春風 (2代神風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春風
艦歴
発注 八六艦隊案
起工 1922年5月16日
進水 1922年12月18日
就役 1923年5月31日
除籍 1945年11月10日
その後 1947年解体 竹野港防波堤として使用もアイオン台風により破壊、解体
性能諸元
排水量 基準:1,270t
全長 102.6メートル
全幅 9.2メートル
吃水 2.9メートル
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 パーソンズ式オールギアードタービン2基2軸 38,500 SHP
最大速力 37.3ノット
航続距離 14ノット/3,600カイリ
乗員 154名
兵装 45口径12センチ単装砲4基4門、53センチ魚雷連装発射管3基6門、7.7ミリ機銃2基2門(竣工時)[1]
45口径12センチ単装砲2基2門、53センチ魚雷連装発射管2基4門、25ミリ連装機銃4期8門、13ミリ連装機銃1基2門(1943年8月以降)[2]
45口径12センチ単装砲2基2門、53センチ魚雷連装発射管2基4門、25ミリ三連装機銃2基6門、25ミリ連装機銃4基8門、25ミリ単装機銃(基数門数不明)、13ミリ連装機銃1基2門(1944年11月)[3]
45口径12センチ単装砲2基2門、53センチ魚雷連装発射管2基4門(最終時)[4]

春風(はるかぜ)は、日本海軍駆逐艦[5]神風型駆逐艦(2代目)の3番艦である[6]。当初の艦名は第五駆逐艦[7][8]。続いて第五号駆逐艦と改名[8]。最終的に「春風」となった[5][8]。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「春風」に続いて2隻目[9]。後に初の国産護衛艦である「はるかぜ」に引き継がれた。

概要[編集]

建造経緯[編集]

1921年(大正10年)10月12日、神風型駆逐艦7隻(第一駆逐艦《神風》第三駆逐艦《朝風》第五駆逐艦《春風》第七駆逐艦《松風》第九駆逐艦《旗風》第十一駆逐艦《追風》第十三駆逐艦《疾風》)、若竹型駆逐艦10隻(第二駆逐艦《若竹》第四駆逐艦《呉竹》第六駆逐艦《早苗》第八駆逐艦《早蕨》第十駆逐艦《朝顔》第十二駆逐艦《夕顔》、第十四駆逐艦《建造中止》、第十六駆逐艦《芙蓉》第十八駆逐艦《刈萱》、第二十駆逐艦《建造中止》)および掃海艇4隻に、それぞれ艦名が与えられる[7]

本艦は舞鶴工作部で建造[10]。舞鶴工作部で建造された神風型は3隻(春風、松風、旗風)である[11][12][13]。同工作部は、続いて神風型発展型の睦月型駆逐艦2隻(如月菊月)建造を担当した[11]

第5駆逐艦は1922年(大正11年)5月16日起工[14]8月24日、第5駆逐艦は、姉妹艦や軽巡洋艦「夕張」および給油艦2隻(鳴戸早鞆)と共に艦艇類別等級表に登録された[15][16]12月18日進水[14][17]1923年(大正12年)5月31日に竣工した[14]。同年12月1日、初代「春風」は駆逐艦から掃海艇に類別変更[9]1924年(大正13年)4月24日に、第5駆逐艦は第五号駆逐艦に改名[8][18]。さらに1928年(昭和3年)4月1日附で初代「春風」は除籍[9]。これにより同年8月1日附で第5号駆逐艦は「春風」と改名された[8][18]

艦歴[編集]

大湊要港部に配属され北方への哨戒に従事した後[19]、第五駆逐隊に配備。 1934年(昭和9年)時には、空母2隻(龍驤鳳翔)で編制された第一航空戦隊に所属[20]。所謂トンボ釣りに従事した[21]1935年(昭和10年)の第四艦隊事件により損傷[22]1937年(昭和12年)早々に駆逐隊ごと馬公要港部に転属となり、予備艦の期間を除き台湾および南支方面の警備に従事し[23]南寧攻略戦などにも参加した[24]。その後、日本海軍は1940年(昭和15年)11月15日附で第五水雷戦隊を編制(五水戦司令官原顕三郎少将)[25]長良型軽巡洋艦3番艦「名取」、第5駆逐隊、第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)は第五水雷戦隊に配属され、訓練に勤しんだ。

