朝風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝風
艦歴
発注 八六艦隊案
起工 1922年2月16日
進水 1922年12月8日
就役 1923年6月16日
その後 1944年8月23日[1]
または8月24日[2]戦没
除籍 1944年10月10日
性能諸元
排水量 基準:1,270t
全長 102.6メートル
全幅 9.2メートル
吃水 2.9メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズ式オールギアードタービン2基2軸 38,500 SHP
最大速力 37.3ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径12センチ単装砲×4基4門
53センチ魚雷連装発射管×3基6門

朝風(あさかぜ)は、大日本帝国海軍駆逐艦[3]神風型(2代目)の2番艦である[4]。 この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「朝風」[5]に続いて2隻目。 本艦竣工時の艦名は第三駆逐艦、つづいて第三号駆逐艦に改名され、最終的に「朝風」となった[6][3]。 艦名は海上自衛隊あさかぜ型護衛艦1番艦「あさかぜ」(グリーブス級駆逐艦のエリソンUSS Ellyson, DD-454/DMS-19[7]たちかぜ型護衛艦2番艦「あさかぜ[8]に引き継がれた。

艦歴[編集]

太平洋戦争以前[編集]

本艦は三菱長崎造船所で建造[9]。同造船所で建造された神風型は2隻(神風、朝風)[10][9]。 第三駆逐艦(朝風)は、1921年(大正11年)2月16日に起工[9]。同年12月8日に進水[9][11]。同造船所では第一駆逐艦(神風)を建造中である[10][11][6]1923年(大正12年)6月16日、第三駆逐艦は竣工した[2][9]。竣工翌年4月24日、第三駆逐艦は第三号駆逐艦へ改名[6][12]1928年(昭和3年)4月1日、初代「朝風」(掃海艇)は除籍[5]。同年8月1日附で、第三号駆逐艦は朝風と改名された[3][13]

1937年(昭和12年)12月1日、当時の朝風駆逐艦長一門善記少佐は初春型駆逐艦6番艦「夕暮」艦長へ転任[14]。本艦の姉妹艦「春風」艦長林利作少佐は春風艦長と朝風艦長を兼務することになった[14]

1938年(昭和13年)2月10日、神風型2隻(春風、朝風)艦長を兼務していた林利作少佐は兼務を解かれて朝風艦長のみとなり、姉妹艦「旗風」艦長菅原六郎少佐が旗風艦長と春風駆逐艦長を兼務する[15]。 11月15日、第5駆逐隊(朝風、春風、松風、旗風)から神風型2隻(朝風、松風)が除籍され、同2隻(朝風、松風)で第45駆逐隊を新編し、江戸兵太郎大佐(第5駆逐隊司令兼第6駆逐隊司令)は第45駆逐隊司令も兼務することになった[16]

1940年(昭和15年)10月15日、林利作少佐(朝風艦長)は吹雪型駆逐艦」艦長へ転任[17]上井宏少佐(当時、海軍兵学校教官)が朝風駆逐艦長に任命される[17]。 11月15日附で第45駆逐隊(朝風、松風)は解隊(駆逐隊司令金桝義夫大佐は軽巡「大井」艦長補職)[18]。2隻(朝風、松風)は元の第5駆逐隊に編入された。 また同日附で日本海軍は第五水雷戦隊を編制(司令官原顕三郎少将)[19]長良型軽巡洋艦3番艦「名取」、第5駆逐隊(朝風旗風春風松風)、第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)は順次、第五水雷戦隊に配属。訓練に従事した。

1941年(昭和16年)9月10日、上井宏少佐(朝風艦長)は吹雪型駆逐艦19番艦「」艦長[20](上井は漣艦長を経て、陽炎型「浜風」艦長。島風型「島風」2代目艦長)。道木正三少佐(当時、鴻型水雷艇「鳩」水雷艇長)が朝風駆逐艦長に補職される[20]。 11月26日佐世保を出港、台湾・馬公を経由し(12月7日19時に馬公出港)フィリピン方面へ向かう。この航行中に太平洋戦争が勃発した。

太平洋戦争[編集]

