ゆうばり型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆうばり型護衛艦
JS Yūbari transits Sagami Bay, -29 Oct. 2006 a.jpg
艦級概観
艦種 護衛艦(DE)
艦名 河川名
建造期間 1981年 - 1984年[1]
就役期間 1983年 - 2010年
前級 いしかり
次級 あぶくま型
性能諸元
排水量 基準:1,470トン[1]
満載:1,750トン[2]
全長 91m[1]
全幅 10.8m[1]
吃水 3.6m[1]
深さ 6.2m[2]
機関 CODOG方式[2]
三菱6DRV35/44 ディーゼルエンジン(4,650hp) 1基
オリンパスTM3B ガスタービンエンジン(22,500hp) 1基
可変ピッチ・プロペラ 2軸
速力 25ノット[2]
乗員 95名[1]
兵装 62口径76mm単装速射砲 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
375mm対潜ロケット砲 1基
324mm3連装短魚雷発射管 2基
FCS
FCS-2-21B 主砲用 1基
SFCS-7 水中用 1基
レーダー OPS-28 低空警戒/対水上用 1基
OPS-19 航海用 1基
ソナー SQS-36D(J) 船底装備式 1基
電子戦
対抗手段
NOLR-6B電波探知装置
OLR-9Bミサイル警報装置
Mk.137 6連装デコイ発射機 2基
AN/SLQ-25魚雷デコイ装置

ゆうばり型護衛艦(ゆうばりがたごえいかん、英語: Yubari-class destroyer escort)は、海上自衛隊護衛艦の艦級。先行する「いしかり」(52DE)を発展させた護衛艦(DE)として、昭和54年度及び55年度計画で1隻ずつが建造された[2][3]。建造単価は166億円(昭和55年度)[4]

来歴[編集]

海上自衛隊では、従来の駆潜艇(PC)の代替として第3次防衛力整備計画で検討した沿岸警備艦(PCE)の計画を更に発展させ、ポスト4次防昭和52年度計画で「いしかり」を建造した[3]

しかし52DEはあまりに小型で余裕が乏しく、また船型にも起因する荒天下での行動力の不足も問題となった[3]。当初計画では、引退する駆潜艇の代替として同型艦を更に建造する予定だったが[2]、同艦の就役以前の時点で、続く昭和54年度での建造艦は、船型を若干拡大した準同型艦とされることになった。これが本型である[3]

設計[編集]

上記の経緯より、基本設計は52DEの発展型となっている。基本計画番号はE111[5]

中央船楼型という船型は踏襲され、外見上も酷似するが、基準排水量を約200トン、全長で6メートル延長し、全幅および深さも若干増大した。これに伴い、CICを含む戦闘区画や居住区の床面積が増大するとともに、倉庫も増設されて生活・居住環境は改善された。また燃料タンクも大型化され、燃料搭載量が約35パーセント増大したことで、航続距離の延伸にもつながった[3]

機関は52DEと同構成であり、三菱重工業6DRV35/44ディーゼルエンジン川崎-ロールス・ロイス オリンパスTM3BガスタービンエンジンによるCODOG方式とされた[3]

装備[編集]

装備は52DEの構成が踏襲された。レーダーとしては対空警戒・対水上捜索両用のOPS-28-1、ソナーとしてはSQS-36D(J)をハルドームに収容して搭載している。また電子戦支援(ESM)装備としては、NOLR-6B電波探知装置とOLR-9Bミサイル警報装置が搭載された[3]

兵装も同様で、艦首甲板には62口径76mm単装速射砲(76mmコンパット砲)、船楼甲板前端部には375mm4連装対潜ロケット砲(71式ボフォースロケットランチャ)、船楼甲板中部には324mm3連装短魚雷発射管(68式)、そして艦尾甲板にはハープーン艦対艦ミサイルを搭載した[2][5]。個艦防空能力強化のため、延長された船楼甲板後端部に高性能20mm機関砲CIWS)を後日装備する計画もあったが、実現しなかった[3]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 除籍
DE-227 ゆうばり 住友重機械工業
浦賀工場
1981年
(昭和56年)
2月9日
1982年
(昭和57年)
2月22日
1983年
(昭和58年)
3月18日
2010年
(平成22年)
6月25日
DE-228 ゆうべつ 日立造船
舞鶴工場
1982年
(昭和57年)
1月14日
1983年
(昭和58年)
1月25日
1984年
(昭和59年)
2月14日

発展型[編集]

52DEの発展型として建造されたものの、本型もなお過小との評価を受け、同型艦の建造は昭和55年度計画の「ゆうべつ」で打ち切られた[3]

その後、56中業昭和58年度計画では、いすず型(34DE)ちくご型(42DE)の更新用として、本型を発展させた1,600トン型3隻の建造が検討された。この58DEでは、水中放射雑音低減などのため主機関をCODOG方式からオリンパスTM3Bのみによる構成に変更するとともに、凌波性向上のため船型を長船首楼型に改正していたが、同年度ははたかぜ型2番艦「しまかぜ」やあさぎり型など大型護衛艦の予算要求があったこともあって、大蔵省の査定落ちとなった。その後も検討と交渉が重ねられた結果、計画は61中期防に持ち越されて、設計・装備ともに刷新した2,000トン型(あぶくま型)に結実することになる[6]

登場作品[編集]

アニメ・漫画[編集]

なるたる
「ゆうべつ」が登場。海面に激突したイカツチの残骸もとい死骸の回収のため、現場海域で捜索にあたる。

小説[編集]

『東京湾にソ連潜を追え』
「ゆうばり」が登場。東京湾に侵入した架空のソ連海軍小型潜水艇「シー・ラット」を追跡する。作中では、護衛艦いしかり」をネームシップとする「いしかり型護衛艦」の2番艦と設定されているが、実際は上記の通りに「いしかり」を改良した準同型艦であるため、厳密には同型艦ではない。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 朝雲新聞社 2006, pp. 234-235.
  2. ^ a b c d e f g 海人社 2004, p. 160.
  3. ^ a b c d e f g h i 香田 2015, pp. 180-187.
  4. ^ 香田 2015, pp. 214-219.
  5. ^ a b 阿部 2000, p. 160.
  6. ^ 香田 2015, pp. 220-223.

参考文献[編集]