追風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
追風
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1923年3月16日
進水 1924年11月27日
就役 1925年10月30日
その後 1944年2月18日戦没
除籍 1944年3月31日
性能諸元
排水量 基準:1,270t 公試:1,400t
全長 102.57メートル
全幅 9.16メートル
吃水 2.92メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基2軸
38,500 SHP
速力 37.25ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
燃料 重油:420トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
一〇年式53cm連装魚雷発射管3基
(魚雷10本)
留式7.7mm機銃2挺
爆雷18個

追風(おいて/おひて)は、日本海軍駆逐艦[1][2]神風型(2代目)の6番艦である[3]。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「追風」[4]に続いて2隻目。

艦歴[編集]

太平洋戦争以前[編集]

1921年(大正10年)10月12日、神風型駆逐艦7隻(第一駆逐艦《神風》第三駆逐艦《朝風》第五駆逐艦《春風》第七駆逐艦《松風》第九駆逐艦《旗風》第十一駆逐艦《追風》第十三駆逐艦《疾風》)、若竹型駆逐艦10隻(第二駆逐艦《若竹》第四駆逐艦《呉竹》第六駆逐艦《早苗》第八駆逐艦《早蕨》第十駆逐艦《朝顔》第十二駆逐艦《夕顔》、第十四駆逐艦《建造中止》、第十六駆逐艦《芙蓉》第十八駆逐艦《刈萱》、第二十駆逐艦《建造中止》)および掃海艇4隻に、それぞれ艦名が与えられる[5]

第十一駆逐艦(追風)は浦賀船渠で建造。浦賀船渠で建造の神風型本艦(追風)のみ[6]。準同型艦の睦月型駆逐艦は3隻(弥生水無月望月[7][8][9]を建造した。 本艦は1923年(大正12年)3月16日、起工[6]関東大震災を経て1924年(大正13年)11月27日に進水[6]1925年(大正14年)4月24日、第十一駆逐艦は第十一号駆逐艦と改称[10]10月30日、竣工[6]。竣工時の艦名は第十一号駆逐艦で、1928年(昭和3年)8月1日附で「追風」と改称した[2][11]

1935年(昭和10年)11月15日の編成替で、第29駆逐隊(追風、疾風、朝凪、夕凪)から神風型2隻(朝凪、夕凪)が除籍。同日2隻により第28駆逐隊(朝凪、夕凪。駆逐隊司令大藤正直中佐)が新たに編制される[12]。第29駆逐隊(追風、疾風)および空母「加賀」は第二航空戦隊を編制。 1936年(昭和11年)8月1日夜、馬公市澎湖諸島)に停泊中、悪天候のため2隻(疾風、追風)は接触事故を起こす[13]。両艦とも損傷は軽微だった[14][15]。 11月15日、第二航空戦隊は「加賀」[16]および第22駆逐隊(文月水無月長月皐月)で再編[17]。第29駆逐隊は佐世保警備戦隊に所属した。

1940年(昭和15年)11月15日、第28駆逐隊(朝凪、夕凪)は解隊(第28駆逐隊司令柴田力大佐は第5防備隊司令へ転任)[18][19]。神風型2隻(朝凪、夕凪)は第29駆逐隊に復帰し、同隊は神風型4隻(追風、疾風、朝凪、夕凪)を揃えた[20]

太平洋戦争[編集]

1941年(昭和16年)12月8日、第29駆逐隊第1小隊(追風、疾風)はルオットを出撃[21][22]。第六水雷戦隊各艦(軽巡《夕張》、第30駆逐隊《睦月、如月、弥生、望月》)や第十八戦隊(天龍、龍田)等と共に、ウェーク攻略作戦に参加。第一攻略作戦中の12月11日、僚艦「疾風」および「如月」が沈没[22]。第29駆逐隊は3隻(追風、朝凪、夕凪)となった[23]

