あたご (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あたご
リムパック2010参加のため真珠湾に寄港する「あたご」
リムパック2010参加のため真珠湾に寄港する「あたご」
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所
運用者  海上自衛隊
経歴
発注 2002年
起工 2004年4月5日
進水 2005年8月24日
就役 2007年3月15日
要目
基準排水量 7,700トン
満載排水量 10,000トン
全長 165m
全幅 21m
吃水 6.2m
機関 石川島播磨GELM2500COGAG 4基
2軸推進
100,000ps
最大速力 30ノット以上
乗員 300名
兵装 Mk.45 Mod4 62口径5インチ単装砲 1門
90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)SSM 4連装発射機 2基
68式324mm3連装短魚雷発射管 2基
Mk15 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
Mk41 VLS 90セル
曳航式デコイMod4
搭載機 ヘリコプター(格納庫のみ) 1機
C4ISTAR イージスシステム
AN/SQQ-89(V)15J対潜システム
レーダー SPY-1D 対空レーダー
OPS-28D 水上レーダー
OPS-20 航海レーダー
Mk99/SPG-62ミサイル誘導用 3基
ソナー OQS-102 ソナー
電子戦
対抗手段
NOLQ-2 ESM/ECM
Mk137 チャフ 4基
テンプレートを表示

あたごローマ字JS Atago, DDG-177)は海上自衛隊護衛艦あたご型護衛艦の1番艦。艦名は京都府愛宕山に因む。艦名は部内応募により、旧海軍を代表する艦名として「ながと」および「ゆきかぜ」が候補に挙がったが、「ながと」は、時期尚早と判断され見送られた。 なお本艦は3代目で、初代愛宕は日露戦争期に活躍した摩耶型砲艦2代目高雄型重巡洋艦である。

艦歴[編集]

「あたご」は中期防衛力整備計画に基づく平成14年度計画7700トン型護衛艦2317号艦[1]として、三菱重工業長崎造船所2004年4月5日に起工され、2005年8月24日に同造船所において挙行された命名・進水式において防衛庁副長官今津寛によって「あたご」と命名され進水、2007年3月15日に初代艦長・舩渡健1佐の指揮下で就役した。舩渡1佐は岐阜大学卒業後、海自に入隊。幹部候補生学校を経て幹部となり、護衛艦の各部署でキャリアを積み、艦長を歴任。艦長拝命はあたごで4隻目であった。

2007年3月15日、就役した後、第3護衛隊群第63護衛隊に編入され舞鶴に配備された。同年10月25日からイージスシステムの装備認定試験(SQT)のためハワイに派遣。 その帰国途上の2008年2月19日イージス艦衝突事故が発生した。事故後は横須賀港に1ヶ月以上係留され、乗組員の外出も禁じられていたが、3月24日に事故当時の当直であった海士長が自殺未遂を起こしたため、翌日には乗組員の外出が許可されることとなった。防衛省は28日に舩渡艦長を含む6名の護衛艦隊司令部付への異動を発表し、後任の艦長には第2護衛隊群幕僚の清水博文1佐が着任した。程なくして、舩渡1佐は退官し民間企業に再就職した。本件については、衝突前の位置関係からあたご側に衝突回避義務がなかったとして、2013年に当直士官2名の無罪判決が確定した。但し、海難審判においては、2009年1月22日、事故主因をあたご側と認定する裁決が下りており(2009年1月30日をもって裁決が確定)、刑事裁判と海難審判では一部判断が分かれている事を付記しておく。

2008年3月26日、護衛隊改編に伴い第3護衛隊群第3護衛隊に編入された。

2008年9月14日午前6時56分に、豊後水道の領海内で、国籍不明の潜水艦らしいペリスコープ(潜望鏡)を発見し、アクティブソーナーによる追尾を実施したが、同日午前8時40分ころ失探した。

2009年6月9日から7月30日の間、米国派遣訓練に参加。

2010年5月16日RIMPAC2010に参加するため護衛艦「あけぼの」と共に横須賀から出航、RIMPACに先立ち、6月9日から6月19日までカナダビクトリアに寄港、6月12日、エスカイモルト湾で実施されたカナダ海軍創立100周年記念国際観艦式に参加。6月22日パールハーバーに到着し、8月1日までハワイ周辺海域で訓練を実施。8月16日、横須賀に入港した[2]

2012年12月10日、アメリカ国防総省議会に対して日本向けに最新のミサイル防衛システムの売却を通知する。「あたご」は同型艦の「あしがら」と共に導入される見込み[3]

2013年6月10日から26日まで米国カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンおよびサンクレメンテ島にて実施される米軍単独であった統合訓練「ドーンブリッツ13」に初めて参加した。他に護衛艦「ひゅうが」、輸送艦しもきた」が、陸上自衛隊からは西部方面普通科連隊西部方面航空隊ほかも参加している[4][5]

2016年7月から定期検査とミサイル防衛システムの改修のため、JMU舞鶴事業所に長期入渠する。その後、JMU横浜事業所磯子工場に回航し、改修の最終調整と同時に次期イージスシステム搭載のミサイル護衛艦の艤装に向けノウハウを取得する工事を2017年末まで行う予定である。

現在は、第3護衛隊群第3護衛隊に所属し、定係港は舞鶴である。

歴代艦長[編集]

係留索を整える乗組員
3代目艦長・大野1佐 (手前)
歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
  舩渡 健 2005.8.24 - 2007.3.14 岐阜大
29期幹候
艦艇開発隊勤務 あたご艦長
あたご艦長
1 舩渡 健 2007.3.15 - 2008.3.27 岐阜大・
29期幹候
あたご艤装員長 護衛艦隊司令部付
2 清水博文 2008.3.28 - 2009.12.20 防大29期 第2護衛隊群司令部幕僚 第1海上訓練支援隊司令
3 大野敏弘 2009.12.21 - 2011.12.8 防大30期 海上幕僚監部指揮通信情報部
指揮通信課情報保証班長
第4護衛隊群司令部幕僚
4 山脇 修 2011.12.9 - 2014.3.25 防大29期 艦艇開発隊開発部長 統合幕僚監部防衛計画部計画課
5 宇仁健一郎 2014.3.26 - 2015.11.26 防大34期 第4護衛隊群司令部首席幕僚 おうみ艦長
6 三浦則文 2015.11.27 - 防大35期 海上幕僚監部防衛部装備体系課

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

外部リンク[編集]