はたかぜ (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はたかぜ
秋田港にて
秋田港にて
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所
運用者  海上自衛隊
経歴
発注 1981年
起工 1983年5月20日
進水 1984年11月9日
就役 1986年3月27日
要目
基準排水量 4,600トン
満載排水量 5,900トン
全長 150m
全幅 16.4m
吃水 4.8m
機関 ロールス・ロイス オリンパスTM3BCOGAG 2基
ロールス・ロイス スペイSM1A 2基
2軸推進
70,000ps
最大速力 30ノット
乗員 260名
兵装 73式54口径5インチ単装砲 2門
Mk15 高性能20mm機関砲 2基
Mk.13 Mod4 スタンダードミサイル単装発射機 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
74式アスロック8連装発射機 1基
68式324mm3連装短魚雷発射管 2基
C4ISTAR OYQ-4-1 戦術情報処理装置
レーダー OPS-11C 対空レーダー
OPS-28B 水上レーダー
SPS-52C 三次元レーダー
SPG-51C ミサイル誘導用レーダー 2基
Mk74 MOD13 ミサイル射撃指揮装置 2基
81式射撃指揮装置2型-21C
ソナー OQS-4Ⅰソナー
電子戦
対抗手段
NOLQ-1-3 ESM/ECM
OLR-9B ESM
Mk137 チャフ 4基
テンプレートを表示

はたかぜローマ字JS Hatakaze, DDG-171)は、海上自衛隊護衛艦はたかぜ型護衛艦の1番艦。艦名は「旗にあたってはためかせる風」に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては旧海軍神風型駆逐艦旗風」、あさかぜ型護衛艦「はたかぜ」(DD-182)に続き日本の艦艇としては3代目。

艦歴[編集]

「はたかぜ」は、中期業務見積りに基づく昭和56年度計画4,500トン型護衛艦2311号艦[1]として、三菱重工業長崎造船所で1983年5月20日に起工され、1984年11月9日に進水、1986年3月27日に就役し、第1護衛隊群第61護衛隊に編入され横須賀に配備された。

1986年8月11日から12月8日の間、ターター装置装備認定試験(SQT)のため、米国に派遣。

1987年6月6日から8月21日の間、護衛艦「しらね」、「はつゆき」とともに米国派遣訓練に参加。

1994年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加。

2008年3月26日、護衛隊改編により第4護衛隊群第4護衛隊に編入された。

2012年6月9日、日印国交60周年の記念も兼ねて訪日中のインド海軍艦隊と相模湾にて護衛艦「おおなみ」と共に共同訓練「JIMEX 12」を実施した[2][3]

2014年8月11日から9月30日の間、オーストラリアダーウィン周辺海域で実施されるオーストラリア海軍主催の多国間海上共同訓練「カカドゥ14」に参加[4]

2014年10月24日、編成替えにより第1護衛隊群第1護衛隊に編入された。

現在、定係港は横須賀である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 野末博行 1986.3.27 - 1987.9.29 防大8期 はたかぜ艤装員長 海上自衛隊幹部候補生学校教官 1等海佐
2 瀬川紘一郎 1987.9.30 - 1988.12.14 防大10期 第1護衛隊群司令部付 練習艦隊幕僚 1等海佐
3 竹島信博 1988.12.15 - 1989.12.14 防大12期 しらゆき艦長 プログラム業務隊副長 1等海佐
4 加治 節 1989.12.15 - 1991.3.19 防大10期 海上幕僚監部調査部調査第1課 海上自衛隊幹部学校 1990.7.1
1等海佐昇任
5 伊藤元弘 1991.3.20 - 1992.3.22 防大11期 横須賀地方総監部防衛部
第3幕僚室長
プログラム業務隊副長 1991.7.1
1等海佐昇任
6 山村洋行 1992.3.23 - 1993.6.30 防大13期  大湊地方総監部防衛部
第3幕僚室長
はるな艦長
7 加藤正治 1993.7.1 - 1995.3.31   運用開発隊開発第2科長 しらね艦長 1995.1.1
1等海佐昇任
8 武智公司 1995.4.1 - 1996.8.19 防大15期 佐世保地方総監部防衛部
第3幕僚室長
第1海上訓練指導隊付
→1996.9.30かしま艦長
1996.7.1
1等海佐昇任
9 小山秀雄 1996.8.20 - 1997.9.9 防大16期 第3護衛隊群司令部幕僚 統合幕僚学校教官 1等海佐
10 中田高芳 1997.9.10 - 1999.3.31   はまぎり艦長 統合幕僚学校教官 1等海佐
11 江見雅博 1999.4.1 - 2001.4.1 神戸商船大
28期幹候
海上自衛隊幹部学校教官 とわだ艦長 1等海佐
12 村田隆齊 2001.4.2 - 2002.5.19 防大21期 護衛艦隊司令部幕僚 みょうこう艦長 1等海佐
13 林 宏之 2002.5.20 - 2003.8.19 防大21期 横須賀地方総監部管理部人事課長 自衛艦隊司令部 1等海佐
14 佐々木俊也 2003.8.20 - 2005.9.29 防大23期 指揮通信開発隊副長 かしま艦長 1等海佐
15 椋木泰樹 2005.9.30 - 2006.12.5 防大24期 情報本部 ひえい艦長  1等海佐
16 地藏謙介 2006.12.6 - 2008.6.30 防大22期 横須賀地方総監部
管理部援護業務課長
横須賀基地業務隊付
17 千代野正 2008.7.1 - 2010.3.7 防大24期 大湊海上訓練指導隊副長 佐世保海上訓練指導隊副長  
18 宮﨑 守 2010.3.8 - 2011.4.14   海上幕僚監部副監察官    
19 関川秀樹 2011.4.15 - 2012.12.3 防大29期 横須賀地方総監部管理部総務課長 幹部候補生学校主任教官 2012.7.1
1等海佐昇任
20 鈴木雅博 2012.12.4 - 2013.1.29 防大29期 いかづち艦長 呉基地業務隊補充部付  
21 栗山俊文 2013.1.30 - 2014.2.23 防大30期 呉海上訓練指導隊副長兼指導部長 護衛艦隊司令部  
22 梅崎時彦 2014.2.24 - 2015.3.29 防大29期 護衛艦隊司令部付 大湊海上訓練指導隊司令 1等海佐
23 下野善彦 2015.3.30 - 2016.8.28 関西大
37期幹候
護衛艦隊司令部幕僚 統合幕僚監部防衛計画部計画課 2015.7.1
1等海佐昇任
24 池田正人 2016.8.29 - 防大34期 護衛艦隊司令部付

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

外部リンク[編集]