駒橋 (潜水母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駒橋
艦歴
計画
起工 1912年10月7日
進水 1913年5月21日
就役 1914年1月20日雑役船として竣工
その後 1945年7月28日浸水着底
戦後解体
除籍 1945年11月30日
性能諸元
排水量 基準:1,125トン
全長 垂線間長:64.01m
全幅 10.67m
吃水 3.86m
機関 レシプロ機関2基2軸、1,200馬力
速力 13.9kt
航続距離
燃料 石炭:230トン
乗員 86名
兵装 8cm単装砲3門

駒橋(こまはし)は、日本海軍潜水母艦

概要[編集]

当初は運送船として計画され、1914年(大正3年)に雑役船「駒橋丸」として竣工した。しかし直後に潜水母艦として使用されることとなった。当時まだ潜水母艦の類別が無かったため二等海防艦に類別され、艦名も「駒橋」となった。日本海軍最初の潜水戦隊(第4潜水戦隊)の母艦となり、大正期は韓崎とともに潜水母艦として運用された。

しかし艦型が小型だったため元々母艦任務には適しておらず、1924年(大正13年)に潜水母艦に類別変更はされたが、それ以降は馬公を基地とした測量任務に就いている。1932年(昭和7年)の改装の際に測量艦として整備され、その後は南洋群島や北方海域での測量、警備任務に当たった。

大戦中はアリューシャン方面の測量のほかは、日本近海、特に横須賀鎮守府管轄の由良内・横須賀・室蘭間船団の直接・間接護衛任務に従事した。1944年(昭和19年)に入り尾鷲を基地とした対潜掃討部隊の旗艦となったが、終戦直前の1945年(昭和20年)7月28日に同地で敵機の攻撃を受け損傷浸水し着底[1]、そのまま終戦を迎えた。

なお、この「駒橋」に取り付けられていた「菊の御紋」は、尾鷲市にある曹洞宗金剛寺に保管されている。大日本帝国海軍の軍艦に取り付けられていた菊の御紋で現存しているものは、本艦を含め7例のみである[1]

測量艦として[編集]

本艦は1932年(昭和7年)に測量艦として整備された。また同時に老朽化した主機をディーゼルと交換した。その時点での要目は以下の通り。

公試成績[編集]

この項は『海軍艦艇史 3』による。公試成績が悪く(計画1,800馬力のところが1,200馬力弱)、翌年にディーゼルを修理した。この時ラ式ディーゼルから池貝ディーゼルに交換した可能性もある。

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
1,652トン 1,152BHP 12.306kt 1932年(昭和7年)11月24日 横須賀軍港防波堤外

駒橋は測量艦に類別変更されたのか[編集]

駒橋に関する文献やサイトの中には、「特務艦(測量艦)に類別変更された」という記述が現れる。一方で、『写真 日本の軍艦 第13巻』93ページには「類別上は最後まで潜水母艦のままであったとするのが正しいようである。」とある。

しかし、前者に関してみると、転籍日とされる1942年7月20日[2]には、確かにこの日、海軍大臣から鎮守府、艦隊、警備府の各長官に宛てて官房機密第二九三番電が発信されているが、その中の第三項には「三. 勝力ヲ軍艦籍ヨリ」と、同じ日に測量艦に転籍した勝力とは違って駒橋の名前はない[3]。一方、後者に関してみると、第二復員局が終戦後に編纂した「「阪復」三重県区内接収関係引渡目録」のうちの「艦艇目録」によれば、駒橋の艦種は「軍艦」であってその他の艦種にはなっていない[4]

海軍省が作製した「艦艇類別等級(別表)」では、駒橋は最後まで潜水母艦の欄にあり[5]、その後の内令や達号でも帝国軍艦籍を離脱させるものは出ていない。さらに駒橋が空襲で大破着底した翌日の1945年7月29日、駒橋艦首の菊花紋章が取り外されて尾鷲市内の寺に収容されていること[1]、8月1日付内令第697号による予備艦指定では軍艦籍にある他艦と同様第四予備艦に定められており、文書と物品の2つの面で駒橋が昭和17年7月20日以降も帝国軍艦籍のままであったことが確認できる。

軍艦籍にある艦艇が特務艦的な用途に使用された例としては、太平洋戦争中の水上機母艦能登呂があり、駒橋の場合も上に掲げた数少ない文献を見る限りでは、能登呂同様、軍艦籍にありながら特務艦的な用途で使用されていたものと考えられ、この点では水上機母艦から特務艦に戻った神威とは対照的な例となっている。

艦歴[編集]

