かが (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かが
DDH-184 Kaga.jpg
横須賀基地に停泊中の「かが」
基本情報
建造所 ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所磯子工場
運用者  海上自衛隊
種別 護衛艦
艦級 いずも型護衛艦
経歴
計画 平成24年度計画
発注 2012年
起工 2013年10月7日
進水 2015年8月27日
竣工 2016年8月5日(公試)
就役 2017年3月22日
要目
基準排水量 19,500トン
全長 248.0m
全幅 38.0m
深さ 23.5m
吃水 7.1m[1]
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500IEC型ガスタービン 4基
推進 2軸
出力 112,000 馬力 (82 MW)
最大速力 30ノット
乗員 520名(うち司令部要員50名)+長期宿泊可能者450名[1]
搭載能力 貨油 3300kL
3 1/2tトラック × 50台
兵装 高性能20mm機関砲 CIWS
× 2基
SeaRAM 近SAMシステム
× 2基
搭載機 SH-60K哨戒ヘリコプター、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターなど計14機[1]
C4ISTAR OYQ-12 戦術情報処理装置
レーダー OPS-50 対空
OPS-28 対水上
OPS-20 航海用
ソナー OQQ-23 ソナーシステム
電子戦
対抗手段
NOLQ-3D-1 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 6基
OLQ-1 魚雷防御装置 × 1式
テンプレートを表示

かがローマ字JS Kaga, DDH-184)は、海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)いずも型護衛艦の2番艦。艦名は令制国加賀国に由来し、旧海軍航空母艦加賀」に続き日本の艦艇としては二代目、海上自衛隊の護衛艦としては初代である。太平洋戦争期の正規空母雲龍型航空母艦蒼龍を若干ながら上回る規模と排水量を有し、甲板を含めた全長248mは旧海軍空母「加賀」(単層の飛行甲板に改装後)とほぼ同じ。艦内神社白山比咩神社加賀国一宮[2]

1番艦の「いずも」と共に海上自衛隊では最大の艦艇。建造費用は1,155億[3][4]

艦歴[編集]

「かが」は、しらね型護衛艦2番艦「くらま」の代替艦として計画され、23中期防に基づく平成24年度計画19,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦(24DDH)として、ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で2013年10月7日に起工され、2015年8月27日に命名・進水2016年8月5日に公試開始[5]2017年3月22日に就役し[6]第2護衛隊群佐世保基地)に編成替えとなった「いせ」に替わり、第4護衛隊群第4護衛隊に編入された。定係港は

ロゴマーク[編集]

艦のロゴマークは一般から公募されたもので、金箔や加賀友禅など加賀藩の名産品や、加賀藩主である加賀前田家家紋でもあるなどを取り入れたデザインである[7]

DDH-184-DDH-184 Kaga's Mark.png 「かが」艦内に掲示されているロゴマーク

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
遠藤昭彦 2015.8.27 - 2017.3.21 防大33期 くらま艦長 かが艦長
艦長
1 遠藤昭彦 2017.3.22 - 防大33期 かが艤装員長

脚注[編集]

関連項目[編集]