いなづま (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いなづま
洋上で急回頭する「いなづま」
洋上で急回頭する「いなづま」
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 むらさめ型護衛艦
母港
所属 第4護衛隊群第4護衛隊
艦歴
発注 1995年
起工 1997年5月8日
進水 1998年9月9日
就役 2000年3月15日
要目
基準排水量 4,550t
満載排水量 6,100t
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30kt
乗員 165名
兵装 62口径76mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ ハープーン4連装発射筒 × 2基
Mk.41 Mod6 VLS (VLA SUM) × 16セル
Mk.48 Mod4 VLS (ESSM 短SAM) × 16セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24B 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31 × 2基
ソナー OQS-5
OQR-2C 曳航式
電子戦
対抗手段
NOLQ-3-1 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 SLQ-25 対魚雷デコイ
テンプレートを表示

いなづまローマ字JS Inazuma, DD-105)は、海上自衛隊護衛艦むらさめ型護衛艦の5番艦。艦名は「稲妻」に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては旧海軍の雷型駆逐艦」、吹雪型駆逐艦」、いかづち型護衛艦いなづま」に続き4代目。

本記事は、本艦の艦暦について主に取り扱っているため、性能や装備等の概要についてはむらさめ型護衛艦を参照されたい。

艦歴[編集]

「いなづま」は中期防衛力整備計画に基づく平成7年度計画4,400トン型護衛艦、2234号艦として三菱重工業長崎造船所で1997年5月8日に起工され、1998年9月9日に進水、2000年3月15日に就役し、第4護衛隊群第4護衛隊に編入されに配備された。

2002年7月1日テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦「あさかぜ」と共にインド洋に派遣、同年9月まで任務に従事し、10月29日に帰国した。

2004年環太平洋合同演習 (RIMPAC) に参加。

2006年3月14日、テロ対策特別措置法に基づき、補給艦おうみ」と共にインド洋に派遣、同年6月まで任務に従事し、8月7日に帰国した。

2007年5月16日から8月1日の間、護衛艦「くらま」、「ちょうかい」とともに米国派遣訓練に参加。

2008年3月26日、護衛隊改編により第4護衛隊群第8護衛隊に編入された。

2009年9月21日、護衛艦「さざなみ」とともに呉に寄港したオーストラリア海軍補給艦「サクセス」、フリゲート「バララット」と交歓する。

同年10月25日、相模湾で平成21年度自衛隊観艦式に参加。

2011年3月15日第8次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「さざなみ」と共にソマリア沖・アデン湾に向けて呉基地から出航、同年4月9日から7月15日までの間、28回の護衛を実施し同年8月11日帰国した。

2012年10月14日、相模湾で平成24年度自衛隊観艦式に参加。

2014年3月17日、第18次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「うみぎり」と共にソマリア沖・アデン湾へ向けて呉基地から出航した[1]。同年4月23日、アデン湾にて漂流船を発見し乗船者75人を救助する[2]。等の任務に従事し、同年9月20日、帰国した[3]

2014年10月24日、編成替えにより第4護衛隊群第4護衛隊に編入された。

2016年7月10日、第25次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「すずつき」と共にソマリア沖・アデン湾へ向けて呉基地から出航し[4]、 翌年1月12日、帰国した[5]

2017年11月3日から6日にかけて日本海において日米印共同訓練を実施した。米海軍空母ロナルド・レーガン」と駆逐艦チャフィー」、インド海軍フリゲートサツプラ」及びコルベット艦「カドマット」が参加した[6]。 また、同月12日には護衛艦「まきなみ」及び「いせ」とともに空母「ロナルド・レーガン」、「ニミッツ」、「セオドア・ルーズベルト」他、艦艇数隻と日米共同訓練を実施した[7]

2018年7月の豪雨の影響により呉市内で断水が発生したことを受け、7月8日から艦内の入浴施設を被災者に開放[8]。本艦は主に呉市在住者向けの「男湯」として機能した[9]。「いなづま」の入浴・給水支援活動は7月19日まで継続された[9]