太平洋戦争開戦時の第五水雷戦隊司令官は、引き続き原顕三郎少将(旗艦「名取」)。緒戦期の第五水雷戦隊は比島攻略部隊に所属し、開戦劈頭のフィリピンの戦いのうちのアパリ英語版攻略戦、リンガエン湾上陸、次いでマレー作戦のシンゴラ上陸作戦支援に参加した[26]。馬公および高雄で整備の後、蘭印作戦に参加。

ジャワ島バンタム湾上陸作戦の最中に発生したバタビア沖海戦における第5駆逐隊(朝風旗風、春風)は、第七戦隊第2小隊(重巡《三隈最上》、駆逐艦《敷波》)、第五水雷戦隊・第三水雷戦隊各艦(名取、第11駆逐隊《 初雪白雪〔当時水雷長春日均大尉〕[27]吹雪》、第12駆逐隊《叢雲白雲》)などと共に連合軍の巡洋艦2隻(パースヒューストン)を協同撃沈した[28]。本艦は煙幕展開や雷撃により勝利に貢献したが、至近弾・不発弾・機銃掃射により戦死者1名と若干の損傷を受けた[29]。また古要桂次少佐(当時春風艦長)によれば、「春風」が発射した魚雷は陸軍輸送船団の方向に疾走したという[28]戦史叢書では、第七戦隊(最上)の酸素魚雷とする。この同士討ちにより陸軍輸送船団旗艦「神州丸」(第16軍司令官今村均陸軍中将座乗)以下輸送船4隻と掃海艇1隻が大破もしくは沈没した。 後日、山本五十六連合艦隊司令長官は、増援として戦場に到着した3隻(三隈、最上、敷波)に感状を与えた。

1942年(昭和17年)3月10日、第五水雷戦隊は解隊(五水戦司令官原顕三郎少将は第十六戦隊《名取長良鬼怒》司令官に補職)[30]。これに伴い第5駆逐隊は第一南遣艦隊に転属。マレー、ジャワ島セレベス島、それに遠くラバウルの各方面[31]で護衛など各種任務に就いたが、1942年(昭和17年)年11月16日昼前、スラバヤ入港直前にスラバヤ北水道付近で触雷し、艦首部のうち一番魚雷発射管より前部を亡失する被害を受けた[32]。日本側が敷設した機雷だったという[33]。仮修理に次いで呉海軍工廠での本修理の後は、呉防備戦隊および第一海上護衛隊に所属し、日本とパラオおよび台湾、フィリピン方面において船団護衛に従事。1944年(昭和19年)10月24日には、マタ30船団を護衛中にアメリカ海軍のウルフパックと交戦し、シャーク (USS Shark, SS-314) を撃沈する戦果をあげた[34]。その直後の11月4日に、アメリカ海軍潜水艦セイルフィッシュ (USS Sailfish, SS-192) の雷撃により艦尾を亡失するも、応急修理の上日本に回航し、戦後まで現存した。

1945年(昭和20年)11月10日に除籍され、その後船体は上部構造物を撤去した上で京都府竹野港(京丹後市)の防波堤として使用されたが、間もなく1948年(昭和23年)9月16日に上陸したアイオン台風により破壊したため、スクラップとして売却の上解体された[35]。なお、当初は秋田港の防波堤として使用される予定だった[36]

春風と「はるかぜ」[編集]

春風の名は、後の海上自衛隊初の国産護衛艦「はるかぜ」に引き継がれた。この命名のいきさつは、『駆逐艦春風』484ページにある筑土竜男海将の回想によれば概略は以下のとおりである。

戦後初の国産護衛艦の名は、再建される海軍において極めて深い意味を持つと信じていた。これを鑑みて候補を探したところ、2隻の計画艦のうち、1艦は大戦全期間を通じて活躍してめでたく生き残り「幸運艦」・「武勲艦」と誉れの高い「ゆきかぜ」に即決した。 姉妹艦名は難航したが、海上自衛隊の任務に鑑み、護衛戦において名を馳せた艦を探したところ大井篤著『海上護衛戦』にてその奮闘を讃えられた「はるかぜ」を見出した。「春風」は、開戦から地味な船団護衛に従事し、終戦時には傷つきながらも最後まで軍艦旗を翻していた名誉の艦であった。