1942年(昭和17年)1月13日、第29駆逐隊はトラック泊地を出撃後、ラバウル攻略作戦、スルミ攻略作戦、サラモア攻略作戦などに参加した[21][24][25]。3月10日の米軍機動部隊空襲(ラエ・サラモアへの空襲)で第29駆逐隊各艦は損傷[21][24][25]。一旦、日本本土に帰投。4月1日、佐世保に到着した[21][24][25]。4月23日、第29駆逐隊(追風、朝凪)は佐世保を出撃、5月2日にラバウルへ進出する[21][24]。 5月上旬の珊瑚海海戦前哨戦で第六水雷戦隊僚艦「菊月」が沈没(5月5日)[26]。同艦が所属していた第23駆逐隊は5月25日附で解隊[27]。同隊より睦月型12番艦「夕月」を第29駆逐隊に編入し、29駆は定数4隻(夕月、追風、朝凪、夕凪)を回復した[27]

その後は主に船団護衛に従事する。ガダルカナル島の戦い勃発直後の8月13日、第29驅逐隊(追風、夕凪)はヘンダーソン飛行場基地に対する艦砲射撃を実施した[21]。8月26日、トラック泊地を出港[21]。以後は船団護衛任務に従事した。

1943年(昭和18年)4月1日、第八艦隊司令長官は三川軍一中将から鮫島具重中将に交代[28]。 同日附で第29駆逐隊と第34駆逐隊は解隊された[29]。 横須賀鎮守府附となった29駆司令鳥居威美大佐は[28]、4月20日附で第十戦隊附[30]、4月27日附で第16駆逐隊(雪風初風天津風)司令となった[31]

1944年(昭和19年)2月17日、トラック北方で沈没した阿賀野型軽巡洋艦1番艦「阿賀野」の乗員を救助したが、「追風」も翌2月18日トラック島空襲の際、トラック環礁北水道で米海軍機の魚雷を受け船体を二つに折られて戦没した。 同年3月31日、「追風」は神風型駆逐艦[32]、 帝国駆逐艦籍[33]から除籍。

時が流れた1985年(昭和60年)2月28日にトラック北水道南東約10km、バラ島北西約4kmの水深73mの海底に正立状態で横たわる「追風」の船体が確認された。船体は船体中央で分断され、艦首側が艦尾側の近くで約140°艦尾側を向いた状態で沈んでいる。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』244-245頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 彭城昌国 中佐:1925年4月1日 -

艦長[編集]

  1. 彭城昌国 中佐:1925年10月30日 - 1926年10月15日[34]
  2. 志賀忠一 少佐:1926年11月1日[35] - 1928年12月10日[36]
  3. (兼)木村昌福 少佐:1929年5月10日 - 9月5日
  4. (兼)井原美岐雄 少佐:1929年9月5日[37] - 11月30日[38]
  5. 江戸兵太郎 少佐:1929年11月30日 -
  6. 福田勇 少佐:1931年11月2日 -
  7. (兼)中津成基 少佐:1932年3月10日 - 4月1日
  8. 上田光治 少佐:1932年4月1日[39] - 1932年7月11日[40]
  9. 小田操 少佐:1932年8月5日[41] - 1932年11月15日[42]
  10. 佐藤寅治郎 少佐:1932年11月15日 - 1934年11月15日
  11. 中村謙治 少佐:1934年11月15日 - 1935年11月21日
  12. 大原利通 少佐:1935年11月21日 - 1936年12月1日
  13. 北野旦 少佐:1936年12月1日 -
  14. 山本祐二 少佐:1938年6月1日 -
  15. 鈴木保厚 少佐:1938年11月10日 -
  16. 萩尾力 少佐:1939年11月15日 -
  17. 柳瀬善雄 少佐:1941年4月15日 -
  18. 富田敏彦 少佐:1942年10月30日 -
  19. 魚野泰弘 大尉:1943年10月20日 -