太平洋戦争緒戦では引続き第五水雷戦隊(司令官原顕三郎少将)に所属、フィリピン攻略戦等に参加する。

1942年(昭和17年)3月1日、ジャワ島バンタム湾上陸作戦の最中にバタビア沖海戦が発生[21]。 当時、第5駆逐隊(朝風、春風、旗風、松風)のうち「松風」は第四航空戦隊(司令官角田覚治少将。空母「龍驤」)護衛のため不在[22][23]。3隻(朝風、春風、旗風)のみ第七戦隊第2小隊(重巡《三隈最上》、駆逐艦《敷波》)、第五水雷戦隊・第三水雷戦隊各艦(名取、第11駆逐隊《 初雪白雪吹雪》、第12駆逐隊《叢雲白雲》)などと共に、連合軍の巡洋艦2隻(パースヒューストン)を協同撃沈した[24][21]。だが魚雷の同士討ちにより陸軍輸送船団旗艦「神洲丸《龍驤丸》」(第16軍司令官今村均陸軍中将座乗)以下輸送船4隻と掃海艇1隻が大破もしくは沈没した[24]。 後日、山本五十六連合艦隊司令長官は、増援として戦場に到着した3隻(三隈、最上、敷波)に感状を与えた。

1942年(昭和17年)3月10日、第五水雷戦隊は解隊(五水戦司令官原顕三郎少将は第十六戦隊《名取長良鬼怒》司令官に補職)[25][26]。これに伴い第5駆逐隊は第一南遣艦隊に転属[27]5月5日、「旗風」は第5駆逐隊から除籍[28]。横須賀鎮守府警備駆逐艦となる[29]。この編制替により第5駆逐隊は神風型3隻(朝風、春風、松風)となった[28]

本艦は6月のニコバル諸島攻略作戦、7月の西部ニューギニア攻略作戦、8月のチモール島攻略作戦、東南アジアでの船団護衛任務に従事[2]。 10月20日、朝風駆逐艦長は道木正三少佐から池田徳太(旧姓西村)大尉(スラバヤ沖海戦時の軽巡「神通」水雷長)に交代[30]。この後、道木少佐は峯風型駆逐艦8番艦「汐風」艦長[31]や吹雪型12番艦「敷波」艦長[32]等を歴任した。

新艦長を迎えた「朝風」は、高雄市(台湾)を拠点にシンガポール方面への輸送船団護衛任務に従事[33]1943年(昭和18年)2月25日、第5駆逐隊は解隊される[34]。これに伴い、本艦は第一海上護衛隊に編入された[2]。護衛任務に従事したあと、5月23日に佐世保へ帰投[2]。修理を実施した。7月19日、門司を出撃して南西方面への船団護衛任務に従事する[2]

1944年(昭和19年)3月1日附で西村(池田)徳太少佐(朝風駆逐艦長)は白露型駆逐艦2番艦「五月雨」艦長へ転任(7月2日まで)[35][36]。後任の朝風駆逐艦長は、陽炎型1番艦「陽炎」航海長および水雷長[37]、軽巡「由良」水雷長[38]等を歴任した山口浩大尉[35]

3月12日、神風型2隻(朝風、夕凪)は横須賀を出発[2][39]。第十一水雷戦隊司令官高間完少将の指揮下で東松2号船団を編制し、天龍型軽巡洋艦2番艦「龍田」(旗艦)、駆逐艦4隻(陽炎型駆逐艦野分》、神風型駆逐艦《朝風夕凪》、睦月型駆逐艦《卯月》)、海防艦・掃海艇・敷設艇等でサイパン島行きの輸送船団を護衛する。3月13日、米潜水艦サンドランスの雷撃で2隻(軽巡《龍田》、輸送船《国陽丸》)が沈没、高間司令官は旗艦を「野分」に変更した。他に大きな被害はなく、東松2号船団は概ね任務を達成した。

8月21日0900、神風型2隻(夕凪、朝風)は1TL型戦時標準タンカー第二八紘丸(日本油槽船、10,022トン)、同二洋丸(浅野物産、10,022トン)の2隻で編成されたタマ24A船団を護衛して高雄を出港[40]、翌22日、ルソン島沖を航行中、第二八紘丸がスペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) の雷撃によりバサレン湾に座礁したため、「夕凪」はその警戒として付き添った。 8月23日午前7時55分[1]、二洋丸を護衛中の「朝風」はルソン島ボリナオ英語版北緯16度02分 東経119度43分 / 北緯16.033度 東経119.717度 / 16.033; 119.717地点で、米潜水艦ハッド(USS Haddo, SS-255)に雷撃される[2]。「朝風」は大破、航行不能となった[1]。付近を通りかかった機帆船6隻の曳航で「朝風」は北緯15度56分 東経119度46分 / 北緯15.933度 東経119.767度 / 15.933; 119.767ダソル英語版湾に座礁。護衛艦のない二洋丸もこれに付き添った。22時35分、「朝風」は二洋丸が見守る中、転覆して沈没した[1]。砲術長、航海長以下乗員の一部が戦死した。夜半の沈没のため、喪失日を8月24日とする文献・資料もある[2]

