月1日
  • 山本土岐彦 大佐:1924年12月1日[7] - 1925年4月20日[8]
  • 相良達夫 中佐:1925年4月20日 - 12月1日
  • 河村儀一郎 大佐:1925年12月1日 - 1926年11月1日
  • 辺見辰彦 大佐:1926年11月1日[9] - 1927年12月1日[10]
  • 池中健一 大佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  • 小籏巍 大佐:1928年12月10日[11] - 1929年5月1日[12]
  • 井上勝純 大佐:1929年5月1日[12] - 11月30日
  • 増島忠雄 大佐:1929年11月30日[13] - 1930年11月15日[14]
  • 水戸春造 大佐:1930年11月15日 - 1931年5月15日
  • 岩村清一 大佐:1931年5月15日 - 12月1日
  • 井上保雄 大佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第530号、大正3年5月7日。
  2. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  3. ^ 『官報』第2218号、大正8年12月24日。
  4. ^ 『官報』第2214号、大正8年12月19日。
  5. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  6. ^ 『官報』第2609号、大正10年4月15日。
  7. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3796号、大正14年4月21日。
  9. ^ 『官報』第4258号、大正15年11月2日。
  10. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  11. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  12. ^ a b 『官報』第699号、昭和4年5月2日。
  13. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  14. ^ 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 福井静夫『福井静夫著作集第4巻 日本巡洋艦物語』(光人社、1992年)ISBN 4-7698-0610-8
  • 『造艦技術の全貌』興洋社、昭和27年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]

  • 矢矧 [II] (軽巡洋艦)