第1護衛隊群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第1護衛隊群
創設 1954年(昭和29年)7月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 艦隊
人員 約1,600名
所在地 神奈川県 横須賀市
上級単位 護衛艦隊
最終上級単位 自衛艦隊
テンプレートを表示

第1護衛隊群(だいいちごえいたいぐん、英称:Escort Flotilla 1 )とは、海上自衛隊護衛艦隊隷下の護衛艦部隊(護衛隊群)の一つであり、部隊は横須賀基地及び佐世保基地に配備されている。 群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

沿革[編集]

司令部編成[編集]

司令部は、横須賀基地に設置されている。

  • 護衛隊群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成[編集]

※ 平成27年3月25日時点


以前の部隊編成[編集]

平成20年3月25日以前の部隊編成は下記の通りである。

  • 第1護衛隊(横須賀基地)
    • DD-101 むらさめ
    • DD-102 はるさめ
    • DD-107 いかづち
  • 第61護衛隊(横須賀基地)


平成20年3月26日~平成27年3月24日までの部隊編成は下記の通りである。


主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第1護衛隊群司令 海将補 伍賀祥裕 2016年07月01日 海上幕僚監部防衛部防衛課長
首席幕僚 1等海佐 井伊正章 2016年08月1日 艦艇開発隊開発部長
第1護衛隊司令 1等海佐 渡邉雄一 2016年07月01日 海上幕僚監部人事教育部人事計画課
制度班長
第5護衛隊司令 1等海佐 今野泰樹 2016年06月06日 海上幕僚監部指揮通信情報部
指揮通信課指揮通信班長
歴代の第1護衛隊群司令
(特記ない限り海将補
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職 備考
第1船隊群司令
- 吉田英三 1953.4.1
1954.6.30
海兵50期・
海大32期
横須賀地方総監 自衛艦隊司令
兼 第1護衛隊群司令
警備監補
1954.4.10
第3船隊群司令兼務
第1護衛隊群司令
1 吉田英三 1954.7.1
1954.9.19
海兵50期・
海大32期
第1船隊群司令
兼 第3船隊群司令
横須賀地方総監 海将
自衛艦隊司令本務
2 溪口泰麿 1954.9.20
1956.7.31
海兵51期・
海大33期
横須賀地方総監 海上自衛隊幹部学校
3 庵原貢 1956.8.1
1958.8.14
海兵52期・
海大35期
海上幕僚監部総務部長 海上幕僚長
4 福地誠夫 1958.8.15
1959.6.30
海兵53期・
海大35期
兼務解除
5 杉江一三 1959.7.1
1961.2.28
海兵56期・
海大37期
海上自衛隊幹部候補生学校
→1959.4.1 自衛艦隊司令部附
舞鶴地方総監
6 富田敏彦 1961.3.1
1962.6.30
海兵59期 自衛艦隊幕僚長 海上幕僚監部調査部長 就任時1等海佐
1961.7.1海将補
7 池田徳太 1962.7.1
1963.3.15
海兵60期 護衛艦隊幕僚長 防衛大学校訓練部長 就任時1等海佐
1963.1.1海将補
8 高根嘉根次 1963.3.16
1964.4.30
神戸高等商船 海上幕僚監部監察官 横須賀地方副総監
9 橋口百治 1964.5.1
1966.4.15
海兵62期 自衛艦隊司令部付
→1966.7.1 退職
就任時1等海佐
1965.1.1海将補
10 大川秀四郎 1966.4.16
1967.11.14
海兵64期 海上自衛隊幹部学校教育部長 練習艦隊司令官
11 藪下利治 1967.11.15
1969.6.30
海兵66期 護衛艦隊司令部幕僚長 自衛艦隊司令部幕僚長 就任時1等海佐
1969.1.1海将補
12 國嶋清矩 1969.7.1
1970.6.15
海兵68期 海上幕僚監部防衛部防衛課長 海上幕僚監部付
→1970.7.1 同総務部長
13 今井賢二 1970.6.16
1971.6.30
海兵67期 第1潜水隊群司令 自衛艦隊司令部幕僚長
14 森田友幸 1971.7.1
1972.12.15
海兵68期 呉地方総監部防衛部長
→1971.3.16 自衛艦隊司令部付
海上訓練指導隊群司令
15 小松崎正道 1972.12.16
1974.12.4