護衛艦がいない二洋丸はダソル湾の奥まった部分に投錨した。同船をマニラまで護衛するため、第三南遣艦隊の命でマニラから第22号海防艦第102号哨戒艇が回航された。24日朝、第102号哨戒艇が二洋丸を誘導している間、第22号海防艦が湾口で対潜哨戒を行う。この時、湾口ではハッドとウルフパックを組んでいたアメリカ潜水艦ハーダー (USS Harder, SS-257) とヘイク (USS Hake, SS-256) が二洋丸を沈めるべく待ち構えていた[41]。第22号海防艦はハーダーを発見してこれを撃沈し、へイクを撃退。後第102号哨戒艇と二洋丸の2隻と合流し、3隻は24日夕方にマニラに到着した。

8月25日、「夕凪」はタマ24船団から分離した第25号海防艦に第二八鉱丸の警戒を任せ、タマ24船団に加入[42]。同日、タマ24船団を護衛中、米潜水艦ピクーダUSS Picuda, SS-382)の雷撃を受けて沈没した。

9月21日、座礁中の第二八鉱丸は船体が折損したため、積み荷の魚雷艇を他の船に移した後放棄され、二洋丸も同日、マニラ停泊中にマニラ大空襲に遭遇し、被弾の後大破着底した。

10月10日、神風型2隻(朝風、夕凪)は神風型駆逐艦[43]、帝国駆逐艦籍[44]から除籍。 生還した山口浩大尉は9月1日附で朝風駆逐艦長の職務を解かれる[45]。9月15日より松型駆逐艦16番艦「」艤装員長[46]。前月下旬に沈没した「五月雨」水雷長吉里三十四大尉も檜艤装員に任命されている[47]。9月30日附で山口は檜艦長となるが[48]、同艦沈没時に戦死した(1945年1月7日)。

ダソル湾からマニラまで二洋丸を護衛した第22号海防艦と第102号哨戒艇は、揃って終戦を迎えた。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』239-240頁による。

艤装員長[編集]

  1. 北川保橘 中佐:1923年4月1日 -

艦長[編集]

