ゆうばり型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆうばり型護衛艦
Yuubetsu02.jpg
2番艦の「ゆうべつ
艦級概観
艦種 護衛艦(DE)
艦名 河川名
建造期間 1981年 - 1984年[1]
就役期間 1983年 - 2010年
前級 DE:いしかり
次級 DE:あぶくま型護衛艦
性能諸元
排水量 基準:1,470トン[1]
満載:1,750トン
全長 91m[1]
全幅 10.8m[1]
吃水 3.6m[1]
深さ 6.2m[2]
機関 CODOG方式[2]
三菱 6DRV35/44 ディーゼルエンジン(4,650hp) 1基
川崎・RR オリンパスTM3B ガスタービンエンジン(22,500hp) 1基
推進機 2軸[1]
速力 最大25kt[2]
乗員 95名[1]
兵装 62口径76ミリ単装速射砲 1基[1]
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基[2]
71式ボフォース・ロケット・ランチャー 1基[2]
HOS-302 3連装短魚雷発射管 2基[2]
C4I OYQ-5 TDPS+リンク 14
FCS-2-21B(81式) FCS
レーダー OPS-28 低空警戒/対水上用
OPS-19 航海用
ソナー SQS-36D(J)
電子戦
対抗手段
NOLR-6B ESM+OLR-9B RWR
Mk.137 チャフ発射機 2基
AN/SLQ-25魚雷デコイ

ゆうばり型護衛艦(ゆうばりがたごえいかん、JMSDF DE YUBARI class)は、昭和54年度及び55年度計画で建造された海上自衛隊の小型護衛艦(DE)である[2]

概要[編集]

ゆうばり型は、前級「いしかり」があまりに小型過ぎ運用に余裕がなかったため、「いしかり」に比べて全長が6m延長され、基準排水量が180トン増加された準同型艦として建造された[1][2]

装備はまったく同様であり、相違点は抗堪性向上のために上部構造物の鋼製部分を拡大したことと、近接防空用の高性能20mm機関砲CIWS)を後日装備するべく後甲板のスペースを広げたこと程度である[1][2]。なおCIWSの後日装備は「いしかり」と同じく実現しなかった。中央船楼型の船型であり、前甲板に76㎜単装砲、艦橋前面にボフォース対潜ロケット、艦尾に艦対艦ミサイル発射筒を装備した。艦中央部両舷には3連装魚雷発射管も設置している。

「いしかり」退役までの間、共に大湊地方隊に配備されていた。しかしながら本型も過小との評価を受け、同型艦の建造は昭和55年度計画の「ゆうべつ」のみで打ち切られた。

昭和58年度予算では本型をさらに拡大・改良した1,600トン型1隻の建造が要求されたが認められず[2]地方隊向け護衛艦の新造は、まったくの新タイプである次のあぶくま型まで待つことになる。

2010年6月25日に2艦揃って退役した。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 除籍
DE-227 ゆうばり 住友重機械工業
浦賀工場
1981年
(昭和56年)
2月9日
1982年
(昭和57年)
2月22日
1983年
(昭和58年)
3月18日
2010年
(平成22年)
6月25日
DE-228 ゆうべつ 日立造船
舞鶴工場
1982年
(昭和57年)
1月14日
1983年
(昭和58年)
1月25日
1984年
(昭和59年)
2月14日

寄付[編集]

2007年(平成19年)2月4日、財政破綻した夕張市(市長は後藤健二)に、艦名に由来がある「ゆうばり」(艦長は矢野幸浩2等海佐)の乗組員から集まった30万円が寄付された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 自衛隊装備年鑑 2006-2007,朝雲新聞,P234-235,ISBN 4-7509-1027-9
  2. ^ a b c d e f g h i j 海上自衛隊護衛艦史,海人社,2000年,P130-131