筑土竜男、駆逐艦春風会『駆逐艦春風』私家版484ページ

ただし大井篤は著作『海上護衛戦』において「春風」について特に言及せず、同著では以下の様に記述している[37]

商船護衛に役立つと思われた開戦時の艦種は、駆逐艦と水雷艇だけであった。この種の日本の艦種は航続力が不足だし、また、商船護衛には使うことのない魚雷発射管などを主要兵器にしていたのであるが、そんな点を除けば、まあまあ大体理想的な能力をもっていたといえる。だがこれら艦種のほとんど全部が艦隊決戦作戦に使われて、商船護衛用などには、ほとんど残されていなかった。開戦時、後方に残されてあったこの種の艦種は少数のお婆さんフネだけであった。

大井篤、大井篤著『海上護衛戦』100ページ

国産警備艦建造計画により昭和28年度予算で建造されたのは、甲型警備艦(DD)2隻…はるかぜ型護衛艦2隻(はるかぜ、ゆきかぜ)、乙型警備艦(DE)3隻…護衛艦「あけぼの」、いかづち型護衛艦2隻(いかづちいなづま)の計5隻だった[38]

艦略歴[編集]

  • 1923年5月31日:就役
  • 1935年9月26日:第四艦隊事件
  • 1937年1月7日:馬公要港部付属警備艦[39]
  • 1937年12月1日:警備艦任務より除かれ第三予備艦[40]
  • 1939年10月以降:南シナ海で警備行動
  • 1941年11月26日:比島攻略部隊に編入[41]
  • 1941年12月7日:第一急襲隊に加わり、輸送船6隻を護衛しアパリ攻略のため馬公出撃[42]
  • 1941年12月10日:アパリ上陸作戦。12月15日に高雄に帰投[42]
  • 1941年12月18日:リンガエン湾上陸作戦のため高雄出撃[42]
  • 1941年12月26日:作戦支援を終え馬公に帰投[42]
  • 1941年12月31日:シンゴラ上陸作戦のため馬公出撃[42]
  • 1942年1月8日:シンゴラ上陸作戦。カムラン湾を経て1月16日に馬公に帰投[42]
  • 1942年2月:蘭印作戦参加輸送船を護衛しカムラン湾に進出
  • 1942年2月18日:カムラン湾出撃。2月24日に対潜攻撃実施[42]
  • 1942年2月28日:船団入泊に先立ち、灯台、監視所、監視艇を艦砲射撃で破壊[42]
  • 1942年3月1日:バタビア沖海戦。被弾により後部マスト折損[43]
  • 1942年3月10日:第五水雷戦隊解隊。第五駆逐隊は第一南遣艦隊に編入。3月13日にシンガポールに帰投[44]
  • 1942年8月:インド洋での通商破壊を企図した B 作戦に主隊として参加するも、8月7日のアメリカ軍のガダルカナル島上陸に伴う第七戦隊等の主要兵力転用により、作戦は中止[45]。以後、船団護衛に従事
  • 1942年11月16日:11時55分ごろ、スラバヤ北水道付近で触雷。艦首部のうち一番魚雷発射管より前部を亡失
  • 1943年5月10日:仮修理終了しスラバヤ出港。ダバオを経て5月27日にに帰投し[46]、本修理実施。艦首部は直線を主体とする簡易形で復旧[47]
  • 1943年8月25日:呉防備戦隊に編入。1944年2月1日まで日本本土とパラオ間の船団護衛に従事[48]
  • 1944年2月9日:第一海上護衛隊に編入[49]
  • 1944年10月24日:マタ30船団護衛中、アメリカ潜水艦シャークを撃沈
  • 1944年11月4日:対潜掃討中、アメリカ潜水艦セイルフィッシュの雷撃により、155番フレームより後部を亡失。高雄、馬公に回航の上、1945年3月19日(20日)まで応急修理[50]
  • 1945年3月20日以降:馬公出港。船団護衛を実施し、大陸沿岸を接岸航行。途中釜山に寄港[51]
  • 1945年3月29日:佐世保に帰投[52]
  • 1945年4月30日:第四予備艦[53]
  • 1945年7月:西彼杵郡大串村(現・西海市)沿岸に疎開[54]。佐世保方面で終戦を迎える
  • 1947年10月1日:内務省に引渡し[55]
  • 1948年春:竹野港防波堤
  • 1948年9月16日:アイオン台風により破壊。スクラップとして売却

