旗風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旗風
Japanese destroyer Hatakaze Taisho 14.jpg
基本情報
建造所 舞鶴海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
艦種 駆逐艦
級名 神風型駆逐艦(2代目)
艦歴
発注 1920年度計画
起工 1923年7月3日
進水 1924年3月15日
就役 1924年8月30日(第九号駆逐艦)
最後 1945年1月15日戦没
除籍 1945年3月10日
要目
基準排水量 1,270 t
公試排水量 1,400 t
全長 102.57メートル
最大幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズタービン2基2軸
出力 38,500 SHP
速力 37.25ノット
燃料 重油:420トン
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
三年式機砲2挺
テンプレートを表示

旗風(はたかぜ)は、日本海軍駆逐艦[1][2]神風型一等駆逐艦(2代目)の5番艦である[3][4]

概要[編集]

旗風(はたかぜ)は、神風型駆逐艦(2代目)[5]の5番艦[6]。 当初の艦名は第九駆逐艦[7]1924年(大正13年)8月に第九号駆逐艦として竣工後[8][9]、「旗風」と改名[10][11]

太平洋戦争緒戦時、旧式化していた神風型4隻(朝風春風松風、旗風)は第五水雷戦隊麾下の第5駆逐隊を編成しており、南方作戦フィリピンの戦い蘭印作戦等)に従事[12]。第5駆逐隊はバタビア沖海戦にも参加した[13]1942年(昭和17年)5月5日、本艦は第5駆逐隊より除籍[12][14]。以後、船団護衛任務や対潜哨戒任務に従事した[12]

戦争末期の1945年(昭和20年)1月初旬、駆逐艦時雨等と共にヒ87船団を護衛して日本を出撃する[12]。1月15日[15]グラティテュード作戦にともなう米軍機動部隊艦載機の攻撃により、高雄港台湾)で沈没した[16][17]。 艦名は海上自衛隊あさかぜ型護衛艦2番艦「はたかぜ」、はたかぜ型護衛艦1番艦「はたかぜ」に引き継がれた。

艦歴[編集]

建造経緯[編集]

舞鶴工作部で建造[18]。舞鶴工作部で建造された神風型は3隻(春風、松風、旗風)である[19][20][21]。同工作部は、続いて神風型発展型の睦月型駆逐艦2隻(如月菊月)建造を担当した[19]

1921年(大正10年)10月12日、神風型駆逐艦7隻(第一駆逐艦《神風》第三駆逐艦《朝風》第五駆逐艦《春風》第七駆逐艦《松風》第九駆逐艦《旗風》第十一駆逐艦《追風》第十三駆逐艦《疾風》)、若竹型駆逐艦10隻(第二駆逐艦《若竹》第四駆逐艦《呉竹》第六駆逐艦《早苗》第八駆逐艦《早蕨》第十駆逐艦《朝顔》第十二駆逐艦《夕顔》、第十四駆逐艦《建造中止》、第十六駆逐艦《芙蓉》第十八駆逐艦《刈萱》、第二十駆逐艦《建造中止》)および掃海艇4隻に、それぞれ艦名が与えられる[7][22]

1922年(大正11年)8月24日、第9駆逐艦は、姉妹艦や軽巡夕張および給油艦2隻(鳴戸早鞆)と共に艦艇類別等級表に登録された[23][24]

本艦は1923年(大正12年)7月3日に起工[18][25]

1924年(大正13年)3月15日、「第九駆逐艦」として進水[18][26]。 艤装中の4月24日附で「第九駆逐艦」は「第九号駆逐艦」と改称[8]。 6月10日、日本海軍は荒糺(あらただし)少佐(当時、海風型駆逐艦2番艦山風駆逐艦長心得)を第9号駆逐艦艤装員長に任命(後任の山風艦長心得は中圓尾義三少佐)[27]。6月19日より艤装員事務所での事務を開始する[28]

8月1日、荒少佐は第9号駆逐艦長心得に補職[29]。第9号駆逐艦の初代幹部は、砲術長木下三雄大尉、航海長藤牧美徳中尉(後日、ヒ87船団時の特務艦神威艦長)、機関長原重政機関大尉[29]。8月25日、旗風艤装員事務所を撤去[30]8月30日に竣工した[18][31]。 本艦は第二艦隊(旗艦金剛)・第二水雷戦隊(旗艦北上)・第5駆逐隊に編入[32][33]。同隊は定数4隻(第3号駆逐艦《朝風》、第5号駆逐艦《春風》、第7号駆逐艦《松風》、第9号駆逐艦《旗風》)を揃えた。

4年後の1928年(昭和3年)8月1日附で、第九号駆逐艦は旗風(はたかぜ)と改名された[1][34]

竣工後[編集]

本艦竣工前の1923年(大正12年)7月16日、日本海軍は第一号型駆逐艦2隻(第3号駆逐艦《朝風》第5号駆逐艦《春風》)で第5駆逐隊(駆逐隊司令宮部光利中佐)を編制していた[35][36]1924年(大正13年)4月5日に竣工した第7号駆逐艦(松風)は[20]、5月1日附で第5駆逐隊に編入[32]。第9号駆逐艦(旗風)は9月5日附で第5駆逐隊に編入(前述)[32]。 当時の第5駆逐隊は第二艦隊・第二水雷戦隊(旗艦北上)に所属[37]。 年末の編制替で、第二水雷戦隊旗艦は北上から軽巡洋艦五十鈴に交代した[38][39]

1925年(大正14年)6月17日、第5駆逐隊は第二水雷戦隊から第一遣外艦隊に編入、8月31日附で二水戦に復帰した[40]。 11月10日、荒糺中佐(第9号駆逐艦長)は駆逐艦澤風艦長へ転任[41]。古賀七三郎少佐(当時、第二艦隊参謀)が第9号駆逐艦長に補職される[41]。 12月1日、第5駆逐隊司令は宮部光利大佐から木田新平大佐に交代[42]。 年末の編制替でも、第5駆逐隊は引き続き第二水雷戦隊(旗艦五十鈴)に所属[43]

1926年(大正15年)10月16日午前0時、佐世保[44]から大阪経由[45]で横須賀にむけ移動中だった第二水雷戦隊(司令官坂本貞二少将)のうち[46]、本艦以下3隻(五十鈴、第7号駆逐艦《松風》、第9号駆逐艦《旗風》)は山口県豊浦郡安岡町沖合で座礁[47]。 第9号駆逐艦(旗風)はスクリューが破損する等の損傷を蒙る[48]。 第9号駆逐艦(駆逐艦長古賀中佐、航海長佐藤治三郎大尉)以下関係者は処分を受けた[49][50]。 12月1日、古賀七三郎中佐(第9号駆逐艦長)は第28号駆逐艦《水無月》》艤装員長へ転任[51]鈴木田幸造少佐が第9号駆逐艦長となる[51]

1927年(昭和2年)5月から8月にかけて、第5駆逐隊は第二水雷戦隊から離れる[52]。 12月1日、第5号(春風)駆逐艦長後藤英次中佐が横須賀鎮守府附となったため、鈴木田少佐(第9号駆逐艦長)は第5号(春風)および第9号(旗風)駆逐艦長の兼務を命じられた[53]。また第5駆逐隊司令および第3駆逐隊司令を兼務していた高橋雄三郎大佐は装甲巡洋艦「日進」艦長に補職[53]。第3駆逐隊司令には石川哲四郎中佐[53]。第5駆逐隊司令に公家種次大佐がそれぞれ補職された[53]

1928年(昭和3年)3月15日鈴木田幸造中佐(第9号駆逐艦長兼務第5号駆逐艦長)は第23号《弥生》駆逐艦長へ転任[54](後日、最上型巡洋艦2番艦「三隈」初代艦長)[55]。それまでの第23号(弥生)駆逐艦長原顕三郎中佐が、第9号(旗風)駆逐艦長と第5号(春風)駆逐艦長を兼務する[54]。同日附で第5駆逐隊司令および第7駆逐隊司令を兼務していた高橋忠治中佐は兼務を解かれ、倉田七郎中佐が第5駆逐隊司令に補職される[54]。 5月7日、原顕三郎中佐(第5号・第9号駆逐艦長)は第27号《皐月》駆逐艦長に補職[56]。第27号駆逐艦長石戸勇三中佐が第32号《三日月》駆逐艦長に転じ、山中順一中佐(当時、第32号駆逐艦長)が第5号・第9号駆逐艦長を兼務する[56]

8月1日、第九号駆逐艦は旗風と改名(第五号駆逐艦は春風と改名)[10][22]。山中中佐の職務は、旗風および春風艦長(兼務)となった。また第一号型駆逐艦は神風型駆逐艦と改名された[6]12月10日、山中順一中佐(旗風・春風艦長兼務)は第14駆逐隊司令へ転任[57]。武田喜代吾少佐(当時、駆逐艦艦長)が旗風及び春風駆逐艦長を兼務した[57]。同日附で、第5駆逐隊司令は倉田七郎大佐から鈴木清中佐に交代[57]

1929年(昭和4年)11月1日、武田少佐(旗風・春風駆逐艦長)は春風艦長との兼務を免じられ、手束五郎少佐(当時、駆逐艦早蕨艦長)が春風艦長に補職される[58]。 12月1日、第5駆逐隊司令は鈴木清中佐から坂本伊久太中佐に交代[59]

1930年(昭和5年)12月1日、武田喜代吾中佐(旗風駆逐艦長)は第6駆逐隊司令へ転任[60]。海軍省軍務局局員白石萬隆少佐が、後任の旗風駆逐艦長となる[60]。また第5駆逐隊司令は坂本伊久太大佐から斎藤二朗大佐に交代する[60]。 同日附で行われた艦隊の再編により、第5駆逐隊は第一艦隊・第一水雷戦隊(旗艦川内)に所属した[61]

1931年(昭和6年)11月15日、白石少佐(旗風駆逐艦長)は第一水雷戦隊附となり、阪匡身少佐(当時、駆逐艦澤風艦長)が旗風駆逐艦長に補職[62](後日、白石はレイテ沖海戦時の第七戦隊司令官)。 12月1日、姉妹艦朝風艦長大藤正直中佐が駆逐艦艤装員長へ転任(後日、大藤は駆逐艦深雪沈没時の艦長)[63]。阪少佐(旗風駆逐艦長)は朝風駆逐艦長も兼務する[63]。同日附で第5駆逐隊司令は、斎藤二朗大佐から坂野民部中佐に交代[63]

1932年(昭和7年)2月21日、阪匡身少佐(旗風兼朝風艦長)は駆逐艦如月艦長へ転任(後日、戦艦扶桑艦長[64]。同艦沈没時に戦死)[65]園田昇少佐が、旗風および朝風艦長を兼務する[65]。 8月8日、第5駆逐隊司令は坂野民部中佐から中田操中佐に交代[66]。 9月15日、手束五郎少佐(春風および松風艦長)は松風艦長の職務を解かれ、中田中佐(第5駆逐隊司令)が第5駆逐隊司令と松風艦長を兼務[67]。また崎山釈夫少佐が朝風艦長に任命されたことで、園田昇少佐(旗風、朝風艦長)は兼務を解かれて旗風艦長に専念する[67]。 12月1日、中田操大佐(第5駆逐隊司令・松風艦長)は横須賀鎮守府附となり、五藤存知中佐が第5駆逐隊司令と松風艦長を兼務することになった[68]

1933年(昭和8年)5月17日、旗風駆逐艦長は園田昇少佐から小田為清少佐へ交代[69]。 5月20日、松村翠少佐が姉妹艦松風艦長に補職されたことで、第5駆逐隊司令五藤存知中佐は松風艦長との兼務を解かれた[70] 11月15日、小田為清中佐は旗風駆逐艦長から勢多型砲艦2番艦比良艦長へ転任[71](後日、小田は練習巡洋艦香取艦長[72]。同艦沈没時に戦死)[73]高橋亀四郎少佐(当時、駆逐艦艦長)が、後任の旗風駆逐艦長に任命された[71]。 まだ第5駆逐隊司令も、五藤存知大佐から橋本信太郎中佐に交代した[71]。 同日附でおこなわれた艦隊の再編により、第5駆逐隊は第一艦隊・第一水雷戦隊(旗艦川内)に所属[74]

