QHB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
QHB
種別 探信儀(アクティブ・ソナー)
開発・運用史
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
就役年 1946年
送振系
周波数 中周波数(20~25.5 kHz)
音響出力 3,300ワット
ビーム幅 14度
送受波器系
送受波器方式 リン酸二水素アンモニウム圧電素子
装備方式 円筒形アレイ
ステーブ数 48本

QHBは、アメリカ合衆国探信儀(アクティブ・ソナー)アメリカ海軍が初めて配備したスキャニング・ソナーであり、W・W・ベーレンズ・Jrの指揮下に開発されて、1948年より艦隊配備を開始した。

概要[編集]

基本的には捜索用であり、俯角が取れなかったことから、水中攻撃指揮用にはQDAなどのサーチライト・ソナーと連接される必要があった。送振機アレイは直径19インチ (48 cm)の円筒形で、リン酸二水素アンモニウム製の素子による送受波器を48本のステーブとして搭載していた。動作周波数は20~25.5kHzの高周波であったため、探知距離は1,800ヤード (1,600 m)程度に限られたが、全周走査できるというサーチライト・ソナーにはないメリットから、艦隊では好評であった[1][2][3]

その後、小改正型として、AN/SQS-2、AN/SQS-10[4]、AN/SQS-11が順次に開発された[5]。また本機は本来水上艦用であったにも関わらず、1948年に「クラマゴア」が搭載したのを皮切りに潜水艦にも装備され、後にはそのための派生型としてAN/BQS-2が開発されて、ドイツから接収したGHGの技術を使ったAN/BQR-2攻撃ソナーなどとともに搭載された[6]

周波数 機種名 送振機 直径×高さ [cm] 重量
20.0 kHz AN/SQS-10 AT-349 47.8×65.5 1,000 lb (450 kg)
25.5 kHz AN/SQS-11 AT-354 47.8×60.7 800 lb (360 kg)

搭載艦艇[編集]

 アメリカ海軍

 スペイン海軍

 海上自衛隊

参考文献[編集]

  1. ^ Norman Friedman (2004). U.S. Destroyers: An Illustrated Design History. Naval Institute Press. p. 196. ISBN 9781557504425. http://books.google.co.jp/books?id=Tzp58htKLkEC. 
  2. ^ BUPERS 「CHAPTER 28 - ANTISUBMARINE WARFARE」『NAVAL ORDNANCE AND GUNNERY, VOLUME 2』、1958年
  3. ^ Dr. Owen R. Cote, Jr. (2000年3月). “The Third Battle: Innovation in the U.S. Navy's Silent Cold War Struggle with Soviet Submarines” (英語). 2012年8月25日閲覧。
  4. ^ Thaddeus Bell (2010年). “Probing the Ocean for Submarines A History of the AN/SQS-26 Long-Range, Echo-Ranging Sonar (PDF)” (英語). 2012年8月25日閲覧。
  5. ^ Sandy McClearn (2006年). “Canadian Navy SONAR Systems” (英語). 2012年8月25日閲覧。
  6. ^ Norman Friedman (1994). U.S. Submarines Since 1945: An Illustrated Design History. Naval Institute Press. ISBN 9781557502605. http://books.google.co.jp/books?id=OJLiSJ1w6IYC. 

関連項目[編集]