神風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Kamikaze II.jpg
艦歴
発注 1918年度計画
起工 1921年12月15日
進水 1922年9月25日
就役 1922年12月28日
除籍 1945年10月5日
その後 1945年12月1日特別輸送艦指定
1946年6月7日擱座
1946年6月27日特別輸送艦指定解除
性能諸元
排水量 基準:1,270t
全長 102.6メートル
全幅 9.2メートル
吃水 2.9メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズ式オールギアードタービン2基2軸 38,500 SHP
最大速力 37.3ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 新造時
45口径三年式12cm砲×4基4門
6.5mm単装機銃×2基
53センチ魚雷連装発射管×3基6門
爆雷投下軌条×2基


最終時
45口径三年式12cm砲×3基3門
25mm連装機銃×4基8門
25mm単装機銃×2基
40mm連装機銃[1]
53センチ魚雷連装発射管×2基4門
22号対水上電探[2]

神風(かみかぜ)は、日本海軍駆逐艦[3]神風型(2代目)の1番艦である[4]。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型(初代)の「神風」に続いて2隻目[5]。 最初の艦名は「第一駆逐艦[6]。 続いて「第一号駆逐艦[7]、最終的に「神風」と改名された[3]

太平洋戦争中、ペナン沖海戦や米潜水艦ホークビルとの戦闘を経験しながら終戦時シンガポールで唯一行動可能・無傷だった。

艦歴[編集]

太平洋戦争以前[編集]

「神風」は、八八艦隊計画で9隻建造された神風型駆逐艦(2代)のネームシップ[4]峯風型駆逐艦後期型である改峯風型を改良した艦隊型駆逐艦。 1921年(大正10年)10月12日、神風型駆逐艦7隻(第一駆逐艦《神風》、第三駆逐艦《朝風》第五駆逐艦《春風》第七駆逐艦《松風》第九駆逐艦《旗風》第十一駆逐艦《追風》第十三駆逐艦《疾風》)、若竹型駆逐艦10隻(第二駆逐艦《若竹》第四駆逐艦《呉竹》第六駆逐艦《早苗》第八駆逐艦《早蕨》第十駆逐艦《朝顔》第十二駆逐艦《夕顔》、第十四駆逐艦《建造中止》、第十六駆逐艦《芙蓉》第十八駆逐艦《刈萱》、第二十駆逐艦《建造中止》)および掃海艇4隻に、それぞれ艦名が与えられる[6]。 同年12月15日、第一駆逐艦は三菱長崎造船所で起工[8]

1922年(大正11年)2月16日、三菱長崎造船所で第三駆逐艦(朝風)が起工する[9]8月24日、本艦は、姉妹艦や軽巡洋艦「夕張」および給油艦2隻(鳴戸早鞆)と共に艦艇類別等級表に登録された[10][11]。 同年9月20日峯風艦長蒲田静三少佐が艤装員長に任命される[12]。同9月25日に進水[8]。12月28日に竣工[8]。蒲田静三(中佐)は初代艦長となった。1924年(大正13年)4月24日、「第一駆逐艦」は「第一号駆逐艦」に改称[7]1928年(昭和3年)8月1日、「第一号駆逐艦」は「神風」と改名された[3]

竣工と同時に、改良された峯風型3隻(野風波風沼風[13]と第1駆逐隊を編成[14]。新鋭駆逐艦として旗艦北上第二水雷戦隊に所属、1927年(昭和2年)12月1日より大湊要港部に所属して北洋警備に従事した。日中戦争では華北、華中の沿岸作戦に従事した。

太平洋戦争[編集]

太平洋戦争開戦後も一等駆逐艦に類別され千島厚岸方面哨区の哨戒、海上護衛にあたった[15]

1942年(昭和17年)6月、アリューシャン方面の戦いの支援に当たり、7月から千島東方海面哨区の哨戒に従事し、10月、ミッドウェー作戦アッツ島攻略作戦(第二次)に参加、11月から千島東方、津軽海峡方面で船団護衛に従事した。