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦Ⅰ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正10年達完/10月』。Ref.C12070079300。
    • 『大正11年達完/8月』。Ref.C12070080800。
    • 『大正11年達完/9月』。Ref.C12070080900。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年1月3月 内令1巻/昭和17年1月(2)』。Ref.C12070160500。
    • 『昭和17年4月~6月 内令2巻/内令昭和17年5月(1)』。Ref.C12070162700。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。Ref.C12070175600。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。Ref.C12070176200。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年4月(5)』。Ref.C12070176600。
    • 『昭和18年7月~8月 内令3巻/昭和18年8月(4)』。Ref.C12070179800。
    • 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。Ref.C12070196900。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(4) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003600。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(3)』。Ref.C14010006100。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『第29駆機密第28号の19 11.8.23 船体損傷報告(駆逐艦疾風)』。Ref.C05035389300。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/第28駆機密第19号の200 第28駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971500。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/29駆隊機密第34号の101 第29駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971600。
    • 『支那事変第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/29駆隊機密第34号の129 第29駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980600。
    • 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/第30駆機密第48号の36 第30駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980700。
    • 『支那事変第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/29駆隊機密第34号の285 第29駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989400。
    • 『支那事変第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/第30駆隊機密第40号 第30駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989500。

脚注[編集]

  1. ^ #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第十一號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 追風オヒテ トス』
  2. ^ a b #艦艇・駆逐艦(1)pp.2-3『驅逐艦改稱新舊對照法|(驅逐艦名)追風オヒテ|(昭和三年七月三十一日以前ノ名稱)第十一號驅逐艦』
  3. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  4. ^ #除籍駆逐艦(3)pp.38-39『舊追風(千噸以下)(大正十三年十二月一日除籍)』
  5. ^ #達大正10年10月pp.11-12『達第百九十號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦七隻二等驅逐艦十隻及一等掃海艇六隻ニ左ノ通命名ス 大正十年十月十二日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|一等驅逐艦七隻 第一驅逐艦 第三驅逐艦 第五驅逐艦 第七驅逐艦 第九驅逐艦 第十一驅逐艦 第十三驅逐艦|二等驅逐艦十隻 第二驅逐艦 第四驅逐艦 第六驅逐艦 第八驅逐艦 第十驅逐艦 第十二驅逐艦 第十四驅逐艦 第十六驅逐艦 第十八驅逐艦 第二十驅逐艦|一等掃海艇六隻 第一掃海艇 第二掃海艇 第三掃海艇 第四掃海艇 第五掃海艇 第六掃海艇』
  6. ^ a b c d #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『追風|(艦性能略)|浦賀船渠會社|12-3-16|13-11-27|14-10-30|(武装略)』
  7. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『彌生|(艦性能略)|浦賀船渠會社|13-1-11|14-7-11|15-8-28|(武装略)』
  8. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『水無月|(艦性能略)|浦賀船渠會社|14-3-24|15-5-25|昭和2-8-22|(武装略)』
  9. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『望月|(艦性能略)|浦賀船渠會社|15-3-28|昭和2-4-28|2-10-31|(武装略)』
  10. ^ #達大正13年4月p.17『達第四十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 驅逐艦及掃海艇ノ欄中「第一、第二」等トアルヲ「第一號、第二號」等ニ改ム/備考第二號中「第一驅逐艦」「第二驅逐艦」ヲ「第一號驅逐艦」「第二號驅逐艦」ニ改ム/同三號中「第一掃海艇」「第二掃海艇」ヲ「第一號掃海艇」「第二號掃海艇」ニ改ム 大正十三年四月二十四日 海軍大臣 村上格一』
  11. ^ #艦艇・駆逐艦(4)pp.3-4『追風|(記事)昭和三、八、一 追風ト改稱』
  12. ^ #ハンディ判艦艇写真集18p.107『朝凪』
