経ヶ岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
経ヶ岬
経ヶ岬の位置(100x100内)
経ヶ岬
丹後半島と経ヶ岬の位置関係

経ヶ岬(きょうがみさき)は、京都府京丹後市丹後町袖志に属し、日本海若狭湾西部)に面する

京都府及び近畿地方の最北端。丹後天橋立大江山国定公園に含まれる。北緯35度46分45.47秒東経135度13分24.92秒

地理[編集]

丹後半島北端をなす岬の周囲は安山岩からなる柱状節理の発達した海食崖になっている[1]。名前の由来は『宮津府志』によると、岬を取り巻く柱状節理が経巻を立てたように見えることによるとされている [2] 。岬の最高地点は201mで中腹に経ヶ岬灯台がある。

おもな施設[編集]

経ヶ岬灯台[編集]

経ヶ岬灯台
経ヶ岬灯台(灯台記念日にちなんだ一般公開時の画像)
経ヶ岬の位置(日本内)
経ヶ岬
航路標識番号 0998
位置 北緯35度46分38秒
東経135度13分24秒
座標: 北緯35度46分38秒 東経135度13分24秒
レンズ 第1等フレネルレンズ
灯質 群閃白光、毎20秒に3閃光
実効光度 28万 cd
光達距離 22海里(約40.7km)
明弧 全弧
塔高 12 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 148 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1898年明治31年)12月25日

1898年明治31年)12月25日初点灯した灯台で、第1等フレネルレンズを使用した第1等灯台に指定されている。

レンズフランス製のもので、レンズ台を含め重量は5トン、焦点距離が922mmである。これは日本国内では他に犬吠埼(千葉県)、日御碕(島根県)、角島(山口県)、室戸岬(高知県)の各灯台[3]でしか用いられていない。

レンズを回転させる装置は、水銀槽式回転機械と呼ばれるもので、1893年にフランスの灯台技師、プール・デーユ氏が重いレンズを円滑に回転させるために発明したもので、パリ万国博覧会に展示されていたものを購入して、経ケ岬灯台に設置している。

無線方位信号所(電波灯台:レーマークビーコン)としての役目もあったが、GPS測定機器の普及により、日本では平成21年度までに全廃、経ヶ岬灯台では平成20年に廃止された[4]

毎年、秋季の一定期間、灯台記念日にちなんで内部が一般公開される。

歴史[編集]

ギャラリー[編集]

航空自衛隊 経ヶ岬分屯基地[編集]

経ヶ岬分屯基地航空自衛隊入間基地の分屯基地で、小規模な場外離着陸場をもっている。

アメリカ軍(在日米軍)経ヶ岬通信所[編集]

航空自衛隊経ヶ岬分屯基地に隣接する。

付近の観光地[編集]

交通[編集]

国道178号線にある経ヶ岬隧道
  • バス
京都丹後鉄道 宮津駅から(丹後海陸交通
京都丹後鉄道 網野駅から(丹後海陸交通)

登場する作品など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「経ヶ岬」『京都府レッドデータブック 下巻(地形・地質・自然生態系編)』 京都府企画環境部環境企画課、2002年、85頁
  2. ^ 山陰海岸ジオパーク”. 山陰海岸ジオパーク推進協議会 (2008年). 2010年11月20日閲覧。
  3. ^ レンズの等級 敦賀海上保安部 灯台豆知識 2013年10月閲覧
  4. ^ a b 無線方位信号所(レーマークビーコン)の廃止について (PDF)”. 海上保安庁交通部 (平成19年1月24日). 2015年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]