1943年(昭和18年)前半は宗谷海峡方面、北千島方面の船団護衛に従事し、6月から津軽海峡方面での船団護衛、8月から千島方面での船団護衛に従事した。10月18日、神風駆逐艦長として、吹雪型駆逐艦2番艦「白雪」水雷長としてエンドウ沖海戦バタビア沖海戦に参加した春日均少佐(海兵59期)が着任する[16]。戦況の悪化により僚艦は南方戦線に転出していき、12月18日には僚艦「沼風」が沖縄沖で米潜水艦の雷撃を受け戦没、第1駆逐隊司令渡辺保正大佐(海兵49期、陽炎型駆逐艦16番艦「」初代艦長等を歴任)が戦死する[17]1944年(昭和19年)2月、函館で入渠整備、のち千島方面での作戦輸送、船団護衛に従事し、年末から大湊で入渠整備を実施した。9月には僚艦「波風」が択捉島沖で米潜水艦の雷撃を受け大破したため「神風」が小樽まで曳航、「波風」は修理と同時に回天搭載艦に改造されて連合艦隊に転出した。第1駆逐隊司令は、野風駆逐艦長海老原太郎大尉(春日とは海兵同期)が兼務している[18]

1945年(昭和20年)初頭時点で、第1駆逐隊は2隻(野風、神風)のみとなっていた。1月10日、2隻(神風、野風)は連合艦隊附属として南方進出が命じられ大湊を出港し、南方に向かう最後の輸送船団の護衛に就く[19]門司から鎮海方面あるいは基隆間の船団護衛に従事した。 1月26日、第1駆逐隊(野風、神風)は輸送船3隻(永洋丸、讃岐丸、東城丸)を護衛し、門司を出港してシンガポールへ向かう[20][19]。28日、米潜水艦スペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) は輸送船団を襲撃。海防艦「久米」と特設水上機母艦「讃岐丸」を撃沈、タンカー「永洋丸」を狙うが命中しなかった[21]。「神風」は両艦乗組員の救助に従事、生存者を鎮海(朝鮮半島)に送り届けると、基隆市(台湾)に移動した[19]

2月10日、第1駆逐隊は北号作戦の支援を下令される[22]馬公を出撃。 2月14日昼前、完部隊(指揮官松田千秋第四航空戦隊司令官《旗艦日向》、第四航空戦隊日向、[伊勢 (戦艦)|伊勢]]、大淀》、第二水雷戦隊《初霜朝霜》)に合流する[23][24]。悪天候のため、旧式の2隻(神風、野風)は速力18ノットの戦艦についてゆくのもやっとだった[25]。 2月15日夜、馬祖島で仮泊、ここで第1駆逐隊は完部隊と分離した[26]

第1駆逐隊(野風、神風)はシンガポールへと向かったが、2月20日になり僚艦「野風」がカムラン湾で米潜水艦の雷撃を受け戦没した[25][27]。この潜水艦はパーゴ (USS Pargo, SS-264)だった。 海老原(野風艦長)は「神風」に救助されたが、輸送船に便乗中して内地帰投中に戦死した(3月29日)[25][27]。新たに第1駆逐隊に加わった「汐風」と「朝顔」も燃料不足でシンガポールの「神風」と合流はできず、本艦は単艦で第十方面艦隊(司令長官福留繁中将)麾下の第五戦隊(羽黒足柄)附属となった[28]

ペナン沖海戦[編集]

