あけぼの (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あけぼの
リムパック2010に参加中の「あけぼの」
リムパック2010に参加中の「あけぼの」
基本情報
建造所 石川島播磨重工業東京第1工場
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 むらさめ型護衛艦
建造費 630億4,550万円
母港 佐世保
所属 第1護衛隊群第5護衛隊
艦歴
発注 1997年
起工 1999年10月29日
進水 2000年9月25日
就役 2002年3月19日
要目
基準排水量 4,550トン
満載排水量 6,100トン
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.2m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30ノット
乗員 165名
兵装 62口径76mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ ハープーン4連装発射筒 × 2基
Mk.41 Mod6 VLS (VLA SUM) × 16セル
Mk.48 Mod4 VLS (ESSM 短SAM) × 16セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9B 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24B 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31A × 2基
ソナー OQS-5
OQR-2C 曳航式
電子戦
対抗手段
NOLQ-3-1 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 SLQ-25 対魚雷デコイ
テンプレートを表示

あけぼのローマ字JS Akebono, DD-108)は、海上自衛隊護衛艦むらさめ型護衛艦の8番艦。艦名は「東の空が次第に白んでいく頃」(曙)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては旧海軍の雷型駆逐艦」、吹雪型駆逐艦」、護衛艦「あけぼの」に続き4代目。

艦歴[編集]

「あけぼの」は、中期防衛力整備計画に基づく平成9年度計画4,400トン型護衛艦2237号艦として、マリンユナイテッドで発注され、石川島播磨重工業東京第1工場で1999年10月29日に起工、2000年9月25日に進水、2002年3月19日に就役し、第4護衛隊群第4護衛隊に編入されに配備された。

2003年10月28日テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦「ひえい」、補給艦ときわ」と共にインド洋に派遣。2004年3月23日に帰国した。

2005年5月18日から8月20日の間、護衛艦「みょうこう」、「まきなみ」とともに米国派遣訓練に参加。

2008年3月26日、護衛隊改編により第1護衛隊群第1護衛隊に編入された。

2009年3月17日新テロ特措法に基づき、補給艦「ときわ」と共にインド洋に派遣[1]2009年9月1日、呉に帰港した。

2010年5月14日から5月16日まで横須賀基地を親善訪問したオーストラリア海軍フリゲート「ニューカッスル」と交歓する。5月16日から5月17日に房総半島沖で護衛艦「あたご」とともに豪海軍フリゲート「ニューカッスル」との共同訓練を実施する。訓練終了後、RIMPAC2010に参加するため護衛艦「あたご」と共にRIMPACに先立ち、6月9日から6月14日までカナダビクトリアに寄港し、6月12日、エスカイモルト湾で実施されたカナダ海軍創立100周年記念国際観艦式に参加。6月22日パールハーバーに到着し、8月1日までハワイ周辺海域で訓練を実施した[2]6月22日真珠湾に入港後、6月23日から8月1日までリムパックに参加。8月3日に真珠湾を出港し、8月16日に横須賀基地に帰投している。

その後、「あけぼの」は「あたご」と分離し、8月16日から9月3日までオーストラリアダーウィン沖で実施された、多国間海上共同訓練「カカドゥ10」に、第3航空隊第32飛行隊のP-3C哨戒機2機と共に参加した[3]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災に対し、災害派遣される。

2011年3月16日、編成替えにより第1護衛隊群第5護衛隊に編入され、定係港も呉から佐世保に転籍。

2013年4月9日第15次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「はまぎり」と共にソマリア沖へ向けて出航[4]、任務を終了し、同年9月24日、佐世保に帰港した[5]

2017年9月11日~28日には日本列島南方海域で、空母「ロナルド・レーガン」イージス艦からなるアメリカ艦隊との共同訓練を実施(僚艦「いせ」「さざなみ」と約一週間ごとに交代)[6][7]

第1護衛隊群第5護衛隊に所属し、定係港は佐世保である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 向井一馬 2002.3.19 - 2003.1.27 防大22期 あけぼの艤装員長 阪神基地隊副長
2 山口彰二 2003.1.28 - 2004.12.19 防大22期 情報業務群司令部幕僚 情報業務群司令部幕僚
3 村田頼重 2004.12.20 - 2006.5.7   海上幕僚監部防衛部運用課 阪神基地隊
4 鍋田智雄 2006.5.8 - 2008.8.19 防大26期 護衛艦隊司令部幕僚 こんごう艦長 2008.7.1
1等海佐昇任
5 松田弘毅 2008.8.20 - 2010.4.4 立大
35期幹候
しらせ副長 海上幕僚監部防衛部運用支援課
6 西村正之 2010.4.5 - 2010.10.1   海上訓練指導隊群司令部幕僚 在任中くも膜下出血で倒れ
2010年11月1日殉職
7 澤口和彦 2010.10.2 - 2012.7.22   作戦情報支援隊作戦情報第1科長  東京業務隊付 
8 本山勝善 2012.7.23 - 2014.5.8 防大34期 護衛艦隊司令部幕僚 いずも艤装員
9 大日方孝行 2014.5.9 - 2015.12.6 防大36期 統合幕僚監部運用部運用第2課
10 稲葉忠之 2015.12.7 - 2016.11.10 海上幕僚監部人事教育部厚生課 海上幕僚監部防衛部防衛課
11 波江野裕一 2016.11.11 - 海上自衛隊幹部候補生学校主任教官

その他[編集]

本艦の建造後、石川島播磨重工業東京第1工場が閉鎖されたため、同工場で建造された最後の自衛艦となった。なお、先代の「あけぼの」は同工場で最初に建造された自衛艦にあたる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)

外部リンク[編集]