舞鶴基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舞鶴基地

舞鶴基地(まいづるきち)とは、京都府舞鶴市字余部下1190、大字北吸小字北宿1059、大字浜小字浜2018、大字泉源寺小字知中175-2、大字長浜小字長浜1007、1008の複数の地区に所在している、舞鶴地方隊(JMSDF Maizuru District)の施設や所在部隊を総称しての通称であり、日本では海上自衛隊基地などという場合がある。日本海における海上自衛隊の最重要拠点。

概要[編集]

1901年(明治34年)に帝国海軍舞鶴鎮守府が開府して以来軍港として利用されてきた、天然の良港としても知られる舞鶴港に置かれている。

第二次世界大戦前は帝国海軍舞鶴鎮守府が置かれていたが、平時は戦艦は置かれず、ワシントン体勢時代には閉鎖されるなど、他の鎮守府に比べ運用上軽視されていた。戦前戦後にわたり比較的旧型の艦船も多く配備されていたが、近年は日本海側の最重要拠点として見直されており、北朝鮮工作船の活動に備えるためミサイル艇2隻、また日本海の戦略的重要性からイージス艦2隻も順次配備された。また直近では、隣接する大波燃料庫施設が拡充されるなどしている。島根県山口県県境から秋田県青森県県境までという広大な守備範囲を持つ、日本海側唯一の海上自衛隊の基地として増強が図られている。

第3護衛隊群のほか、日本海側の大部分の警備を担当する舞鶴地方隊などが常駐している。

配置部隊[編集]

機関の沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)12月28日:自衛隊舞鶴病院が開設される。

舞鶴航空基地[編集]

舞鶴飛行場
IATA: なし - ICAO: RJBM
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 京都府舞鶴市
種類 軍用
所有者 防衛省
運営者 海上自衛隊
開設 2001年3月22日
所在部隊 第23航空隊
標高 6 m (19 ft)
座標 北緯35度29分22秒 東経135度22分36秒 / 北緯35.48944度 東経135.37667度 / 35.48944; 135.37667
地図
空港の位置
空港の位置
RJBM
空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
12/30 400×45 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
舞鶴基地の位置
舞鶴基地の位置
RJBM
舞鶴基地の位置

舞鶴航空基地(まいづるこうくうきち、Maizuru Air Station)は海上自衛隊舞鶴総監部管轄の飛行場京都府舞鶴市にある。

舞鶴は海上自衛隊の地方隊の中で唯一の日本海側の拠点であり、近年[いつ?]北朝鮮工作船などの暗躍に備え防備体制の増強の必要性が叫ばれていた。だが、近隣に今まで海上自衛隊の航空基地がなかったために、舞鶴港を母港とする第三護衛隊群に所属するヘリコプター搭載護衛艦「はるな」、護衛艦「はまゆき」、「あまぎり」の搭載機5機は館山航空基地(千葉県)に常駐せざるを得ず、「舞鶴は欠陥基地」と指摘されていた。

そこで海上自衛隊は舞鶴市長浜地区の約22万m2の敷地に滑走路管制塔・格納庫などを整備する計画を立案、1996年に着工した。そして2001年(平成13年)3月22日に完成し、当初、第123航空隊舞鶴航空分遣隊が編成され哨戒ヘリコプターSH-60J 6機が常駐し、2008年(平成20年)3月26日には舞鶴航空分遣隊が格上げされる形で、第23航空隊が新設され、哨戒ヘリコプターも12機(SH-60J/K) に増強されるなど、日本海側の防備体制は強化されることとなった。

舞鶴航空基地沿革[編集]

  • 2001年(平成13年)3月22日:舞鶴飛行場完成。舞鶴航空分遣隊発足。
  • 2006年(平成18年)8月:防衛庁が舞鶴航空分遣隊を航空隊へ格上げすることを決定。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第23航空隊新設。常駐ヘリを6機から12機に増強。


陸上自衛隊の駐屯地[編集]

沿革[編集]

  • 1952年(昭和27年)10月15日:保安隊の舞鶴駐屯地として新設[2]される。
  • 1953年(昭和28年)2月25日:保安隊の舞鶴駐屯地が廃止[3]される。
  • 1966年(昭和41年)4月1日:陸上自衛隊の福知山駐屯地舞鶴分屯地が廃止[4]される。

脚注[編集]

  1. ^ AIS JAPAN
  2. ^ 保安庁法施行令及び保安庁職員給与法施行令の一部を改正する政令(昭和27年政令第437号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1952年10月15日). 2017年3月23日閲覧。
  3. ^ 保安庁法施行令の一部を改正する政令(昭和28年政令第22号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1953年2月24日). 2017年3月23日閲覧。
  4. ^ 『陸上自衛隊20年年表』 朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、142頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]