5月7日(14日とも)[29]アンダマン諸島輸送作戦のため第五戦隊司令官橋本信太郎少将指揮下の2隻(重巡《羽黒》、駆逐艦《神風》)は、燃料と物資を満載してシンガポールを出港[30][31]。輸送任務のため「神風」は魚雷と魚雷発射管を撤去したという[32]。 5月15日、日本軍偵察機から報告を受け2隻(羽黒、神風)は一旦反転、駆逐艦5隻からなるイギリス第26駆逐隊も夜戦を企図してインド洋に反転した[32]。羽黒砲術長は駆逐艦「黒潮」が空襲を受けているのを目撃したと回想しているが[33]、これは陽炎型駆逐艦ではなく二等輸送艦第149号(雑役船 第二黒潮)である。 5月16日午前1時頃、2隻(羽黒、神風)は英軍駆逐隊5隻に補足され、ペナン沖海戦が勃発した[30][34]。春日(神風艦長)は「羽黒」からの指示がなかった事について「士気の低下、緊張の欠如から来た油断」と指摘している[34][35]。「神風」は被弾して戦死27名、重傷者14名を出す[34]。「羽黒」は探照灯照射と共に砲戦を開始するが、すぐに被弾・被雷して可燃物に引火、大火災となった[36]。甲板に満載された物資のため、砲塔の旋回も出来ない状態だった[37][38]。 春日は離脱を命じ、2時50分にレーダーで捉えた陸地の方角へ急速離脱。集中放火を浴びた「羽黒」は沈没した[39]。その後、「神風」はペナンに退避し陸揚作業と燃料補給の後、戦場へ引き返して羽黒生存者救助を実施、乗員約320名を救助した(橋本少将戦死《中将進級》、杉浦嘉十羽黒艦長戦死)[30][35]。救助活動には駆潜艇57号も参加している[40]

バンカ海峡での戦闘[編集]

6月4日、輸送任務のため重巡「足柄」と「神風」はシンガポールを出港した。翌日バタヴィアジャカルタ)に到着し、陸軍兵(足柄約1200名、神風約400名)や物資を搭載[41]。6月7日にシンガポールに向け出港した[42]。その頃、イギリス潜水艦トレンチャント (HMS Trenchant) は米軍潜水艦から日本艦隊バタビア入港の情報を得て、バンカ海峡北口附近で哨戒中だった[43]。また英潜水艦「スティジァン」もバンカ海峡に配置された[43]。 6月8日、スティジァンは先行した「神風」を雷撃したが回避され、逆に追尾・攻撃された[43][42]。スティジァンは帆を張ってジャンク船に偽装し、ジャンク船団の群に紛れていたという[42][41]。 同日12時15分頃、バンカ海峡北側入り口でトレチャントは速力18ノットの「足柄」を雷撃(魚雷8本発射)[43]。複数の魚雷命中により「足柄」は沈没した[44]。「神風」から約1万2000mほどの距離だったという[41]。「神風」は三浦速雄大佐(足柄艦長)を含む乗員853名と陸兵400名を救助し、単艦でシンガポールに入港した[42]

「足柄」の沈没によって、第二艦隊所属として南方の前線で戦い続けた第五戦隊は解体された。このときシンガポールには大破した重巡2隻(高雄妙高)があったが、行動可能な艦船は「神風」のみとなっていた[45][41]。6月中旬から仏印方面輸送に2回従事。 6月18日、護衛艦2隻(神風、第4号掃海艇)でタンカー1隻を護衛、シンガポールを出撃して仏印西岸ハッチェンに向かう[46]6月20日B-24爆撃機六機が襲来、その後も波状攻撃を受けてタンカーは炎上・航行不能となる[46]。「神風」も回避中に至近弾で少量の浸水被害を受け、タンカー乗組員収容後、6月22日シンガポールに戻った[46]

8月15日をシンガポールにおいて無傷で迎えた。神風型の姉妹艦は一番艦の「神風」が唯一、無傷で終戦を迎えている。

潜水艦ホークビルとの闘い[編集]

