水無月 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水無月
Minazuki II.jpg
基本情報
建造所 浦賀船渠
運用者  大日本帝国海軍
艦種 駆逐艦
級名 睦月型駆逐艦
艦歴
起工 1925年3月24日
進水 1926年5月25日
竣工 1927年3月22日(第二十八号駆逐艦)
最後 1944年6月6日沈没
除籍 1944年8月10日
要目(計画)
基準排水量 1,315トン
公試排水量 1,445トン
全長 102.72 m
最大幅 9.16 m
吃水 2.96 m
主缶 ロ号艦本式缶4基
主機 艦本式タービン2基2軸
出力 38,500馬力
速力 37.25ノット
燃料 重油450トン
航続距離 14ノットで4,000海里
乗員 154名
兵装 新造時
45口径12cm単装砲 4基4門
7.7mm機銃 I×2
61cm3連装魚雷発射管 2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷18個
機雷もしくは掃海具1式
テンプレートを表示

水無月(みなづき)は、大日本帝国海軍駆逐艦[1][2]

概要[編集]

一等駆逐艦「水無月」は[2]睦月型駆逐艦の6番艦[3]。当初の艦名は第二十八号駆逐艦[2][4][5]。 艦名は旧暦6月に由来する。 同名艦に初代神風型駆逐艦[6][7]の「水無月」がある為[8][9][10]、こちらは「水無月 (2代)」や「水無月II」などとも表記される。

太平洋戦争開戦時、本艦以下睦月型4隻(水無月、皐月文月長月)は第五水雷戦隊所属の第22駆逐隊を編制しており、フィリピン攻略戦蘭印作戦に参加[1]。1942年(昭和17年)3月10日附で第五水雷戦隊が解隊されると[11]、第22駆逐隊は4月上旬より第一海上護衛隊に所属して、東シナ海南シナ海の船団護衛任務に従事した[1][12]1943年(昭和18年)3月以降、第22駆逐隊は第八艦隊麾下の第三水雷戦隊所属となり[13]ニュージョージア島の戦いブーゲンビル島の戦いに伴う強行輸送任務に従事[1]。この戦いで第22駆逐隊や第30駆逐隊所属の睦月型駆逐艦は次々に失われた。1944年(昭和19年)2月以降、第22駆逐隊は内南洋諸島方面における船団護衛任務に従事[1]マリアナ沖海戦の直前にあたる同年6月上旬、本艦は米潜水艦ハーダーの魚雷攻撃により沈没した[14]

艦歴[編集]

建造経緯[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。浦賀船渠で建造[4][15]。浦賀船渠で建造の睦月型駆逐艦は本艦を含め3隻(弥生、水無月、望月)である[16][15][17]

1924年(大正13年)11月10日、藤永田造船所で建造の一等駆逐艦に「第二十九号駆逐艦《文月》[18][19]浦賀船渠で建造の駆逐艦に「第二十八号駆逐艦《水無月》」、石川島造船所で建造の駆逐艦に「第三十号駆逐艦《長月》」、舞鶴海軍工作部で建造の駆逐艦に「第三十一号駆逐艦《菊月》」の艦名が与えられる[20][4]。 同日附で各艦(第28号《水無月》、第29号《文月》、第30号《長月》、第31号《菊月》)は艦艇類別等級表に登録[21][22]

1925年(大正14年)3月24日、第二十八号駆逐艦(水無月)は浦賀船渠で起工[15]1926年(大正15年)5月25日、進水[15][23]。 12月1日、日本海軍は第27号駆逐艦《皐月》、第29号駆逐艦《文月》で第二水雷戦隊(旗艦「夕張」)麾下に第22駆逐隊を編成[24][25]。第22駆逐隊司令は池田武義大佐[26]。 同日附で古賀七三郎中佐(当時、第九号《旗風》駆逐艦長)は第二十八号駆逐艦艤装員長に補職[26]。 12月3日、浦賀船渠の第二十八号駆逐艦艤装員事務所は事務を開始する[27]

1927年(昭和2年)3月22日、竣工[15]。古賀中佐(艤装員長)は制式に第28号駆逐艦長(初代)となる[28]。主要初代幹部は、砲術長高橋三治大尉、水雷長阿部俊雄大尉(後日、空母「信濃」艦長)、航海長大野小郎大尉、乗組花岡雄二中尉(後日、マリアナ沖海戦時の空母「隼鷹」副長)、機関長細淵精一機関大尉[28]。竣工により、艤装員事務所を撤去[29]佐世保鎮守府に在籍した[12]。 4月1日、第28号駆逐艦《水無月》は第22駆逐隊に編入[24]。5月20日、第30号駆逐艦《長月》が第22駆逐隊に編入[24]。同隊は定数4隻を揃えた[24]

1928年(昭和3年)8月1日附で第二十八号駆逐艦は「水無月」と改名[2][30]。また各艦の改名(命名)と同時に、第十九号型駆逐艦は睦月型駆逐艦に改訂された[10]。 一方、既に駆逐艦から掃海艇に類別変更されていた神風型駆逐艦《初代》の「水無月」は[9]第10号掃海艇に改称[31][10]。1930年(昭和5年)6月1日に除籍された[32]

竣工後[編集]

1927年(昭和2年)8月24日美保関事件を経て、11月15日附で池田武義大佐(第22駆逐隊司令)は長良型軽巡4番艦「由良」艦長[33]へ転任(後日、戦艦「扶桑」艦長、「伊勢」艦長等)[34]。第16駆逐隊司令斎藤直彦大佐が第22駆逐隊司令となる[33]12月1日の編制替により第二水雷戦隊旗艦は「夕張」から長良型軽巡洋艦3番艦「名取」に変更[35]。 二水戦は、第22駆逐隊、第23駆逐隊(第31号駆逐艦《菊月》第32号駆逐艦《三日月》第33号駆逐艦《望月:昭和3年6月30日編入》第34号駆逐艦《夕月》[36]、第30駆逐隊(第19号駆逐艦《睦月》第21号駆逐艦《如月》第23号駆逐艦《弥生》第25号駆逐艦《卯月》)で編制[37]。 同日附で、第28号駆逐艦長は古賀七三郎中佐(補呉海軍工廠総務部部員)から第十七号駆逐艦《夕凪》初代艦長等を歴任した山田定男中佐(当時、特務艦襟裳副長)に交代[38]

1928年(昭和3年)8月1日附で第二十八号駆逐艦は「水無月」と改名[2][30]。 12月10日、山田定男中佐(水無月艦長)は第6駆逐隊司令へ転任[39]。同時に長月艦長柏木英中佐が第1掃海隊司令へ転任[39]山口常太郎少佐(当時楢型駆逐艦」艦長)は、水無月艦長と長月艦長の兼務を命じられた[39]

1929年(昭和4年)10月5日、第22駆逐隊司令斎藤直彦大佐は軽巡「北上」艦長へ転任、第30駆逐隊司令今泉美啓中佐が第22駆逐隊司令を兼務した[34]

1930年(昭和5年)12月1日、第22駆逐隊司令山下深志大佐は佐世保鎮守府附となり、境澄信中佐(当時、吹雪型6番艦「東雲」艦長)が第22駆逐隊司令と第21駆逐隊司令を兼務する[40]。さらに山口常太郎少佐(水無月艦長兼長月艦長)は室戸型給炭艦2番艦「野島」運用長に補職[40]桃型駆逐艦」艦長益田康彦少佐が水無月駆逐艦長に、平井泰次少佐(蓼駆逐艦長)が長月駆逐艦長に、それぞれ任命された[40]

1931年(昭和6年)4月1日、境澄信中佐(第22駆逐隊と第21駆逐隊司令)は兼務を解かれる[41]。 12月1日の艦隊再編で、第一艦隊麾下の第一水雷戦隊は軽巡「夕張」と第22駆逐隊(皐月、水無月、文月、長月)、第23駆逐隊(菊月、三日月、望月、夕月)、第30駆逐隊(睦月、如月、弥生、卯月)で編成[42]

11月2日、益田康彦少佐(水無月兼皐月艦長)は軍令部出仕[43]松原博少佐(当時樅型駆逐艦」艦長。後日、軽巡「阿賀野」艦長、空母「翔鶴」沈没時艦長)が皐月艦長と水無月艦長を兼務する[43]。11月15日、境澄雄中佐も第22駆逐隊司令から馬公要港部港務部長へ転任[44]。海軍省教育局局員木幡行中佐が第22駆逐隊司令となる[44]。 12月1日、松原博少佐(皐月および水無月艦長)[45]は水無月駆逐艦長の職務を解かれ、天津風型駆逐艦4番艦「時津風」艦長成田忠良少佐が水無月駆逐艦長として着任した[45]。また峯風型13番艦「野風」水雷長人見豊治大尉が水無月水雷長に補職[45]

1932年(昭和7年)2月、第一水雷戦隊は臨時に第三艦隊に所属[46]。その後、12月1日の艦隊再編でも第一水雷戦隊は同編制(夕張、第22駆逐隊、第23駆逐隊、第30駆逐隊)を維持した[47]

1933年(昭和8年)11月15日、第22駆逐隊司令木幡大佐は長良型軽巡5番艦「鬼怒」艦長に転じ、難波祐之中佐(当時の吹雪型13番艦「朝霧」艦長)が後任の第22駆逐隊司令となる[48]。同日、成田忠良中佐(水無月艦長)は吹雪型14番艦「夕霧」艦長に補職[48]。松原博少佐(皐月艦長)は再び皐月艦長と水無月艦長を兼務した[48]

