第五艦隊 (日本海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第五艦隊(だいごかんたい)は、旧日本海軍の部隊の1つ。日中戦争時に増援のために編成され、華南方面に進出した部隊と、太平洋戦争時に本土東方警備・アリューシャン列島攻略を目的に編成した部隊の二つがある。

初代の第五艦隊[編集]

1938年2月1日、支那方面艦隊の増援部隊として編成し、同艦隊の3番目の艦隊として華南方面に進出した。1939年11月15日に支那方面艦隊に属する第三・第四・第五艦隊は「~遣支艦隊」に改名した。このとき、第五艦隊は第四艦隊と順序を入れ替え「第二遣支艦隊」に改名した。改名の前後にバイアス湾上陸作戦・海南島攻略作戦に参加している。後に第一・第三遣支艦隊は規模を縮小して根拠地隊へ降格したが、第二遣支艦隊だけは敗戦まで艦隊を維持している。

編制[編集]

歴代司令長官(第二遣支艦隊改名まで)[編集]

  1. 塩沢幸一中将 1938年2月1日~
  2. 近藤信竹中将 1938年12月15日~
  3. 高須四郎中将 1939年9月29日~(改名後も留任)

歴代参謀長(第二遣支艦隊改名まで)[編集]

  1. 田結穣少将 1938年2月1日~
  2. 山口多聞少将 1938年12月15日~(改名と同時に転出)

二代の第五艦隊[編集]

1941年7月25日、連合艦隊の北方部隊として「多摩」・「木曽」・「鷺」・「鳩」の4隻で編成し、千島列島~本土東海上~小笠原諸島に展開した。ドーリットル部隊の奇襲を察知した、第22戦隊(黒潮部隊)の民間徴用船たる特設監視艇多数が被害を受けた。アリューシャン作戦にともなってキスカ島への進出を図る一方、南方攻略の完了に伴い、危機が去った小笠原諸島の警備を横須賀鎮守府に委譲している。

アリューシャン方面でアメリカ軍の反攻が始まり、艦隊の出動機会が多くなる。アッツ島沖海戦での消極的戦闘指揮の責任を問われ、細萱戊子郎司令長官が更迭されている。木村昌福司令官が指揮する第1水雷戦隊は、キスカ島からの陸上部隊撤退(キスカ島撤退作戦)に成功した。1943年8月5日に第十二航空艦隊と合同で北東方面艦隊を編制し、その隷下に収まる。

1944年10月に、北東方面艦隊に在籍したまま南方部隊に転進し、いわゆる「志摩艦隊」としてフィリピン沖海戦に参加。11月5日にはマニラで空襲を受け旗艦「那智」が戦没する。のちに礼号作戦にも参加。12月15日に正式に南西方面艦隊に移籍したが、1945年2月5日に第十方面艦隊新設とともに解散し、所属艦艇はその隷下に組み込まれた。

編制[編集]

1941年12月10日 太平洋戦争開戦時の編制[編集]

1942年7月14日 ミッドウェー海戦後の編制[編集]

  • 第21戦隊:那智、多摩、木曽
  • 第22戦隊:粟田丸、赤城丸、浅香丸
  • 父島方面特別根拠地隊
    • 第17掃海隊、まがね丸、江戸丸
    • 父島海軍航空隊、父島海軍通信隊
  • 附属:帆風汐風
    • 第26潜水隊:呂61呂62呂65呂67
    • 第33潜水隊:呂63呂64呂68
    • 第13駆潜隊、第1~3監視艇隊、君川丸、興和丸、第2日の丸、第10福栄丸、神津丸、第1雲洋丸
    • 第5警備隊

1943年4月1日 ガダルカナル島撤退後の編制[編集]

1944年4月1日 戦時編制制度改定後の編制[編集]

1944年8月15日 マリアナ沖海戦後の編制[編集]

  • 第21戦隊:那智、足柄、多摩、木曽
  • 第1水雷戦隊:阿武隈
    • 第7駆逐隊:曙、潮
    • 第18駆逐隊:霞、不知火、薄雲
    • 第21駆逐隊:初春初霜若葉

1944年12月15日 南西方面艦隊編入時の編制[編集]

歴代司令長官[編集]

  1. 細萱戊子郎中将 1941年7月25日~
  2. 河瀬四郎中将 1943年3月31日~
  3. 志摩清英中将 1944年2月15日~1945年2月5日(解隊)

歴代参謀長[編集]

  1. 中澤佑少将 1941年7月25日~
  2. 一宮義之少将 1942年11月6日~
  3. 大和田昇少将 1943年3月19日~
  4. 松本毅少将 1943年1月17日~1945年2月5日(解隊)

上級部隊[編集]

参考文献[編集]