1945年(昭和20年)7月15日、「神風」は駆逐艦長春日均少佐(59期)の指揮下で、特設掃海艇3隻と共に、輸送船3隻を護衛してシンガポールを出撃[47]ハッチェンに向け航行中の7月18日昼過ぎ、船団が敵潜水艦の頻繁に出現するマレー半島テンゴール岬沖(北緯04度10分 東経106度30分 / 北緯4.167度 東経106.500度 / 4.167; 106.500[48])に差し掛かり、予定通り輸送船は陸地近くまで接近して航行、「神風」は沖に出て之字運動を開始した[47][49]。 この時、アメリカ海軍潜水艦ホークビル(USS Hawkbill, SS-366) が船団を発見し、特に「神風」を目標に攻撃態勢に入ろうとした[50]。ホークビルは艦首発射管から魚雷6本を発射[51][49]。しかし潜望鏡やソナーで敵潜水艦の存在を探知していた「神風」は回避行動を行い、魚雷は「神風」の両側を通過して命中せず、しかもそのうちの1本は異常な動き方をしていた[52]。20分後、「神風」がホークビルを探知して距離を詰めていったので、ホークビルは「神風」が800メートルに近寄ってきたところで艦尾魚雷発射管より魚雷を3本発射[53][50]。この至近距離での攻撃でホークビルは勝利を確信し、潜望鏡をあげて観察を続けた[50]。「神風」は右転舵(回避前に面舵30度攻撃運動中、若干面舵回避)でこの攻撃も回避し、1本は「神風」の左舷側わずか2-3メートルのところをかすめ去った[52][49]。ホークビルは「神風」の至近を潜望鏡深度で通過、「神風」からは手の届くほどの近さであった[52][49]。 「神風」が爆雷攻撃を開始すると、有効弾がありホークビルは艦首を海上に急角度で突き出した[49][50]。「神風」はこの機を逃さず艦尾の40ミリ連装機銃[1]をホークビルに向けて発射。ホークビルのスキャンランド艦長も観念して5インチ砲による浮上砲戦を決しようとしていた[54][50]。しかし、急速注水に成功し、ホークビルは深度33メートルの海底に沈座した[50]。「神風」は水面上に浮かんできた木片や油膜からホークビルをおおむね撃沈したものと判断し、19時過ぎまで探査と爆雷攻撃を繰り返した[49]。この間、ホークビルでは「神風」が上部を通過するたびに「最後の時が来た」と腹をくくっていた[55][50]。やがて、「神風」は船団を追ってこの海域を去っていった[50]。ホークビルは7月19日になってすぐに浮上したが[56]ジャイロコンパス、温度計、減速装置が破壊され、無線装置や音響兵器も使い物にならなくなった。ホークビルは哨戒を一旦中止し、スービック湾で修理を行った。スービック湾へ向かう途中、再び「神風」が護衛する輸送船団と遭遇したが、今度は何事もなかった[57]

この壮絶な一騎打ちをおこなった「神風」は、その敢闘ぶりをアメリカ海軍から絶賛された[50]。ホークビルのスキャンランド艦長は1953年(昭和28年)11月、春日(神風艦長)に手紙を送る[58][50]。以来[59]幾度か文通し、スキャンランド艦長は春日艦長を「最も熟練した駆逐艦艦長」[55]として称えた。これに対し春日は「今思うと、沈めんでよかった。何かこれでほッとした気持です」と述懐した[60][61][62]

戦後[編集]

1945年10月5日、内地に帰投し除籍となり、12月1日に特別輸送艦の指定を受け復員輸送に従事した。1946年(昭和21年)6月4日、静岡県御前崎沖にて海防艦「国後」が座礁[63]6月7日、「神風」は同艦を救出作業中に、自らも擱座し放棄された。1947年(昭和22年)10月31日解体終了。

公試成績[編集]

状態 排水量(常備) 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 1,443トン 40,312馬力 38.67ノット 1922年(大正11年) 全力公試

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』237-239頁による。

艤装員長[編集]

  1. (心得)蒲田静三 少佐:1922年9月20日[64] - 1922年12月1日
  2. 蒲田静三 中佐:1922年12月1日[65] -

艦長[編集]