1934年(昭和9年)6月13日、僚艦と共に東京湾を航行中の「旗風」は[75]、居眠り運転の発動機船に衝突される[76][77]。損傷の程度は軽く、負傷者もいなかった[78]。 11月15日附でおこなわれた艦隊の再編により、空母2隻(鳳翔龍驤)と第5駆逐隊(朝風、春風、松風、旗風)は第一航空戦隊を編制した[79]

1935年(昭和10年)2月28日、姉妹艦と共に有明湾所在の「旗風」は[80][81]第二水雷戦隊・第6駆逐隊所属の駆逐艦(駆逐艦長有賀幸作少佐)[82]に衝突される[83][84]。 同時に吹雪型駆逐艦2隻(狭霧敷波)の衝突事故も発生した[85]。 旗風は艦首部分を小破したため、龍驤・鳳翔以下第一航空戦隊各艦は工作科を派遣して応急修理を実施した[86]。 同年9月下旬、第一航空戦隊(空母2隻《龍驤、鳳翔》、第5駆逐隊《朝風、松風、春風、旗風》)は第四艦隊事件に遭遇、旗風は軽微の損傷を受ける[87]。第一航空戦隊各艦も、それぞれ損傷した。 11月15日、第5駆逐隊司令は橋本信太郎大佐から高間完中佐に交代した[88]。第5駆逐隊は引続き第一航空戦隊に所属した[89]

1936年(昭和11年)6月15日、高橋亀四郎少佐(旗風艦長)は横須賀鎮守府附となり[90]白露型駆逐艦5番艦春雨艤装員長を命じられる[91](その後、春雨初代艦長[92]。後日、第4駆逐隊司令として駆逐艦満潮沈没時に戦死)。旗風駆逐艦長には、赤沢次壽雄少佐(当時、千鳥型水雷艇1番艦千鳥水雷艇長)が任命された[90]。 12月1日、第5駆逐隊司令は、高間完大佐から江戸兵太郎大佐に交代した[93]

1937年(昭和12年)12月15日、峯風型駆逐艦2隻(太刀風秋風)艦長を兼務していた勝見基少佐は秋風艦長を免じられ、赤澤少佐(旗風駆逐艦長)は秋風艦長に補職[94]。松風駆逐艦長古閑孫太郎少佐が、松風および旗風駆逐艦長を兼務した[94]

1938年(昭和13年)1月2日、古閑孫太郎少佐(松風・旗風艦長)[95]は兼務を解かれる(後日、古閑は駆逐艦野分艤装員長[96]および初代艦長[97])。菅原六郎少佐(当時、軽巡木曾水雷長)が旗風駆逐艦長に任命される[95]。 2月10日、神風型2隻(春風、朝風)艦長を兼務していた林利作少佐の職務は朝風艦長のみとなり、菅原六郎少佐は旗風および春風駆逐艦長を兼務する[98]。 4月20日、第6駆逐隊司令伏見宮博義王中佐が海軍大学校教官に補職され、第5駆逐隊司令江戸兵太郎大佐は第6駆逐隊司令を兼務する[99]。 8月23日、菅原六郎少佐(旗風艦長兼務春風艦長)は鴻型水雷艇7番艇水雷艇長[100]へ転任(後日、菅原は駆逐艦白雪艦長[96][101])。駆逐艦沖風艦長になっていた赤澤次壽雄少佐(元旗風艦長)が沖風および春風艦長を兼務[100]。第2号掃海艇長梶原正見少佐が、第2号掃海艇長と旗風駆逐艦長を兼務した[100]

11月15日、日本海軍は第5駆逐隊(朝風、春風、松風、旗風)から神風型2隻(朝風、松風)を除籍し、同型2隻(朝風、松風)で第45駆逐隊を新編[102]。江戸兵太郎大佐(第5駆逐隊司令兼第6駆逐隊司令)は第45駆逐隊司令も兼務することになった[103]。この編制替で、第5駆逐隊は神風型2隻(春風、旗風)になった[104]。 同日附で松崎辰治少佐(大湊防備隊分隊長)が第2号掃海艇長に補職され、梶原正見少佐は旗風駆逐艦長に専念する[105]

12月15日、梶原正見少佐(旗風駆逐艦長)は呉防備隊分隊長へ、川崎陸郎少佐(春風駆逐艦長)は呂号第58潜水艦長へ転任[106]井上規矩少佐(当時、呂号第58潜水艦長)は、春風および旗風駆逐艦長の兼務を命じられた[106]。 同日附で、江戸兵太郎大佐(第5駆逐隊司令)は軽巡長良艦長へ転任[106]新美和貴大佐が第6駆逐隊司令に、荒木伝中佐が第5駆逐隊司令に、佐藤寅治郎中佐が第45駆逐隊司令に、それぞれ補職された[106]

1939年(昭和14年)1月10日、井上規矩少佐(春風・旗風駆逐艦長)は鷺水雷艇長へ転任、角田千代吉少佐(当時、駆逐艦芙蓉艦長)が春風および旗風駆逐艦長を兼務[107]。 10月10日、山下鎮雄少佐が旗風駆逐艦長に補職され、角田千代吉少佐(春風・旗風艦長)は職務を解かれた[108]。 10月20日、第5駆逐隊司令は荒木伝中佐から杉浦嘉十中佐に交代した[109]

1940年(昭和15年)8月15日、弟5駆逐隊司令は杉浦嘉十中佐から佐藤康夫中佐に交代[110]日中戦争における第5駆逐隊は、沿岸部の封鎖や臨検、対地砲撃任務等に従事した[111]。 10月15日、山下鎮雄少佐(旗風艦長)は駆逐艦吹雪艦長へ転任[112]。同艦がサボ島沖海戦で沈没した際に戦死した(同海戦で、第六戦隊司令官五藤存知少将《元第5駆逐隊司令》も戦死。古鷹艦長荒木傳大佐《元第5駆逐隊司令》は生還)[113][114]。 後任の旗風駆逐艦長は、入戸野焉生少佐(当時、第14号掃海艇長)[112]

日本海軍は11月15日附で第45駆逐隊(朝風、松風)を解隊(駆逐隊司令金桝義夫大佐は、軽巡大井艦長に補職)[96]。同隊所属だった2隻は、元の第5駆逐隊に編入された。また同日附で第五水雷戦隊を編制(五水戦司令官原顕三郎少将)[115]長良型軽巡洋艦3番艦名取、第5駆逐隊(朝風旗風春風松風)、第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)は第五水雷戦隊に配属され、訓練に勤しんだ。また仏印進駐作戦にも投入された。

1941年(昭和16年)4月10日、佐藤康夫大佐(第5駆逐隊司令)は朝潮型駆逐艦4隻(朝雲夏雲峯雲山雲)の第9駆逐隊司令へ転任[116]。後任の第5駆逐隊司令は、小川莚喜中佐(当時、重巡筑摩副長)[116]。 10月20日、小川中佐(第5駆逐隊司令)は第12駆逐隊司令へ転任[117]野間口兼知中佐(当時、陽炎型駆逐艦5番艦夏潮艦長)が第5駆逐隊司令に補職された[117]

太平洋戦争前半の行動[編集]

太平洋戦争開戦時の第五水雷戦隊司令官は、引き続き原顕三郎少将(五水戦旗艦名取)。緒戦期の第五水雷戦隊は比島攻略部隊に所属し、開戦劈頭のフィリピンの戦いのうちのアパリ英語版攻略戦、リンガエン湾上陸、次いでマレー作戦のシンゴラ上陸作戦支援に参加した[118]。馬公および高雄で整備の後、蘭印作戦に参加。

1942年(昭和17年)3月1日、ジャワ島バンタム湾上陸作戦の最中にバタビア沖海戦が発生[119]。 当時、第5駆逐隊(朝風、春風、旗風、松風)のうち「松風」は第四航空戦隊(司令官角田覚治少将。空母龍驤)護衛のため不在[120][121]。3隻(朝風、春風、旗風)のみ第七戦隊第2小隊(重巡《三隈最上》、駆逐艦《敷波》)、第五水雷戦隊・第三水雷戦隊各艦(名取、第11駆逐隊《 初雪白雪吹雪》、第12駆逐隊《叢雲白雲》)等と共に、連合軍の巡洋艦2隻(パースヒューストン)を協同撃沈した[122][119]。 旗風は直撃弾を受けるも、不発のため損害は軽微[123]。だが魚雷の同士討ちにより陸軍輸送船団旗艦「神洲丸《龍城丸》」(第16軍司令官今村均陸軍中将座乗)以下輸送船4隻と掃海艇1隻が大破もしくは沈没した[122][124]

1942年(昭和17年)3月10日、第五水雷戦隊は解隊[125](五水戦司令官原顕三郎少将は第十六戦隊《名取長良鬼怒》司令官に補職)[126][127]。これに伴い第5駆逐隊は第一南遣艦隊に転属[128]。3月12日、旗風はシンガポールに到着した[129]4月10日附の戦時編制改定にともなう南西方面艦隊新設後も、第5駆逐隊は第一南遣艦隊附属であった[130][131]5月5日、旗風は第5駆逐隊から除籍[14][132]横須賀鎮守府警備駆逐艦となる[12][133]。 5月6日、「旗風」は給糧艦伊良湖を護衛してシンガポールを出発[12][118]。5月16日、旗風は横須賀に到着した[118][134]。その後、横須賀を母港として船団護衛任務に従事する。

9月中旬、旗風は連合艦隊の作戦指揮下に入る[135]。連合艦隊司令長官山本五十六大将および第四艦隊司令長官井上成美中将は、駆逐艦2隻(旗風《横須賀鎮守府》、峯風《佐世保鎮守府》)に大鷹型航空母艦2番艦雲鷹の護衛とトラック泊地進出を命じた[136][137]。 9月25日、旗風は雲鷹を護衛して呉を出撃、トラック島方面へと進出する[118][138]。10月1日、トラック泊地に到着[139][140]。本艦は翌日より第二海上護衛隊(軽巡夕張他が所属)の指揮下に入る[141][142]。 第二海上護衛隊各艦(夕張、旗風、峯風、夕月追風朝凪夕凪、長運丸、浮島丸)等は各方面に分散し[143][144]、トラック~ラバウル~パラオ方面の船団護衛任務に従事した[140][145][146]

11月7日、駆逐艦2隻(旗風《横鎮》、峯風《佐鎮》)は連合艦隊司令長官の作戦指揮を解かれ、所属鎮守府に復帰することになった(大海指第156号)[147]。11月10日[148]、旗風駆逐艦長を入戸野焉生少佐[149]から小泉四郎少佐(10月25日まで駆逐艦早苗艦長)とする人事が発令される[150][149]。入戸野少佐は駆逐艦初霜艦長[151][152]や駆逐艦秋雲艦長[152]を歴任し、秋雲沈没時に戦死した[153]。 11月24日、旗風は横須賀に帰投、第二海上護衛隊での任務を終えた[148]。引き続き、横須賀を拠点として護衛任務に従事する[12][154]

太平洋戦争中盤以降の行動[編集]

1942年(昭和17年)12月4日、日本海軍は、日本陸軍の九九式双発軽爆撃機を輸送するため空母龍鳳冲鷹の投入を発令した[155][156]。12月11日、龍鳳と護衛の駆逐艦時津風(第16駆逐隊)は、トラック泊地に向け横須賀を出撃する[155][157]12月12日午前10時前後、龍鳳は八丈島東160浬で米潜ドラム(USS Drum, SS-228)から雷撃され、右舷中部に魚雷1本が命中した[156][158]。 旗風を含め護衛艦艇や館山海軍航空隊は龍鳳援護のため出動[159][160]。 旗風以下各艦の護衛により、龍鳳は辛うじて横須賀に帰投した[156][159][161]。このあと、冲鷹と護衛の駆逐艦卯月はトラック泊地への輸送に成功[155]。龍鳳が輸送予定だった陸軍機は空母瑞鶴(第一航空戦隊)が12月末~1月上旬にかけて輸送している[162]