1934年(昭和9年)2月1日、松原博少佐(皐月艦長および水無月艦長)は浦賀船渠で建造中の初春型駆逐艦4番艦「初霜」艤装員長[49]へ転任(9月27日附で初霜初代駆逐艦長)[50]。桃艦長と柳艦長を兼務していた橘雄次少佐は、皐月艦長と水無月艦長の兼務を命じられた[49]。 4月1日、橘雄次少佐(皐月艦長および水無月艦長)の職務は皐月艦長のみとなり、金剛型戦艦4番艦「霧島」水雷長小川莚喜少佐が水無月艦長に補職される[51]

9月27日、演習中に姉妹艦「皐月」(22駆3番艦)が発射した魚雷が迷走して「水無月」(22駆4番艦)艦尾に命中、スクリューを損傷した[52]。 10月12日[53]、第四艦隊(旗艦「伊勢」)との演習に参加中の長良型軽巡洋艦5番艦「阿武隈」(第三水雷戦隊旗艦)および麾下駆逐艦群(子日初霜島風夕風灘風文月皐月、水無月)等は[54][55]、午後10時19分北緯26度16分 東経129度59分 / 北緯26.267度 東経129.983度 / 26.267; 129.983地点で「水無月」と峯風型駆逐艦10番艦「夕風」の衝突事故を起こす[56]。人員に死傷者はなかったが、2隻とも損傷を受けた[57]

11月15日、難波祐之中佐(第22駆逐隊司令)は第12駆逐隊司令へ転任[58]。第30駆逐隊司令山本正夫大佐が第22駆逐隊司令となり、睦月型1番艦「睦月」艦長井原美岐雄中佐が第30駆逐隊司令に補職される[58]。また人見豊治少佐(水無月水雷長)は軽巡「大井」水雷長[58]に転じた(後日、夕雲型5番艦「巻波」艦長としてセント・ジョージ岬沖海戦で戦死)。 12月1日の艦隊再編で第一水雷戦隊は長良型軽巡洋艦6番艦「阿武隈」、第21駆逐隊(初春子日若葉初霜)、第22駆逐隊(皐月、水無月、文月、長月)、第29駆逐隊(追風疾風朝凪夕凪)という戦力となる[59]

1935年(昭和10年)11月1日、第22駆逐隊司令山本正夫大佐は軽巡「夕張」艦長を命じられ、第30駆逐隊司令井原美岐雄中佐(元睦月艦長)が第22駆逐隊司令となる[60]。 12月1日、水無月駆逐艦長は小川莚喜少佐[61](翌年2月より夕霧駆逐艦長)から成冨武光少佐に交代[61]

1936年(昭和11年)5月26日、睦月型2隻(望月夕月)艦長を兼務していた脇田喜一郎少佐は望月艦長を免じられる[62]。成冨少佐(水無月艦長)は望月艦長[62]へ転任(成冨は12月1日より白露型駆逐艦7番艦「海風」艤装員長[63]。翌年4月、海風初代艦長[64])。日本海軍は、樅型駆逐艦3隻()艦長を兼務していた宇垣環少佐を水無月駆逐艦長に任命する[62]。樅型3隻(藤、薄、蔦)艦長には愛甲文雄大尉[62]が補職(後日、愛甲は九一式魚雷を開発)。 12月1日の連合艦隊編制で、空母「加賀」と第22駆逐隊(文月、水無月、皐月、長月)は第二航空戦隊を編制、支那事変のため中国大陸沿岸部を行動した[65]

1937年(昭和12年)10月20日、第二航空戦隊(空母「加賀」)の所属駆逐隊は白露型駆逐艦4隻(江風涼風山風海風)の第24駆逐隊に交代[66]

10月31日、井原美岐雄中佐(第22駆逐隊司令)は、第25駆逐隊司令の兼務を命じられる[67]。第25駆逐隊は竣工したばかりの朝潮型駆逐艦朝潮大潮荒潮)で編成されていた。 11月15日、宇垣環少佐(水無月艦長)は古鷹型重巡洋艦2番艦「加古」水雷長[68]へ転任(宇垣は開戦時の陽炎型駆逐艦3番艦「黒潮」艦長《三代目》)。長月艦長磯久研磨少佐は、長月艦長と水無月艦長の兼務を命じられた[68]。 12月1日、清水他喜雄大佐(当時、第12駆逐隊司令)が第25駆逐隊司令に補職[69]。また磯久研磨少佐(長月および水無月艦長)は初春型5番艦「有明」艦長[69]へ転任(後日、磯久は第4駆逐隊司令に補職[70]トラック島空襲における陽炎型18番艦「舞風」沈没時に戦死)[71]金田清之少佐が長月艦長と水無月艦長を兼務した[69]

1938年(昭和13年)1月8日、金田清之少佐は兼務を解かれて長月艦長[72]に専念(後日、秋月型5番艦「新月」艦長。同艦沈没時に戦死)[73]古賀彌周次少佐(葵艦長)が水無月艦長に任命され、松原瀧三郎少佐(菊艦長)が葵艦長を兼務[72]。また朝潮型2番艦「大潮」より多くの士官が「水無月」に着任。村上忠臣大尉(大潮水雷長)が水無月水雷長、太田一道大尉(大潮航海長)が水無月航海長、中尾静夫大尉(大潮砲術長)が水無月砲術長となる[72]

10月20日、西岡茂泰中佐(第21駆逐隊司令と第28駆逐隊司令兼務)は第22駆逐隊司令へ転任、それまでの第22駆逐隊司令井原美岐雄大佐が第21駆逐隊司令と第28駆逐隊司令を兼務する[74]。同日附で水無月艦長は古賀彌周次少佐から久保木英雄少佐に交代[74]。古賀彌は翌年11月に朝潮型駆逐艦6番艦「山雲」艦長に任命され[75]、続いて秋月型駆逐艦1番艦「秋月」艦長(初代)となる[76]。 12月1日、睦月型5番艦「皐月」艦長山隈和喜人中佐(元、荒潮初代艦長)は吹雪型3番艦「初雪」艦長へ転任[77]。久保木(水無月艦長)は、本艦と皐月艦長を兼務する[77]。 12月5日、駆逐艦2隻(夕凪峯風)艦長兼務の岩崎透少佐は兼務を解かれ(夕凪艦長のみ)、久保木少佐は「峯風」艦長も兼務、駆逐艦3隻(水無月、皐月、峯風)艦長となった[78]。 12月15日、峯風型9番艦「秋風」艦長青木久治少佐が峯風艦長に補職(後任の秋風艦長は有本輝美智少佐)、久保木少佐の艦長兼務は睦月型2隻(水無月、皐月)に戻った[79]

1939年(昭和14年)10月15日、睦月型2隻(文月長月)艦長を兼務していた本倉正義少佐は[77]初春型駆逐艦4番艦「初霜」艦長へ転任[80]。それまでの初霜艦長塚本守太郎少佐が長月艦長に補職[80]。久保木少佐は文月艦長の兼務も命じられ、睦月型3隻(水無月、皐月、文月)艦長となった[80]。 11月15日、当時の第23駆逐隊司令伊集院松治大佐が第8駆逐隊司令へ転任[81]。第22駆逐隊司令と第30駆逐隊司令を兼務していた西岡茂泰大佐の兼務は第22駆逐隊司令と第23駆逐隊司令となる[81]。第30駆逐隊司令には篠田勝清大佐が着任[81]。 同日附で松崎辰治少佐(第2号掃海艇長)が皐月艦長に[82]山下正倫少佐(第3号掃海艇長)が文月艦長に任命される[82]。久保木少佐の職務は「水無月」艦長のみとなった[82]

1940年(昭和15年)7月15日、杉本道雄大佐が第23駆逐隊司令に補職され、西岡大佐(第22駆逐隊司令)は兼務を解かれた[83]。10月19日、第22駆逐隊司令は西岡茂泰大佐から泊満義中佐に交代(西岡は軽巡「北上」艦長に補職)[84]。 11月15日、日本海軍は第五水雷戦隊を編制した(五水戦司令官原顕三郎少将)[85]

1941年(昭和16年)1月、本艦は第五水雷戦隊(名取)等と共に中国大陸方面で行動[86]。 4月10日、第22駆逐隊は第五水雷戦隊に編入[87]。5月24日、「水無月」は臨時に第五水雷戦隊旗艦となる[88]。 7月1日、第22駆逐隊司令は泊満義大佐から杉野修一中佐(当時、第32駆逐隊司令。白露型駆逐艦2番艦「時雨」初代艦長等を歴任)に交代[89]。 9月20日、久保木英雄少佐(水無月艦長)は朝潮型4番艦「荒潮」艦長へ転任(久保木はビスマルク海海戦における荒潮沈没時に戦死)[90]峯風型駆逐艦14番艦「波風」艦長平山敏夫少佐が水無月艦長に任命される[90]

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時の本艦は、引続き第三艦隊・第五水雷戦隊(司令官原顕三郎少将)・第22駆逐隊(駆逐隊司令杉野中佐)に所属。当時の第五水雷戦隊は長良型軽巡洋艦3番艦「名取」(旗艦)、第5駆逐隊(朝風春風松風旗風)、第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)という戦力だった。緒戦のフィリピン攻略戦ジャワ島攻略戦に参加[12]