  1. 蒲田静三 中佐:1922年12月28日 - 1924年2月5日
  2. 石川哲四郎 中佐:1924年2月5日[66] -
  3. 広岡正治 中佐:1924年3月10日 - 1924年12月1日
  4. 白石邦夫 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  5. 原顕三郎 少佐:1925年12月1日 - 1926年12月1日
  6. 佐藤慶蔵 少佐:1926年12月1日 - 1927年5月28日[67]
  7. (兼)帖佐敬吉 少佐:1927年5月28日[67] - 8月10日[68]
  8. 村瀬頼治 少佐:1927年8月10日 -
  9. (兼)帖佐敬吉 少佐:不詳 - 1927年12月1日[69]
  10. 小林徹理 中佐:1927年12月1日 -
  11. 帖佐敬吉 少佐:1928年5月28日 -
  12. 小林徹理 中佐:不詳 - 1928年12月10日[70]
  13. 長尾惣助 中佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日[71]
  14. 久宗米次郎 少佐:1929年11月30日 - 1930年11月15日
  15. (兼)大森仙太郎 少佐:1930年11月15日 - 12月1日
  16. 伏見宮博義王 少佐:1930年12月1日 -
  17. 田村劉吉 少佐:1932年5月2日 -
  18. (兼)小林徹理 大佐:1933年4月1日 -
  19. 小野良二郎 少佐:1933年5月20日 -
  20. 山口捨次 少佐:1933年9月1日 - 1935年10月31日[72]
  21. 谷井保 少佐:1935年10月31日 -
  22. 渡辺保正 少佐:1936年10月8日 -
  23. 有本輝美智 少佐:1937年12月1日 -
  24. (兼)矢野寛二 少佐:1939年4月1日 -
  25. 高須賀修 少佐:1939年9月26日 -
  26. 橋本金松 少佐:1940年10月15日 -
  27. 松本正平 大尉:1942年4月10日 -
  28. 春日均 少佐:1943年10月18日 -

参考文献[編集]

