たけしお (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけしお
基本情報
建造所 川崎重工業 神戸工場
運用者  海上自衛隊
種別 通常動力型潜水艦
艦級 ゆうしお型
経歴
計画 昭和58年度計画
発注 1983年
起工 1984年4月3日
進水 1986年2月16日
就役 1987年3月3日
除籍 2005年3月9日
要目
排水量 基準 2,300t
満載 2,900t
全長 76.0m
全幅 9.9m
深さ 10.2m
吃水 7.4m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
川崎/MAN V8V 30AMTLディーゼルエンジン × 2基
SG-4B発電機 × 2基
SM-4C電動機 × 1基
蓄電池 × 480個
出力 水上 3,400PS
水中 7,200PS
推進器 5翼スクリュープロペラ × 1軸
速力 水上 12kt
水中 20kt
潜航深度 450m程度
乗員 80名
兵装 HU-603 533mm魚雷発射管 × 6門
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルを発射可能)
C4ISTAR ZYQ-1 潜水艦指揮管制装置
レーダー ZPS-6(水上)
ソナー ZQQ-4(統合式)
SQS-36J(アクティブ)
探索装置・
その他装置
潜望鏡
電子戦
対抗手段
ZLA-6 ECM
テンプレートを表示

たけしおローマ字JS Takeshio, SS-580)は、海上自衛隊潜水艦ゆうしお型潜水艦の8番艦。雄大に流れるの意の雄潮に由来する。

艦歴[編集]

「たけしお」は、中期業務見積りに基づく昭和58年度計画2,200トン型潜水艦8095号艦として、川崎重工業神戸工場で1984年4月3日に起工され、1986年2月19日に進水、1987年3月3日に就役し、第2潜水隊群第4潜水隊に編入され横須賀に配備された。

1988年6月から環太平洋合同演習(RIMPAC'88)に参加し、日本の潜水艦として初めてとなるハープーン対艦ミサイルの水中発射を実施する[1]

1994年5月9日、横須賀出港し、護衛艦「くらま」等とともにRIMPAC'94に参加。

2005年3月9日、除籍。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船 増刊第665集 海上自衛隊潜水艦史』(海人社、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 矢野一樹 「Profile 顔 矢野一樹海将補」『軍事研究』2010年7月号、162頁。

関連項目[編集]