呉地方隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呉地方隊
呉地方総監部庁舎(旧呉鎮守府庁舎)
呉地方総監部庁舎(旧呉鎮守府庁舎)
創設 1954年7月1日
国籍 日本の旗 日本
軍種 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
上級部隊 防衛大臣直轄
基地 呉基地

呉地方隊(くれちほうたい、英称:Kure District)は海上自衛隊地方隊のひとつ。主要部隊は広島県呉市にある呉基地幸地区に配備されている。

概要[編集]

1954年(昭和29年)7月1日、海上自衛隊の発足に伴い、5番目の地方隊として誕生した。呉地方隊の発足が他の地方隊から遅れた理由としては、呉基地自体が大戦中機雷で封鎖されたこと、作戦海面への進出に長時間かかることなどから基地は外洋への進出が容易な佐伯宿毛あるいは大阪神戸付近にすべきとの議論があったためである。しかし適当な代替地がなかったことから最終的に呉に地方隊がおかれることとなった。

警備区域は、東京都沖の鳥島に限る。)、大阪府兵庫県豊岡市及び美方郡を除く。)、奈良県和歌山県岡山県広島県山口県山口市防府市下松市岩国市光市柳井市周南市大島郡玖珂郡及び熊毛郡に限る。)、徳島県香川県愛媛県高知県大分県及び宮崎県の区域並びに三重県和歌山県の境界線が海岸線と交わる点から170度に引いた線及び宇部市と山口市の境界線が海岸線と交わる点と福岡県と大分県の境界線が海岸線と交わる点とを結んだ線と宮崎県鹿児島県の境界線が海岸線と交わる点から170度に引いた線との間にある東京都(沖の鳥島に限る。)、大阪府及びこれらの県の沿岸海域[1]

主な任務は、担当警備区域内の警備及び災害派遣自衛艦隊等の正面部隊に対する後方支援機雷・爆発性危険物の除去及び処理、民生協力等である[2]

近年では、随時「艦艇公開」が実施されており、護衛艦輸送艦補給艦などを見学することができる(毎週1艦船ずつ公開)。その際、停泊している潜水艦にも近寄れる(公開はしていない)。

沿革[編集]

7月1日呉鎮守府が置かれる。
12月1日:呉鎮守府は呉地方復員局に改組される。
5月1日海上保安庁創設と同時に第六管区海上保安本部の所属になる。7月、呉掃海部が置かれる。
8月1日保安庁警備隊が創設され、横須賀地方隊隷下に呉航路啓開隊が新編。
9月16日:呉航路啓開隊が廃止となり、横須賀地方隊隷下に呉地方基地隊が新編。
7月1日:「防衛庁」が創設され、「海上自衛隊」が発足。「呉地方隊」が新編、呉地方基地隊は廃止。
新編時の呉地方隊の編成(呉地方総監部、第8警戒隊、第9警戒隊、大阪基地隊、呉基地警防隊、掃海艦「桑栄丸」)
10月1日:呉地方総監部開庁。
5月1日:「呉通信隊」を新編。
1月16日:「呉練習隊」を新編。
5月10日:呉練習隊を「呉教育隊」に改称。
3月16日:「徳島航空隊」を新編。
6月1日:「呉水雷調整所」を新編。
2月1日:総監部組織の改組(総務部を廃止し人事部を新設、防衛部に第1~第4幕僚班を設置)
「呉補給所」及び「呉工作所」を新編。
9月1日徳島航空隊第3航空群に改編され航空集団隷下に編成替え。
  • 1962年(昭和37年)3月20日:呉基地警防隊に「佐伯基地分遣隊」を新編。
5月1日自衛艦隊から潜水艦「くろしお」を編入。
8月1日:第1潜水隊(潜水艦救難艦「ちはや」、潜水艦「くろしお」、「おやしお」、「はやしお」)を新編。
3月31日:第1潜水隊が自衛艦隊隷下に編成替え。
10月1日:呉基地警防隊に「水中処分隊」を新編。
3月30日:大阪基地隊本部が神戸に移転し、「阪神基地隊」に改称。
3月15日:「第7護衛隊」が第3護衛隊群から編入。
3月2日:総監部組織の改組(幕僚長を設置、人事部を管理部に改称、第1~第4幕僚班を幕僚室に改称、第5幕僚室を新設、監察官を新設)
「呉造修所」、「呉衛生隊」を新編。呉工作所を廃止。
10月1日:呉基地警防隊を「呉警備隊」に改称。
5月11日:第7護衛隊が「第36護衛隊」に改称。「呉音楽隊」を新編。
3月27日:「第38護衛隊」を新編。
3月19日:「第22護衛隊」が第2護衛隊群から編入。
7月1日:警備隊の組織改編。「呉基地業務隊」を新編。
12月1日:「小松島航空隊」が第21航空群から編入。
3月24日:隊番号の改正により、第36護衛隊が「第22護衛隊」に改称。
4月15日:第38護衛隊が廃止。
12月8日:補給整備部門の組織改編により呉補給所と呉造修所が統合され、「呉造修補給所」に改編、呉水雷整備所が「呉弾薬整備補給所」に改編。
3月22日:呉通信隊が「呉システム通信隊」に改編され、システム通信隊群隷下に編成替え。
4月3日徳山下松港を使用する海上自衛隊艦船の受け入れ業務を行っていた、徳山連絡所を閉所。
3月26日自衛艦隊の大改編により第22護衛隊が「第12護衛隊」に改称され、護衛艦隊隷下に編成替え。小松島航空隊が第22航空群隷下に編成替えとなり、「第24航空隊」に改編。