  • 岩崎剛二海と空の八人の武人の生涯 最前線指揮官の太平洋戦争』 光人社NF文庫、2003年4月(原著1995年1月)。ISBN 4-7698-2379-7
    • 勇将のもとに弱卒なし 敵将が賞賛した駆逐艦長・春日均中佐の操艦
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎 「14.重巡洋艦「羽黒」」『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』 光人社NF文庫、2013年6月(原著1988年)。ISBN 978-4-7698-2786-3
  • 駆逐艦神風編集委員会『駆逐艦神風』駆逐艦神風出版委員会、1980年
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』 光人社NF文庫、1993年ISBN 47698-2009-7
    • 価値ある敵 <駆逐艦「神風」艦長・春日均中佐の証言>(太平洋戦争時、駆逐艦「白雪」水雷長、水雷艇「初雁」艇長、駆逐艦「神風」艦長等)
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 福田幸弘 『連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記』 時事通信社、1981年7月。ISBN 4-7887-8116-6 
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書46 海上護衛戦』 朝雲新聞社、1971年5月。
  • レオンス・ペイヤール著、長塚隆二訳 『潜水艦戦争 1939-1945』 早川書房、1973年12月。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦 秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』光人社、1997年。
  • 丸編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • 元「羽黒」砲術長・海軍中佐浅井秋生『歴戦艦「羽黒」マラッカ海峡に消ゆ』
  • 吉田俊雄 「出撃の時 駆逐艦「神風」の勇戦敢闘」『造艦テクノロジーの戦い 科学技術の頂点に立った連合艦隊軍艦物語』 光人社NF文庫、1995年(原著1989年)。ISBN 4-7698-2103-4
  • SS-366, USS HAWKBILL(issuuベータ版)
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正10年達完/10月』。Ref.C12070079300。
    • 『大正11年達完/8月』。Ref.C12070080800。
    • 『大正11年達完/9月』。Ref.C12070080900。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『昭和19年9月~昭和20年7月 武装商船警戒隊戦闘詳報 船名 アの部~ソの部まで(3)』。Ref.C08030691900。
    • 『昭和20年2月10日~軍艦大淀戦闘詳報』。Ref.C08030578500。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『戦史叢書46』481ページ
  2. ^ 『駆逐艦「神風」電探戦記』(光人社NF文庫 2011年)
  3. ^ a b c #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第一號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 神風カミカゼ トス』
  4. ^ a b #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  5. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.159『神風型(九隻)』
  6. ^ a b #達大正10年10月pp.11-12『達第百九十號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦七隻二等驅逐艦十隻及一等掃海艇六隻ニ左ノ通命名ス 大正十年十月十二日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|一等驅逐艦七隻 第一驅逐艦 第三驅逐艦 第五驅逐艦 第七驅逐艦 第九驅逐艦 第十一驅逐艦 第十三驅逐艦|二等驅逐艦十隻 第二驅逐艦 第四驅逐艦 第六驅逐艦 第八驅逐艦 第十驅逐艦 第十二驅逐艦 第十四驅逐艦 第十六驅逐艦 第十八驅逐艦 第二十驅逐艦|一等掃海艇六隻 第一掃海艇 第二掃海艇 第三掃海艇 第四掃海艇 第五掃海艇 第六掃海艇』
  7. ^ a b #達大正13年4月p.17『達第四十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 驅逐艦及掃海艇ノ欄中「第一、第二」等トアルヲ「第一號、第二號」等ニ改ム/備考第二號中「第一驅逐艦」「第二驅逐艦」ヲ「第一號驅逐艦」「第二號驅逐艦」ニ改ム/同三號中「第一掃海艇」「第二掃海艇」ヲ「第一號掃海艇」「第二號掃海艇」ニ改ム 大正十三年四月二十四日 海軍大臣 村上格一』
  8. ^ a b c #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『神風|(艦性能略)|三菱長崎造船所|10-12-15|11-9-25|11-12-28|(武装略)』
  9. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『朝風|(艦性能略)|三菱長崎造船所|11-2-16|11-12-8|12-6-16|(武装略)』