海兵72期 海上幕僚監部総務部総務課長 海上幕僚監部調査部長 就任時1等海佐
1973.7.1海将補
16 清水 清 1974.12.5
1976.11.30
海兵71期 護衛艦隊司令部幕僚長 護衛艦隊司令官
17 剛家義顕 1976.12.1
1978.12.10
海兵73期 第1輸送隊司令 呉地方総監部付
→1979.4.2 退職
就任時1等海佐
1977.3.6海将補
18 藤井哲夫 1978.12.11
1980.12.4
海兵74期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部付
→1981.3.16 退職
19 岡田 憲 1980.12.5
1981.12.1
海保大1期・
4期幹候
海上幕僚監部総務部総務課長 横須賀地方総監部幕僚長 就任時1等海佐
1981.1.1海将補
20 金崎實夫 1981.12.2
1983.1.19
海保大2期・
6期幹候
海上幕僚監部防衛部防衛課長 海上幕僚監部防衛部長
21 小西岑生 1983.1.20
1984.7.31
防大1期 海上幕僚監部総務部総務課長 海上幕僚監部調査部長
22 小山清和 1984.8.1
1985.12.19
名工大
6期幹候
函館基地隊司令 海上自衛隊幹部学校研究部長
23 水本幾男 1985.12.20
1986.12.4
防大1期 佐世保地方総監部幕僚長 練習艦隊司令官
24 手塚正水 1986.12.5
1988.3.15
防大3期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部付
→1988.7.7
海上自衛隊幹部候補生学校長
25 村中壽雄 1988.3.16
1989.8.30
防大5期 海上幕僚監部総務部人事課長 呉地方総監部幕僚長
26 齋藤克彦 1989.8.31
1990.7.8
海上幕僚監部防衛部通信課長 開発指導隊群司令
27 林博太郎 1990.7.9
1992.1.12
防大7期 統合幕僚会議事務局第5幕僚室
防衛計画調整官
練習艦隊司令官
28 山崎 眞 1992.1.13
1993.3.23
防大9期 海上幕僚監部防衛部
装備体系課長
海上幕僚監部監察官 就任時1等海佐
1992.3.23海将補
29 長谷川語 1993.3.24
1994.12.14
防大10期 自衛隊滋賀地方連絡部長 練習艦隊司令官 就任時1等海佐
1993.4.1海将補
30 竹村 訓 1994.12.15
1996.6.30
防大11期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部調査部長
31 坂上芳洋 1996.7.1
1998.12.7
防大11期 海上幕僚監部防衛部
装備体系課長
阪神基地隊司令
32 道家一成 1998.12.8
1999.12.9
防大15期 佐世保地方総監部幕僚長 海上幕僚監部人事教育部長
33 保井信治 1999.12.10
2001.1.10
防大16期 第63護衛隊司令 練習艦隊司令官
34 篠原 俊 2001.1.11
2002.11.7
防大15期 統合幕僚会議事務局第3幕僚室
通信電子調整官
自衛艦隊司令部付
→2002.12.2 開発隊群司令
35 高嶋博視 2002.11.8
2004.8.29
防大19期 護衛艦隊司令部幕僚長 海上幕僚監部人事教育部長
36 泉 三省 2004.8.30
2006.8.20
防大22期 海上幕僚監部総務部長
37 池田徳宏 2006.8.21
2007.8.31
防大25期 海上幕僚監部指揮通信情報部
指揮通信課長
→2006.8.4 海上幕僚監部付
統合幕僚監部
指揮通信システム部長
38 河村正雄 2007.9.1
2008.11.30
海上幕僚監部人事教育部
補任課長
練習艦隊司令官
39 山下万喜 2008.12.1
2010.8.19
防大27期 潜水艦隊司令部幕僚長
40 糟井裕之 2010.8.20
2012.7.25
防大29期 大湊地方総監部幕僚長
41 酒井 良 2012.7.26
2014.8.4
防大31期 海上幕僚監部人事教育部教育課長 護衛艦隊司令部幕僚長
42 齋藤 聡 2014.8.5
2016.6.30
防大33期 海上幕僚監部人事教育部補任課長 護衛艦隊司令部幕僚長
43 伍賀祥裕 2016.7.1
防大35期 海上幕僚監部防衛部防衛課長

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船』第452号 特集・第1護衛隊群(海人社、1992年7月号)
  • 『世界の艦船』第750号 特集・護衛艦隊の50年(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]