編成[編集]

※ 平成26年5月時点

※なお、呉基地に所在する第1輸送隊掃海隊群の隷下部隊であり、呉地方隊の隷下ではない。

総監部[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
呉地方総監 海将 池太郎 2016年07月01日 教育航空集団司令官
幕僚長 海将補 岩崎英俊 2016年12月20日 練習艦隊司令官
管理部長 1等海佐 瀨戸慶一 2016年12月01日 航空プログラム開発隊司令
防衛部長 1等海佐 星野正彦 2016年08月12日 第14護衛隊司令
経理部長 1等海佐 鈴木将治 2017年03月31日 海上自衛隊第4術科学校副校長
技術補給監理官 1等海佐 西川康彦 2017年03月31日 海上幕僚監部人事教育部厚生課
給与室長
監察官 2等海佐 小笠原信昭 2017年08月01日 八戸航空基地隊司令
歴代の呉地方総監
(海将)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 山澤久治 1954年7月1日
1956年1月15日
東京高等商船 横須賀地方総監部総務部長 第1掃海隊群司令 海将補
2 原 勝亮 1956年1月16日
1957年7月31日
東京帝国大学 横須賀地方副総監 調達実施本部副本部長
(検査関係部務担当)
3 山澤久治 1957年8月1日
1960年8月31日
東京高等商船 第1掃海隊群司令 退職 再任時海将補
1960年3月16日 海将
4 赤堀次郎 1960年9月1日
1962年7月15日
海兵55期・
海大37期
海上自衛隊第2術科学校 海上幕僚監部
→1962年10月16日 退職・海将
海将補
5 魚住順治 1962年7月16日
1964年7月15日
海機37期・
海大機関学生
佐世保地方総監 海上幕僚監部付
→1964年11月1日 退職
6 永井 昇 1964年7月16日
1964年12月15日
海兵59期 護衛艦隊司令官 海上幕僚監部付
→1964年12月31日
海上自衛隊幹部学校長
7 森永正彦 1964年12月16日
1967年1月15日
海兵59期 大湊地方総監 海上自衛隊幹部学校長 就任時海将補
1965年1月1日 海将
8 薬師神利晴 1967年1月16日
1968年12月30日
東京高等商船 横須賀地方副総監 退職
9 筑土龍男 1968年12月31日
1971年1月15日
海兵63期 海上自衛隊幹部候補生学校 海上自衛隊幹部学校長
10 内田 泰 1971年1月16日
1972年12月15日
海兵64期 航空集団司令官 退職
11 安藤信雄 1972年12月16日
1973年11月30日
海兵65期
12 中村悌次 1973年12月1日
1974年6月30日
海兵67期 護衛艦隊司令官 自衛艦隊司令官
13 井上龍昇 1974年7月1日
1976年11月30日
海兵68期 統合幕僚会議事務局長
統合幕僚学校
退職
14 香取頴男 1976年12月1日
1978年3月15日
海兵70期 海上自衛隊幹部候補生学校長
15 小松崎正道 1978年3月16日
1979年6月30日
海兵72期
16 槇原秀夫 1979年7月1日