1943年(昭和18年)2月1日、横須賀鎮守府の駆逐艦3隻(旗風、山雲野風)は、扶桑型戦艦2番艦山城を護衛して内海西部を出発[163][164]2月3日夕刻、山城隊は横須賀に到着した[165]。 同月中旬、駆逐艦3隻(山雲、旗風、野風)は長門型戦艦2番艦陸奥(前月中旬、トラック泊地より横須賀に帰投、在泊中)の護衛を命じられた[166][167]2月15日午前11時、陸奥艦長山澄貞次郎大佐指揮下の3隻(陸奥、旗風、野風)は横須賀を出発[168]。山雲を加え[169]、内海西部に向かう。 2月16日夕刻、速吸瀬戸豊後水道)を通過[170][171]。護衛部隊(山雲、旗風、野風)は無事に陸奥を送り届けた[172][173]。 18日、旗風艦長は横須賀防備戦隊司令官に対し、金刀比羅宮香川県)に参拝する予定を通知した[174][175]。 21日、旗風と野風(途中合流)[176][177]は特設巡洋艦2隻(盤谷丸西貢丸)を護衛して内海西部を出発[178]。横須賀に向かった。横須賀到着後(盤谷丸と西貢丸は、駆逐艦海風清波護衛下でトラック行き)[179][180]、本艦は横須賀海軍工廠で入渠整備を行う[181]。 2月25日、かつて旗風が所属していた第5駆逐隊は解隊された[13][182]

2月28日、呉軍港で軽巡洋艦大淀が竣工[183]。横須賀の2隻(旗風、野風)は大淀の横須賀回航に際し、同艦護衛任務を命じられた[184]。同任務を目前にした3月2日、横須賀港内にて爆雷調整中に事故が発生して損傷[12][185]。約40名が死傷した。大淀の呉~横須賀護衛任務は、僚艦2隻(山雲、野風)が担当した[186]

5月26日、小泉四郎少佐(旗風艦長)は駆逐艦皐月艦長へ転任[187]。前月9日に撃沈された駆逐艦磯波沈没時の艦長荒木政臣少佐[188]が旗風駆逐艦長に補職される[187]。 6月10日、荒木政臣少佐(旗風艦長)は、旗風および駆逐艦野分艦長の兼務を命じられた[189]。 6月25日、旗風駆逐艦長に岡田静一少佐が任命され、艦長兼務を解かれた荒木は野分駆逐艦長に専念する[190]

太平洋戦争終盤の行動[編集]

1944年(昭和19年)3月1日、旗風駆逐艦長は岡田静一少佐から高柳親光大尉に交代[191]。同月より松輸送に従事した[12][192]。軽巡洋艦夕張を旗艦とする第1特設船団司令部(司令官:伊集院松治少将、後に第1護衛船団司令部に改称)が、東松3号船団を指揮する[193][194]。東松3号船団の護衛艦は、軽巡夕張(旗艦)、駆逐艦3隻(旗風、玉波)、水雷艇、海防艦2隻(平戸能美)、駆潜艇3隻[195]。 3月22日に船団は東京湾から出航、28日にパラオ行き船団9隻(護衛艦3隻《玉波、平戸、能美》、輸送船6隻)を分離し、船団本隊は30日にサイパンへ到着した[195]。この間、25日に護衛の第54号駆潜艇がアメリカの潜水艦ポラックの雷撃によって撃沈されたが[196]、輸送船に被害はなかった[195]。 復航船団は輸送船4隻と護衛艦6隻で4月3日にサイパンを出港、4月10日に横須賀へ無事に帰還した[195]。一方、輸送船山陽丸を護衛してサイパンよりメレヨン島に向かった雷(第6駆逐隊)は、4月13日米潜水艦ハーダーにより撃沈された[197]

6月18日附で、旗風は連合艦隊(司令長官豊田副武大将)の指揮下に入る[198]。6月25日附で、第十一水雷戦隊(司令官高間完少将)を指揮官とする『伊号輸送部隊』に加わった[199][200][201]。 6月28日、第21駆逐隊司令指揮下の第三輸送隊(駆逐艦《若葉初春、旗風、汐風夕月》、輸送艦3隻《104号、152号、153号》、輸送船《能登丸》)は横須賀を出撃[202][203]6月30日、3隻(旗風、汐風、能登丸)は第三号輸送部隊(本隊)より遅れて父島小笠原諸島)に到着する[204]。第三号輸送部隊は、既に硫黄島に向かっていた[205]。だが能登丸の荷役が遅れたので、駆逐艦2隻(旗風、汐風)は第103号輸送艦を護衛して硫黄島に向かった[206][207]。第103号輸送艦を護衛していた第24号海防艦は、前日に米潜水艦(アーチャーフィッシュ)により撃沈されていたのである[208][209]

7月1日未明、第103号輸送艦は硫黄島での揚陸に成功するが、同島の砂浜で座礁してしまう[210]。護衛の2隻(旗風、汐風)に救助を依頼しようとしたが、既に見当たらなかった[210]。第103号輸送艦は大発動艇により離岸に成功した[211]。 午前9時、2隻(旗風、汐風)は父島に戻る[212]。正午、3隻(旗風、汐風、能登丸)は父島を出発[213]。7月3日、旗風を含め第十一水雷戦隊各艦は横須賀に帰投[214]。伊号輸送部隊は解散した[215][216]。 だが7月4日[217]、米軍機動部隊艦載機(F6Fヘルキャット、ロケット砲装備機含む)は父島と硫黄島を襲撃する[201][218]。硫黄島の所在兵力は大損害を受ける[219]。また父島近海で第103号輸送艦が沈没[220]、硫黄島で130号が沈没[221]。同方面に残っていた3隻(清霜皐月、夕月)は[222]、辛うじて横須賀に帰投した[201]

7月下旬から8月上旬にかけて、旗風は引続き硫黄島方面輸送任務に従事する(往路は第3729船団、復路は第4208船団と改名)[223][224]8月4日、第4208船団は小笠原を出発して横須賀に向かうが、米軍機動部隊および水上艦艇部隊(指揮官ローレンス・T・デュボース少将)に襲撃され[225][226]、大損害を受ける[227][228]松型駆逐艦1番艦(第二護衛船団司令官高橋一松少将[229][230]旗艦。松艦長吉永源少佐)の奮戦により、輸送船は全滅したものの[227]、護衛艦4隻(旗風、第4号海防艦第12号海防艦、第51号駆潜艇)は生還した(スカベンジャー作戦[224][231]

ヒ87船団[編集]

1944年(昭和18年)12月26日、駆逐艦複数隻(神風野風、旗風、呉竹汐風朝顔)は第三十一戦隊(司令官鶴岡信道少将)[232]警戒部隊に編入[233][234]。一方、内地にあった本艦はヒ87船団に編入され、東南アジアへのヒ船団を護衛することになった[234]。ヒ87船団の編制は、旗艦神威(元水上機母艦、特務艦長藤牧美徳大佐)を筆頭に[235]、タンカー(天栄丸、さらわく丸、松島丸、光島丸黒潮丸、宗像丸、海邦丸)、貨物船(辰和丸)、旗風型駆逐艦[236]旗風[237]と海防艦4隻(御蔵屋代倉橋第13号海防艦)という編制である[238][237]。 さらに有人ロケット特攻兵器桜花を輸送する空母龍鳳および護衛の駆逐艦3隻(浜風磯風時雨)も加わっていた[239][240][241]。 12月31日、ヒ87船団は本土を離れる[234][242]。米潜水艦を警戒して沿岸海域を航海し、朝鮮半島西岸から黄海を経て大陸沿岸を南下、台湾へ向かった[238][243]

1945年(昭和20年)1月3日、アメリカ軍機動部隊第38任務部隊の台湾空襲が開始され[235]、船団は舟山群島北方泊地へ退避した[244]。 1月7日未明、タンカー「光島丸」が機関故障を起こして航行不能となり、旗風は応急修理をおこなう同船を護衛した[245]。 同日11時27分[238]、船団は米潜水艦に襲撃されてタンカー「宗像丸」が損傷を受けた[246][247]。13時、4隻(龍鳳、時雨、浜風、磯風)は船団から先行するよう命じられ、先に台湾の基隆市へ向かう[248]。基隆到着をもって時雨・浜風・磯風は龍鳳護衛任務を終え、龍鳳と分離して船団護衛に戻る[238]。 1月8日、濃霧のため中港泊地に停泊中だった浜風とタンカーの海邦丸が衝突[249][250]。第17駆逐隊司令新谷喜一大佐は司令駆逐艦を磯風に変更[251]。損傷した浜風は馬公市澎湖諸島)に回航された[249][250]。時雨・磯風は神威と海邦丸を護衛したのち、19時30分高雄市に到着した[252]。ここでヒ87船団は編制替を行い、磯風は基隆に引き返すと空母龍鳳と輸送船団を護衛として日本本土に戻った[253][254]。 同日、時雨(第21駆逐隊)はサンジャック(ベトナム)所在の第二水雷戦隊(司令官古村啓蔵少将)への合流を、旗風は高雄(台湾)への回航を命じられる[255][256]

1月12日、米軍機動部隊艦載機の攻撃でヒ86船団(旗艦香椎)は海防艦3隻を残して全滅[257][258]。 続いて1月15日、高雄市在泊中の日本軍艦艇は米軍機動部隊艦載機の攻撃を受け、「みりい丸」や「宗像丸」以下多数のタンカーや輸送船が沈没[17][259][234]。旗風では午前10時42分、爆弾命中により火災が発生[260]。18時に沈没した[260]。 16日、船団は香港在泊中にも空爆され、被害を出した。アメリカ機動部隊跳梁を前に大船団を航行させると危険と判断した上層部は、ヒ87船団を二つに分割する[261]24日、2つに分割されたヒ87船団のうち、ヒ87A船団(さらわく丸)を護衛していた時雨は、米潜水艦(ブラックフィン)の雷撃で沈没[262]。時雨に護衛されていた「さらわく丸」は香港での空襲による機銃掃射、米潜(ベスゴ)の雷撃による魚雷命中(不発)、磁気探知式機雷の爆発と満身創痍となりながらも26日にシンガポールに到着したが、その後ヒ88J船団に参加中触雷し沈没した。 本艦が護衛していた「光島丸」は、その後ヒ89船団でシンガポールに到着。南号作戦で日本本土へ帰投後、太平洋戦争を生き残り1959年(昭和34年)まで運用された。

旗風最後の艦長となった高柳親光少佐や若松三郎大尉(旗風砲術長)達は1月30日附で各々の職務を解かれる[263]。高柳少佐は2月10日附で松型駆逐艦」艤装員長となり、7月15日まで菫艦長を務めた[264]。 「旗風」は3月10日附で帝国駆逐艦籍および神風型駆逐艦から除籍された[265][266]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』243-244頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 荒糺 少佐:1924年6月10日[27] - 1924年8月1日[29]

艦長[編集]

  1. (心得)荒糺 少佐:1924年8月1日[29] - 不詳
  2. 荒糺 中佐:不詳 - 1925年11月10日[41]
  3. 古賀七三郎 少佐:1925年11月10日[41] - 1926年12月1日[51]
  4. 鈴木田幸造 少佐:1926年12月1日[51] - 1928年3月15日[54]
  5. 原顕三郎 中佐:1928年3月15日[54] - 1928年5月7日[56]
  6. 山中順一 中佐:1928年5月7日[56] - 1928年12月10日[57]
  7. 武田喜代吾 少佐:1928年12月10日[57] - 1930年12月1日[60]
  8. 白石万隆 少佐:1930年12月1日[60] - 1931年11月14日[62]同日より予備艦
  9. 阪匡身 少佐:1931年11月14日[62] - 1932年2月21日[65]
  10. 園田昇 少佐:1932年2月21日[65] - 1933年5月17日[69]
  11. 小田為清 少佐:1933年5月17日[69] - 1934年11月15日[71]
  12. 高橋亀四郎 少佐:1934年11月15日[71] - 1936年6月15日[90]
  13. 赤沢次寿雄 少佐:1936年6月15日[90] - 1937年12月15日[94] ※1937年2月9日より予備艦
  14. (兼)古閑孫太郎 少佐:1937年12月15日[94] - 1938年1月2日[95]
  15. 菅原六郎 少佐:1938年1月2日[95] - 1938年8月23日[100]
  16. 梶原正見 少佐:1938年8月23日[100] - 1938年12月15日[106]
  17. (兼)井上規矩 少佐 1938年12月15日[106] - 1939年1月10日[107]
  18. (兼)角田千代吉 少佐 1939年1月10日[107] - 1939年10月10日[108]
  19. 山下鎮雄 少佐:1939年10月10日[108] - 1940年10月15日[112]
  20. 入戸野焉生 少佐:1940年10月15日[112] - 1942年11月10日[149]
  21. 小泉四郎 少佐:1942年11月10日[149] - 1943年5月26日[187]
  22. 荒木政臣 少佐:1943年5月26日[187] - 1943年6月25日[190]
  23. 岡田静一 少佐:1943年6月25日[190] - 1944年3月1日[191]
  24. 高柳親光 大尉:1944年3月1日[191] - 1945年1月30日[263]