1942年(昭和17年)3月10日、第五水雷戦隊は解隊(五水戦司令官原顕三郎少将は第十六戦隊《名取長良鬼怒》司令官に補職)[91][92]。これに伴い第22駆逐隊は第二南遣艦隊附属となる[11]

3月下旬、第22駆逐隊は陸軍第十六軍のジャワ第二次輸送任務終了後、主隊(第十六戦隊《名取長良》)への合流とクリスマス島への進出を命じられた(クリスマス島攻略作戦[93]。3月31日、第十六戦隊指揮下で占領作戦に従事していた第四水雷戦隊(司令官西村祥治少将)の川内型軽巡洋艦3番艦「那珂」が米潜水艦の雷撃で大破[94]。第22駆逐隊第2小隊(長月、水無月)は、護衛各艦と共に退避する「那珂」救援におもむき、同艦の護衛に加わった[95]

4月上旬も、第22駆逐隊は第十六戦隊(名取鬼怒五十鈴《4月10日編入》)指揮下で行動[96][97]。22駆第2小隊(長月、水無月)はクーパンティモール島)への輸送作戦に従事した[98][99]

4月10日、日本海軍は第一海上護衛隊を新編(司令官井上保雄中将)[100]。第22駆逐隊は同隊に編入され[101]、南西方面で船団護衛に従事する[12][102]。 同時期、月型(睦月型)と若竹型駆逐艦各艦(朝顔芙蓉、皐月、水無月、文月、長月)に対して爆雷18個(魚雷4本撤去)搭載の訓令が出される[103]。 4月15日夕刻、本艦は輸送船「豊岡丸」を護衛してバタヴィアジャカルタ)を出発[104]。クーパンへの輸送船護衛に従事した[105]

7月6日、第22駆逐隊司令は杉野修一大佐(7月15日より第11駆逐隊司令)から脇田喜一郎中佐に交代[106]

8月18日、佐世保港へ帰港[12][107]。約二ヶ月間、佐世保で修理と整備に従事[108][109]。 9月25日、水無月駆逐艦長は平山敏夫少佐から福山強少佐に交代[110]。後日、平山は駆逐艦複数隻(白雲秋霜早霜涼月)艦長等を歴任した。 9月下旬、本艦の修理完了[111][112]。その後は内地と台湾[113][114]パラオ間の船団護衛に従事する[115][116]

10月1日、第二次ソロモン海戦(8月25日)で沈没した睦月型1番艦「睦月」の除籍にともない、睦月型駆逐艦は『卯月型駆逐艦』と改定[117]。 12月10日、第13駆逐隊(若竹呉竹早苗)・第22駆逐隊(皐月、文月、水無月、長月)・第32駆逐隊(朝顔芙蓉刈萱)は解隊[118]。脇田喜一郎大佐(第22駆逐隊司令)と山本岩多中佐(第32駆逐隊司令)は佐世保鎮守府附[119](後日、脇田は第41駆逐隊司令として乗艦「霜月」沈没[14]時に戦死)。金岡国三中佐(第13駆逐隊司令)は舞鶴鎮守府附[119]となり、翌年2月1日附で第5駆逐隊司令となる[120]

昭和18年の行動[編集]

パラオ輸送船団護衛後の「水無月」は[121][122]1943年(昭和18年)1月14日から16日まで佐世保滞在後[123]、パラオ方面護衛任務に従事[124]。その後、2月6日から2月24日まで佐世保滞在[125]。修理と整備を実施[126]。2月24日、佐世保を出撃した[127][12]。 2月25日、日本海軍は卯月型駆逐艦4隻(皐月水無月文月長月)で第22駆逐隊を再編制する[128]。 同日附で解隊された第5駆逐隊(朝風春風松風)の駆逐隊司令金岡国三中佐が、第22駆逐隊司令に任命された[129]

3月1日時点で第22駆逐隊は第8駆逐隊、第11駆逐隊、第19駆逐隊と共に第三水雷戦隊(司令官木村昌福少将:旗艦「川内」)に所属していた[13]。だが3月3日ビスマルク海海戦で吹雪型2番艦「白雪」沈没時に木村司令官は負傷、三水戦司令官は江戸兵太郎少将[130]を経て秋山輝男少将[131]にかわった。3月20日、日本海軍は旧式化した峯風型駆逐艦神風型、睦月型(卯月型)の改造訓令を通達するが、この中で睦月型(卯月型)は『望月型』と『水無月型』と呼称されている[132]

本艦はラバウルニューブリテン島)方面へ進出し、3月上旬よりソロモン諸島方面で輸送任務に就く[133]。3月7日、スルミ(ニューブリテン島南部)輸送中に座礁、姉妹艦「文月」の曳航で窮地を脱した[134]。4月、第22駆逐隊は輸送作戦に従事[135]い号作戦実施中の同月上旬、カビエンニューアイルランド島)で空襲を受け青葉型重巡洋艦1番艦「青葉」と「文月」が損傷を受ける[136][137]。第22駆逐隊はしばらく3隻(長月、皐月、水無月)で行動した[138]

5月と6月、外南洋部隊(第八艦隊)および麾下の第22駆逐隊はコロンバンガラ島ニュージョージア諸島)各地への輸送任務に従事[139]。 5月28日、第22駆逐隊(長月、皐月、水無月)はショートランド泊地(ブーゲンビル島)を出撃するが、2隻(長月、皐月)が座礁[140]。「水無月」は「長月」の救援を行い、29日午前4時頃、離礁に成功した[140]。「長月」の損傷は軽微だったが「皐月」は修理が必要となり、しばらく戦線から離脱した[140]。6月2日、22駆(長月、水無月)のみでコロンバンガラ輸送を実施[141]

同時期、連合国軍はカートホイール作戦を発動して、米軍はレンドバ島に上陸を開始、ニュージョージア島の戦いが始まる[142][143]。米軍攻撃開始時、第22駆逐隊は外南洋部隊増援部隊(指揮官秋山輝男第三水雷戦隊司令官)に所属[144]。卯月型3隻(長月、水無月、三日月)と第11駆逐隊(天霧、初雪)はブイン方面にあった[145][146]

7月1日の第一次レントバ島突入作戦は、第11駆逐隊司令指揮の先行隊(天霧初雪長月、水無月、三日月)と第三水雷戦隊司令官直率隊(新月望月皐月夕凪)で実施されるが、米艦隊は出現しなかった[147][148][146]

7月6日、クラ湾夜戦で日本側は駆逐艦2隻(新月《夜間水上戦闘》、長月《座礁放棄》)を喪失[149][150]。第22駆逐隊は3隻編制となった[151]。 また秋月型駆逐艦5番艦「新月」(艦長金田清之少佐)沈没により第三水雷戦隊司令部は全滅(三水戦司令官秋山輝男少将戦死)[152][153]高雄型重巡洋艦3番艦「鳥海」艦長有賀幸作大佐が増援部隊の指揮を継承した後[154](鳥海の代艦として駆逐艦雪風を臨時第八艦隊旗艦に指定)[155]伊集院松治大佐(金剛型戦艦1番艦金剛艦長)が7月7日附で第三水雷戦隊司令官に任命される[156](着任10日)[157][149]。第三水雷戦隊の準備が整うまで、第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将が増援部隊の指揮を執ることになった[158]

7月9日、外南洋部隊指揮官(第八艦隊司令長官鮫島具重中将)直率[159]の日本艦隊はニュージョージア諸島に向かうが米艦隊は出現せず[154]、コロンバンガラ島輸送作戦を実施して全艦無事にブインへ帰投した[160][161]

7月12日の輸送作戦は[154]、増援部隊指揮官伊崎俊二少将(第二水雷戦隊司令官)を指揮官とする警戒隊(神通清波雪風浜風夕暮三日月)と輸送隊(皐月、水無月、夕凪、松風)で実施[162][163]。 エインスワース少将指揮下の米巡洋艦部隊と夜間戦闘になり、米艦隊に損害を与えた上で輸送作戦も成功したが、日本側は「神通」を喪失[154][164]。 第22駆逐隊(皐月、水無月)は神通遭難現場に向かうが生存者を発見できず、7時35分に救助をやめブインに戻った[165]。 「神通」沈没により伊崎少将及び第二水雷戦隊司令部は全滅した[153][158]。日本海軍は7月20日附で第四水雷戦隊を解隊し、第四水雷戦隊司令官高間完少将を第二水雷戦隊司令官に任命[166]白露型駆逐艦2番艦「時雨」以下四水戦戦力と二水戦残存戦力を統合し、新たな第二水雷戦隊を編制する[167]

7月17日朝、ショートランド泊地において22駆(水無月、皐月)はラバウルから来た駆逐艦2隻(初雪望月)に横付けして魚雷や重油の燃料補給を受けていたが、爆撃を受けて「初雪」は沈没[168][169]。「水無月」と「皐月」も損傷した[12][169]。また「夕凪」の損傷により、「水無月」は輸送隊に編入された[170][171]

7月19日、弟七戦隊司令官西村祥治少将(旗艦「熊野」)の指揮下、夜戦部隊(重巡洋艦3隻《熊野鈴谷鳥海》、第三水雷戦隊《川内、雪風、浜風、清波、夕暮》)、輸送隊(三日月、水無月、松風)としてコロンバンガラ島方面に出撃[172][173]。 夜間空襲により駆逐艦2隻(清波夕暮)が沈没、命中弾および至近弾で3隻(熊野、水無月、松風)も損傷した[171][174]。 7月20日11時、輸送隊(三日月、水無月、松風)は主隊と合同[174]。ラバウル帰投後、損傷各艦は同地で応急修理を実施[173][175]。 7月29日、駆逐艦2隻(夕凪、水無月)は輸送船2隻(白山丸、国川丸)を護衛してラバウルを出発[176]、8月2日トラック到着[177]サイパンを経由し[178]、内地に向かった。8月10日、本艦は呉に帰投して呉海軍工廠で修理する[12][179]