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』240-242頁による。

艤装員長[編集]

  1. 高橋為次郎 中佐:1923年2月15日 -

艦長[編集]

  1. 高橋為次郎 中佐:1923年5月31日 -
  2. (心得)日高(渡部)釗 少佐:1923年7月20日 - 12月1日
  3. 日高(渡部)釗 中佐:1923年12月1日 - 1924年12月1日
  4. 浅井次郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  5. 後藤英次 少佐:1925年12月1日 - 1927年12月1日
  6. (兼)鈴木田幸造 少佐:1927年12月1日[56] - 1928年3月15日[57]
  7. (兼)原顕三郎 中佐:1928年3月15日 - 5月7日
  8. (兼)山中順一 中佐:1928年5月7日[58] - 1928年12月10日[59]
  9. (兼)武田喜代吾 少佐:1928年12月10日[59] - 1929年11月1日[60]
  10. 手束五郎 少佐:1929年11月1日 - 1932年11月15日
  11. 佐藤康夫 少佐:1932年11月15日 - 1934年11月15日
  12. 竹内虎四郎 少佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  13. 吉田正義 少佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  14. 吉川潔 少佐:1936年12月1日 -
  15. 林利作 少佐:1937年11月15日 -
  16. (兼)赤沢次寿雄 少佐:1938年8月23日 -
  17. 川崎陸郎 少佐:1938年9月15日 -
  18. 角田千代吉 少佐:1939年1月16日 -
  19. 十川潔 少佐:1940年11月1日 -
  20. 橘広太 少佐:1941年7月17日 -
  21. 古要桂次 少佐:1941年9月15日 -
  22. 森本義久 大尉:1942年9月30日 -
  23. 福山強 少佐:1943年11月5日 -

参考文献[編集]

  • 大井篤 『海上護衛戦』 角川文庫、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 岡本孝太郎 『舞廠造機部の昭和史』 文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3
  • 駆逐艦春風会『駆逐艦春風』私家版、1981年
  • 駒宮真七郎『続・船舶砲兵 救いなき戦時輸送船の悲録』出版協同社、1981年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 木俣滋郎『敵潜水艦攻撃』朝日ソノラマ、1989年、ISBN 4-257-17218-5
  • 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年
  • 谷三郎 『日本の海軍力』 朝日ソノラマ、1989年5月。ISBN 4-257-17216-9
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』 光人社NF文庫、1993年ISBN 47698-2009-7
    • 同士打ち <駆逐艦「春風」艦長・古要桂次中佐の証言>(太平洋戦争時、駆逐艦春風艦長、沼風艦長、雪風艦長等)
    • 価値ある敵 <駆逐艦神風艦長・春日均中佐の証言>(バタビア沖海戦時の駆逐艦白雪水雷長。戦争終盤の駆逐艦神風艦長)
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 『連合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年新装版。ISBN 4-7698-0386-9
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正10年達完/10月』。Ref.C12070079300。
    • 『大正11年達完/8月』。Ref.C12070080800。
    • 『大正11年達完/9月』。Ref.C12070080900。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003400。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(3)』。Ref.C14010006100。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十六年十二月一日至昭和十六年十二月三十一日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030117600、C08030117700
    • 第五水雷戦隊司令部『昭和十六年十二月二十日 第一急襲隊戦闘詳報 (第五水雷戦隊戦闘詳報第一号)』(昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030117800
    • 第五水雷戦隊司令部『昭和十六年十二月三十日 菲島部隊護衛部隊戦闘詳報 (第五水雷戦隊戦闘詳報第二号)』(昭和16年12月1日~昭和16年12月28日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030118100
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十七年一月一日至昭和十七年一月三十一日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030118900
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十七年二月一日至昭和十七年二月二十八日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030119000
    • 第五水雷戦隊司令部『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月十日 第五水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030119100
    • 第五水雷戦隊司令部 第十六戦隊司令部『昭和十七年三月十九日 蘭印部隊第三護衛隊戦闘詳報 (第五水雷戦隊戦闘詳報第四号 第十六戦隊戦闘詳報第一号)』(昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030119200
    • 呉防備戦隊司令部『自昭和十八年八月一日至昭和十八年八月三十一日 呉防備戦隊戦時日誌』(昭和18年6月1日~昭和18年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030368400
    • 呉防備戦隊司令部『自昭和十九年二月一日至昭和十九年二月二十九日 呉防備戦隊戦時日誌』(昭和18年12月1日~昭和20年4月6日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030369500
    • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年二月一日至昭和十九年二月二十九日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和18年12月1日~昭和19年3月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030140300
    • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030141600
    • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030141700
    • 駆逐艦春風『兵器還納目録』(兵器還納目録 駆逐艦 春風) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08010926100
    • 佐世保地方復員局長一宮義之『引渡書』(引渡書 駆逐艦春風) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08011353100