1980年12月4日
海経33期 海上幕僚副長
17 小室祥悦 1980年12月5日
1982年3月15日
海兵74期 海上自衛隊第1術科学校長
18 長田博 1982年3月16日
1983年12月19日
海兵76期 海上幕僚監部防衛部長
→1982年2月16日
海上幕僚監部付
自衛艦隊司令官
19 佐藤英夫 1983年12月20日
1984年12月16日
海上自衛隊幹部候補生学校長 退職
20 内 富男 1984年12月17日
1986年6月16日
鹿児島大
1期幹候
海上自衛隊第1術科学校長
21 岡田 憲 1986年6月17日
1988年3月15日
海保大1期・
4期幹候
舞鶴地方総監
22 小西岑生 1988年3月16日
1989年8月30日
防大1期 護衛艦隊司令官 自衛艦隊司令官
23 松本克彦 1989年8月31日
1990年7月8日
航空集団司令官 退職
24 松崎充宏 1990年7月9日
1991年6月30日
防大2期 技術研究本部技術開発官
(船舶担当)
25 山本 誠 1991年7月1日
1993年3月23日
防大4期 海上自衛隊幹部学校長 自衛艦隊司令官
26 佐藤 雅 1993年3月24日
1994年12月14日
海保大7期・
12期幹候
潜水艦隊司令官 横須賀地方総監
27 加藤武彦 1994年12月15日
1996年6月30日
防大6期 海上自衛隊幹部学校長 退職
28 杉山靖樹 1996年7月1日
1998年6月30日
防大8期 航空集団司令官
29 仲摩徹彌 1998年7月1日
2000年3月29日
防大10期
30 谷 勝治 2000年3月30日
2001年3月26日
防大11期 海上幕僚副長 自衛艦隊司令官
31 山田道雄 2001年3月27日
2002年3月21日
退職
32 経田 勇 2002年3月22日
2003年3月26日
防大12期
33 小串 茂 2003年3月27日
2004年8月29日
防大13期 航空集団司令官
34 道家一成 2004年8月30日
2006年3月26日
防大15期 海上幕僚副長 自衛艦隊司令官
35 半田謙次郎 2006年3月27日
2007年11月1日
防大17期 教育航空集団司令官 横須賀地方総監
36 杉本正彦 2007年11月2日
2009年7月20日
防大18期 潜水艦隊司令官 自衛艦隊司令官
37 武田壽一 2009年7月21日
2010年7月25日
防大19期 海上自衛隊幹部学校長 退職
38 泉 三省 2010年7月26日
2012年7月25日
防大22期 大湊地方総監
39 山口 透 2012年7月26日
2013年8月22日
40 三木伸介 2013年8月22日
2014年8月5日
防大24期
41 伊藤俊幸 2014年8月5日
2015年8月3日
防大25期 統合幕僚学校
42 池田徳宏 2015年8月4日
2016年6月30日
佐世保地方総監
43 池 太郎 2016年7月1日
防大27期 教育航空集団司令官

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船』第474号 特集・呉地方隊(海人社、1993年12月号)

外部リンク[編集]