脚注[編集]

  1. ^ a b #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第九號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 旗風ハタカゼ トス』
  2. ^ #ハンディ判艦艇写真集18pp102-103『松風・旗風』
  3. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  4. ^ 日本軍艦集2600年版p.47『一等驅逐艦 神風(かみかぜ) 基準排水量1,270噸、長さ97.54米、幅9.14米、平均吃水2.92米、速力34節、備砲12糎砲4門、魚雷發射管6門、起工大正10年12月15日、進水大正11年9月25日、竣工大正11年12月28日、建造所三菱長崎造船所―同型艦に春風、朝風、松風、旗風、追風、夕凪及び次に出てくる朝凪、疾風がある。』
  5. ^ ポケット海軍年鑑(1937)p.50『一等驅逐艦"春風 はるかぜ" 全要目{排水量1,270噸 速力34節 備砲12糎砲4門 魚雷發射管6門 起工大正11年5月 竣工大正12年5月 建造所 舞鶴工作部} 長さ97.54米、幅9.14米、平均吃水2.92米。これは月級驅逐艦の出現する前の所謂大型驅逐艦で、1,270噸の同型のものに"神風 かみかぜ" "朝風 あさかぜ" "松風 まつかぜ" "旗風 はたかぜ" "朝凪 あさなぎ" "夕凪 ゆふなぎ" "追風 おひて" "疾風 はやて"の8艦があり、いづれも輕快部隊の一威力をなしてゐる。就中追風疾風朝凪夕凪等の驅逐艦はいつも要港馬公にあつて南方の警戒線の中樞をなしてゐる。』
  6. ^ a b #海軍制度沿革(巻8、1940)p.66『昭和三年六月二十日(内令一六〇)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 本令ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス 驅逐艦ノ部中「第一號型」、「第十九号型」及「第三十五號型」ノ各項ヲ左ノ如ク改ム |神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  7. ^ a b #達大正10年10月pp.11-12『達第百九十號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦七隻二等驅逐艦十隻及一等掃海艇六隻ニ左ノ通命名ス 大正十年十月十二日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|一等驅逐艦七隻 第一驅逐艦 第三驅逐艦 第五驅逐艦 第七驅逐艦 第九驅逐艦 第十一驅逐艦 第十三驅逐艦|二等驅逐艦十隻 第二驅逐艦 第四驅逐艦 第六驅逐艦 第八驅逐艦 第十驅逐艦 第十二驅逐艦 第十四驅逐艦 第十六驅逐艦 第十八驅逐艦 第二十驅逐艦|一等掃海艇六隻 第一掃海艇 第二掃海艇 第三掃海艇 第四掃海艇 第五掃海艇 第六掃海艇』
  8. ^ a b #達大正13年4月p.17『達第四十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 驅逐艦及掃海艇ノ欄中「第一、第二」等トアルヲ「第一號、第二號」等ニ改ム/備考第二號中「第一驅逐艦」「第二驅逐艦」ヲ「第一號驅逐艦」「第二號驅逐艦」ニ改ム/同三號中「第一掃海艇」「第二掃海艇」ヲ「第一號掃海艇」「第二號掃海艇」ニ改ム 大正十三年四月二十四日 海軍大臣 村上格一』
  9. ^ #艦艇・駆逐艦(2)pp.29-30『旗風(略)第九號驅逐艦』
  10. ^ a b #艦艇・駆逐艦(1)p.1『驅逐艦改稱新舊對照表』-『(驅逐艦名)旗風ハタカゼ|(昭和三年七月三十一日以前ノ名稱)第九號驅逐艦』
  11. ^ #艦艇・駆逐艦(2)pp.29-30『昭和三、八、一旗風ト改稱』
  12. ^ a b c d e f g h i #陽炎型(2014)264頁『旗風(はたかぜ)』
  13. ^ a b #陽炎型、2014262-263頁『朝風(あさかぜ)』
  14. ^ a b #内令昭和17年5月(1)p.31『内令第七百九十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年五月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎 第五驅逐隊ノ項中「、旗風」ヲ削ル』
  15. ^ #S1912三十一戦隊(1)p.6『備考 一、右兵力中 樅ハ一月五日 旗風ハ一月十五日 梅ハ一月三十一日夫々沈没 檜ハ一月七日消息不明』
  16. ^ #S1912三十一戦隊(1)p.7『(4)敵艦上機トノ交戰敵機動部隊高雄香港來襲ノ都度所在ノ麾下駆逐艦ハ之ト交戰敵ニ相當ノ損害ヲ與ヘタルモ我ガ方亦被害アリ(一月十五日旗風沈没 一月二十一日樫中破等)』
  17. ^ a b 経過概要(護衛対潜)昭和20年1月p.8(昭和20年1月15日)
  18. ^ a b c d #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『旗風|(艦性能略)|舞鶴工作部|12-7-3|13-3-15|13-8-30|(武装略)』
  19. ^ a b #舞廠造機部48-49頁
  20. ^ a b #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『松風|(艦性能略)|舞鶴工作部|11-12-2|12-10-30|13-4-5|(武装略)』
  21. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『春風|(艦性能略)|舞鶴工作部|11-5-16|11-12-18|12-5-31|(武装略)』
  22. ^ a b #海軍制度沿革(巻4、1939)p.65『昭和三、六、二〇(達八〇)驅逐艦中左ノ通改名シ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス』
  23. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十四號 艦艇類別等級別表中巡洋艦二等ノ欄「神通」ノ次ニ「、夕張」ヲ、驅逐艦一等ノ欄「波風」ノ次ニ「、第一」「、第五」「、第七」「、第九」「、第十一」「、第十三」ヲ、同二等ノ欄「蓼」ノ次ニ「、第二」「、第四」「、第六」「、第八」「、第十」「、第十二」「、第十六」「、第十八」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  24. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十五號 特務艦類別等級別表中運送艦ノ欄「神威」ノ次ニ「、鳴戸」「、早鞆」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  25. ^ #駆逐艦製造一件(2)p.40『第九驅逐艦工事豫定概括表』
  26. ^ 大正13年3月17日 海軍公報第3414号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070290900 p.11『○驅逐艦進水 舞鶴要港部工作部ニ於テ建造ノ第九驅逐艦三月十五日午前十時三十五分進水セリ』
  27. ^ a b 大正13年6月11日官報第3539号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ6
  28. ^ 大正13年6月21日(土)海軍公報第3492号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070291800 p.39『○事務所設置 第九號驅逐艦艤装員事務所ヲ舞鶴要港部工作部内ニ設置シ本日ヨリ事務ヲ開始ス(六月十九日 第九號驅逐艦艤装員長)』
  29. ^ a b c d 大正13年8月4日(月)官報第3584号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10
  30. ^ 大正13年8月25日(月)海軍公報第3546号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070292700 p.36『○事務所撤廢 舞鶴要港部工作部内第九號艤装員事務所ハ八月二十五日限リ撤廢ス』
  31. ^ #駆逐艦製造一件(3)p.16『大正十三年八月三十日舞鶴要港部司令官軍務局長アテ 第九駆逐艦本日授受結了ス』
  32. ^ a b c #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.61-62『大正一二、一二、一(内令四二二)|横須賀鎮守府|第二艦隊|第五驅逐隊|第三、第五|第七號(一三、五、一/一一四) 第九號(一三、九、五/二一八)|大正一二、一二、一(内令四二二)驅逐隊編制中本表ノ通改定セラル(略)大正一三、四、二四(内令九七)第一、第五、第十三、第十六驅逐隊ノ驅逐艦名タル各數字ニ「號」ヲ附ス(以下略)』
  33. ^ 大正13年9月10日(水)海軍公報第3560号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070292900 p.37『○郵便物發送先 第二艦隊司令部、金剛 比叡、第五戰隊司令部、由良 名取 長良 川内、第二水雷戰隊司令部、北上、第一驅逐隊(波風沼風野風 第一號驅逐艦)、第二驅逐隊(沖風 澤風 峯風 夕風)、第四驅逐隊(太刀風 羽風 帆風 秋風)、第五驅逐隊(三號 五號 七號 九號驅逐艦)、第二潜水戰隊司令部、平戸 長鯨 第二十六潜水隊(五十九 七十二 七十三潜水艦)、第十四潜水隊(四十五 五十八 六十二)及第四十四潜水艦宛(以下略)』
  34. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.208『◎驅逐艦及掃海艇中改名ノ件 昭和三年六月十二日(達八〇)驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス 第一號驅逐艦 ヲ 驅逐艦神風カミカゼ トス(以下略)』
  35. ^ 大正12年7月17日(火)官報第3289号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ2
  36. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.61『大正一二、七、一六(内令二六四)第四驅逐隊ノ次ニ第五驅逐隊(第三、第五)ヲ加フ』
  37. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.39『大正一二、一二、一(内令四二一)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛比叡/第五戰隊 由良名取長良/第二水雷戰隊 北上、第一、第二、第四、第五驅逐隊/第二潜水隊 若宮』
  38. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.39-40『大正一三、一二、一(内令二九四)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛 比叡 霧島/第五戰隊 長良 名取 由良 川内/第二水雷戰隊 五十鈴、第一、第四、第五驅逐隊/第二潜水戰隊 長鯨、第十四、第二十六潜水隊 伊號第五十一潜水艦』
  39. ^ 大正13年12月6日(土)海軍公報 第3631号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C12070293600 『○旗艦變更 第二水雷戰隊司令官ハ旗艦ヲ北上ヨリ五十鈴ニ、第二潜水戰隊司令官ハ旗艦ヲ平戸ヨリ長鯨ニ十二月一日孰レモ變更セリ』
  40. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.40『大正十四年 第二艦隊 八、三一(内令二三四)第五驅逐隊(二水戰) 第一遣外艦隊 六、一七(内令一七七)第五驅逐隊|第二艦隊 六、一七(内令一七六)第五驅逐隊(二水戰) 第一遣外艦隊 八、三一(内令二三二)第五驅逐隊』
  41. ^ a b c d 大正14年11月11日(水)官報第3965号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4
  42. ^ 大正14年12月2日(水)官報第3982号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ11(宮部免職・木田補職)
  43. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.40『大正一四、一二、一(内令三一八)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 霧島比叡/第五戰隊 由良名取川内/第二水雷戰隊 五十鈴、第三、第五、第二十九驅逐隊/第二潜水戰隊 長鯨、第十四、第十七潜水隊』
  44. ^ 大正15年10月15日(金)第4176号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070304900 pp.3-4『○艦船所在 ○十月十五日午前十時調【佐世保】』
  45. ^ 大正15年10月16日(土)第4177号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070304900 pp.7-8『○艦船所在 ○十月十六日午前十時調【航海中】』
  46. ^ #五十鈴松風旗風坐礁(2)pp.28『一.事件ノ概要 大正十五年十月十五日海軍小演習終了後第二水雷戰隊司令官ハ五十鈴 一番隊(第三驅逐隊(1)島風(2)汐風(3)夕風(4)灘風)及二番隊(第五驅逐隊(1)第七號(2)第三號(3)第九號(4)第五號)ヲ率ヒ横須賀軍港ニ皈港ノ途次桃山御陵参拝ノ為大阪ニ寄港スヘク同日午後三時五十五分佐世保出港、翌十六日午前一時早鞆瀬戸轉流時前ノ流速小ナル時ニ下關海峡ヲ通過セントスルノ目算ヲ以テ向後崎通過後速力概ネ十八節同日午後十一時十二分蓋井島燈台ノ南七十四度西二浬二〇到達セリ(以下略)』
  47. ^ #五十鈴松風旗風坐礁(2)pp.21-22『大正十五年十月二十三日 第二艦隊司令長官 海軍大臣殿 第二水雷戰隊坐礁事件査問會組織ニ關スル件 大正十五年十月十六日午前零時第二水雷戰隊旗艦五十鈴第七號驅逐艦及第九號驅逐艦ハ山口縣豊浦郡安岡町沖中藻及未留見瀬ニ坐礁シ第七號駆逐艦ハ直ニ五十鈴ハ同日午前二時二十六分ニ第九號駆逐艦ハ同日午前四時十分ニ離礁為ニ相當損害ヲ被ルニ至リ仍テ別紙委員ヲ任命シ本坐礁事件査問會ヲ組織候條右報告ス』
  48. ^ #五十鈴松風旗風坐礁(5)pp.7-13『大正十五年十月十八日第九號驅逐艦長古賀七三郎 第九號驅逐艦坐礁報告』
  49. ^ #五十鈴松風旗風坐礁(2)pp.25-26『意見 一.第二水雷戰隊旗艦五十鈴第七號及第九號驅逐艦坐礁事件ニ付別冊査定書ニ同意ス 二.責任者ニ對シテハ左記ノ通處分スヘキモノト認ム|第二水雷戰隊司令官 海軍少将 坂本貞二/謹慎三日|五十鈴艦長 海軍大佐 中原市似/同三日|五十鈴航海長 海軍少佐 村尾二郎/同三日|第五驅逐隊司令 海軍大佐 森田弥五郎/誡告|第七號驅逐艦長 海軍中佐 吉田庸光/同(誡告)|同(第七號駆逐艦)航海長 海軍大尉 藤牧美徳/―|第九號驅逐艦長 海軍中佐 古賀七三郎/誡告|同(第九號驅逐艦)航海長 海軍大尉 佐藤治三郎/―』
  50. ^ #五十鈴松風旗風坐礁(3)pp.11-13『一.第九號驅逐艦長海軍中佐古賀七三郎ノ責任(略)一.第九號驅逐艦航海長海軍大尉佐藤治三郎ノ責任』
  51. ^ a b c d 大正15年12月2日(木)官報第4283号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9古賀免職・鈴木田補職