同年8月26日から10月30日まで護衛艦「かが」、「すずつき」とともにインド太平洋方面派遣訓練に参加し、インドインドネシア共和国シンガポール共和国スリランカ民主社会主義共和国フィリピン共和国を訪問する[10]9月13日には南シナ海潜水艦くろしお」と合流し、対潜戦の訓練を実施した[11][12]9月26日にはスマトラ島西方海空域において「かが」とともに南シナ海へ向かうイギリス海軍フリゲートアーガイル」と日英共同訓練を実施した[13]

2019年5月21日、練習艦「かしま」と共に『令和元年度遠洋練習航海』に出発。第69期一般幹部候補生課程修了者約190名(うちタイ王国海軍少尉1名)を含む約580名と共に157日間で11カ国、13寄港地[14]を訪問、10月24日に横須賀に帰投した [15]

2021年11月10日から12日にかけて、四国南方訓練海空域においてオーストラリア海軍フリゲートワラマンガ」と共同訓練を実施した[16]。なお、防衛省はその際、「ワラマンガ」に対し、安全保障関連法に基づく「武器等防護」を実施したと発表した[17]。同省によると、米軍以外を対象とした実施は初めて[17]

2022年2月8日から3月19日にかけて、練習艦「はたかぜ」とともに第55期一般幹部候補生課程(部内課程)学生の外洋練習航海に参加する[18]。その参加途中の2月16日及び17日には沖縄東方海空域において米海軍空母「エイブラハム・リンカーン」、巡洋艦「モービル・ベイ」、駆逐艦「スプルーアンス」と共同訓練を実施した[19]。2月26日、ダナン沖においてベトナム海軍TT-400TP英語版哨戒艇「HQ-277」と日越親善訓練を実施した[20]。3月6日には、パラオ周辺においてパラオ共和国海上保安局巡視船「ケダム」と日パラオ親善訓練を実施した[21]

同年4月8日から17日にかけて、護衛艦「こんごう」とともに、日本周辺(東シナ海及び日本海を含む。)において米海軍空母「エイブラハム・リンカーン」空母打撃群(巡洋艦「モービル・ベイ」、駆逐艦「スプルーアンス」、補給艦「ティピカヌー」、貨物弾薬補給艦リチャード・E・バード」)と共同訓練を実施した[22]。その間、12日には「こんごう」、航空自衛隊F-2戦闘機と日本海において、「エイブラハム・リンカーン」空母打撃群と日米共同訓練を実施し[23]、翌13日には、航空自衛隊F-2戦闘機と共に日本海において「エイブラハム・リンカーン」米空母打撃群と艦艇への攻撃訓練を実施した[24]

2023年1月10日0時10分頃、山口県周防大島町沖家室島の南方およそ2.5kmの海域を航行中に乗員が大きな振動を感じたため、を下ろして停泊した[25]。 午後0時半頃、「大きな衝撃音があった。自力航行できない」と海上保安庁第六管区海上保安本部に通報した。けが人や浸水はない。船体後方から約30メートル四方に油が漏れ出したが、乗員が吸着マットで除去した。本艦はJMU因島造船所での修理を終えて、試運転中だった[26][27]

他艦により曳航予定であったが、潜水調査の結果、艦首船底にあるソナードームに亀裂とへこみがあり、左右のスクリューが損傷、右スクリューのプロペラ(羽根)が一部脱落して可変ピッチプロペラの作動油が漏洩、左右2枚ある舵板のうち右側の軸がずれていることが判明した。このため、パテにより漏油箇所を埋めて流出を防ぐ措置を行ったが完全な遮断には至らず、漏油が完全に止まるまでは曳航しないと発表された[28] [29]。1月13日、現場付近の浅瀬から本艦のものとみられる塗膜が見つかった。浅瀬の岩が砕けた痕跡もあり、本艦が接触したとみられる[30]。また同日、海上自衛隊は「1月15日に広島県尾道市のJMU因島事業所へ移動させる。」と発表した。損傷部分からの油漏れが止まり、移動の調整がついたためで15日午前8時ごろから神原ロジスティクス社の曳船「鳳翔丸」で尾道市因島の造船所に向けてえい航を開始し、午後5時過ぎに造船所の沖まで到着した。翌16日午後2時前、えい船にひかれ再び動き出し、午後3時前、事故前に点検で入っていたJMU因島事業所に入港した[31]。なお、海自によると、13日に海自の潜水員が脱落したスクリュー1枚とみられるものを近くの海底で見つけた。また、防衛省の事故調査委員会が調査を開始した[32]