  1. 北川保橘 中佐:1923年6月16日 - 1923年10月15日[49]
  2. 小沢治三郎 少佐:1925年1月20日 - 11月10日
  3. 若木元次 少佐:1925年12月1日 - 1927年12月1日
  4. (兼)原顕三郎 中佐:1927年12月1日 - 1928年3月1日[50]
  5. (兼)杉本嘉多雄 中佐:1928年3月1日[50] -
  6. 坂野民部 少佐:1928年12月10日 - 1929年1月15日[51]
  7. (兼)村瀬頼治 少佐:1929年1月15日[51] - 1929年11月1日[52]
  8. 大藤正直 少佐:1929年11月1日 - 1931年12月1日
  9. (兼)阪匡身 少佐:1931年12月1日 - 1932年2月21日
  10. 崎山釈夫 少佐:1932年9月15日 -
  11. 丸安金兎 少佐:1933年9月30日 - 1934年11月15日[53]
  12. 楢原省吾 少佐:1934年11月15日 - 1935年10月31日[54]
  13. 横井稔 少佐: 中佐:1935年10月31日[54] - 1936年12月1日
  14. 一門善記 少佐:1936年12月1日 - 1937年12月1日[14]
  15. 林利作 少佐:1937年12月1日[14] - 1940年10月15日[17]
  16. 上井宏 少佐:1940年10月15日[17] - 1941年9月10日[20]
  17. 道木正三 少佐:1941年9月10日[20] - 1942年10月20日[30]
  18. 池田徳太 大尉:1942年10月20日[30] - 1944年3月1日[35]
  19. 山口治 大尉:1944年3月1日[35] - 1944年9月1日[45]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d #S1908第1海上護衛隊(1)pp.6-7『(ホ)朝風タマ二四A船団(八月二十一日高雄発「マニラ」行)ヲ護衛中八月二十三日〇七五五北緯一六度〇二分東経一一九度四三分ニ於テ敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ大破セシヲ以テ陸軍機帆舩ヲシテ曳航北緯一五度五六分東経一一九度四六分ニ擱座セシメタルモ二二三五右ニ傾斜巓覆沈没セリ』
  2. ^ a b c d e f g h i #ハンディ判艦艇写真集18pp.112-113(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇朝風◇
  3. ^ a b c #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第三號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 アサカゼ トス』
  4. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  5. ^ a b #除籍駆逐艦(2)pp.48-50『舊朝風(千噸以下)(略)(大正一三.一二.一驅逐艦朝風掃海艇籍ニ入ル昭和三年四月一日掃海艇籍ヨリ除カル)』
  6. ^ a b c #艦艇・駆逐艦(1)pp.2-3『驅逐艦改稱新舊名稱對照表』
  7. ^ #日本の海軍力29頁
  8. ^ #日本の海軍力120-123頁『DDG「たちかぜ」型』
  9. ^ a b c d e #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『朝風|(艦性能略)|三菱長崎造船所|11-2-16|11-12-8|12-6-16|(武装略)』
  10. ^ a b #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『朝風|(艦性能略)|三菱長崎造船所|10-12-15|11-9-25|11-12-28|(武装略)』
  11. ^ a b 大正11年12月9日(土)海軍公報第3051号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070284000 pp.16-17『○艦船所在○十二月九日午前十時調【長崎】驅一、驅三』/p.18『○驅逐艦進水 長崎三菱造船所ニ於テ建造ノ第三驅逐艦昨八日午前十時四十五分進水セリ』
  12. ^ #艦艇・駆逐艦(2)p.17『朝風|第三驅逐艦 大正一三、四、二四 第三號驅逐艦ト改稱』
  13. ^ #艦艇・駆逐艦(2)p.18『朝風|昭和三、八、一朝風ト改稱』
  14. ^ a b c d 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.33一門免職、p.38林補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  15. ^ 昭和13年2月10日(発令2月10日付)海軍辞令公報(号外)第136号 p.10林免職、p.11菅原補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073400 
  16. ^ 昭和13年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第261号 p.50江戸補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  17. ^ a b c d 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.39林免職、p.43上井補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  18. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.3金桝免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  19. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.47原補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  20. ^ a b c d 昭和16年9月10日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第708号 p.24上井免職、p.26道木補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082000 
  21. ^ a b #S1701五水戦日誌(3)pp.4-5『(ロ)「バタビヤ」沖海戰 輸送船隊南下中二月二十七日來「バタビヤ」港外附近ニ出没シアリシ敵艦艇ハ三月一日〇〇〇〇我ガ輸送船隊「バンタム」湾及「メラク」沿岸地區入泊ヲ了シタル直後即チ三月一日〇〇一五敵巡洋艦「ヒューストン」(米大巡)「パース」(豪乙巡)ノ二隻「バンタム」湾泊地ニ來襲セリ 當隊ハ直ニ5sd(22dg、松風缺)11dg 12dgヲ集結2D/7S及敷波ト協力夜戰ヲ決行「バンタム」湾外ニ於テ此ノ敵ヲ撃滅セリ』
  22. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.7『二月二十八日〇一二〇松風分離「カリマタ」海峡ニ引返シ4sfノ護衛ニ從事』
  23. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.66-67『別表第一 麾下艦船部隊ノ行動』
  24. ^ a b #佐藤 艦長(文庫)279-281頁『魚雷命中の記録はウソ』
  25. ^ 昭和17年3月10日(発令3月10日付)海軍辞令公報(部内限)第824号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084400 
  26. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.7『二.人員ノ現状』
  27. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.6『(ホ)三月十日附當戰隊ハ解隊セラレ名取ハ16Sニ 22dgハ2KF附属 5dgハ1KF附属ニ夫々編入セラル』
  28. ^ a b #内令昭和17年5月(1)p.31『内令第七百九十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年五月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎 第五驅逐隊ノ項中「、旗風」ヲ削ル』
  29. ^ #内令昭和17年5月(1)pp.31-32『内令第八百號 横須賀鎮守府豫備驅逐艦 驅逐艦 旗風 右警備驅逐艦ト定メラル|舞鶴鎮守府豫備水雷艇 水雷艇 千鳥 水雷艇 眞鶴 右警備水雷艇ト定メラル 昭和十七年五月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  30. ^ a b c 昭和17年10月20日(発令10月20日)海軍辞令公報(部内限)第968号 p.2道木免職、p.3西村補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087400 