脚注[編集]

  1. ^ 『駆逐艦春風』グラビアページ
  2. ^ 福井静夫の回想。『駆逐艦春風』385ページ
  3. ^ 福井静夫の回想。『駆逐艦春風』387ページ
  4. ^ 『兵器還納目録』
  5. ^ a b #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第五號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 春風ハルカゼ トス』
  6. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、疾風、朝凪、夕凪』
  7. ^ a b #達大正10年10月pp.11-12『達第百九十號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦七隻二等驅逐艦十隻及一等掃海艇六隻ニ左ノ通命名ス 大正十年十月十二日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|一等驅逐艦七隻 第一驅逐艦 第三驅逐艦 第五驅逐艦 第七驅逐艦 第九驅逐艦 第十一驅逐艦 第十三驅逐艦|二等驅逐艦十隻 第二驅逐艦 第四驅逐艦 第六驅逐艦 第八驅逐艦 第十驅逐艦 第十二驅逐艦 第十四驅逐艦 第十六驅逐艦 第十八驅逐艦 第二十驅逐艦|一等掃海艇六隻 第一掃海艇 第二掃海艇 第三掃海艇 第四掃海艇 第五掃海艇 第六掃海艇』
  8. ^ a b c d e #艦艇・駆逐艦(1)pp.2-3『驅逐艦改稱新舊名稱對照表 |驅逐艦名前|春風ハルカゼ|(昭和三年七月三十一日以前ノ名稱)第五號驅逐艦|(大正十三年四月二十三日以前ノ名稱)第五驅逐艦』
  9. ^ a b c #除籍駆逐艦(3)pp.2-3『舊春風(千噸以下)』
  10. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.50『一等驅逐艦"春風 はるかぜ" 全要目{排水量1,270噸 速力34節 備砲12糎砲4門 魚雷發射管6門 起工大正11年5月 竣工大正12年5月 建造所 舞鶴工作部} 長さ97.54米、幅9.14米、平均吃水2.92米。これは月級驅逐艦の出現する前の所謂大型驅逐艦で、1,270噸の同型のものに"神風 かみかぜ" "朝風 あさかぜ" "松風 まつかぜ" "旗風 はたかぜ" "朝凪 あさなぎ" "夕凪 ゆふなぎ" "追風 おひて" "疾風 はやて"の8艦があり、いづれも輕快部隊の一威力をなしてゐる。就中追風疾風朝凪夕凪等の驅逐艦はいつも要港馬公にあつて南方の警戒線の中樞をなしてゐる。』
  11. ^ a b #舞廠造機部48-49頁
  12. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『松風|(艦性能略)|舞鶴工作部|11-12-2|12-10-30|13-4-5|(武装略)』
  13. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『旗風|(艦性能略)|舞鶴工作部|12-7-3|13-3-15|13-8-30|(武装略)』
  14. ^ a b c #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『春風|(艦性能略)|舞鶴工作部|11-5-16|11-12-18|12-5-31|(武装略)』
  15. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十四號 艦艇類別等級別表中巡洋艦二等ノ欄「神通」ノ次ニ「、夕張」ヲ、驅逐艦一等ノ欄「波風」ノ次ニ「、第一」「、第五」「、第七」「、第九」「、第十一」「、第十三」ヲ、同二等ノ欄「蓼」ノ次ニ「、第二」「、第四」「、第六」「、第八」「、第十」「、第十二」「、第十六」「、第十八」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  16. ^ #達大正11年8月p.12『達第百五十五號 特務艦類別等級別表中運送艦ノ欄「神威」ノ次ニ「、鳴戸」「、早鞆」ヲ加フ 大正十一年八月二十四日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  17. ^ 大正11年12月19日 海軍公報 第3059号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C12070284100 『○驅逐艦進水 舞鶴海軍工廠ニ於テ建造ノ第五驅逐艦昨十八日午前十一時進水セリ』