現在は、第4護衛隊群第4護衛隊に所属し、定係港は呉である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
01 中村泰信 2000.3.15 - 2001.3.22 防大20期 いなづま艤装員長 海上幕僚監部副監察官
02 徳永明洋 2001.3.23 - 2002.5.11 防大21期 海上幕僚監部副監察官 大湊海上訓練指導隊船務航海科長  
03 品川 隆 2003.5.12 - 2005.5.9 防大23期 海上訓練指導隊群司令部幕僚  
04 大仲和弘 2005.5.10 - 2007.10.16 防大27期 せとゆき艦長 海上自衛隊第1術科学校教官
兼 研究部員
05 関川秀樹 2007.10.17 - 2009.3.18 防大29期 いしかり艦長 横須賀地方総監部管理部総務課長 
06 田中久行 2009.3.19 - 2010.8.17 防大29期 やまぎり艦長 海上自衛隊第1術科学校主任教官
兼 研究部員 
07 山口正之 2010.8.18 - 2011.9.11 防大28期 はまゆき艦長 自衛艦隊司令部幕僚
08 日髙孝次 2011.9.12 - 2012.6.25 防大29期 しらせ副長 海上幕僚監部防衛部運用支援課
南極観測支援室
09 可知俊一郎 2012.6.26 - 2014.9.23   すま艦長 横須賀海上訓練指導隊教育科長
10 水田英幹 2014.9.24 - 2015.7.23 防大32期 大湊地方総監部管理部人事課長 くらま艦長 2015.7.1
1等海佐昇任
11 田代操一朗 2015.7.24 - 2017.3.30 防大41期 こんごう船務長 兼 副長 中央システム通信隊副長
12 増田信之 2017.3.31 - 2018.3.22 防大44期 海上幕僚監部人事教育部厚生課 海上幕僚監部人事教育部補任課
13 落水酉紀 2018.3.23 - 2019.1.25 防大42期 護衛艦隊司令部 護衛艦隊司令部
14 國分一郎 2019.1.26 - 2020.3.31 いずも副長 護衛艦隊司令部 兼 自衛艦隊司令部
15 角道保史 2020.4.1 - 2021.8.9 あすか運用長 兼 副長 護衛艦隊司令部
16 靏田耕平 2021.8.10 - 2022.9.4 護衛艦隊司令部幕僚 兼 自衛艦隊司令部 海上幕僚監部防衛部装備体系課
17 相澤一実 2022.9.5 - 護衛艦隊司令部幕僚 兼 自衛艦隊司令部

その他[編集]

「いなづま」の名を持つ日本の艦艇は、妙に衝突と縁があり、その全艦が衝突事故(被衝突含む)を起こしている。初代は商船との衝突により沈没した[注釈 1]。 2代目は姉妹艦に衝突して相手が沈没したほか、数回の衝突事故を起こした[注釈 2]。3代目は僚艦に衝突されているが両艦とも沈没は免れた[注釈 3]。 そして、4代目となる本艦も上述の通り事故を起こした(ただし、他艦船との衝突ではない)[38]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初代の雷型駆逐艦は、1909年(明治42年)12月16日に商船と衝突して沈没した[33]
  2. ^ 2代目の吹雪型駆逐艦は1934年(昭和9年)6月29日に駆逐艦深雪と衝突し、深雪が沈没した[34]。1935年(昭和10年)2月28日、電は駆逐艦旗風に衝突した[35]。1942年(昭和17年)1月20日[36]給糧艦「仙台丸」と衝突した[37]
  3. ^ 3代目のいかづち型護衛艦いなづま」は、1960年(昭和35年)6月4日に僚艦「あけぼの」に衝突された。

