むらくも (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらくも
JS Murakumo (DD-118)2.jpg
基本情報
建造所 舞鶴重工業
運用者  海上自衛隊
経歴
発注 1967年
起工 1968年10月19日
進水 1969年11月15日
就役 1970年8月21日
1998年3月16日(練習艦に転籍)
退役 2000年6月13日
要目
排水量 基準 2,150 トン
全長 115m
全幅 11.9m
吃水 4m
機関 三井造船1228V3BU-39Vディーゼル 4基
三井造船1628V3BU-39Vディーゼル 2基
2軸推進、26,500PS
速力 27ノット
乗員 220名
兵装 68式3インチ50口径連装速射砲 2基4門(後に1基撤去)
62口径76mm単装速射砲 1基(1979年3月、後部68式3インチ50口径連装速射砲に換え搭載)
74式アスロック8連装発射機 1基(1979年3月装備)
ボフォース対潜ロケット4連装発射機 1基
68式324mm3連装対潜短魚雷発射管 2基
レーダー OPS-11B 対空レーダー
OPS-17 水上レーダー
72式射撃指揮装置1型B
射撃指揮装置2型試作機(1975年10月装備、後2型-21Eに換装)
Mk34射撃用レーダー(1975年撤去)
Mk63 射撃指揮装置(1975年撤去)
ソナー 66式探信儀OQS-3
SQS-35 可変深度式ソナー
電子戦
対抗手段
NOLR-1B ESM (1983年6月NOLR-6に換装)
その他 QH-50 DASH 2機(1979年3月廃止)
テンプレートを表示

むらくもローマ字JDS Murakumo, DD-118TV-3511)は、海上自衛隊護衛艦みねぐも型護衛艦の3番艦。艦名は「叢雲(群がり集まった雲)」に由来し、日本の艦艇としては旧海軍東雲型駆逐艦2番艦「叢雲」、吹雪型駆逐艦5番艦「叢雲」に続き3代目。

艦歴[編集]

「むらくも」は、第3次防衛力整備計画に基づく昭和42度計画2,100トン型護衛艦2206号艦として、舞鶴重工業で1968年10月19日に起工され、1969年11月15日に進水、1970年8月21日に就役した後、第1護衛隊群第22護衛隊に編入されに配備された。

本艦は艦尾を1m延長し基準排水量が50トン増加、VDS(可変深度ソナー)を新造時から装備され艦橋上には上部指揮所が新設された。

1975年度の特定修理の際に、後部Mk-63射撃指揮装置を撤去し、国産の射撃指揮装置2型を搭載する工事を行い10月に完工した。その後、同射撃指揮装置の海上試験を行った。

1978年9月27日から1979年3月30日の間で特別改装工事を行い後甲板のダッシュ装置を撤去し、アスロック発射機を搭載。また、後部の3インチ砲を撤去してオート・メラーラ社製の62口径76mm単装速射砲に換装した。これは、同砲が海上自衛隊の新型護衛艦の主砲として採用が決まったため、その事前試験をするために購入し本艦に搭載した。以後、射撃指揮装置2型の機能試験とともに76mm砲の試験も実施した。

1982年3月27日、第22護衛隊が第2護衛隊群隷下に編成替え。

1985年3月27日、第3代護衛艦隊旗艦となり定係港が横須賀に転籍。指揮管制関連装備の新設・改造工事が施される。

1998年3月16日練習艦に種別変更され、艦籍番号がTV-3511に変更、練習艦隊第1練習隊に編入、定係港が再び呉に転籍。なお、練習艦への改造工事は2月9日から4月24日の間で行われ、アスロック弾庫を撤去し、実習員講堂を新設した。

2000年6月13日、除籍。総航程は620,329浬に達した。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船 第750集』海人社、2011年11月号