潜水艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
潜水艦隊
Fleet Submarine Force
Submarines JMSDF Yokosuka.jpg
創設 1981年(昭和56年)2月10日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
兵種/任務/特性 潜水艦部隊
人員 約1,800人
所在地 司令部:横須賀基地船越地区
上級単位 自衛艦隊
テンプレートを表示

潜水艦隊(せんすいかんたい、英称:Fleet Submarine Force)は、日本海上自衛隊自衛艦隊に属する潜水艦を中心に編成された艦隊である。

概要[編集]

潜水艦隊司令部は船越地区(神奈川県横須賀市船越町7-73)におかれており、潜水艦隊司令官は海将をもって充てられている[1]

2006年(平成18年)の統合幕僚監部の発足以降は自衛隊全体で統合運用が始まり、フォースユーザ―(事態対処責任者)とフォースプロバイダー(練度管理責任者)の考え方が導入されたため、現在の潜水艦隊司令官はフォースプロバイダ―として隷下部隊の練度管理を行い、フォースユーザーの自衛艦隊司令官に部隊を提供する役目を担っている[2]

潜水艦隊編成以前の海上自衛隊の潜水艦部隊は、第1潜水隊群(呉市)と第2潜水隊群(横須賀市)が自衛艦隊隷下に編成上並列としてあり、潜水艦の作戦運用は群司令部相互間により調整を実施しており、指揮・運用が二元化されていた。そのため、両潜水隊群の上位組織として潜水艦隊が設けられることとなり、「防衛庁設置法等の一部を改正する法律」(昭和55年11月29日法律第93号)[3]により、1981年(昭和56年)2月に新編された(本改正と同時に曹長等の階級が新設された)。なお、作戦行動中の潜水艦の指揮は潜水艦隊司令部が一括で受け持っていたため、潜水隊群司令部は人事、教育訓練、艦の維持といった機能にとどめ、潜水隊は廃止すべきという意見[4]もみられていた。これは潜水艦は単艦での作戦行動が主体で、不要な中間指揮結節を置くべきではないという考えに起因している[5][6]

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年)2月1日:自衛艦隊隷下に第1潜水隊群が新編。)
  • 1973年(昭和48年)10月16日:自衛艦隊隷下に第2潜水隊群が新編。)
  • 1981年(昭和56年)2月10日:自衛艦隊隷下に「潜水艦隊」が新編(司令部、第1潜水隊群、第2潜水隊群、潜水艦教育訓練隊)。
  • 2000年(平成12年)3月9日:第1練習潜水隊を新編[7]。当初所属艦は練習潜水艦「あさしお」(TSS-3601)、「せとしお」(TSS-3602)[8]
  • 2002年(平成14年)3月22日:潜水艦教育訓練隊に横須賀潜水艦教育訓練分遣隊を新編。

潜水艦隊の編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
潜水艦隊司令官 海将 髙島辰彦 2017年12月20日 統合幕僚監部総務部長
幕僚長 海将補 小座間善隆 2017年8月1日 舞鶴地方総監部幕僚長
訓練主任幕僚 1等海佐 髙田充 2019年3月31日 情報本部勤務
後方主任幕僚 1等海佐 清家忠昭 2018年10月26日 潜水艦隊司令部勤務
歴代の潜水艦隊司令官(海将
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 安陪祐三 1981.2.10 - 1981.6.30 海兵75期 第2潜水隊群司令 佐世保地方総監
2 藤川常夫 1981.7.1 - 1983.10.11 海兵75期 海上自衛隊幹部候補生学校 退職
3 石原俊三 1983.10.12 - 1985.12.19 東京水産大
2期幹候
呉地方総監部幕僚長 就任時海将補
1984.3.2 海将昇任
4 末 貞臣 1985.12.20 - 1987.12.10 海保大2期・
6期幹候 
横須賀地方総監部幕僚長 統合幕僚会議事務局長
5 久保 彰 1987.12.11 - 1989.8.30 防大1期 退職
6 新井利康 1989.8.31 - 1991.6.30 海保大4期・
9期幹候
7 佐藤 雅 1991.7.1 - 1993.3.23 海保大7期・
12期幹候
統合幕僚会議事務局第2幕僚室長 呉地方総監
8 西村義明 1993.3.24 - 1995.6.29 防大6期 自衛艦隊司令部幕僚長 退職
9 平賀源太郎 1995.6.30 - 1996.6.30 防大7期 統合幕僚会議事務局第1幕僚室長
10 坂部邦夫 1996.7.1 - 1997.6.30 防大10期 海上幕僚監部人事教育部長 舞鶴地方総監
11 三成裕二 1997.7.1 - 1998.12.7 防大8期 自衛艦隊司令部幕僚長 退職
12 明野充功 1998.12.8 - 2000.6.29 防大10期 阪神基地隊司令
13 田内 浩 2000.6.30 - 2002.3.21 防大12期 海上幕僚監部調査部長 大湊地方総監
14 中尾誠三 2002.3.22 - 2004.3.28 防大14期 海上幕僚監部監理部長 佐世保地方総監
15 田村 力 2004.3.29 - 2005.7.27 防大15期 横須賀地方総監部幕僚長 海上自衛隊幹部学校
16 杉本正彦 2005.7.28 - 2007.11.1 防大18期 海上幕僚監部監理部長 呉地方総監
17 小林正男 2007.11.2 - 2009.3.23 防大17期 海上幕僚監部監察官 退職
18 永田美喜夫 2009.3.24 - 2011.4.26 防大20期 阪神基地隊司令
19 矢野一樹 2011.4.27 - 2013.8.21 防大22期 海上幕僚監部装備部長
20 鍛治雅和 2013.8.22 - 2015.8.3 防大24期 海上自衛隊第1術科学校
21 道満誠一 2015.8.4 - 2016.12.21 防大26期 海上幕僚監部監察官 横須賀地方総監
22 佐伯精司 2016.12.22 - 2017.12.19 東京大
35期幹候
海上幕僚監部装備計画部長 退職
23 髙島辰彦 2017.12.20 - 京都大
35期幹候
統合幕僚監部総務部長

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)第16条の10
  2. ^ ホーム > 自衛艦隊について > 組織・編成 海上自衛隊
  3. ^ 「防衛庁設置法等の一部を改正する法律」(昭和55年11月29日法律第93号)
  4. ^ 潜水隊不要論自体は太平洋戦争時から出ていた。
  5. ^ 本当の潜水艦の戦い方255~256頁、中村秀樹、光人社NF文庫、2006年6月14日。
  6. ^ これが潜水艦だ66~70頁、中村秀樹、光人社NF文庫、2008年6月16日。
  7. ^ 平成14年防衛白書
  8. ^ 海上自衛隊潜水艦史 世界の艦船10月号増刊 No665,2006年,海人社

外部リンク[編集]