  31. ^ 昭和17年11月20日(発令11月20日付)海軍辞令公報(部内限)第992号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088200 
  32. ^ 昭和18年6月21日(発令6月?日付)海軍辞令公報(部内限)第1152号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091700 
  33. ^ #佐藤 艦長(文庫)371-374頁『実戦即応の全直』
  34. ^ #内令昭和18年2月(4)pp.48-49『内令第三百十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年二月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第五驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、天霧、夕霧」ヲ加フ|第二十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二十二驅逐隊|皐月、水無月、文月、長月| |第三十一驅逐隊ノ項中「大波」ノ下ニ「清波」ヲ加フ』
  35. ^ a b c d 昭和19年3月1日(発令3月1日)海軍辞令公報(部内限)第1351号 p.35西村免職・山口補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 
  36. ^ 昭和19年7月7日(発令7月2日付)海軍辞令公報(甲)第1528号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  37. ^ 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079100 
  38. ^ 昭和17年5月15日(発令5月15日付)海軍辞令公報(部内限)第860号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085400 
  39. ^ #ハンディ判艦艇写真集18p.114(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇夕凪◇
  40. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)p.50『別表第七 舩団護衛状況(非島北航航路)昭和十九年八月 第一海上護衛隊司令部』
  41. ^ ハッド自身は本艦への攻撃で魚雷を使い果たしたため、ウルフパックから分離してミオス・ウンディ島に向かった。
  42. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.51
  43. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)p.35『内令第一一五九號 艦艇類別等級別表中次ノ通改正ス|昭和十九年十月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等長良型ノ項中「長良、」「、名取」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「大鷹、」ヲ、同敷設艦ノ部中「、白鷹」ヲ削ル|驅逐艦、一等神風型ノ項中「、朝風」「、夕凪」ヲ、同初雪型ノ項中「、敷波」ヲ、同白露型ノ項中「、五月雨」ヲ、同松型ノ項中「松、」ヲ削ル(以下略)』
  44. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2)pp.36-37『内令第一一六五號|呉鎮守府在籍 軍艦 白鷹|佐世保鎮守府在籍 軍艦 大鷹|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 長良、軍艦 名取|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 朝風、驅逐艦 五月雨|呉鎮守府在籍 驅逐艦 敷波|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 夕凪|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 松|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和十九年十月十日 海軍大臣』
  45. ^ a b 昭和19年9月5日(発令9月1日付)海軍辞令公報(甲)第1585号 p.29山口免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 
  46. ^ 昭和19年9月19日(発令9月15日付)海軍辞令公報(甲)第1597号 p.48山口補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  47. ^ 昭和19年9月2日(発令8月30日付)海軍辞令公報(甲)第1582号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 
  48. ^ 昭和19年10月7日(発令9月30日付)海軍辞令公報(甲)第1608号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101400 
  49. ^ 『官報』第3347号、大正12年10月18日。
  50. ^ a b 『官報』第351号、昭和3年3月2日。
  51. ^ a b 『官報』第612号、昭和4年1月16日。
  52. ^ 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  53. ^ 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  54. ^ a b 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』 光人社NF文庫、1993年ISBN 47698-2009-7
    • 「同士打ち」<駆逐艦「春風」艦長・古要桂次中佐の証言>(太平洋戦争時、駆逐艦春風艦長、沼風艦長、雪風艦長等)
    • 「価値ある敵」<駆逐艦神風艦長・春日均中佐の証言>(バタビア沖海戦時の駆逐艦白雪水雷長。戦争終盤の駆逐艦神風艦長)
    • 「判断の良否」<駆逐艦朝風艦長・池田徳太少佐の証言>(太平洋戦争開戦時、神通水雷長。足柄水雷長を経て朝風艦長。五月雨艦長を経て第十二突撃隊特攻長。海上自衛隊入隊。)
  • 佐野直一『聖戦之思い出』第4項
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 谷三郎 『日本の海軍力』 朝日ソノラマ、1989年5月。ISBN 4-257-17216-9
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(2) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003400。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(2)』。Ref.C14010006000。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年4月~6月 内令2巻/内令昭和17年5月(1)』。Ref.C12070162700。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。Ref.C12070175600。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030118900。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030119000。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030119100。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年8月31日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030149200。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141000。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030141100。
    • 『昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030141400。

関連項目[編集]