  52. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.41-42『昭和二、一二、一(内令三八四)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛比叡/第五戰隊 加古古鷹衣笠青葉/第二水雷戰隊 名取、第二十二、第二十三、第二十九、第三十驅逐隊/第二潜水戰隊 長鯨、第七、第十七、第十八潜水隊|昭和二年 第二艦隊 八、一(内令二六〇)第五驅逐隊(二水戰)|昭和二年 第二艦隊 五、一〇(内令一六四)第五驅逐隊(二水戰)』
  53. ^ a b c d 昭和2年12月2日(金)官報第279号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8高橋免職/公家・石川補職、コマ9後藤免職・鈴木田補職
  54. ^ a b c d e 昭和3年3月16日(金)官報第363号。国立国会図書館デジタルコレクション
  55. ^ 昭和10年8月31日(土)官報第2600号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ15
  56. ^ a b c d 昭和3年5月8日(火)官報第406号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3原・石戸・山中補職
  57. ^ a b c d e 昭和3年12月11日(火)官報第587号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ7倉田免職、p.8鈴木補職・山中免職、p.9武田補職
  58. ^ 昭和4年11月2日(土)官報第854号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ5武田免職・手束補職
  59. ^ 昭和4年12月2日(月)官報第878号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ12鈴木免職・坂本補職
  60. ^ a b c d e 昭和5年12月2日(火)官報第1179号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9坂本免職・斎藤補職、コマ10武田免職、コマ11白石補職
  61. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.43-44『昭和五、一二、一(内令二二八)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 長門伊勢霧島日向/第二戰隊/第三戰隊 神通那珂/第一水雷戰隊 川内、第四、第五、第二十九驅逐隊/第一潜水戰隊 迅鯨、第七、第八、第二十九潜水隊』
  62. ^ a b c 昭和6年11月16日(月)官報第1465号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ2白石免職・阪補職
  63. ^ a b c 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10斎藤免職、コマ11坂野補職・大藤免職・阪補職
  64. ^ 昭和19年2月23日(発令2月23日)海軍辞令公報(部内限)第1337号 p.48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095900 
  65. ^ a b c d 昭和7年2月23日(火)官報第1542号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4
  66. ^ 昭和7年8月9日(火)官報第1683号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ27
  67. ^ a b 昭和7年9月16日(金)官報第1716号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4
  68. ^ 昭和7年12月2日(金)官報第1778号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9中田免職・五藤補職
  69. ^ a b c 昭和8年5月19日(金)官報第1912号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ5
  70. ^ 昭和8年5月22日(月)官報第1914号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ5
  71. ^ a b c d e 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9五藤免職、コマ10橋本補職・小田免職、コマ11高橋補職
  72. ^ 昭和18年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 pp.35-36』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  73. ^ 昭和19年6月1日(発令2月17日付)海軍辞令公報(部内限)第1499号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099400 
  74. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.46-47『昭和八、一一、一五(内令三五一)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 金剛 扶桑 日向 霧島/第二戰隊/第七戰隊 五十鈴 長良 名取/第一水雷戰隊 川内、第五、第二十三、第二十九、第三十驅逐隊/第一潜水戰隊 長鯨、第七、第八潜水隊/第三潜水戰隊/第一航空戰隊 赤城 龍驤、第二驅逐隊』
  75. ^ 昭和9年6月13日(水)海軍公報第2193号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070343600 pp.3-4『○艦船所在 ○六月十三日午前十時調【航海中】』
  76. ^ #旗風第12太吉丸触衝pp.2-3『駆逐艦旗風第十二太吉丸觸衝事件報告 一.觸衝状況 當隊昭和九年六月十三日本職之ヲ率ヰ横須賀發寺島水道ニ回航ノ為原速力十二節ニテ編隊航行中午前八時三十七分東京湾第三海堡ノ北西千九百米ノ地点ニ於テ小型發動機船第十二太吉丸(總噸数約十噸)ハ三番艦旗風及四番艦朝風ノ列間ヲ通過セントシテ操縦ヲ誤リ略〃其ノ船首ヲ直角ニ旗風ノ右舷後部(百六十四番ビーム及百六十六番ビーム間ニシテ艦尾ヨリ約八米ノ位置)ニ觸衝セリ(以下略)』
  77. ^ #旗風第12太吉丸触衝pp.7-8『始末書』
  78. ^ #旗風第12太吉丸触衝pp.3-4『二.損傷状況』
  79. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.47-48『昭和九、一一、一五(内令四七六)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 榛名 扶桑 山城 伊勢/第二戰隊/第八戰隊 長良 五十鈴 名取/第一水雷戰隊 阿武隈、第二十一、第二十二、第二十九驅逐隊/第一潜水戰隊 多摩、第七、第八潜水隊/第三潜水戰隊/第一航空戰隊 鳳翔 龍驤、第五驅逐隊』
  80. ^ 昭和10年2月27日(水)海軍公報第2401号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070349500 pp.34-35『○艦船所在 ○二月二十七日午前十時調【有明灣】』
  81. ^ 昭和10年2月28日(木)海軍公報第2402号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070349500 pp.37-38『○艦船所在 ○二月二十八日午前十時調【有明灣】』
  82. ^ #狭霧敷波電疾風触衝p.2『一、昭和十年二月廿八日午前三時 第二水雷戰隊ハ本職指揮ノ下ニ第二艦隊第一回應用教練配備ニ就ク爲有明湾出港ノ際第十驅逐隊狭霧(駆逐艦長海軍中佐西岡茂泰)ト第十九駆逐隊敷波(駆逐艦長海軍少佐佐藤康夫)ト觸衝 第六駆逐隊電(駆逐艦長海軍少佐有賀幸作)ト第五駆逐隊旗風(第一航空戰隊)ト觸衝セリ』
  83. ^ #旗風電触衝p.1『昭和十年二月二十八日當隊有明湾碇泊中驅逐艦旗風同湾出動中ノ第二水雷戰隊驅逐艦ト觸衝シ旗風ノ艦首ヲ毀損セリ 事件ノ顛末並ニ當隊トシテ採リタル處置左記ノ通ニ有之』
  84. ^ #旗風電触衝p.4『(略)昭和十年二月二十八日當隊有明湾ニ碇泊中驅逐艦電ト觸衝シ船首ヲ毀損セリ(以下略)』
  85. ^ #伊53触衝pp.49-50『本二十八日午前三時有明湾ニ於テ本職指揮ノモトニ第二水雷戰隊無燈出港ノ際左ノ通リ觸衝ヲ惹起セリ|一、敷波艦首ト狭霧左舷中部ト觸衝狭霧ハ左舷百十番ビームヨリ百十三番ニ互ヒ外鈑内方ニ若干灣曲補機質ニ僅ニ漏水アリ、後部魚雷出入用ダビットモギ取ラレ敷波ハ三番ビームヨリ前部右ニ屈曲水線上二米ニ經二米ノ破孔ヲ生ジ第一防水區劃ニ浸水約一尺其ノ他浸水ヲ認メズ|二、電ノ艦首ト旗風ノ右艦首ト觸衝 電ハ一番ビームヨリ前方露天甲板ノ下ニ約一米壓潰破口ヲ生ズ尚水線下三呎迄縦ニ亀裂ヲ生ジ僅ニ漏水アリ|三、人員、狭霧ニ大腿骨折一、輕傷者二、其ノ他ナシ|四、三艦共自力ヲ以テ呉ニ回航應急修理セシム入渠ヲ要スルモノト認ム|五、各所艦長ヨリノ報告ハ書類ヲ以テ提出セシム』
  86. ^ #旗風電触衝pp.15-23『別紙第二 駆逐艦旗風船体損傷ニ対スル第一航空戰隊聯合工作報告 一.聯合工作實施ノ経過並ニ要領(別紙第一) 二.所見(別紙第二) 三.講評並ニ訓示(別紙第三)』
  87. ^ #荒天遭難報告(1)p.50『駆逐艦旗風 一.艦橋窓硝子(三)破損 二、扉蓋屈曲破損及小物件流出多数』
  88. ^ 昭和10年11月16日(土)官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9橋本免職、コマ10高間補職
  89. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.48-49『昭和一〇、一一、一五(内令四五八)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 長門 扶桑 山城 榛名/第三戰隊/第八戰隊 神通 長良 川内/第一水雷戰隊 阿武隈、第九、第二十一、第三十驅逐隊/第一潜水戰隊 迅鯨、第十八、第十九、第二十八潜水隊/第一航空戰隊 鳳翔 龍驤、第五驅逐隊』
  90. ^ a b c d 昭和11年6月16日(火)官報第2835号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ7
  91. ^ 昭和11年7月16日(木)官報第2861号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ5
  92. ^ 昭和12年6月2日(水)官報第3122号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ16
  93. ^ 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ21高間免職・江戸補職
  94. ^ a b c d 昭和12年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(号外)第107号 p.37古閑補職・勝見免職、p.38赤沢免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072900 
  95. ^ a b c d 昭和13年1月6日(発令1月2日付)海軍辞令公報(号外)第116号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072300 
  96. ^ a b c 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.3金桝免職、p.11古閑補職、p.17菅原補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  97. ^ 昭和16年4月9日(発令4月9日付)海軍辞令公報(部内限)第613号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080700 
  98. ^ 昭和13年2月10日(発令2月10日付)海軍辞令公報(号外)第136号 p.10林免職、p.11菅原補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073400 
  99. ^ 昭和13年4月20日(発令4月20日付)海軍辞令公報(部内限)号外第171号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073700 
  100. ^ a b c d e 昭和13年8月24日(発令8月23日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第239号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  101. ^ 昭和18年3月20日付 海軍辞令公報(部内限)第1076号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090100 
  102. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.72『昭和一三、一一、一五(内令九三五)第四十一驅逐隊ノ次ニ第四十五驅逐隊(朝風、松風)ヲ加フ』
  103. ^ 昭和13年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第261号 p.50江戸補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  104. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.72-73『昭和一二、一二、一|横須賀鎮守府|第五驅逐隊|朝風、春風、松風、旗風|朝風、松風(一三、一一、一五/九三五)』
  105. ^ 昭和13年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第261号 p.4梶原免職、p.5松崎補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074600 
  106. ^ a b c d e f 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第273号 p.16江戸免職、p.18新美補職、p.20佐藤補職、p.21荒木補職、p.34梶原免職、p.36川崎免職、p.37井上補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  107. ^ a b c 昭和14年1月11日(発令1月10日付)海軍辞令公報(部内限)第285号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075300 
  108. ^ a b c 昭和14年10月10日(発令10月10日付)海軍辞令公報(部内限)第389号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  109. ^ 昭和14年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)第393号 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076500 
  110. ^ 昭和15年8月15日(発令8月15日付)海軍辞令公報(部内限)第517号 p.48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078700 
  111. ^ #支那事変9回5dgp.13『(敵兵力及軍事施設ノ攻撃)』
