ヘンリー・J・カイザー級給油艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・J・カイザー級給油艦
US Navy 031018-N-5821P-001 USNS Yukon (T-AO 202).jpg
T-AO-202 ユーコン
基本情報
種別 給油艦 (AO)
命名基準 T-AO-187 ~ 195:アメリカの造船・海軍関係の技術者の人名
T-AO-196以後:アメリカの河川名
運用者  アメリカ海軍
 チリ海軍
建造期間 1984年 - 1995年
就役期間 アメリカ合衆国の旗1986年 - 現役
チリの旗2010年 - 現役
計画数 18
建造数 16(2隻が艤装中の段階で建造中止)
前級 アメリカ合衆国の旗シマロン級
チリの旗アラウカノ
要目
基準排水量 9,500t
満載排水量 40,700 t
※T-AO-201、203、204は42,000t
全長 206.3 m
全幅 29.7 m
吃水 10.66 m
主機関 コルト=ピルスティク PC4-2/2 10V-570 ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ、2軸推進
出力 34,442 shp
最大速力 20 ノット (37 km/h)
航続距離 10,000 海里 (19,000 km)(17ノット巡航時)
搭載能力 ・貨油:180,000バレル
※T-AO-201, -202 , -204は159,000バレル[1][2]
・ドライカーゴ:690
・20フィート冷蔵・冷凍コンテナ:8基[3]
乗員 軍人7~24名+民間人66~89名
兵装 無し
ファランクス 20mm CIWS×2基を搭載可能
搭載機 ヘリコプター甲板有り、格納庫無し。
テンプレートを表示

ヘンリー・J・カイザー級給油艦英語: Henry J. Kaiser-class oiler)は、アメリカ海軍の艦隊給油艦(補給艦)。

概要[編集]

基本的な艦体形状は先代のシマロン級のそれを受け継いでおり、艦橋は艦の後部に配置され、艦尾はヘリコプター甲板となっているが、格納庫は設置されていない。

この他に、アメリカ海軍の補給艦としては初めて、主機関にディーゼルエンジンを採用したのも大きな特徴である。本級よりやや早い1981年に就役したシリウス級戦闘給糧艦もディーゼルエンジンを主機関としているが、こちらは元々1960年代にイギリス海軍補助艦隊向けに建造された艦をアメリカ海軍がリース(後に購入)したものである。

洋上移送

給油ステーションは右舷3ヶ所、左舷2ヶ所の計5ヶ所である。このほか、ドライカーゴの移送用に両舷1基ずつのハイライン設備も持つ。

物資格納

本級は、以下の物資を搭載可能である[3]

  • 貨油(艦艇燃料、航空燃料):合計180,000バレル
但し「パタクセント」、「ララミー」、「ラパハノック」の3隻は1990年石油汚染防止法に基づいて二重船体とされたため、最大積載量は他の姉妹艦と比較して約12%ほど少ない159,000バレルに抑えられている[1][2]

同型艦[編集]

当初はペンシルベニア造船所が建造を担当したが、契約は履行されず、後にアメリカン造船タンパ造船所で建造が行われた。

18隻整備の予定であったが、5番艦と6番艦の2隻は、完成直前に建造がキャンセルされ、16隻が建造された。

# 艦名 起工 進水 就役 備考
T-AO-187 ヘンリー・J・カイザー
USNS Henry J. Kaiser
1984年
8月22日
1985年
10月5日
1986年
12月19日
軍事海上輸送司令部に所属、現役
T-AO-188 ジョシュア・ハンフリーズ
USNS Joshua Humphreys
1984年
12月17日
1986年
2月22日
1987年
4月3日
1996年6月29日退役、2005年2月23日再就役
2006年10月1日再退役、2010年再就役
T-AO-189 ジョン・レントール
USNS John Lenthall
1985年
7月15日
1986年
8月9日
1987年
7月25日
1996年11月11日退役、1998年12月7日再就役。
T-AO-190 アンドリュー・J・ヒギンズ
USNS Andrew J. Higgins
1985年
11月21日
1987年
1月17日
1987年
10月22日
1996年5月6日退役、国防予備船隊にて保管。
2009年5月19日付でチリ海軍に売却。
2010年2月1日、アルミランテ・モント (Almirante Montt, AO-52)として再就役[4]
T-AO-191 ペンジャミン・イシャーウッド
USNS Benjamin Isherwood
1986年
7月12日
1988年
8月15日
1993年8月15日、完成率95.3%で建造中止。
国防予備船隊にて保管。2011年7月、スクラップとして解体開始。
T-AO-192 ヘンリー・エクフォード
USNS Henry Eckford
1987年
1月22日
1989年
7月22日
1993年8月15日、完成率84%で建造中止。
国防予備船隊にて保管。2011年7月、スクラップとして売却。
T-AO-193 ウォルター・S・ディール
USNS Walter S. Diehl
1986年
8月7日
1987年
10月2日
1988年
9月13日
軍事海上輸送司令部に所属、現役
T-AO-194 ジョン・エリクソン
USNS John Ericsson
1989年
3月15日
1990年
4月21日
1991年
3月18日
T-AO-195 ルロイ・グラマン
USNS Leroy Grumman
1987年
7月6日
1988年
12月3日
1989年
8月23日
T-AO-196 カナワ
USNS Kanawha
1989年
7月13日
1990年
9月22日
1991年
12月6日
T-AO-197 ペコス
USNS Pecos
1988年
2月17日
1989年
9月23日
1990年
7月6日
T-AO-198 ビッグ・ホーン
USNS Big Horn
1989年
10月9日
1991年
2月2日
1992年
5月21日
T-AO-199 ティピカヌー
USNS Tippecanoe
1990年
11月19日
1992年
5月16日
1993年
2月8日
T-AO-200 グアタルーペ
USNS Guadalupe
1990年
7月9日
1991年
10月5日
1992年
9月25日
T-AO-201 パタクセント
USNS Patuxent
1991年
10月16日
1994年
7月23日
1995年
6月21日
T-AO-202 ユーコン
USNS Yukon
1991年
5月13日
1993年
2月6日
1994年
3月25日
T-AO-203 ララミー
USNS Laramie
1994年
1月10日
1995年
5月6日
1996年
5月7日
T-AO-204 ラパハノック
USNS Rappahannock
1992年
3月29日
1995年
1月14日
1995年
11月7日

関連項目[編集]

同時期の諸外国海軍の補給艦

参考文献・サイト[編集]