  13. ^ #S1108疾風追風触衝p.2『第二十九駆逐隊 船体損傷報告』
  14. ^ #S1108疾風追風触衝p.4『別紙(一)損傷箇所(驅逐艦疾風)』
  15. ^ #S1108疾風追風触衝p.5『別紙(二)損傷箇所(驅逐艦追風)』
  16. ^ 昭和12年5月10日(月)海軍公報(部内限)第2607号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070365600 『○郵便物發送先 第二航空戰隊司令部及軍艦加賀(略)第二十二驅逐隊宛ハ從前ノ通リ』
  17. ^ 昭和12年7月13日(火)海軍公報(部内限)第2661号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C12070366600 『○郵便物發送先 第二航空戰隊司令部、軍艦加賀、第二十二驅逐隊(文月、水無月、長月、皐月)宛(以下略)』
  18. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  19. ^ #支那事変第8回功績概見表(第28駆逐隊)p.1『第二十八駆逐隊支那事変第八回功績概見表』
  20. ^ #支那事変第9回功績概見表(第29駆逐隊)p.1『(區分)第二十九驅逐隊|追風疾風朝凪夕凪|(略)|(記事)第四艦隊第六水雷戰隊』
  21. ^ a b c d e f g #ハンディ判艦艇写真集18p.113(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇追風◇
  22. ^ a b #ハンディ判艦艇写真集18p.113(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇疾風◇
  23. ^ #内令昭和17年1月(2)pp.15-19『内令第七十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年一月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第十二驅逐隊ノ項中「東雲、」ヲ削ル|第二十驅逐隊ノ項中「、狭霧」ヲ削ル|第二十九驅逐隊ノ項中「疾風、」ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「如月、」ヲ削ル』
  24. ^ a b c d #ハンディ判艦艇写真集18pp.113-114(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇朝凪◇
  25. ^ a b c #ハンディ判艦艇写真集18p.114(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇夕凪◇
  26. ^ #ハンディ判艦艇写真集18p.115(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇菊月◇
  27. ^ a b #内令昭和17年5月(3)p.39『内令第九百三十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年五月二十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十三驅駆逐隊ノ項ヲ削ル|第二十九驅逐隊ノ項中「追風」ノ上ニ「夕月、」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「望月」ノ下ニ「、卯月」ヲ加フ』
  28. ^ a b 昭和18年4月1日(発令4月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1084号 p.11八艦隊長官交代、p.13鳥居免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090400 
  29. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「村雨、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、峯雲」ヲ「朝雲、薄雲、白雲」ニ改ム|第十一驅逐隊ノ項中「白雪、」ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項中「、時津風」ヲ削ル|第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  30. ^ 昭和18年4月20日(発令4月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1098号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090700 
  31. ^ 昭和18年5月1日(発令4月27日付)海軍辞令公報(部内限)第1105号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090800 
  32. ^ #内令昭和19年3月(5)p.21『内令第四百九十九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「川内型」ノ項ヲ、同阿賀野型ノ項中「阿賀野、」ヲ、同練習巡洋艦ノ項中「香取、」ヲ削ル。驅逐艦一等峯風型ノ項中「峯風、」「太刀風、」ヲ、同神風型ノ項中「追風、」ヲ、同卯月型ノ項中「文月、」ヲ、同初雪型ノ項中「白雲、」ヲ、同白露型ノ項中「海風、」ヲ、同不知火型ノ項中「舞風、」ヲ削ル。驅潜艇、第十四号型ノ項中「第二十二号、」「第四十号、」ヲ削ル』
  33. ^ #内令昭和19年3月(5)p.41『内令第五百十三號 横須賀鎮守府在籍 軍艦 那珂 軍艦 香取、呉鎮守府在籍/軍艦 阿賀野 右帝國海軍籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 舞風|呉鎮守府在籍 驅逐艦 白雲|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 峯風、驅逐艦 追風、驅逐艦 文月、驅逐艦 海風|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 太刀風|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)|昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  34. ^ 『官報』第4245号、大正15年10月16日。
  35. ^ 『官報』第4258号、大正15年11月2日。
  36. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  37. ^ 『官報』第808号、昭和4年9月6日。
  38. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  39. ^ 『官報』第1575号、昭和7年4月2日。
  40. ^ 『官報』第1659号、昭和7年7月12日。
  41. ^ 『官報』第1682号、昭和7年8月8日。
  42. ^ 『官報』第1765号、昭和7年11月16日。

関連項目[編集]