  10. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十四號 艦艇類別等級別表中巡洋艦二等ノ欄「神通」ノ次ニ「、夕張」ヲ、驅逐艦一等ノ欄「波風」ノ次ニ「、第一」「、第五」「、第七」「、第九」「、第十一」「、第十三」ヲ、同二等ノ欄「蓼」ノ次ニ「、第二」「、第四」「、第六」「、第八」「、第十」「、第十二」「、第十六」「、第十八」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  11. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十五號 特務艦類別等級別表中運送艦ノ欄「神威」ノ次ニ「、鳴戸」「、早鞆」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  12. ^ 『官報』第3043号、大正11年9月21日。
  13. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|峯風型|峯風、澤風、沖風、島風、灘風、矢風、羽風、汐風、秋風、夕風、太刀風、帆風、野風、波風、沼風』
  14. ^ #造艦テクノロジーの戦い258-259頁
  15. ^ #造艦テクノロジーの戦い262頁
  16. ^ #佐藤 艦長(文庫)335頁
  17. ^ #佐藤 艦長(文庫)336頁
  18. ^ #八人武人生涯17頁
  19. ^ a b c #造艦テクノロジーの戦い267頁
  20. ^ #八人武人生涯18頁
  21. ^ #武装商船ア-ソ(3)p.6『商船永洋丸戦闘詳報』
  22. ^ #S20大淀戦闘詳報p.40『十日一四二五(長官)GF(宛略)GF電令作第五一〇號 一.4sf司令官ハ4sf(伊勢日向)大淀2sd(霞朝霜初霜)1dg(神風野風)ヲ指揮シ速ニ昭南ヲ出撃人員重要物資ヲ内地還送作戰ヲ実施スベシ 本作戰部隊ヲ北號作戰ト呼稱ス/二.南號作戰部隊ハ南號作戰ノ要領ニ依リ北號作戰部隊ノ護衛ヲ強化スベシ』
  23. ^ #木俣空母865頁
  24. ^ #S20大淀戦闘詳報p.43『十四日(司令官)4sf(宛略)信令第一九號 警戒航行序列ニ左ヲ追加ス 第八日向伊勢大淀ノ順ニ單縦陣距離一粁霞初霜朝霜夫々日向ノ〇度右八〇度左八〇度一.五粁野風神風夫々伊勢ノ右及左一〇〇度一.五粁』
  25. ^ a b c #佐藤 艦長(文庫)337-338頁
  26. ^ #S20大淀戦闘詳報p.9『十五日一九三〇馬祖島泊地ニ假泊朝霜ニ二五〇噸重油ヲ補給シ曩ニ海南島東方海面ニテ護衛隊ニ入リシ第一駆逐隊ト分離シ十六日〇〇〇〇假泊發北上中〇五五六本艦ノ左七〇度方向ニ魚雷音二ヲ聴知(水測)セルヲ以テ急速單独回避ヲ行フト共ニ信號弾ヲ以テ僚艦ニ通報シ之ヲ後方ニ躱シ得タリ』
  27. ^ a b #八人武人生涯19-20頁
  28. ^ #造艦テクノロジーの戦い268頁
  29. ^ #撃沈戦記(2013)191頁
  30. ^ a b c #八人武人生涯20-22頁
  31. ^ #サイパン・レイテ海戦記8頁(羽黒通信長によれば9日出撃、約一週間マラッカ海峡で偽装行動)
  32. ^ a b #佐藤 艦長(文庫)338-340頁『ペナン沖海戦の悔恨』
  33. ^ #重巡洋艦戦記(2010)260頁『スパイの跳梁』
  34. ^ a b c #佐藤 艦長(文庫)341-342頁
  35. ^ a b #佐藤 艦長(文庫)344-345頁
  36. ^ #佐藤 艦長(文庫)343頁
  37. ^ #サイパン・レイテ海戦記9頁
  38. ^ #重巡洋艦戦記(2010)263頁
  39. ^ #重巡洋艦戦記(2010)264-265頁『なぶり殺しにあう』
  40. ^ #撃沈戦記(2013)196頁
  41. ^ a b c d #佐藤 艦長(文庫)345-347頁『バンカ海峡に「足柄」を失う』
  42. ^ a b c d #八人武人生涯23-24頁
  43. ^ a b c d #潜水艦戦争401-402頁『「足柄」への魚雷攻撃 一九四五年六月八日』
  44. ^ #重巡洋艦戦記(2010)25頁
  45. ^ #八人武人生涯25頁
  46. ^ a b c #叢書46海上護衛戦481頁『佛印方面の護衛作戦』
  47. ^ a b #八人武人生涯26頁
  48. ^ 『駆逐艦神風』133ページ
  49. ^ a b c d e f #佐藤 艦長(文庫)347-351頁『米潜水艦との一騎打ち』
  50. ^ a b c d e f g h i j #佐藤 艦長(文庫)351-355頁『米潜艦長からの手紙』
  51. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.190 、『駆逐艦神風』60ページ
  52. ^ a b c 『戦史叢書46』481ページ
  53. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.191 、『駆逐艦神風』61ページ
  54. ^ 『駆逐艦神風』61ページ
  55. ^ a b 『駆逐艦神風』62ページ
  56. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.176 、『駆逐艦神風』62ページ
  57. ^ 「SS-366, USS HAWKBILL」p.177,188
  58. ^ #八人武人生涯29頁
  59. ^ 『駆逐艦神風』60ページ
  60. ^ 『駆逐艦神風』59ページ
  61. ^ >#佐藤 艦長(文庫)355-356頁
  62. ^ #八人武人生涯30頁
  63. ^ #八人武人生涯28-29頁
  64. ^ 『官報』第3043号、大正11年9月21日。
  65. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  66. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  67. ^ a b 『官報』第123号、昭和2年5月30日。
  68. ^ 『官報』第186号、昭和2年8月11日。
  69. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  70. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  71. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  72. ^ 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。

関連項目[編集]