脚注[編集]

  1. ^ 派遣海賊対処行動水上部隊の交代について (PDF)
  2. ^ 派遣海賊対処行動水上部隊による遭難船舶への対応について (PDF)
  3. ^ アデン湾における派遣海賊対処行動に従事した艦艇の入港について (PDF)
  4. ^ 派遣海賊対処行動水上部隊の交代について (PDF)
  5. ^ 海上自衛隊公式フェイスブック(2017年1月12日)
  6. ^ 日米印共同訓練の実施について (PDF)
  7. ^ 米海軍との共同訓練の実施について (PDF)
  8. ^ “広島の豪雨災害へ支援 呉・三原のゲストハウスや温浴施設が無料サービスなど”. 広島経済新聞. (2018年7月9日). オリジナルの2018年7月17日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/KCN4y 2018年7月17日閲覧。 
  9. ^ a b 「災害派遣」入浴・給水・洗濯支援情報”. 海上自衛隊第4護衛隊群. 2018年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月20日閲覧。
  10. ^ 平成30年度インド太平洋方面派遣訓練の実施について (PDF)
  11. ^ “中国をけん制、南シナ海で潜水艦訓練…海自公表”. 読売新聞. (2018年9月18日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180917-OYT1T50081.html 2018年9月18日閲覧。 
  12. ^ 対潜戦訓練の実施について (PDF)
  13. ^ 日英共同訓練の実施について (PDF)
  14. ^ アメリカ合衆国パールハーバーサンディエゴグアム)、グアテマラ共和国プエルトケツァル)、ペルー共和国カヤオ)、エクアドル共和国グアヤキル)、メキシコ合衆国マサトラン)、仏領ポリネシアパペーテ)、フィジー共和国スバ)、ニュージーランドオークランド)、オーストラリア連邦シドニー)、パプアニューギニア独立国(ラバウル)、パラオ共和国コロール
  15. ^ 海上自衛隊 (2019年10月24日). “令和元年度遠洋練習航海について”. 防衛省海上自衛隊. 2019年10月25日閲覧。
  16. ^ 日豪共同訓練(日豪トライデント)について 海上幕僚監部(2021年11月12日) (PDF)
  17. ^ a b 海自、訓練で豪軍艦を「武器等防護」 米軍以外で初”. 産経新聞 (2021年11月12日). 2021年11月12日閲覧。
  18. ^ 一般幹部候補生課程(部内課程)の卒業式及び外洋練習航海について 海上幕僚監部(2022年2月8日) (PDF)
  19. ^ 日米共同訓練について 海上幕僚監部(2022年2月18日) (PDF)
  20. ^ 日越親善訓練について 海上幕僚監部(2022年2月27日) (PDF)
  21. ^ 日パラオ親善訓練について 海上幕僚監部(2022年3月7日) (PDF)
  22. ^ 日米共同訓練について 海上幕僚監部(2022年4月19日) (PDF)
  23. ^ 防衛省 海上自衛隊 [@JMSDF_PAO] (2022年4月13日). "4月12日、護衛艦「いなづま」「こんごう」は、航空自衛隊のF-2と共に日本海において、「エイブラハム・リンカーン」米空母打撃群と日米共同訓練を実施しました。" (ツイート). Twitterより2022年4月15日閲覧
  24. ^ 防衛省 海上自衛隊 [@JMSDF_PAO] (2022年4月14日). "4月13日、護衛艦「いなづま」は、航空自衛隊 のF-2と共に日本海において「エイブラハム・リンカーン」米空母打撃群と艦艇への攻撃訓練を実施しました。" (ツイート). Twitterより2022年4月15日閲覧
  25. ^ “海自の護衛艦「いなづま」山口県沖で航行不能に 浅瀬で岩などにぶつかったか 試運転から基地に戻る途中 けが人なし”. TBS NEWS DIG. (2023年1月10日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/267949 2023年1月10日閲覧。 