同時期、卯月型3隻(皐月、水無月、望月)に対して対空火力増強工事の訓令が出される[180]

9月13日、呉を出撃[12][181]。横須賀回航後、サイパンとトラック泊地を経由し、ラバウル方面へ進出[181]。第22駆逐隊および増援部隊各艦(時雨、松風、夕凪等)は、同方面で輸送作戦に従事した[182][183]。9月下旬、第三水雷戦隊によるコロンバンガラ島からの撤退作戦(セ号作戦)が行われることなり、三水戦司令官直率の夜襲部隊(秋雲《第三水雷戦隊旗艦》、磯風風雲夕雲)、警戒隊(天霧、夕凪)、輸送隊(皐月、文月、水無月)、陽動隊(松風)という区分が決定[184]。9月28日からはじまったセ号作戦は成功した[185]。 その後も、「望月」沈没・「皐月」座礁等を被害を出しながら第三水雷戦隊および麾下各艦は輸送作戦を実施[186]。 10月25日、水無月駆逐艦長は福山強少佐から磯部慶二大尉に交代[187]。福山は11月5日より神風型3番艦「春風」艦長となる[188]

10月31日、南東方面部隊指揮官(草鹿任一中将)指揮下の連合襲撃部隊(第五戦隊司令官大森仙太郎少将)は、可動全艦(妙高、羽黒、川内、文月、水無月、時雨、五月雨、白露)をもって連合軍輸送船団を撃退すべく出撃したが、天候不良のため発見できず(連合軍輸送船団まで距離30浬以内まで接近と推定)、ラバウルに帰投した[189]11月1日、連合軍はブーゲンビル島に上陸を開始、ブーゲンビル島の戦いが始まる[190]。同日15時30分、第五戦隊司令官大森仙太郎少将(旗艦「妙高」)指揮下の連合襲撃部隊(本隊《妙高羽黒》、第一警戒隊《指揮官伊集院松治第三水雷戦隊司令官:川内時雨五月雨白露》、第二警戒隊《指揮官大杉守一第十戦隊司令官:阿賀野長波初風若月》、輸送隊《第11駆逐隊司令山代勝守大佐:天霧、文月、卯月、夕凪、水無月》)はラバウルを出撃[191][192]。本艦のみブカ島に向かい、輸送成功後の11月2日午前9時にラバウルへ帰投[192]。また輸送隊は逆上陸の目途がたたず反転[192]。残る連合襲撃隊はアーロン・S・メリル少将指揮下の米艦隊と夜間水上戦闘となり、2隻(軽巡《川内》、駆逐艦《初風》)が沈没して敗北した(ブーゲンビル島沖海戦[193]

11月3日、トラックからラバウルに向かっていたT4号輸送部隊・第二輸送隊(第十四戦隊《那珂五十鈴》、第17駆逐隊《磯風浦風》、輸送船2隻《護国丸清澄丸》)は空襲を受け小破2隻(那珂、護国丸)、航行不能(清澄丸)の被害を出す[194]。「水無月」はラバウルを出発して輸送部隊に合流、「五十鈴」は「清澄丸」を曳航し、駆逐艦2隻(磯風、水無月)護衛下でカビエンに向かった[194]。カビエン入泊時、2隻(五十鈴、磯風)は触雷、また物資移載のためカビエンに来た2隻(測量艦《筑紫》、輸送船《龍王山丸》)も触雷して沈没[194]。「水無月」は4日夜ラバウルに戻り、輸送隊(那珂、五十鈴、護国丸、磯風)は順次トラック泊地へ戻った[194]。 11月6日夕刻、ブカ島輸送隊(夕張、時雨、水無月)はラバウルを出撃、輸送に成功して7日朝にラバウルに戻った[195]。同日夕刻、2隻(夕張、水無月)だけでブカ島へ出撃するが、米軍機の空襲を受け作戦中止、8日朝にラバウルへ戻った[195]。同日、第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将は「夕張」に将旗を掲げた[195][196]。 11月11日、米軍機動部隊の空襲によりラバウル在泊艦艇は被害を受け(沈没《涼波》、大破《阿賀野、長波》、小破《浦風、若月》)、第二水雷戦隊(旗艦「能代」)と第十戦隊(「阿賀野」)はトラック泊地に撤退[197]。襲撃部隊は11隻(夕張、天霧、文月、水無月、卯月、夕凪、大波、長波、巻波、秋風、夕霧)となり[197][198]、輸送作戦に従事する[199]

11月24日、駆逐艦3隻(大波、巻波、夕霧)が11月24日のセント・ジョージ岬沖海戦で沈没[200][201]。この海戦以降、南東方面(ニュージョージア諸島)に対する駆逐艦輸送(鼠輸送)は打ち切られ、潜水艦・大発動艇・空輸に頼らざるを得なくなった[202]。損傷各艦はトラック泊地に後退し、三水戦司令部は12月2日よりラバウル陸上へ移動[199]。 12月3日、「水無月」は第二次ラバウル空襲(11月11日)で航行不能となっていた夕雲型4番艦「長波」を曳航し、2隻(夕張、文月)に護衛されてラバウルを出発[203][204]。12月8日、4隻(夕張、文月、水無月、長波)はトラック泊地に到着[205][206]。「夕張」と「五月雨」[207]は内地に戻った[208][209]

12月16日附で第三水雷戦隊司令官は伊集院松治少将から中川浩少将に交代[210](12月17日、退任および着任)[211][212]。 本艦はラバウルに戻ることになり[213]、座礁した「夕凪」の救援等を行いつつ[214]、引き続き最前線への強行輸送作戦に従事する[215][216]。12月23日、「水無月」はガロベ島輸送中に空襲を受け小破した[216]。本艦はトラック泊地に後退、修理を実施した[217]

昭和19年の行動[編集]

1944年(昭和19年)1月15日、第22駆逐隊司令は金岡国三大佐から岡三知夫中佐に交代[218]。同日附で連合艦隊は第十戦隊所属の第4駆逐隊(駆逐隊司令磯久研磨大佐:舞風野分山風)を南東方面部隊に編入、1月18日附で第7駆逐隊()を北方部隊に復帰させた[219](米潜水艦の雷撃により、漣は1月14日に沈没。書類上の措置)[219][14]。南東部隊襲撃部隊の軍隊区分は、一番隊(舞風、野分、山雲)、二番隊(文月、水無月、皐月、松風)、附属(夕張、天霧、夕月、秋風、夕凪)となり、第4駆逐隊は「国洋丸」を護衛してトラック泊地を出発[220]、22日にラバウル到着[219][221]。このうち陽炎型2隻(舞風、野分)は「国洋丸」を護衛してトラック泊地に戻った[222](2月10日、連合艦隊より機動部隊復帰命令)[223][224]

2月、ラバウルは連日空襲を受け艦船燃料も逼迫、日本海軍は艦艇の大部分をトラック泊地に撤退させた[223]。2月12日、駆逐艦2隻(夕月、水無月)はトラック泊地を出発、17日にラバウルへ到着[223][225]。第三水雷戦隊司令部はラバウル陸上から「夕月」に将旗を移し、2隻(夕月、水無月)でガブブ(ニューブリテン島中部)輸送を実施した[223]。 2月17日と18日のトラック島空襲により姉妹艦「文月」が沈没(駆逐隊司令負傷)、他に駆逐艦複数隻(太刀風追風、舞風《第4駆逐隊司令戦死》)が沈没[226][227]。第22駆逐隊は卯月型2隻(皐月、水無月)となった[228]。 2月20日、最後のカブブ輸送を実施後、2隻(夕月、水無月)はパラオに移動(24日着)[223][229]。これが南東方面における最後の駆逐艦輸送となった[223]。同地でトラック泊地から脱出してきた工作艦「明石」や駆逐艦「秋風」等と合流[230]。本艦は重巡「羽黒」より燃料補給を受けた[231][232]

3月10日、第三水雷戦隊および駆逐艦(松風、秋風、夕凪)は中部太平洋部隊に編入される[223]。 4月7日朝[233]、護衛艦3隻(水無月、夕月、他1隻)はメレヨン島へ向かう陸軍部隊の輸送船3隻(松江丸、木津川丸、新玉丸)を護衛してサイパン島を出撃する[234][235]。 4月8日午前1時、米軍潜水艦(シーホース)の襲撃により「新玉丸」が沈没[234][236]。「木津川丸」も北緯13度20分 東経145度5分 / 北緯13.333度 東経145.083度 / 13.333; 145.083地点でに雷撃されて航行不能となり、「水無月」は「木津川丸」を大宮島(グアム)まで曳航した[237]。グアムに避退後、水無月以下メレヨン行部隊は4月9日に再出撃[234][238]。4月12日12時30分、第261海軍航空隊の零式艦上戦闘機に掩護されつつメレヨン島に到着し[234]、南洋第五支隊(陸軍兵3200名以上)を揚陸した[239][234]。 なおメレヨン島には輸送船「山陽丸[234]と護衛の吹雪型駆逐艦23番艦「」が向かっており、これを米潜水艦ハーダーが襲撃、4月13日に「雷」を撃沈している[14][240]。 4月17日、「松江丸」もハーダーに撃沈された。