  18. ^ a b #艦艇・駆逐艦(2)pp.21-22『春風』-『第五驅逐艦 大正一三、四、二四 第五號驅逐艦ト改稱』-『昭和三、八、一 春風ト改稱』
  19. ^ 『駆逐艦春風』40ページ
  20. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.53『一等驅逐艦"春風 はるかぜ" 全要目{排水量1,270噸 速力34節 備砲12糎砲4門 魚雷發射管6門 起工大正11年5月 竣工大正12年5月 建造所 舞鶴工作部} 長さ97.54米、幅9.14米、平均吃水2.92米。この型は特型驅逐艦の出現する前の所謂大型驅逐艦で、多少の要目を異にする外これと殆ど同型のものに"峯風 みねかぜ"以降夕月 ゆふづきに至る合計36隻に及ぶ多數があつて、吹雪以降の特型驅逐艦の32隻と共に我が海軍の輕快部隊としての一大威力をなすものである。 而して此の36隻の一等驅逐艦は"澤風 さわかぜ"の大正9年3月竣工したのを第一として"望月 もちづき"の昭和2年10月竣工に至る7ヶ年半の中に建造されたものである。 春風の建造所は舞鶴海軍工作部(元の舞鶴海軍工廠)である。第五驅逐隊の一として現に第一航空戰隊の鳳翔及び龍驤の下に附属して艦隊任務に服してゐる。』
  21. ^ 『駆逐艦春風』43ページ
  22. ^ 『駆逐艦春風』52ページ
  23. ^ 『駆逐艦春風』48、49ページ
  24. ^ 『駆逐艦春風』58ページ
  25. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  26. ^ 『駆逐艦春風』77ページ
  27. ^ #佐藤 艦長(文庫)334頁
  28. ^ a b #佐藤 艦長(文庫)279-281頁『魚雷命中の記録はウソ』
  29. ^ #佐藤 艦長(文庫)278-279頁
  30. ^ 昭和17年3月10日(発令3月10日付)海軍辞令公報(部内限)第824号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084400 
  31. ^ 『駆逐艦春風』540ページ
  32. ^ 『駆逐艦春風』167ページ
  33. ^ #佐藤 艦長(文庫)282頁
  34. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II、木俣『敵潜水艦攻撃』130ページ
  35. ^ 『駆逐艦春風』469、470ページ
  36. ^ 『引渡書』
  37. ^ #海上護衛戦(角川)100頁
  38. ^ #日本の海軍力33頁『国産艦艇の時代に入る』
  39. ^ 『駆逐艦春風』48ページ
  40. ^ 『駆逐艦春風』49ページ
  41. ^ 『駆逐艦春風』77ページ
  42. ^ a b c d e f g h 『第五水雷戦隊戦時日誌』
  43. ^ 『駆逐艦春風』137ページ
  44. ^ 『第五水雷戦隊戦時日誌』、『蘭印部隊第三護衛隊戦闘詳報』
  45. ^ 木俣『日本軽巡戦史』228、230ページ
  46. ^ 『駆逐艦春風』181、182ページ
  47. ^ 『駆逐艦春風』200ページ
  48. ^ 『呉防備戦隊戦時日誌』
  49. ^ 『第一海上護衛隊戦時日誌』
  50. ^ 『駆逐艦春風』278、290、386ページ、『第一海上護衛隊戦時日誌』
  51. ^ 『駆逐艦春風』281、290、547ページ
  52. ^ 『駆逐艦春風』278、281ページ
  53. ^ 『駆逐艦春風』547ページ
  54. ^ 『駆逐艦春風』303ページ
  55. ^ 『引渡書』
  56. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  57. ^ 『官報』第363号、昭和3年3月16日。
  58. ^ 『官報』第406号、昭和3年5月8日。
  59. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  60. ^ 『官報』第854号、昭和4年11月2日。

関連項目[編集]