あさかぜ型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あさかぜ型護衛艦
Japanese destroyer Asakaze (DD-181) underway in 1959.jpg
基本情報
種別 護衛艦(DD)
運用者  海上自衛隊
就役期間 1954年〜1969年
次級 DD:ありあけ型護衛艦
要目 (貸与時)
基準排水量 1,600トン
全長 106m
全幅 11m
深さ 5.3m
ボイラー 水管ボイラー×4缶
(43.4 kgf/cm², 370〜400℃)[1]
主機関 蒸気タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 50,000 馬力 (37 MW)
速力 最大37 ノット (69 km/h)
乗員 270名
兵装 38口径5インチ単装砲×4基
20ミリ連装機銃×2基
爆雷投射機 (K砲)×4基
爆雷投下軌条×2基
FCS Mk.37×1基
レーダー SC-2[2]/3[3] 対空捜索×1基
SG 対水上捜索[2]×1基
Mk.28 測距用[4]
ソナー AN/SQS-10×1基
テンプレートを表示

あさかぜ型護衛艦(あさかぜがたごえいかん、JMSDF DD ASAKAZE class Destroyer)とは、海上自衛隊草創期の護衛艦(当初は警備艦)である。前身はアメリカ海軍リヴァモア級駆逐艦で、1954年に2隻が貸与された。なお艦名はいずれも初代であり、2代目については「あさかぜ」(48DDG)「はたかぜ」(56DDG)をそれぞれ参照のこと。

概要[編集]

「あさかぜ」はエリソン(USS Ellyson, DD-454)として1941年に、「はたかぜ」はマコーム (USS Macomb, DD-458)として42年、それぞれ就役し、第二次世界大戦に参戦している。後者は44年5月、地中海ドイツ潜水艦U-616を撃沈した。両艦とも戦争末期、掃海駆逐艦(または高速掃海艦、DMS-19及びDMS-23)に転籍されている。このとき4番5インチ砲(54番砲)と21インチ魚雷発射管を撤去したが、前者は日本貸与時に再装備された。

日米艦艇貸与協定に基づき、両艦は1954年(昭和29年)10月、日本に引き渡された。当時は、同年7月に海上自衛隊が発足した直後であり、保有する艦船はパトロール・フリゲート(PF; くす型)や上陸支援艇(LSSL; ゆり型)を主力としていた[5]。これらのうち、より大型で強力だったくす型でも、主砲は50口径3インチ単装緩射砲が3門と火力は比較的弱体で、また最大速力18ノット (33 km/h)と鈍足であった。従って、5インチ砲を4門搭載して強力な火力を誇り、また、またいかにも大戦型駆逐艦らしい高速を備える本型は、当時の最有力の護衛艦であった。なお本型は、今日に至るまで海上自衛隊護衛艦としては最速である(国産護衛艦に限れば、「あまつかぜ」の33ノットが最速)[3]

しかしこの重厚な火力装備のために復原性が悪く、翌1955年(昭和30年)の日本回航後、2番5インチ砲(52番砲)を撤去するなどの改善工事を実施した。1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)にかけてレーダーを更新し、対空捜索用にはAN/SPS-6C、対水上捜索用にはOPS-3を装備した[3]

就役末期には内装のリベットのゆるみや漏水に悩まされた。老朽化に伴い69年に除籍・返還されたが、その後台湾海軍に引き渡された。「あさかぜ」は部品取りに用いられ、71年、海戦映画のロケに使われて沈没。しかし「はたかぜ」は座礁した同型駆逐艦「咸陽」(旧ロッドマン DD-456 Rodman)の艦名を引き継いで再就役し、74年まで在籍した。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 竣工 貸与 除籍
DD-181 あさかぜ 1941年 1954年 1969年
DD-182 はたかぜ 1942年 1954年 1969年

参考文献[編集]

  1. ^ Benson-Gleaves class Destroyer site (2009年). “Benson-Gleaves class Destroyer site” (英語). 2012年9月23日閲覧。
  2. ^ a b 多田智彦「4. レーダー/電子戦機器 (海上自衛隊の艦載兵器1952-2010)」、『世界の艦船』第721号、海人社、2010年3月、 100-105頁、 NAID 40016963809
  3. ^ a b c 「海上自衛隊史上最速のDD「あさかぜ」型」、『世界の艦船』第758号、海人社、2012年4月、 43-47頁、 NAID 40019207360
  4. ^ 多田智彦「海上自衛隊FCS発達史」、『軍事研究』第32巻第10号、ジャパンミリタリー・レビュー、1997年10月、 106-121頁、 NAID 40000812876
  5. ^ 香田洋二「護衛艦隊の誕生と発展」、『世界の艦船』第750号、海人社、2011年11月、 76-85頁、 NAID 40019002769

関連項目[編集]