5月1日、神風型駆逐艦9番艦「夕凪」が第22駆逐隊に編入、同隊は3隻編制(皐月、水無月、夕凪)となる[241]

5月4日、清田孝彦少将と参謀井上正夫中佐は神風型8番艦「朝凪」に座乗し[242]、船舶14隻を朝凪・水無月等が護衛する第三五〇三船団を編成して東京湾を出撃[243][244]。 護衛艦艇を一部入れ替えてサイパンに向け航行中[245]、5月10日に「慶洋丸」が被雷して損傷(米潜タンバーによる)[246][247]。2隻(水無月、)は現場にとどまって対潜掃蕩を実施した[248]。 グアム行船団(鴻、隠岐、第8昭南丸、黄浦丸、春川丸)分離後[249]、第3503船団は5月14日にサイパンへ到着[250][251]。 このうち水無月以下3隻に護衛された輸送船4隻(泰国丸、日和丸、復興丸、大阪丸)は5月16日にサイパンを出発するが[243]、米潜水艦2隻(タニーサンドラス)の襲撃で輸送船2隻が沈没。サイパン帰投後、「大阪丸」に「台東丸」を加えて再出撃するが、5月25日になり「台東丸」[252]と「大阪丸」は相次いで米潜水艦(フライングフィッシュ)に撃沈された。

6月6日、駆逐艦2隻(卯月型《水無月》、秋月型駆逐艦若月》)は給油船「興川丸」を護衛、バリクパパンボルネオ島)を目指してタウイタウイ泊地スールー諸島)を出撃[253]。出港後の23時45分、「水無月」は「敵浮上潜水艦」に対し攻撃に向かい、消息不明になる[254]。本艦はダバオ南東海上でアメリカ軍潜水艦「ハーダー」(USS Harder, SS-257)の雷撃により沈没[14][255]。同航していた「若月」も雷撃されるが被害はなく、同艦は8日にバリクパパン着[253][256]。6月18日以降のマリアナ沖海戦に臨んだ[253]

本艦沈没を含め、4月から6月にかけて日本海軍は米潜水艦の襲撃により駆逐艦多数(秋雲天霧朝凪水無月早波風雲谷風松風)を喪失[257][14]。特に水無月以下4隻(雷《4月13日》、水無月《6月6日》、早波《6月7日》[256]、谷風《6月9日》[256])はサミュエル・D・ディーレイ艦長[258]率いるハーダー1隻の戦果だった[14]。 これら日本軍駆逐艦の急激な損耗は、艦隊決戦の実施すら危うくするものであった[259]。この情勢について大井篤(当時、海上護衛総司令部参謀)は著書の中で『艦隊における駆逐艦は「」のようなものだが、「歩のない将棋は負け将棋」の態勢が決戦の日をまたずしてつくり出されたのである。』と回想している[257]

8月10日、「水無月」は卯月型駆逐艦[260]、 第22駆逐隊[261]、 帝国駆逐艦籍[262]のそれぞれより除籍。 8月20日、第22駆逐隊は解隊され、残存2隻(皐月、夕凪)は第30駆逐隊に編入された[263]

歴代艦長[編集]

※脚注なき限り『艦長たちの軍艦史』254-255頁による。

艤装員長[編集]

  1. 古賀七三郎 中佐:1926年12月1日[26] - 1927年3月22日[28]

艦長[編集]

  1. 古賀七三郎 中佐:1927年3月22日[28] - 1927年12月1日[38]
  2. 山田定男 中佐:1927年12月1日[38] - 1928年12月10日[39]
  3. 山口常太郎 少佐:1928年12月10日[39] - 1930年12月1日[40]
  4. 益田康彦 少佐:1930年12月1日[40] - 1931年11月2日[43]
  5. (兼)松原博 少佐:1931年11月2日[43] - 1931年12月1日[45]
  6. 成田忠良 少佐:1931年12月1日[45] - 1933年11月15日[48]
  7. (兼)松原博 少佐:1933年11月15日[48] - 1934年2月1日[49]
  8. (兼)橘雄次少佐:1934年2月1日[49] - 1934年4月1日[51]
  9. 小川莚喜 少佐:1934年4月1日[51] - 1935年12月2日[61]
  10. 成冨武光 少佐:1935年12月2日[61] - 1936年5月26日[62]
  11. 宇垣環 少佐:1936年5月26日[62] - 1937年11月5日[68]
  12. (兼)磯久研磨 少佐:1937年11月5日[68] - 1937年12月1日[69]
  13. (兼)金田清之 少佐:1937年12月1日[69] - 1938年1月8日[72]
  14. 古賀弥周次 少佐:1938年1月8日[72] - 1938年10月20日[74]
  15. 久保木英雄 少佐:1938年10月20日[74] - 1941年9月20日[90]
  16. 平山敏夫 少佐:1941年9月20日[90] - 1942年9月25日[110]
  17. 福山強 少佐:1942年9月25日[110] - 1943年10月25日[187]
  18. 磯部慶二 大尉/少佐:1943年10月25日[187] - 1944年6月6日戦死(同日附で海軍中佐に昇進)[264]