  112. ^ a b c d 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.37赤澤補職、p.39山下免職、p.48入戸野補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  113. ^ 昭和18年1月6日(発令昭和17年10月18日付)海軍辞令公報(部内限)第1024号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089000 
  114. ^ 故海軍大佐山下鎮雄外七名位階追陞ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11115367200 
  115. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.47原補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  116. ^ a b 昭和16年4月10日(発令4月10日付)海軍辞令公報(部内限)第615号 p.44』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080700 
  117. ^ a b 昭和16年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)第732号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082900 
  118. ^ a b c d #ハンディ判艦艇写真集18p.113(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇旗風◇
  119. ^ a b #S1701五水戦日誌(3)pp.4-5『(ロ)「バタビヤ」沖海戰 輸送船隊南下中二月二十七日來「バタビヤ」港外附近ニ出没シアリシ敵艦艇ハ三月一日〇〇〇〇我ガ輸送船隊「バンタム」湾及「メラク」沿岸地區入泊ヲ了シタル直後即チ三月一日〇〇一五敵巡洋艦「ヒューストン」(米大巡)「パース」(豪乙巡)ノ二隻「バンタム」湾泊地ニ來襲セリ 當隊ハ直ニ5sd(22dg、松風缺)11dg 12dgヲ集結2D/7S及敷波ト協力夜戰ヲ決行「バンタム」湾外ニ於テ此ノ敵ヲ撃滅セリ』
  120. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.7『二月二十八日〇一二〇松風分離「カリマタ」海峡ニ引返シ4sfノ護衛ニ從事』
  121. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.66-67『別表第一 麾下艦船部隊ノ行動』
  122. ^ a b #佐藤 艦長(文庫)279-281頁『魚雷命中の記録はウソ』
  123. ^ #S1701五水戦日誌(4)p.22『(五)旗風「バタビア」沖海戦ニ於テ後部兵員室右舷ニ被彈「炸裂セズ」左舷ニ貫通四番砲電線切断左舷掃海索捲上機使用不能人員被害ナシ』
  124. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.17-18『(ハ)我被害左ノ通(略)(二)輸送船佐倉丸沈没/龍城丸蓬莱丸大破転覆/龍野丸中破(何レモ敵砲雷撃ニ依ル)』
  125. ^ 日本水雷戦史116-117頁『6 第五水戦の解隊とインド洋作戦』
  126. ^ 昭和17年3月10日(発令3月10日付)海軍辞令公報(部内限)第824号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084400 
  127. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.7『二.人員ノ現状』
  128. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.6『(ホ)三月十日附當戰隊ハ解隊セラレ名取ハ16Sニ 22dgハ2KF附属 5dgハ1KF附属ニ夫々編入セラル』
  129. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.73『二.三月十二日一四三〇旗風昭南島着』
  130. ^ 南西方面海軍作戦6頁『水上部隊等の改編』
  131. ^ 南西方面海軍作戦22-23頁『南西方面艦隊兵力』
  132. ^ #S17.05横鎮日誌(6)pp.20-22『五(天候略)八、旗風ハ成ルベク速ニ横須賀ニ囘航ノ指令發ス/九、五日附驅逐隊ノ編制中左ノ通改定セラル 第五驅逐隊ノ項中旗風ヲ削ル 浮志摩、沖風(燃料補給後)ハ一時間待機トス 五日附旗風ヲ警備驅逐艦ト定ム(以下略)』
  133. ^ #内令昭和17年5月(1)pp.31-32『内令第八百號 横須賀鎮守府豫備驅逐艦 驅逐艦 旗風 右警備驅逐艦ト定メラル|舞鶴鎮守府豫備水雷艇 水雷艇 千鳥 水雷艇 眞鶴 右警備水雷艇ト定メラル 昭和十七年五月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  134. ^ #S17.05横鎮日誌(6)p.49『一六(天候略)|一.萩風、舞風、嵐、赤城、野分、春雨、朧出港 旗風、夕立、五月雨入港(以下略)』
  135. ^ #S17.09横鎮日誌(5)p.41『一二(天候略)一、十二日附旗風ニ對スル大警長官ノ作戰ニ關スル指揮ヲ解カレ聯合艦隊長官ノ作戰指揮下ニ入ル(以下略)』
  136. ^ #S17.09横鎮日誌(3)p.9『十四日 二一三五四艦隊(宛略)四艦隊機密第一四二一三五二三番電 發 四艦隊長官 内南洋部隊電令作第四〇四號 一、旗風、峯風ヲ第十兵力部署「カロリン」方面部隊ニ編入ス/二、右兩船ハ聯合艦隊機密第一四〇八〇〇九一番電ニ依ル雲鷹ノ護衛ニ任ズベシ』
  137. ^ #S17.09横鎮日誌(3)pp.11-12『十四日 〇八〇〇聯合艦隊長官|十六日〇九〇〇 四艦隊長官(横鎭参謀)|聯合艦隊機密第一四〇八〇〇九一番電 發 聯合艦隊司令長官 内南洋部隊指揮官ハ旗風、峯風ヲシテ九月二〇日頃内地發トラツク方面囘航ノ雲鷹ノ護衛ニ任ゼシムベシ』
  138. ^ #S17.09佐鎮日誌(4)p.35-37『参考 一、部下艦船部隊(特設ヲ含ム)ノ行動』
  139. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)180頁
  140. ^ a b 第2海上護衛隊日誌(3)p.10『四 参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』(昭和17年10月)
  141. ^ 第2海上護衛隊日誌(3)pp.13-14『二(天候略)一、夕張AA着/二、夕月ハあきつ丸護衛ノ為航海中/三、追風ハ護衛任務ノ為航海中/四、夕凪護衛任務航海中/五、朝凪ハ船團護衛航海中/六、浮島丸ハ日立丸ヲ護衛シPT発/七、旗風ハPPニ向ケPT発|位置、夕凪「マーシャル」方面防備部隊ニ編入セラル/二、旗風第二海上護衛隊掩護隊ニ編入セラル』
  142. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)193頁『情勢判断と編制』
  143. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)193-194頁『護衛の実施』
  144. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)201頁
  145. ^ 第2海上護衛隊日誌(3)pp.8-9『(ハ)直接護衛及運航統制船舶表(自十月一日至十月三十一日)』
  146. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)268頁『情勢判断と兵力』
  147. ^ 中部太平洋方面海軍作戦(2)269頁『護衛の実施』
  148. ^ a b 第2海上護衛隊日誌(3)p.43『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』(昭和17年11月)
  149. ^ a b c d 昭和17年11月10日(発令11月10日付)海軍辞令公報(部内限)第982号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088000 
  150. ^ 昭和17年10月26日(発令10月25日)海軍辞令公報(部内限)第971号 p.22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087400 
  151. ^ 昭和17年11月30日(発令11月28日付)海軍辞令公報(部内限)第998号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088300 
  152. ^ a b 昭和18年11月17日(発令11月11日付)海軍辞令公報(部内限)第1262号 p.37』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094400 
  153. ^ 昭和19年7月19日(発令4月11日付)海軍辞令公報(部内限)第1539号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100000 
  154. ^ #S17.07横防日誌(2)p.26(11月28日)
  155. ^ a b c 中部太平洋方面海軍作戦(2)215-217頁『航空母艦による航空機輸送』
  156. ^ a b c 日本空母戦史430-433頁『龍鳳の竣工(十一月三十日)』
  157. ^ #S17.12四水戦日誌(2)p.16『11日1116龍鳳→各隊/発竜鳳艦長 一.竜鳳ハ時津風ヲ率ヒ竜鳳キデ101301番電通行動ス。二.冲鷹ハ主給水ポンプ故障ノ為出港ヲ延期シ12日復旧後卯月ヲ率ヒ艦長所定ニ依リ行動セシム。三.朝雲時雨ハ15日1200竜鳳ニ会合予定ノ通警戒ニ任ズ』
  158. ^ #S17.12四水戦日誌(2)p.17『12日1058竜鳳→各隊/右舷中部ニ浸水アルモ単独航行ニ差支ナシ横須賀ニ引返ス 警戒ニ関シ御手配ヲ乞フ』
  159. ^ a b #S17.12横防日誌(1)pp.4-5『(イ)而シテ本月ハ上中下旬ヲ通ジ三陸ヨリ犬吠埼ニ至ル海面ニ於テ敵潜水艦ノ出現頻繁ニシテ其ノ數別表ノ如ク味方艦及船團ニ對シテ雷撃或ハ砲撃ヲナシ神護丸ノ沈没其ノ他ニ商船損害ヲ受ケタルモ其ノ都度直率部隊ノ艦艇ヲ始メ東京湾部隊三陸部隊ノ艦艇及館空飛行機ヲ以テ之ヲ捜索掃蕩攻撃セリ中旬ニハ北緯三十二度十分東経百四十二度三十二分ニ於テ南下中ノ龍鳳雷撃ヲ受ケ軽微ノ損害ヲ蒙リ直率部隊艦艇及館空機ハ同艦ノ警戒護衛ヲ實施シ東京湾ニ入港セラレタリ』
  160. ^ #S17.12横防日誌(1)p.23『敵潜水艦發見記録|一二|一〇一八|N三十二度十分 E百四十二度五〇分|龍鳳|雷撃|損害アリ旗風 駆潜三十三、三十四警戒直衛 館空飛行機捜索攻撃』-『一三|〇六二〇|N二十四度〇分 E百四十二度二十分|〃(龍鳳)|〃(雷撃)|命中セズ』
  161. ^ #S17.07横防日誌(2)p.43『(十二月)十四日(天候略)』
  162. ^ 日本空母戦史432-433頁
  163. ^ #S17.12呉防戦日誌(5)p.6『二-一|那沙美、由利島 怒和島、36ch|土佐沖|山城出撃』
  164. ^ #S17.12横防日誌(7)p.2『(二月一日)一四三〇|山城艦長|横鎮長官 1F GF 長官 大臣、總長|横須賀ニ向ケ山城一四〇〇桂島發、山雲、旗風、野風一二三〇呉發』
  165. ^ #S17.12横防日誌(7)p.9『(二月三日)一八〇〇|山城艦長|大臣、總長、横鎮長官 GF長官 1F長官|山城、山雲、旗風、野風 横須賀着』
  166. ^ #S17.12横防日誌(7)p.77『機密横鎮海面防備部隊命令作第七九號 昭和十八年二月十三日 横鎮改名防備部隊指揮官 吉富説三 海面防備部隊命令 一、山雲、旗風、野風ハ二月十五日横須賀發機密横須賀鎮守府命令作第一六五號ニ依ル陸奥ノ護衛(横須賀瀬戸内海間)ニ任ズベシ 右護衛任務ニ從事中ハ作戰ニ関シ陸奥艦長ノ區處ヲ受クベシ/二、護衛終了後ノ行動ニ関シテハ後令ス(終)』
  167. ^ #S17.12呉防戦日誌(5)pp.22-23『十四日一〇三〇呉防戰司令官|十四日一一二〇 豊後防備部隊 佐空司令 呉鎭長官 陸奥艦長 山雲艦長 旗風艦長 野風艦長|呉防戰機密第一四一〇三〇四三番電 電令作第三八號 一、陸奥、山雲、旗風、野風、左ノ點ヲ通過横須賀ヨリ桂島ニ回航ノ豫定 二月十五日横須賀発(以下略)』
  168. ^ #S17.12横防日誌(7)p.34『(十五日)|一一〇〇|陸奥艦長|海軍大臣 横鎮長官 軍令部總長 1F、GF長官|桂島ニ向ケ横須賀発、陸奥、旗風、野風』
  169. ^ #S17.12呉防戦日誌(5)p.7『自二-一五 至二-一六|釣島 夏島 ch36 37 39 怒和島 由利島 31ag二隻|冲ノ島南方海面|陸奥、山雲、旗風入泊』
  170. ^ #S17.12横防日誌(7)p.40『(十六日)|一八一〇|陸奥艦長|防戰司令官 横鎮参謀長|一八〇〇速吸瀬戸ヲ通過、旗風、野風ノ指揮ヲ解ク』
  171. ^ #S17.12呉防戦日誌(5)pp.46-47『一六(天候略)(略)二、豊後防備部隊第二哨戒配備「A」トナシ陸奥、山雲、旗風、野風豊後水道入泊掩護(以下略)』
  172. ^ #S17.12呉防戦日誌(5)p.9『一六|陸奥 山雲 旗風 野風|37ch 由利島|入泊針路(沖ノ島ヨリ30浬)|(略)』
  173. ^ #S17.12横防日誌(7)p.41『(十七日)|一二三〇|旗風艦長|防戰司令官|旗風、野風呉着一二一〇』
  174. ^ #S17.12横防日誌(7)p.42『(十八日)|〇七一五|旗風艦長|防戰司令官|呉発本艦神戸囘航中行動予定左ノ通リ定ム 一、十八日一四〇〇高松着金比羅神社参拝/二、十九日一三〇〇高松発一七〇〇神戸着本行動中掃海訓練実施ノ予定』
  175. ^ #S17.12横防日誌(7)p.47『(十九日)|一六三〇|旗風艦長|防戰司令官|神戸着一六三〇』
  176. ^ #S17.12横防日誌(7)p.53『(二十一日)|一三二七|野風艦長|防戰司令官 旗風艦長|一三〇〇假泊地発二三〇〇頃大王埼附近ニ於テ船団ト合同ノ予定』
  177. ^ #S17.12横防日誌(7)p.55『(二十一日)|二三三〇|野風艦長|海防司令官|二三〇〇船団ト合同ス旗風ノ指定ニ依リ護衛ヲ開始ス』
  178. ^ #S17.12横防日誌(7)p.51『(二十一日)|〇七五〇|旗風艦長|防戰司令官|盤谷丸、西貢丸護衛ノ為神戸発〇七三〇』
  179. ^ #S18.01呉鎮日誌(4)p.34『廿二日一六四五|廿二日一九〇〇 呉鎭長官 呉防戰旗艦|盤谷丸機密第二二一六四五九四番電 盤谷丸、西貢丸一三三〇横須賀着發』
  180. ^ #S18.01呉鎮日誌(4)p.8『二十八日 盤谷丸、西貢丸(佐鎭七特分乗)ハ海風、清波ノ護衛ヲ受ケ〇九三〇PTニ向ケ横須賀發』
  181. ^ #S17.12横防日誌(7)p.60『(二十四日)|一一二〇|旗風艦長|防戰司令官 大臣、總長 横鎮長官|二十四日入渠役務ニ差支ヘアリ三月一日出渠ノ予定』
  182. ^ #内令昭和18年2月(4)pp.48-49『内令第三百十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年二月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第五驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、天霧、夕霧」ヲ加フ|第二十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二十二驅逐隊|皐月、水無月、文月、長月| |第三十一驅逐隊ノ項中「大波」ノ下ニ「清波」ヲ加フ』
  183. ^ #S18.01呉鎮日誌(4)p.42『廿八日一一〇〇|海軍大臣|呉鎭機密第二八一一〇〇番電 軍艦大淀二月二十八日授受結了』