  • 1912年(大正元年)10月7日 佐世保海軍工廠馬公要港部の交通船として起工
  • 1913年(大正2年)5月21日 進水
  • 1914年(大正3年)1月20日 雑役船「駒橋丸」として竣工。佐世保鎮守府籍。
    • 5月25日 雑役船(潜水艇母艦)となる
    • 8月16日 二等海防艦に類別変更、「駒橋」となる。第4潜水戦隊旗艦
  • 1920年(大正9年)4月1日 水雷母艦に類別変更
  • 1924年(大正13年)12月1日 潜水母艦に類別変更される。任務は馬公を基地とした測量が主となる
  • 1932年(昭和7年)6月20日[6] 横須賀海軍工廠で改装に着手。主機をディーゼルに換装、測量艦として整備する
  • 1933年(昭和8年)1月25日 ルソン海峡方面の測量任務のため佐世保を出港。以降南洋群島千島カムチャツカなどで測量兼警備任務に従事
  • 1937年(昭和12年)8月19日 第3艦隊に編入され中国大陸方面で行動
  • 1939年(昭和14年)6月2日 横須賀港を出港、以降は南洋方面での測量兼警備任務に従事する
  • 1941年(昭和16年)12月5日 横須賀鎮守府部隊に編入され護衛任務に従事
  • 1942年(昭和17年)7月7日 御前崎付近で座礁した貨客船榛名丸(日本郵船、10,420トン)の救助支援、警戒に従事[7]。任務終了後、第5艦隊付属に編入されアリューシャン方面での測量任務に従事
    • 9月29日 キスカ島北方で米軍機の攻撃を受け、至近弾により小破。搭載測量艇が3隻が使用不能となり、戦死者4名。横須賀工廠で修理、整備
    • 11月1日 役務を横須賀鎮守府測量兼警備艦に定められる[8]。横須賀鎮守府付属となり、再び近海の船団護衛に従事
  • 1944年(昭和19年)1月16日 尾鷲を基地とした第三海上護衛隊(1945年4月15日以降は第四特攻戦隊)・熊野灘部隊の旗艦となる
  • 1945年(昭和20年)7月28日 尾鷲で米艦載機の攻撃を受け浸水着底(呉軍港空襲)、放棄される
    • 8月1日 横須賀鎮守府測量兼警備艦の役務を解かれ、横須賀鎮守府第四予備艦に定められる[9]
    • 11月30日 海軍省の廃止に伴い除籍
  • 1948年(昭和23年)9月20日 浮揚、名古屋港に回航される。
  • 1949年(昭和24年)ころ 名古屋で解体