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社編 『メレヨン島 生と死の記録』 朝日新聞社、1966年8月。
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 大井篤 『海上護衛戦』 角川文庫、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 大浦庸生 『飢餓の島メレヨンからの生還』 新風書房、1993年3月。ISBN 4-88269-211-2
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』 光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • 「迫真の演技」<駆逐艦「長月」艦長・二ノ方兼文中佐の証言>(太平洋戦争時、鈴谷水雷長、長月艦長《1942年5月10日着任〜1943年6月23日退艦》、沢風艦長、若葉艦長等)
    • 「縁の下の役割」<駆逐艦「梅」艦長・大西快治少佐の証言>(子ノ日航海長《昭和13年11月〜昭和15年11月》、水雷艇艇長、朝凪艦長、梅艦長、艦長等を歴任)
    • 「命令誤認」<砲艦「橋立」艦長・山代勝守大佐の証言>(太平洋戦争時、橋立艦長、第8駆逐隊司令、第11駆逐隊司令等)
  • 佐藤清夫 『駆逐艦野分 若き航海長の太平洋海戦記』 光人社NF文庫、2004年1月(原著1997年)。ISBN 4-7698-2408-4
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 須藤幸助 『駆逐艦「五月雨」出撃す ソロモン海の火柱』 光人社NF文庫、2010年1月。ISBN 978-4-7698-2630-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 豊田穣 『雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦 栄光の生涯』 光人社NF文庫、2004年5月(原著1983年)。ISBN 978-4-7698-2027-7
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 原為一 『帝国海軍の最後』 河出書房新社、2011年7月(原著1955年)。ISBN 978-4-309-24557-7
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書46 海上護衛戦』 朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年11月。ISBN 4-7698-0819-4
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
    • 第二復員局残務處理部 『あ号作戦(自一九四四年五月至一九四四年六月) info:ndljp/pid/8815609』、1947年5月。
    • 第二復員局残務處理部 『海上護衛作戦(自一九四一年十二月至一九四五年八月) info:ndljp/pid/8815645』、1949年6月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『明治38年 達 完/6月』。Ref.C12070053000。
    • 『大正1年達完/8月』。Ref.C12070064400。
    • 『大正13年達完/4月』。Ref.C12070083400。
    • 『大正13年達完/11月』。Ref.C12070084100。
    • 『大正13年達完/12月』。Ref.C12070084200。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(2)』。Ref.C12070166800。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。Ref.C12070175600。
    • 『昭和18年11月~12月 内令5巻/昭和18年11月(1)』。Ref.C12070182000。
    • 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。Ref.C12070196900。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年5月(1)』。Ref.C12070195200。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報』。Ref.C12070496100。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/8月(4)』。Ref.C12070496200。
    • 『廃駆第7号外4隻廃船に関する件』。Ref.C04016254700。
    • 『艦艇/駆逐艦(1) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003300。
    • 『艦艇/駆逐艦(3) 恩給叙勲年加算調査 上巻 参考法例 在籍艦艇 昭和9年12月31日』。Ref.C14010003500。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇/駆逐艦(2)』。Ref.C14010006000。
    • 『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日/除籍艦艇掃海艇』。Ref.C14010006600。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071968200。
    • 『昭和14年6月1日現在10版内令提要追録第5号原稿 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071983400。
    • 『8.1.11水無月発煙缶破裂に関する件(1)』。Ref.C05023325800。
    • 『8.1.11水無月発煙缶破裂に関する件(2)』。Ref.C05023325900。
    • 『第298番電 9.8.1呉海軍工厰をして軍艦伊勢に大演習期間中長官艇として12米内火艇を臨時搭載の件』。Ref.C05023569000。
    • 『官房第4102号 9.9.19第4艦隊行進曲の件』。Ref.C05023952200。
    • 『戦艦伊勢 昭和9年9月7日~12月15日(1)』。Ref.C11083948400。
    • 『第22駆機械第95号9.10.1駆逐艦水無月推進器毀損に関する件』。Ref.C05023978300。
    • 『赤軍第四艦隊機密第109号9.10.19駆逐艦夕風、水無月触衝に関し査問会不組織の件』。Ref.C05023968200。
    • 『第24駆逐隊支那事変第2回功績概見表 第24駆逐隊司令海軍中佐 久宗米次郎』。Ref.C14121098000。
    • 『支那事変第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/第22駆機密第17号の81 第22駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971000。
    • 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/第22駆機密第21号の147 第22駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980200。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/第22駆機密第17号の265 第22駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989000。
    • 『昭和16.2西貢方面特別任務報告/第1 任務 第2 経過概要』。Ref.C14121112400。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030118900。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030119000。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030119100。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030119200。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030119300。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030119400。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030119500。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030111800。
    • 『昭和17年3月10日~昭和17年7月31日 第16戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030053200。
    • 『昭和17年3月10日~昭和17年7月31日 第16戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030053300。
    • 『昭和17年4月10日~昭和17年8月31日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030137900。
    • 『昭和17年4月10日~昭和17年8月31日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030138000。
    • 『昭和17年4月10日~昭和17年8月31日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030138100。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030138400。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030138500。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030138800。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030138900。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第1海上護衛隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030139000。
    • 『昭和17年4月1日〜昭和17年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(3)』。Ref.C08030335100。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年8月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030337800。
    • 『昭和17年9月1日〜昭和17年9月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030338400。
    • 『昭和18年2月1日〜昭和18年2月28日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030342000。
    • 『昭和18年3月1日~昭和18年3月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030343200。
    • 『昭和18年8月1日〜昭和18年8月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(3)』。Ref.C08030347200。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030023000。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030023100。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(8)』。Ref.C08030023200。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030105800。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030105900。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106000。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106200。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030106500。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030106600。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030106700。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030106800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030107000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030107100。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107400。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030107500。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030107600。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030107700。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030107800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030050100。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030050200。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(1)』。Ref.C08030137300。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(2)』。Ref.C08030137400。
    • 『昭和18年11月15日~昭和19年11月30日 海上護衛総司令部戦時日誌(3)』。Ref.C08030137500。
    • 『大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第5回の1 カ~コの部(7)』。Ref.C08050108500。
    • 『昭和19年4月~昭和19年8月14日 船団護衛任務報告(1)』。Ref.C08030708000。
    • 『昭和18年~20年 大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第5回の2(16)』。Ref.C08050034800。
    • 『昭和19年4月~昭和19年10月 特設給油船興川丸戦時日誌・特設給油船興川丸戦闘詳報第1号第2号』。Ref.C08030673900。
    • 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030039900。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e #陽炎型(2014)p.272『水無月(みなづき)』
  2. ^ a b c d e #達昭和3年6月pp.7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|第二十八號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 ヅキ トス』