  184. ^ #S17.12横防日誌(7)p.69『(二十八日)|一四四〇|海防指揮官|野風 旗風|発参謀 貴艦三月三日午後横須賀発豊後水道ニ囘航機密横鎮信電令作第六三号ニ依ル大淀ノ護衛任務ニ從事セシメラルゝ予定』
  185. ^ #高松宮日記6巻72頁『三月二日(火)曇 曇。「旗風」、「横」ニテ爆雷整備中爆発、艦尾沈下、火災』
  186. ^ #S17.12呉防戦日誌(6)p.11『七|大淀、山雲、野風|三十一掃五隻|沖ノ島ヨリ出撃針路上七〇浬|對潜掃蕩実施』
  187. ^ a b c d 昭和18年6月1日(発令5月26日付)海軍辞令公報(部内限)第1129号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091300 
  188. ^ 昭和18年5月10日(発令5月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1111号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090900 
  189. ^ 昭和18年6月12日(発令6月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1143号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091600 
  190. ^ a b c 昭和18年6月25日(発令6月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1158号 p.29』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091700 
  191. ^ a b c 昭和19年3月1日(発令3月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1351号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 
  192. ^ 日本海防艦戦史42-43頁『松輸送』
  193. ^ 日本水雷戦史423頁
  194. ^ 日本海防艦戦史43-44頁『松輸送の司令官の横顔』
  195. ^ a b c d 戦史叢書、海上護衛戦363頁『東松3号船団』
  196. ^ Cressman (1999) , p. 463.
  197. ^ 日本水雷戦史432頁『雷(いかずち)』
  198. ^ #海護総司令部日誌(3)p.28『(九)十八日大海指第四〇〇號ニヨリ旗風、汐風、千鳥、天草、八十島、海防艦第十二號ヲ作戰ニ關シ聨合艦隊長官ノ指揮下ニ入ル』、同日誌p.36〔6月18日〕
  199. ^ 本土方面海軍作戦227頁『硫黄島の防備強化』
  200. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)p.44『二五(略)伊号輸送部隊編成|長良、冬月、清霜、松、木曾、多摩、若葉、初春、皐月、旗風、汐風、夕月、四号輸、一〇四、一五二、一五三、能登丸ヲ以テ伊号輸送部隊編成』
  201. ^ a b c 日本水雷戦史468-470頁
  202. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)pp.23-24『伊號輸送部隊作戰要領左ノ通』
  203. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)p.7『麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動(其ノ二)』
  204. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)p.36『機密第三〇一一〇二番電 発伊号輸送部隊B指揮官(略)二.能登丸旗風汐風七月一日〇八〇〇頃父島発ノ予定』
  205. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)p.36『機密第三〇〇六三一番電 発11Sd参謀 伊號第三輸送隊〇五〇〇父島着』/『機密第三〇〇七一五番電 発11Sd参謀 伊號第三輸送隊(欠旗風汐風能登丸)〇七三〇硫黄島ニ向ケ父島発』
  206. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)pp.36-37『機密第三〇一一二一番電 能登丸ノ荷役遅レ一〇三號特設輸送艦ハ第三輸送隊ト同行出来ザリシ爲旗風ヲシテ硫黄島近海迄同船ノ護衛ニ任ゼシムルニ付諒承相成度』
  207. ^ #S19.06十一水戦日誌(1)p.37『機密第三〇一三三〇番電 旗風、汐風、第一〇三號特設輸送艦硫黄島ニ向ケ父島発』
  208. ^ #海護総司令部日誌(3)p.39『二九(略)第二十四號海防艦、第一〇三號輸送艦ヲ護衛硫黄島出撃ノ際一〇二〇敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ沈没』
  209. ^ 日本軽巡戦史536-537頁『小笠原へ』
  210. ^ a b #S19.06十一水戦日誌(2)p.10『一日〇六二五硫黄島Kg|一日一〇一五 父特根(司令官)〔汐風 旗風 伊號輸送部隊〕|機密第〇一〇六二五番電 一〇三號特設輸送艦今暁揚搭終了後離岸ノ際潮流ノ爲横倒シトナリ其ノ儘砂濱ニ打揚ゲラレタリ 護衛艦ニ曳卸ヲ依頼セントシ附近飛行捜索セシム見当ラズ汐風旗風ハ何處ニアリヤ|無電』
  211. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.10『一日〇六四五硫黄島Kg|一日一〇一五 父特根(司令官)〔汐風 旗風 伊號輸送部隊〕|機密第〇一〇六四五番電 一〇三號特設輸送艦ハ大発ニテ半利用〇六四〇離岸ニ成功ス護衛艦ニ救助ヲ要セズ』
  212. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.12『機密第〇一一一二七番電 発11Sdサ 旗風 汐風〇九〇〇 21dg(若葉初春)夕月 一〇四 一五二 一五三號特設輸送艦一〇一五父島着』
  213. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.12『機密第〇一一二一六番電 発11Sd参謀 旗風 汐風 能登丸一二〇〇横須賀ニ向ケ父島発』
  214. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.6『麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動(其ノ三)』
  215. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.18『GF電令作第二二四號』
  216. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)p.66『三(略)伊號輸送部隊ノ編成ヲ解ク 伊號輸送任務終了』
  217. ^ 本土方面海軍作戦229頁『父島空襲』
  218. ^ #S19.07.07-07.20経過概要pp.9-10〔昭和19年7月4日〕『硫黄島増強ノ陸軍兵力輸送ニ任ジタル「イ」号輸送隊ノ大部ハ横須賀ニ帰投 残ル清霜(11Sd/GF)、夕月(30dg)皐月(22dg)モ横須賀ニ向ケ北上中ノ處、今朝0640頃ヨリ西ノ島北西方ニ於テ敵艦上機ノ解接攻撃ヲ受ケテヰル模様』
  219. ^ 本土方面海軍作戦228-229頁『硫黄島所在航空兵力壊滅』
  220. ^ #S19.07.07-07.20経過概要p.15〔昭和19年7月4日〕『正午頃|第103特設輸送艦ハ父島ノNW100′附近ニテ被爆轟沈セルモノト認ム(父島避退時消息不明ナリシ所 文丸ノ報告ニ依ル)|呉鎮所管』
  221. ^ #S19.07.07-07.20経過概要p.13〔昭和19年7月4日〕『130号特設輸送艦950tハ推進器故障ノ爲硫黄島在泊中ナリシガ敵(飛行機)ノ攻撃ヲ受ク|太平洋 GF附|坐礁沈没』
  222. ^ #S19.06十一水戦日誌(2)pp.21-22『四日〇九三一清霜(宛略)機密第〇四〇九三一番電 〇五三〇ヨリ〇七三二迄六機ト交戰/戰果 皐月 撃墜二機 夕月 撃破一機/被害 皐月 負傷者三名探照灯破損』
  223. ^ 日本海防艦戦史78-79頁『12号、敵巡洋艦に追わる』
  224. ^ a b 日本水雷戦史475-477頁
  225. ^ 本土方面海軍作戦254-255頁『八月三~四日』
  226. ^ #海護総司令部日誌(4)p.12〔1944年8月4日〕
  227. ^ a b 経過概要(護衛対潜)昭和19年8月p.1(昭和19年8月4日)
  228. ^ 日本海防艦戦史80-81頁
  229. ^ #海護総司令部日誌(3)p.57『二九(略)小笠原方面増勢部隊輸送船團部隊(第二護衛船團司令官松、旗風其他)二〇〇〇館山出撃』
  230. ^ 昭和19年7月14日(発令7月8日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1535号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100000 
  231. ^ 日本海防艦戦史82-83頁
  232. ^ 昭和19年12月6日(発令12月1日付)海軍辞令公報(甲)第1661号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102200 
  233. ^ #S1912三十一戦隊(1)p.6『同二十六日|1dg(神風野風)旗風呉竹汐風朝顔ヲ警戒部隊ニ編入セラル』
  234. ^ a b c d 日本水雷戦史615-616頁『旗風の喪失(一月十五日)』
  235. ^ a b 日本海防艦戦史150-151頁『香港でも被爆(一月十六日)』
  236. ^ #S1912三十一戦隊(1)p.38『十四日一一〇五 31S参謀(宛略)旗風型駆逐艦用十二糎四號通常彈(信管八八式及九一式時限信管)及装藥高雄馬公方面ニ皆無ニツキ當司令部用トシテ梅貴地出港ノ際成ルベク多数搭載ノコトニ取計ヲ得度』
  237. ^ a b #S1911第17駆日誌(3)p.22『一-三 一五五〇17dg司令(宛略)神威信令第七号ニ依ル護衛隊警戒要領 一、泊地外方移動哨戒二〇〇〇迄御蔵以后海一三屋代倉橋ノ順四時間交代第二日目ハ海一三ヨリ始メ以下之ニ準ズ 二、泊地哨戒(イ)聴音常時全周哨戒(ロ)電波哨戒/(1)浜風時雨十三号夜間一時間交代/(2)磯風旗風十三号日出一時間前ヨリ日没一時間后一般宛/(3)逆探駆逐艦常時』
  238. ^ a b c d #武藏下458-459頁
  239. ^ #S1911二水戦日誌(2)p.11『一応矢矧時雨ノ南方進出合同ヲ予定セラシモ前者ハ訓練未成ノ為1月中旬迄内海西部ニ於テ訓練ノコトトナリ後者ノミ12月31日ヒ87船団護衛六連発(略)』
  240. ^ #S1911第17駆日誌(2)p.8『三.30日雪風蒸気管亀裂ノ為呉ニ回航|四.司令駆逐艦ヲ浜風ニ変更』
  241. ^ #S1911第17駆日誌(2)p.19『17dg司令官301740/準備出来次第司令駆逐艦ヲ浜風ニ変更シ艦船番号序ヲ浜風磯風雪風トス』-『雪風202320→17dg神威龍鳳時雨旗風磯風/検査ノ結果亀裂ニ非ザル模様ナルモ現状ニテハ使用不能、応急修理上一昼夜以上ヲ要スル見込ミ、明日呉ニ回航(一軸運転)修理ノ事トス』
  242. ^ #S1911二水戦日誌(1)p.61『12月31日0730 十七駆(磯風浜風)時雨、龍鳳隊ヲ護衛六連発(略)』
  243. ^ 磯風、特年兵328-329頁
  244. ^ #S1904第7護衛船団(3)p.27『1月3日0600比島東方海面ニ敵機動部隊数群探知ノ報アリ|0900台湾全土空襲警報発令ノ報アリタルタメ船団反転舟山群島北方泊地ニ向フ』
  245. ^ #1904神威日誌(4)pp.36-37『七日〇三一〇旗風駆逐艦長(宛略)光島丸タルビン(ベアリング焼付)故障航行不能復旧見込立タズ大西洋山ノ四〇度二八浬ニ投錨セシム』-『七日〇七三〇旗風駆逐艦長(宛略)故障復旧ニ努力ノ上光島丸約一日ノ現地修理ヲ要ス廻航地ニ変更アラバ御指示ヲ得度』
  246. ^ #S1904第7護衛船団(3)p.31『7日1127 宗像丸前部ニ魚雷命中、直ニ船団強速トナシ緊急左四十度一斉回頭トスル』
  247. ^ #1904神威日誌(4)pp.24-25『七(天候略)一一二七台湾海峡通過中船団敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ク宗像丸ニ被雷(二五-四四 一二一-一四)』
  248. ^ #S1904第7護衛船団(3)p.32『7日1300船団速力12節トナス。竜鳳ヲ17駆時雨ヲシテ護衛セシメ基隆ニ先航セシム』
  249. ^ a b #武藏下459-460頁
  250. ^ a b 磯風、特年兵330頁
  251. ^ #S1911第17駆日誌(3)p.31『8日0645将旗17dg→神威/0730司令駆逐艦ヲ磯風ニ改ム、浜風ハ応急作業終リ次第馬公ニ回航セシム』
  252. ^ #S1911第17駆日誌(6)p.5『8日(略)四.1330神威海邦丸ト分離、時雨ト共ニ船団ヲ追及ス|五.1930高雄要々外着(先行船団ハ既ニ到着シオリ)』
  253. ^ #S1911第17駆日誌(6)p.6『12日0645タモ35船団護衛門司ニムケ基隆発』
  254. ^ 磯風、特年兵334頁
  255. ^ #1904神威日誌(4)p.38『八日一三三六GEB参謀長(宛略)一、旗風朝顔ハ高雄方面ニ配備サル/二、三宅屋久ハ佛印方面迄船団ヲ護衛』
  256. ^ #1904神威日誌(4)p.38『八日一四二〇(長官)GF(宛略)GF電令第五九二號 位置、時雨ハ「サンジャック」方面ニ回航2sdニ、旗風ハ高雄ニ廻航31Sニ合同スベシ 時雨旗風ハ右行動中GEB長官ノ指揮ヲ受ケ船団護衛ニ從事スベシ/二、三宅屋久ハGEB長官ノ指揮ヲ受ケ昭南迄ヒ八七船団ノ護衛ニ從事スベシ』
  257. ^ #海上護衛戦(角川)368-370頁
  258. ^ 日本海防艦戦史144-145頁『海防艦五隻の状況』
  259. ^ #海上護衛戦(角川)371-372頁
  260. ^ a b #S1912三十一戦隊(1)p.40『十五日二〇五五南西方面部隊警戒部隊指揮官(宛略)旗風、高雄要港内ニ於テ敵艦上機群ト交戰中十五日一〇四二第一第二罐室ニ敵機ノ直撃彈ヲ受ケ火災百方防火ニ努メタルモ一八〇〇遂沈没セリ 戰死准士官以上二名、下士官兵二〇名 重傷下士官兵十五名 戰果撃墜二機』
  261. ^ #S1906第27駆日誌(6)p.44
  262. ^ 経過概要(護衛対潜)昭和20年1月p.11(昭和20年1月24日)
  263. ^ a b 昭和20年2月2日(発令1月30日付)海軍辞令公報(甲)第1710号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072144400 
  264. ^ 昭和20年7月25日(発令7月15日付)海軍辞令公報(甲)第1867号 p.13高柳免職、p.14若松補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106400 
  265. ^ #秘海軍公報昭和20年3月(2)p.17『内令第二二八號|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 旗風、驅逐艦 梅、驅逐艦 樅|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 時雨、驅逐艦 栂|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年三月十日海軍大臣』
  266. ^ #秘海軍公報昭和20年1月(3)pp.40-41『内令第二〇九號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和二十年三月十日 海軍大臣|驅逐艦、一等神風型ノ項中「、旗風」ヲ、同|白露型|時雨|ヲ、同松型ノ項中「、梅、樅」ヲ、同二等粟型ノ項中「、栂」ヲ削ル(以下略)』

