硯海 (潜水艦母艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

硯海(けんかい)は日本海軍潜水艦母艇

艦名は関門海峡の雅称で元の意味は墨汁のたまった部分のこと。

1902年(明治35年)にで雑役船(320トン曳船)「硯海丸」として進水、1905年(明治38年)雑役船(潜水艇母艇)となる。1910年(明治43年)の第六潜水艇の遭難では「豊橋」「歴山丸」と共にその救助に従事した。1920年(大正9年)7月1日に特務艇(潜水艦母艇)に編入され「硯海」と改名。1927年(昭和2年)12月1日に除籍、1929年(昭和4年)に売却された。

参考文献[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]