アトレヴィダ級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アトレヴィダ級コルベット
「アトレヴィダ」(PA改修後)
「アトレヴィダ」(PA改修後)
基本情報
種別 コルベット/哨戒艦
運用者  スペイン海軍
就役期間 1954年 - 1992年
次級 デスクビエルタ級
要目
排水量 基準997トン / 満載1,135トン
全長 75.5 m
最大幅 10.2 m
吃水 2.7 m
主機 スルザー6-MD/42-50
ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 3,000 bhp
速力 18.5ノット
航続距離 8,000海里 (10kt巡航時)
燃料 100 t
乗員 132名
兵装 Mk.26 50口径3インチ緩射砲×1基
40mm単装機銃×3基
ヘッジホッグMk.11対潜迫撃砲×2基
爆雷投射機×8基
・爆雷投下軌条×2条
レーダー AN/SPS-5 対水上捜索用
ソナー QHB 捜索用
テンプレートを表示

アトレヴィダ級コルベットスペイン語: Corbetas de la Clase Atrevida)は、スペイン海軍が運用していたコルベットの艦級[1][2]

概要[編集]

1・2番艦は、当初は満載排水量1,022トン、兵装は45口径105mm単装砲1基、37mm連装機銃1基、4連装20mm機銃2基、爆雷投射機×4基として完成したが、1番艦は1959年から1960年にかけて諸元表のように対潜戦改修を受けた。残る4隻は、当初からこの装備として完成している[1]。3インチ砲は測距儀しか持たないが、40mm高角機銃は方位盤による偏差射撃が可能とされている[3]

「ディアナ」は、1971年ロタ海軍基地近くで座礁事故を起こしたことから、その損傷を修復せず、1973年にそのまま退役した。また「デスクビエルタ」も対潜戦改修を受けなかったことから、比較的早期に退役した。これらを除く4隻は、1979年から1980年にかけて、ジブラルタル海峡カナリア諸島での警備にあたるための哨戒艦(Patrullero de Altura, PA)に種別変更された。これに伴い、対潜兵器は全て撤去され、かわって20mm単装機銃2基が搭載された。またレーダーやソナーも撤去されて、レーダーについては航海用のデッカ1226型2基が搭載された[3]。PA改修艦についても、1990年代セルビオーラ級哨戒艦により更新され、順次に運用を終了した[1]

同型艦一覧
# 艦名 建造所 起工 竣工 退役
F 61
→ P 61
アトレヴィダ
Atrevida
カルタヘナ 1950年6月 1954年8月 1992年
F 51 デスクビエルタ
Descubierta
1955年2月 1978年
F 63 ディアナ
Diana
1953年7月 1960年5月 1973年
F 64
→ P 64
ノーティラス
Nautilus
カディス 1959年12月 1991年
F 62
→ P 62
プリンセサ
Princesa
カルタヘナ 1953年3月 1959年10月
F 65
→ P 65
ビラ・デ・ビルバオ
Villa de Bilbao
※「ファヴォリータ」(Favorita)より改名
カディス 1960年7月

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. p. 436. ISBN 978-1557501325. 
  2. ^ Raymond Blackman, ed (1971). Jane's Fighting Ships 1970-71. Haymarket. pp. 286-287. ISBN 978-0070322059. 
  3. ^ a b Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 475. ISBN 978-0870212505. 

関連項目[編集]