  3. ^ #艦艇類別等級表(1939年6月1日)p.4『驅逐艦|一等|睦月型|睦月、如月、彌生、卯月、皐月、水無月、文月、長月、菊月、三日月、望月、夕月』
  4. ^ a b c #達大正13年11月p.1『達第百二十五號 艦艇製造費ヲ以テ大正十三年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦三隻ニ左ノ通命名ス 大正十三年十一月十日 海軍大臣 財部彪|浦賀船渠株式會社ニ於テ建造 第二十八號驅逐艦|石川島造船所ニ於テ建造 第三十號驅逐艦|舞鶴海軍工作部ニ於テ建造 第三十一號驅逐艦』
  5. ^ #艦艇・駆逐艦(3)p.41『水無月(略)昭和三、八、一水無月ト改稱』
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.55『明治三十九年十一月二十二日(達一五七)艦艇類別等級別表中驅逐艦ノ欄内「卯月」ノ次ニ「水無月」ヲ加フ』
  7. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)p.567『水無月|掃海艇|(要目略)|三菱長崎造船所|39-2-25|39-11-5|39-12-20|(武装略)』
  8. ^ #達明治38年6月p.6『達第八十壹號 臨時軍事費ヲ以テ建造スヘキ驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス 明治三十八年六月十五日 海軍大臣男爵 山本権兵衛
    製造番号 第二十六號/製造所 神戸川崎造船所/艦名 ツキ
    製造番号 第二十七號/製造所 長崎三菱造船所/艦名 
    ツキ
  9. ^ a b #除籍駆逐艦(2)pp.28-30『舊水無月(千噸以下)大正一三.一二.一掃海艇籍ニ入ル第十號掃海艇ノ部参照(略)(大正一三.一二.一驅逐艦水無月第十號掃海艇トナル)』
  10. ^ a b c #海軍制度沿革(巻8、1940)p.66『昭和三年六月二十日(内令一六〇)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 本令ハ昭和三年八月一日ヨリ施行ス 驅逐艦ノ部中「第一號型」、「第十九號型」及「第三十五號型」ノ各項ヲ左ノ如ク改ム |神風型|神風、朝風、春風、松風、旗風、追風、朝凪、夕凪/睦月型|睦月、如月、彌生、卯月、皐月、水無月、文月、長月、菊月、三日月、望月、夕月/吹雪型|吹雪、白雪、初雪、深雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波| 同部中「第二號型」ノ項ヲ左ノ如ク改ム |若竹型|若竹、呉竹、早苗、早蕨、朝顔、夕顔、芙蓉、刈萱| 掃海艇ノ部中「浦波型」ノ項ヲ左ノ如ク改ム |第七號型|第七號、第八號、第九號、第十號、第十一號、第十二號| 備考第二號中但書ヲ削リ第四號ヲ左ノ如ク改ム  四 掃海艇ヲ稱呼スルニハ「第何號掃海艇」ヲ以テス 同五號中「「第三十五號型驅逐艦」、」ヲ削ル
  11. ^ a b #S1701五水戦日誌(3)p.6『(ホ)三月十日附當戰隊ハ解隊セラレ名取ハ16Sニ 22dgハ2KF附属 5dgハ1KF附属ニ夫々編入セラル』
  12. ^ a b c d e f g h i #ハンディ判艦艇写真集18p.115(駆逐艦『峯風型・神風型・睦月型』行動年表)◇水無月◇
  13. ^ a b #S1709八艦隊日誌(6)p.6『(一)三月一日艦隊區分』
  14. ^ a b c d e f g #叢書46海上護衛戦446-447頁『米潜水艦に撃沈されたわが駆逐艦一覧表』
  15. ^ a b c d e #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『水無月|一等驅逐艦|(艦要目略)|浦賀船渠會社|14-3-24|15-5-25|昭和2-8-22|(兵装略)』
  16. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『彌生|一等驅逐艦|(艦要目略)|浦賀船渠會社|13-1-11|14-7-11|15-8-28|(兵装略)』
  17. ^ #艦船要目公表範囲(1936年12月1日)p.4『望月|一等驅逐艦|(艦要目略)|浦賀船渠會社|15-3-28|昭和2-4-28|昭和2-10-31|(兵装略)』
  18. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.208『◎第二十九號驅逐艦命名ノ件 大正十三年十一月十日(達一二四)艦艇製造費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ建造ノ一等驅逐艦一隻ニ左ノ通命名ス 藤永田造船所ニ於テ建造 第二十九號驅逐艦』
  19. ^ #達大正13年11月p.1『達第百二十四號 艦艇製造費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ建造ノ一等驅逐艦一隻ニ左ノ通命名ス 大正十三年十一月十日 海軍大臣 財部彪 藤永田造船所ニ於テ建造 第二十九號驅逐艦』
  20. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.208『◎第二十八號驅逐艦外二隻命名ノ件 大正十三年十一月十日(達一二五)艦艇製造費ヲ以テ大正十三年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦三隻ニ左ノ通命名ス|浦賀船渠株式會社ニ於テ建造 第二十八號驅逐艦|石川島造船所ニ於テ建造 第三十號驅逐艦|舞鶴海軍工作部ニ於テ建造 第三十一號驅逐艦』
  21. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.60『大正十三年十一月十日(達一二六)艦艇類別等級表驅逐艦ノ項中「第二十七號」ノ下ニ「第二十八號」「第二十九號」「第三十號」「第三十一號」ヲ加フ』
  22. ^ #達大正13年11月p.1『達第百二十六號 艦艇類別等級表驅逐艦ノ項中「第二十七號」ノ下ニ「第二十八號」「第二十九號」「第三十號」「第三十一號」ヲ加フ 大正十三年十一月十日 海軍大臣 財部彪』
  23. ^ 大正15年5月26日(水)海軍公報 第4058号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C12070303200 『○驅逐艦進水 浦賀船渠株式會社ニ於テ建造ノ第二十八號驅逐艦本月二十五日午後四時進水セリ』
  24. ^ a b c d #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.63-64『大正一五、一二、一(内令二六五)|佐世保防備隊|第二十二驅逐隊|第二十七號、第二十九號驅逐艦|第二十八號(昭和二、四、一 一〇七)/第三十號(昭和二、五、二〇 一八〇)』
  25. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.41『大正一五、一二、一(内令二六四)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛比叡/第五戰隊 加古古鷹神通那珂/第二水雷戰隊 夕張 第五 第二十二 第二十九 第三十驅逐隊/第二潜水戰隊 長鯨 第七 第十七潜水隊』
  26. ^ a b c 大正15年12月2日(木)官報第4283号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956433 p.8池田補職、p.9古賀補職
  27. ^ 大正15年12月4日(土)海軍公報 第4216号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C12070305600 『○事務所設置 第二十八號驅逐艦艤装員事務所ヲ神奈川縣三浦郡浦賀町浦賀船渠株式會社内ニ設置シ本月三日ヨリ事務ヲ開始セリ』
  28. ^ a b c d 昭和2年3月24日(木)官報第67号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956526 p.5
  29. ^ 昭和2年3月24日(木)海軍公報 第66号 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C12070308200 『○事務所撤去 第二十八號驅逐艦艤装員事務所ヲ浦賀船渠株式會社内ニ設置中ノ處本月二十二日撤去セリ』
  30. ^ a b #艦艇・駆逐艦(1)pp.2-3『驅逐艦改稱新舊名稱對照表』
  31. ^ #達昭和3年6月pp.7-10『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス 昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|掃海艇 水無月 ヲ 第十號掃海艇 トス』
  32. ^ #除籍掃海艇p.3『第十號掃海艇(千噸以下)驅逐艦水無月大正一三.一二.一掃海艇籍ニ入ル舊水無月ノ部参照(略)昭和五.六.一除籍』
  33. ^ a b 昭和2年11月16日(水)官報第266号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956726 p.8近藤補職・池田免職
  34. ^ a b 昭和4年10月7日(月)官報第832号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/29572991 p.3
  35. ^ 昭和2年12月3日(土)海軍公報 第277号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070311200 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ本月一日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ加古ヨリ衣笠ニ、第二水雷戰隊司令官ノ旗艦ヲ夕張ヨリ名取ニ變更セリ』
  36. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.64『昭和二、一二、一(内令三八五)|第二艦隊|第二十三驅逐隊|第三十一號、第三十二號、第三十四號|第三十三號(三、六、三〇 一六八)』
  37. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.41-42『昭和二、一二、一(内令三八四)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛比叡/第五戰隊 加古古鷹衣笠青葉/第二水雷戰隊 名取 第二十二 第二十三 第二十九 第三十驅逐隊/第二潜水戰隊 長鯨 第七 第十七 第十八潜水隊』
  38. ^ a b c 昭和2年12月2日(金)官報第279号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956739 p.8古賀免職・山田補職
  39. ^ a b c d e 昭和3年12月11日(火)官報第587号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957052 p.8山田免職、p.9山口補職
  40. ^ a b c d e 昭和5年12月2日(火)官報第1179号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957646 p.10山下免職・堤補職、p.11山口免職・益田・平井補職
  41. ^ 昭和6年4月2日(木)官報第1275号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957743 p.11
  42. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.44『昭和六、一二、一(内令二一四)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 金剛日向霧島伊勢/第二戰隊//第三戰隊 那珂阿武隈由良/第一水雷戰隊 夕張 第二十二 第二十三 第三十驅逐隊/第一潜水戰隊 迅鯨 第七 第八 第二十九潜水隊』
  43. ^ a b c d 昭和6年11月4日(水)官報第1455号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957923 p.6益田免職・松原補職
  44. ^ a b 昭和6年11月16日(月)官報第1465号。国立国会図書館デジタルコレクションhttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957933 p.2境免職・木幡補職
  45. ^ a b c d e 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957946 p.11成田補職、p.12松原免職、p.13人見補職
  46. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.45『昭和七、二、二(内令二六)|第三艦隊|出雲/第一遣外艦隊 平戸 天龍 常磐 對馬 安宅 宇治 伏見 隅田 勢多 堅田 比良 保津 鳥羽 熱海 二見 第二十四驅逐隊 浦風/第三戰隊 那珂 阿武隈 由良/第一水雷戰隊 夕張 第二十二 第二十三 第三十驅逐隊/第一航空戰隊 加賀 鳳翔 第二驅逐隊/附属 能登呂|(削除)昭和七年 第三艦隊/三、二〇(内令九五)第三戰隊 第一水雷戰隊 第一航空戰隊』
  47. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.45『昭和七、一二、一(内令三七二)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 金剛日向陸奥/第二戰隊//第三戰隊 阿武隈由良名取/第一水雷戰隊 夕張 第二十二 第二十三 第三十驅逐隊/第一潜水戰隊 迅鯨 第二十八 第三十 潜水隊』
  48. ^ a b c d e 昭和8年11月16日(木)官報第2064号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958537 p.8木幡免職・p.9難波補職、p.10成田免職・松原補職
  49. ^ a b c d 昭和9年2月2日(金)官報第2124号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958597 p.6
  50. ^ 昭和9年9月28日付 官報第2324号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958800 p.6
  51. ^ a b c 昭和9年4月2日(月)官報第2173号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958648 p.30
  52. ^ #水無月推進器毀損p.1『驅逐艦水無月ハ昭和九年九月二十七日日向灘ニ於ケル第四艦隊第六回應用教練ニ第三水雷戰隊二番隊四番艦トシテ参加シ乙軍主力第五戰隊ニ対シ左魚雷戰同航ニテ襲撃ノ際三番艦皐月ノ発射魚雷管一右大偏斜駛走シ来リ艦尾命中左記機関諸部ヲ毀損シ左舷推進器翼ノ換装ヲ要スルニ至レリ』
  53. ^ 昭和9年10月12日(金)海軍公報 第2296号 pp.46-47』 アジア歴史資料センター Ref.C12070345200 『○艦船所在○十月十二日午前十時調』
  54. ^ #夕風水無月触衝p.10『別圖』
  55. ^ #夕風水無月触衝pp.2-3『一.觸衝ニ至ルマデノ經過 海軍大演習第三期對抗演習中第三水雷戰隊ハ十月十二日午後ヨリ赤軍第四艦隊前進部隊ニ加ヘラレ同日一六〇〇同部隊ト合同敵主力並其前進部隊トノ薄暮戰ニ参加ス、夜暗ニ入リ第九戰隊第四水雷戰隊ト連繋ノ保持ニ努メツヽ當隊ハ伊勢ヨリノ通報ニ依ル敵主力所在ニ向フ索敵針路一四〇度速力二十二節(驅逐隊ヲ散開捜索索列ヲ展張セント試ミシモ無燈潜水艦落伍艦等トノ混済ヲ恐レ之ヲ取止ム)二〇三〇頃ヨリ南方遙カニ数條ノ探照燈光芒ヲ認メ其ノ前程ニ出ツル如ク行動シ二一四五第二十一驅逐隊ヲ分派之レガ偵察ヲ行ハシム(同隊ハ敵第六戰隊ノ阻止ヲ受ケ之レニ襲撃ヲ決行ノ上復歸ス)其後残餘ノ各隊ハ原隊形原速力ノ儘航進第二十一驅逐隊ノ報告ヲ待チ襲撃決行ノ準備姿勢ニ在リ(以下略)』
  56. ^ #夕風水無月触衝p.2『昭和九年十月十二日二二一九驅逐艦夕風及水無月北緯二六度一六分東經一二九度五九分ニ於テ觸衝ス』
  57. ^ #夕風水無月触衝pp.6-8『四.損害状況(一)人員 死傷ナシ/(二)舩体兵器等』
  58. ^ a b c 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958840 p.9山本補職、p.10難波免職・井原補職、p.11人見免職
  59. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.47-48『昭和九、一一、一五(内令四七六)|聯合艦隊|第一艦隊|第一戰隊 榛名扶桑山城伊勢/第二戰隊/第八戰隊 長良五十鈴名取/第一水雷戰隊 阿武隈 第二十一 第二十二 第二十九驅逐隊/第一潜水戰隊 多摩 第七 第八潜水隊/第三潜水戦隊/第一航空戰隊 鳳翔龍驤 第五驅逐隊』