  26. ^ “海自護衛艦「いなづま」から「大きな衝撃音、自力航行できない」…山口沖の瀬戸内海”. 読売新聞オンライン. (2023年1月10日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230110-OYT1T50160/ 2023年1月10日閲覧。 
  27. ^ “海自護衛艦「いなづま」、なぎの瀬戸内で航行不能…周辺に7mの浅瀬も”. 読売新聞. (2023年1月10日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230110-OYT1T50207/ 2023年1月11日閲覧。 
  28. ^ “海自護衛艦「いなづま」艦首付近にも亀裂、油漏れ続ける…えい航の見通したたず”. 読売新聞オンライン. (2023年1月11日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20230111-OYT1T50189/ 2023年1月12日閲覧。 
  29. ^ “航行不能の海自護衛艦いなづま、前後に損傷確認 油漏れも止まらず”. 朝日新聞デジタル. (2023年1月11日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASR1C6W0TR1CUTIL03J.html 2023年1月12日閲覧。 
  30. ^ “浅瀬に塗膜、護衛艦接触か 航行不能事故で海保捜査”. 共同通信. (2023年1月13日). https://www.47news.jp/national/8804968.html 2023年1月13日閲覧。 
  31. ^ 航行不能の海自護衛艦「いなづま」 因島(広島・尾道市)の造船会社に入港”. 中国放送 (2023年1月16日). 2023年1月17日閲覧。
  32. ^ “座礁の護衛艦いなづま、15日に造船所に移動へ 油漏れも止まる”. 朝日新聞デジタル. (2023年1月13日). https://www.asahi.com/articles/ASR1F73V1R1FUTIL044.html 2023年1月14日閲覧。 
  33. ^ 「電の沈没の件」、本邦駐箚英国大使館付武官往復文書 明治43年(防衛省防衛研究所)」 アジア歴史資料センター Ref.C11080157600 
  34. ^ Nichibei Shinbun_19340701/jan_19340701(スタンフォード大学フーヴァー研究所)」 アジア歴史資料センター Ref.J20011560100  p.1〔 闇夜の猛演習のためく逐艦 深雪 電 衝突大破 死者四名、行方不明二名 遭難地・濟州島南方 〕
  35. ^ 「2水戦機密第29号 10.3.8 狭霧と敷波、電、と疾風触衝事件報告」、公文備考 昭和10年 T 事件 巻1(防衛省防衛研究所)」 アジア歴史資料センター Ref.C05034647100  p.13〔 電旗風触衝事件報告 電驅逐艦長有賀幸作
  36. ^ 「昭和17年1月」、昭和16.12~18.12 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の1(防衛省防衛研究所)」 アジア歴史資料センター Ref.C16120656500  p.2(昭和17年1月)〔 20|夜|d電ハダバオ湾口哨戒中TP仙台丸ト衝突|菲島|電役務ニ差支ナシ 仙台丸舟首損傷セルモ彳速航行可能 〕
  37. ^ 昭和16年12月16日~昭和17年2月28日 第5戦隊戦闘詳報戦時日誌(2)(防衛省防衛研究所)」 アジア歴史資料センター Ref.C16120656500  p.67〔 一月二十日(一)経過(略)二一二二「ダバオ」湾口哨戒中ノ電ハ糧食船仙台丸ト觸衝損傷ヲ受ク(位置「サマール」島南端ノ190°22′附近 右舷三、五、一三番重油「タンク」右舷軸室四番予備水「タンク」浸水片舷航行可能) 〕
  38. ^ 海自の護衛艦 山口県沖で航行不能に 岩に接触か 少量の油漏れ」『NHK NEWS WEB日本放送協会、2023年1月10日。2023年1月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)


外部リンク[編集]