参考文献[編集]

  • 浅田博、高城直一(発行者) 「第五章 南号作戦」『海防艦三宅戦記 輸送船団を護衛せよ』 潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2013年9月(原著1985年)。ISBN 978-4-7698-2799-3
  • 井上理二、高城直一(発行者) 『駆逐艦磯風と三人の特年兵 波濤の中の青春』 光人社〈光人社NF文庫〉、2011年10月(原著1999年)。ISBN 978-4-7698-2709-2
  • 大井篤 『海上護衛戦』 角川文庫、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年3月。
  • 木俣滋郎 「第二章 戦場の海防艦(昭和十九年)」『日本海防艦戦史』 図書出版社、1994年9月。ISBN 4-8099-0192-0
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』 光人社NF文庫、1993年ISBN 47698-2009-7
    • 「同士打ち」<駆逐艦「春風」艦長・古要桂次中佐の証言>(太平洋戦争時、駆逐艦春風艦長、沼風艦長、雪風艦長等)
    • 「価値ある敵」<駆逐艦神風艦長・春日均中佐の証言>(バタビア沖海戦時の駆逐艦白雪水雷長。戦争終盤の駆逐艦神風艦長)
  • 佐野直一『聖戦之思い出』第39項
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第六巻 昭和十八年二月十二日~九月』 中央公論社、1997年3月。ISBN 4-12-403396-6
  • 手塚正己 『軍艦武藏 下巻』 新潮文庫、2009年8月。ISBN 978-4-10-127772-1
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 海上護衛戦』第46巻、朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』第54巻、朝雲新聞社、1972年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』第62巻、朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 本土方面海軍作戦』第85巻、朝雲新聞社、1975年6月。
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正10年達完/10月』。Ref.C12070079300。
    • 『大正11年達完/8月』。Ref.C12070080800。
    • 『大正11年達完/9月』。Ref.C12070080900。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年4月~6月 内令2巻/内令昭和17年5月(1)』。Ref.C12070162700。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。Ref.C12070175600。
    • 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(3)』。Ref.C12070503700。
    • 『昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報号外/3月(2)』。Ref.C12070504300。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003400。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『第1、3、5、7、9号駆逐艦製造一件(2)』。Ref.C08051091300。
    • 『第1、3、5、7、9号駆逐艦製造一件(3)』。Ref.C08051091400。
    • 『軍艦五十鈴及第7号第9号駆逐艦坐礁事件(2)』。Ref.C04015164200。
    • 『軍艦五十鈴及第7号第9号駆逐艦坐礁事件(3)』。Ref.C04015164300。
    • 『軍艦五十鈴及第7号第9号駆逐艦坐礁事件(4)』。Ref.C04015164400。
    • 『軍艦五十鈴及第7号第9号駆逐艦坐礁事件(5)』。Ref.C04015164500。
    • 『軍艦五十鈴及第7号第9号駆逐艦坐礁事件(6)』。Ref.C04015164600。
    • 『5駆隊機密第57号9.6.15駆逐艦旗風第12太吉丸触衝に関する件』。Ref.C05023968000。
    • 『一般戦機密第115号の2 10.2.28駆逐艦旗風、電触衝に関する件』。Ref.C05034646800。
    • 『18潜隊機密第25号の28 10.3.21伊号第53潜水艦触衝事件報告』。Ref.C05034647000。
    • 『2水戦機密第29号 10.3.8狭霧と敷波、電、と疾風触衝事件報告』。Ref.C05034647100。
    • 『赤軍第4艦隊機密第11号 10.10.6荒天遭難報告の件(1)』。Ref.C05034650500。
    • 『赤軍第4艦隊機密第11号 10.10.6荒天遭難報告の件(2)』。Ref.C05034650600。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/5駆隊機密第36号の65 第5駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120969000。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊海軍武功調査/45駆隊機密第65号の260 第45駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120972000。
    • 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/5駆隊機密第43号の51 第5駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120978700。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/5駆隊機密第43号 第5駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120987500。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030117600。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030117700。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030117800。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030117900。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030118000。
    • 『昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030118100。
    • 『昭和16年12月28日~昭和17年1月12日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030118500。
    • 『昭和16年12月28日~昭和17年1月12日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030118600。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030118900。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030119000。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030119100。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030119200。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030119300。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030119400。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030119500。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030338700。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年5月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(6)』。Ref.C08030318100。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 横須賀鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030321400。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 横須賀鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030321500。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 横須賀鎮守府戦時日誌(3)』。Ref.C08030321600。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 横須賀鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030321700。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 横須賀鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030321800。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年4月30日 呉鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030326800。
    • 『昭和17年4月10日~昭和19年4月24日 第2海上護衛隊司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030142700。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年11月30日 横須賀防備隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030362000。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年11月30日 横須賀防備隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030362100。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030362400。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030362500。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030362600。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030362700。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030362800。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030362900。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年2月28日 横須賀防備隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030363000。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030116100。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年5月31日 呉防備隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030367500。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年5月31日 呉防備隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030367600。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030137500。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(4)』。Ref.C08030137600。
    • 『昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030127400。
    • 『昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030127500。
    • 『昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030127600。
    • 『昭和19年11月20日~昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030102400。
    • 『昭和19年11月20日~昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030102500。
    • 『昭和19年11月1日~昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030147100。
    • 『昭和19年11月1日~昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030147200。
    • 『昭和19年11月1日~昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030147500。
    • 『昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030074800。
    • 『昭和19年4月1日~昭和20年3月31日 特務艦神威戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030587900。
    • 『昭和19年4月1日~昭和20年3月31日 特務艦神威戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030588000。
    • 『昭和20年1月1日~昭和20年3月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030142000。
    • 『昭和19年4月9日~昭和20年1月19日 第7護衛船団司令部戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030707700。
    • 『昭和19年6月1日~昭和20年1月24日 第27駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030148700。
    • 『昭和19.7.1~昭和19.8.31 太平洋戦争経過概要 その9/19年7月7日~19年7月20日』。Ref.C16120643900。
    • 『昭和19.1~昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年8月』。Ref.C16120659900。
    • 『昭和19.1~昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年12月』。Ref.C16120660300。
    • 『昭和19.1~昭和20.2 大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和20年1月』。Ref.C16120660400。

関連項目[編集]