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』192-195頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  1. 神代護次:1914年8月16日 - 1915年12月13日
  2. (兼)福田一郎 中佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日 *本職:第3潜水艇隊司令
  3. (兼)太田原達 中佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日[10] *本職:第3潜水艇隊司令
  4. (兼)田口刺戟 中佐:1917年12月1日[10] - 1918年11月10日[11] *本職:第3潜水艇隊司令
  5. (兼)益子六弥 少佐:1918年11月10日 - 1919年2月15日[12] *本職:第12潜水艇隊司令心得。12月1日より中佐、本職:第12潜水艇隊司令[13]
  6. (兼)福田一郎 大佐:1919年2月15日[12] - 1919年7月10日[14] *本職:第13潜水艇隊司令
  7. (兼)益子六弥 中佐:1919年7月10日[14] - 1919年10月1日[15] *本職:第12潜水隊司令
  8. (兼)吉山百重[16]少佐:1919年10月1日[15] - 1919年11月1日[17] *本職:第11潜水隊司令心得
  9. (兼)益子六弥 中佐:1919年11月1日 - 1919年12月1日[18] *本職:第12潜水隊司令
  10. (兼)本内達蔵 中佐:1919年12月1日[18] - 1920年4月30日[19] *本職:第12潜水隊司令
  11. (兼)青木貞之助 中佐:1920年4月30日[19] - 1920年9月6日[20] *本職:第13潜水隊司令・兼務:第12潜水隊司令
  12. 古川良一 中佐:1920年9月6日 - 1920年12月1日[21] *潜水学校教官兼任
  13. 神本国太郎 中佐:1920年12月1日 - 1921年6月17日[22] *潜水学校教官兼任
  14. 江口穀治 中佐:1921年6月17日[22] - 1921年12月20日[23] *潜水学校教官兼任
  15. 河村儀一郎 中佐:1921年12月20日 - 1922年4月8日[24] *潜水学校教官兼任
  16. 和波豊一 中佐:1922年4月8日 - 1922年12月1日
  17. 植松練磨 中佐:1922年12月1日 - 1923年4月1日[25] *潜水学校教官兼任
  18. 高橋真十郎 少佐:1923年4月1日[25] - 1923年12月1日[26] *潜水学校教官兼任
  19. 森繁二 中佐:1923年12月1日 - 1924年12月1日
  20. 千谷定衛 中佐:1924年12月1日 - 1924年12月16日
  21. 星埜守一 中佐:1924年12月16日 - 1925年9月21日
  22. 日高(渡部)釗 中佐:1925年9月21日 - 1926年12月1日[27]
  23. 波多野二郎 中佐:1926年12月1日[27] - 1927年12月1日[28]
  24. 井上勝純 中佐:1927年12月1日 - 1928年8月10日
  25. 香椎哲二郎 中佐:1928年8月10日 - 1928年12月10日
  26. 松田源次郎 中佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  27. (兼)佐藤康逸 大佐:1929年11月30日 - 1930年1月15日[29] *本職・利根艦長
  28. 鈴木幸三 中佐:1930年1月15日 - 1930年12月1日
  29. 能美留寿 中佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  30. 山田省三 中佐:1931年12月1日 - 1932年6月20日[30]
  31. 実吉敏郎 中佐:1932年6月20日[30] - 1932年12月1日[31]
  32. 下坊定吉 中佐:1932年12月1日 - 1935年11月15日
  33. 岸人三郎 大佐:1935年11月15日 - 1937年10月22日[32]
  34. 山崎貞直 中佐:1937年10月22日[32] - 1938年11月10日[33]
  35. 相馬信四郎 大佐:1938年11月10日 - 1939年11月15日[34]
  36. 清水正心 大佐:1939年11月15日 - 1940年10月7日[35]
  37. 加藤文太郎 大佐:1940年10月7日 - 1941年4月1日[36]
  38. 山形政二 中佐:1941年4月1日[36] - 1942年2月1日[37]
  39. 大野周 中佐:1942年2月1日[37] - 1945年8月1日[38]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 旧海軍軍艦のヘッドマーク「菊の御紋」、三重の寺に保管 - 産経新聞、2014年11月14日付。
  2. ^ 『日本海軍特務艦船史』53ページ
  3. ^ 『横須賀鎮守府戦時日誌』。原文は「三. 勝力ヲ軍艦籍ヨリ、第二十五号及二十七号駆潜艇ヲ駆潜艇籍ヨリ、矢風ヲ駆逐艦籍ヨリ除カル」
  4. ^ 『艦船目録』
  5. ^ 海軍大臣官房発行 『内令提要 第10版(昭和20年3月26日現在)』の「艦艇類別等級(別表)」』 アジア歴史資料センター Ref.C13072056500 
  6. ^ 『艦長たちの軍艦史』による。『写真 日本の軍艦 第13巻』によると着工は4月15日。『海軍艦艇史 3』によると工事は4月から11月。
  7. ^ 『横須賀鎮守府戦時日誌』
  8. ^ 昭和17年11月1日付 内令 第2018号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070166200 
  9. ^ 昭和20年8月1日付 内令 第697号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070515700 。第四予備特務艦ではない。
  10. ^ a b 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  11. ^ 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  12. ^ a b 『官報』第1960号、大正8年2月17日。
  13. ^ 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  14. ^ a b 『官報』第2080号、大正8年7月11日。
  15. ^ a b 『官報』第2150号、大正8年10月3日。
  16. ^ 『艦長たちの軍艦史』では吉田百里となっている。
  17. ^ 『官報』第2175号、大正8年11月4日。
  18. ^ a b 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  19. ^ a b 『官報』第2323号、大正9年5月3日。
  20. ^ 『官報』第2430号、大正9年9月7日。
  21. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  22. ^ a b 『官報』第2664号、大正10年6月18日。
  23. ^ 『官報』第2817号、大正10年12月21日。
  24. ^ 『官報』第2903号、大正11年4月10日。
  25. ^ a b 『官報』第3199号、大正12年4月2日。
  26. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  27. ^ a b 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  28. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  29. ^ 『官報』第912号、昭和5年1月16日。
  30. ^ a b 『官報』第1641号、昭和7年6月21日。
  31. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  32. ^ a b 昭和12年10月22日付 海軍辞令公報 号外 第79号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  33. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第259号 昭和13年11月10日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  34. ^ 海軍辞令公報(部内限)第402号 昭和14年11月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  35. ^ 海軍辞令公報(部内限)第541号 昭和15年10月7日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  36. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第608号 昭和16年4月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080600 
  37. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第805号 昭和17年2月2日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084200 
  38. ^ 昭和20年8月15日付 秘海軍辞令公報 甲 第1886号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106900 

参考文献[編集]

  • 横須賀鎮守府司令部『自昭和十七年七月一日至昭和十七年七月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』(昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 横須賀鎮守府戦時日誌) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030319200
  • 第二復員局『艦船目録』(「阪復」引渡目録 第2復員局 (1-引渡目録-214)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08011205100
  • 『日本郵船戦時船史 上』日本郵船、1971年
  • 永石正孝/正岡勝直「大東亜戦争参加艦船表(永石表)」『戦前船舶資料集 第112号』戦前船舶研究会、2006年[出典無効]
  • 世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』海人社、1997年3月号増刊
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0463-6
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『海軍艦艇史 3 航空母艦、水上機母艦、水雷・潜水母艦』(KKベストセラーズ、1982年) ISBN 4-584-17023-1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]