志摩清英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 志摩 清英
Shima Kiyohide.jpg
生誕 1890年2月25日
日本の旗 日本東京府
死没 (1973-11-07) 1973年11月7日(満83歳没)
所属組織 日本海軍
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

志摩清英(しま きよひで 1890年明治23年)2月25日 - 1973年昭和48年)11月7日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

東京府出身。東京府立一中海軍兵学校39期海軍大学校21期。実父は志摩清直海軍大尉。

レイテ沖海戦時[編集]

第19戦隊司令官などを経て、太平洋戦争開戦後の1942年10月に第16戦隊司令官。その後横須賀鎮守府海軍通信学校長を経て、1944年2月に第5艦隊司令長官に就任。いわゆる世に知られるレイテ沖海戦における「志摩提督」として名高い。もともとは通信術の専門家であり、その能力は大戦末期の誇張された海軍の戦果発表の看破や正確な敵情分析に発揮された。

台湾沖航空戦後、「敗走中」とされる第38任務部隊の追撃を請け負うが、米提督のハルゼーは損傷艦を故意に目立つ位置に配置し、志摩艦隊を誘引する。しかし、彼は正確な敵情分析から大本営発表が誤報だと看破し、進撃を中止、艦隊は難を免れた。捷一号作戦では、第二遊撃部隊を率い西村艦隊と共同してスガリオ海峡経由でのレイテ突入の任務を請け負うが、スリガオ海峡海戦にて先行する西村艦隊の全滅を見て突入を断念、敵影と思しきものに魚雷を斉射して反転、駆逐艦一隻の損害のみで見事、撤退する。1945年5月、高雄警備府司令長官、同時に大西瀧治郎中将の後を受けて第1航空艦隊司令長官を兼務。しかし、日本海軍は既に戦力を失っていたためもはや米軍に対抗することはできなかった。

米側は志摩の後退は、「将兵の命を守るためには仕方がなかった」という具合に評価されている。

略歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]