  60. ^ 昭和10年11月2日(土)官報第2651号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959130 p.4山本免職・井原転任
  61. ^ a b c d 昭和10年12月3日(火)官報第2676号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959155 p.11
  62. ^ a b c d e f 昭和11年05月27日付 官報第2818号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959299 p.7
  63. ^ 昭和11年12月2日付 官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959458 p.23
  64. ^ 昭和12年04月16日付 官報第3084号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959567 p.7
  65. ^ #ハンディ判艦艇写真集18pp.74-75『水無月』
  66. ^ #24dg(支那事変第2回)p.2『第二十四驅逐隊|江風|(略)十月二十日 第二艦隊第二航空戰隊ニ編入』
  67. ^ 昭和12年10月31日(発令10月31日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  68. ^ a b c d 昭和12年11月5日(発令11月5日付)海軍辞令公報(号外)第87号 p.10宇垣免職・磯久補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  69. ^ a b c d e 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.23清水補職、p.33磯久免職、p.39金田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  70. ^ 昭和18年11月20日(発令11月17日付)海軍辞令公報(部内限)第1265号 p.19磯久補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094500 
  71. ^ 海軍少将古川文次外三名叙位の件 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.A12090477700 
  72. ^ a b c d e 昭和13年1月8日(発令1月8日付)海軍辞令公報(号外)第118号 p.7金田免職・古賀補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072300 
  73. ^ 昭和19年1月5日(発令昭和18年7月6日付)海軍辞令公報(部内限)第1294号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095200 
  74. ^ a b c d 昭和13年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)号外第252号 p.25井原免職・西田補職、p.26古賀免職・久保木補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074400 
  75. ^ 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.1古賀彌補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076800 
  76. ^ 昭和17年(発令5月20日付)5月20日付 海軍辞令公報(部内限)第863号 p.28』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085500 
  77. ^ a b c 昭和13年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 p.5山隈免職、p.8本倉(文月艦長)兼補長月、p.9久保木補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  78. ^ 昭和13年12月5日(発令12月5日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第269号 p.50久保木補職・岩崎免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  79. ^ 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第273号 p.31有本補職、p.33青木補職、p.35久保木免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  80. ^ a b c 昭和14年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 p.22塚本補職、p.23久保木補職・本倉免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  81. ^ a b c 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.33西岡補職、p.34伊集院免職、p.36篠田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  82. ^ a b c 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.2久保木(免皐月艦長)、p.4松崎補職、p.5山下補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076800 
  83. ^ 昭和15年7月15日(発令7月15日付)海軍辞令公報(部内限)第505号 p.36』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078400 
  84. ^ 昭和15年10月21日(発令10月19日付)海軍辞令公報(部内限)第546号 p.24西岡免職、p.25泊補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079200 
  85. ^ 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079400 
  86. ^ #西貢方面(任務経過概要)p.3『一月二十八日(火)西貢入泊快晴(略)◎〇七五〇5sd司令官ハ名取水無月ヲ率ヒ二十八日西貢ニ入泊スヘキ命及特別任務ヲ授ケラル(S部隊キデ八五六)』
  87. ^ #22dg(支那事変第9回)p.1『四月十日第三艦隊第五水雷戰隊ニ編入セラレ第二遣支艦隊司令長官ノ作戰指揮下ニ入ル』
  88. ^ 昭和16年5月29日(木)海軍公報(部内限)第3805号 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C12070395300 『○将旗一時移揚(略)第五水雷戰隊司令官ハ五月二十六日将旗ヲ一時水無月ニ移揚セリ』
  89. ^ 昭和16年7月1日(発令7月1日付)海軍辞令公報(部内限)第665号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 
  90. ^ a b c d 昭和16年9月20日(発令9月20日付)海軍辞令公報(部内限)第716号 p.47久保木免職、p.48平山補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082100 
  91. ^ 昭和17年3月10日(発令3月10日付)海軍辞令公報(部内限)第824号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084400 
  92. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.7『二.人員ノ現状』
  93. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦613-614頁『クリスマス島の攻略』
  94. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦618頁
  95. ^ #S1703四水戦日誌(3)p.14『途中那珂ハ2日0810迄ハ名取夏雲峯雲天津風ノ護衛ヲ受ケ0810以後更ニ2D/22dg(長月水無月)ヲ加ヘ1800ヨリ天津風原隊ニ帰リ3日0425名取ハ「バンタム」湾ニ先行セリ』
  96. ^ #S1704十六戦隊日誌(4)pp.4-5『四月三日|16S(長良鬼怒欠)及22dgヲ以テ蘭印部隊護衛隊編成セラル指揮官ヲ16S司令官ト定メラル』
  97. ^ #S1704十六戦隊日誌(4)pp.6-7『四月十日|16Sヨリ長良ヲ除キ五十鈴ヲ編入セラル16S艦隊区分(1)名取(2)五十鈴(3)鬼怒ト定ム 16S(鬼怒欠)22dgヲ以テ東印部隊警戒部隊編成セラレ「ジャワ」海方面海上警戒竝ニ交通保護ニ任ズルコトトナル』
  98. ^ #S1704十六戦隊日誌(4)p.43『四日一八〇〇長月艦長(宛略)長月水無月 東空基地物件竝ニ人員ヲ搭載一八〇〇「バタビヤ」発八日〇九〇〇「クーパン」着ノ豫定』
  99. ^ #S1704十六戦隊日誌(4)p.48『八日一一三〇長月艦長(宛略)2D/22dg東港空基地物件輸送任務終了左記予定ニテ行動ス 八日一一三〇クーパン発/十日一〇〇〇マカッサル着補給/十一日一二〇〇〃発/長月十二日〇九〇〇スラバヤ着/水無月十四日〇七〇〇バタビヤ着』
  100. ^ 昭和17年4月10日(発令4月10日付)海軍辞令公報(部内限)第841号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  101. ^ #S1704第1海護日誌(1)pp.4-5『(ロ)艦隊區分』
  102. ^ #S1704十六戦隊日誌(5)p.8『一二日一八一〇16S司令官(宛略)22dg各艦ハ2KF機密第六四七番電六四八番電及第七一七番電ニ依リ「ジャワ」海方面ノ海上警戒竝ニ交通保護及輸送船ノ護衛ニ從事中ナリ』
  103. ^ #S1704佐鎮日誌(3)pp.30-32『十四日海軍大臣(宛略)官房機密第四五七七號 驅逐艦朝顔芙蓉皐月水無月文月長月爆雷増載ニ伴フ格納設備及防弾鈑新設ノ件訓令 佐世保海軍工廠ヲシテ首題ノ件左記ニ依リ施行セシムベシ 記 一、工事要領 爆雷十八個ヲ定數外総隊ノ爲左ノ工事ヲ施行スルモノトス(イ)爆雷十八個ヲ魚雷格納筺ニ格納スルモノトシ魚雷ノ格納装置ヲ損傷セザル様木座ヲ假取付シ爆雷ヲ固縛スルモノトス(本爆雷搭載ノ場合ハ魚雷四本ヲ陸揚スルモノトス)/(ロ)投射箭其ノ他附属兵器ハ夫々適當ナル位置ニ格納スルモノトシ必要ナル装置ヲ施スモノトス/(ハ)爆雷ヲ格納セル魚雷格納筺(月型ノミ装備シ若竹型ハ装備セズ)爆雷装填筺及投下臺ニ適當ノ形式ニ依リ約六粍ノDS鈑ヲ防弾用トシテ装備スルモノトス(以下略)』
  104. ^ #S1704十六戦隊日誌(5)pp.12-13『一五日一七三〇水無月艦長(宛略)陸軍輸送船豊岡丸ヲ護衛「スラバヤ」ニ向ケ「バタビヤ」発一七〇〇』
  105. ^ #S1704十六戦隊日誌(5)pp.21-22『一八日一九三〇水無月艦長(宛略)陸軍輸送船豊岡丸ヲ護衛シ十八日一五〇〇「スラバヤ」発二十二日「クーパン」着ノ豫定』
  106. ^ 昭和17年7月6日(発令7月6日付)海軍辞令公報(部内限)第895号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  107. ^ #S1704第1海護日誌(3)pp.28-29『五.作戰經過概要』
  108. ^ #S1708佐鎮日誌(1)p.14『(一)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 彌生、瑞鳳、神川丸、睦月、文月、荒潮、、伊良湖、掃十一( )最上、水無月、呂六十五、六十七潜、伊一六八潜』
  109. ^ #S1709佐鎮日誌(1)p.18『(三)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 伊一六八潜、荒潮、掃十一、水無月、呂六十五、六十七潜、伊一六九潜、名取、華山丸、卯月、掃十二、長月、等|(四)佐世保海軍工廠ニ於テ建造中ノ艦船左ノ通』
  110. ^ a b c 昭和17年9月25日(発令9月25日)海軍辞令公報(部内限)第949号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086900 
  111. ^ #S1709第1海護日誌(1)pp.14-15『五.作戰經過概要』
  112. ^ #S1709第1海護日誌(1)pp.28-29『三.經過(一)麾下各艦行動概要』
  113. ^ #S1709第1海護日誌(2)pp.8-9『三 經過(一)麾下各艦行動概要』
  114. ^ #S1709第1海護日誌(1)pp.49-50『五.作戰經過概要』
  115. ^ #S1709第1海護日誌(2)p.22『(4)水無月ハ二十六日香港發陸軍八號演習輸送第二船団四隻ヲ護衛(十二月五日パラオ着)』
  116. ^ #S1709第1海護日誌(2)p.22『(4)水無月ハ二十六日香港發陸軍八號演習輸送第二船団四隻ヲ護衛(十二月五日パラオ着)』
  117. ^ #内令昭和17年10月(1)pp.1-2『内令第千八百二十三号 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十七年十月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|驅逐艦一等ノ部中「睦月型」ヲ「卯月型」ニ改メ同項中「睦月、」ヲ削リ、同吹雪型ノ項中「、朝霧」ヲ削ル』
  118. ^ #内令昭和17年12月(2)p.38『内令第二千二百六十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十二月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十三驅逐隊、第二十二驅逐隊及第三十二驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  119. ^ a b 昭和17年12月11日(発令12月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1009号 p.40山本・脇田・金岡免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088500 
  120. ^ 昭和18年2月1日(発令2月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1046号 p.22金岡補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089600 
  121. ^ #S1712第1海護詳報(1)pp.18-19『作戰經過概要』
  122. ^ #S1712第1海護詳報(1)pp.35-36『(二)麾下各艦行動概要』
  123. ^ #S1712第1海護詳報(1)pp.54-55『作戰經過概要』
  124. ^ #S1712第1海護詳報(2)pp.10-11『(二)麾下各艦行動概要』
  125. ^ #S1712第1海護詳報(2)pp.34-35『三.作戰經過概要』
  126. ^ #S1802佐鎮日誌(1)p.17『(三)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 最上千歳海風有明 伊一六六潜 哨戒三六 那智皐月水無月朝顔涼風時雨金剛榛名』
  127. ^ #S1712第1海護詳報(3)pp.10-11『(三)作戰經過概要』
  128. ^ #内令昭和18年2月(4)pp.48-49『内令第三百十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年二月二十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第五驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、天霧、夕霧」ヲ加フ|第二十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二十二驅逐隊|皐月、水無月、文月、長月| |第三十一驅逐隊ノ項中「大波」ノ下ニ「清波」ヲ加フ』
  129. ^ 昭和18年2月25日(発令2月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1058号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089800 
  130. ^ 昭和18年3月6日(発令3月6日付)海軍辞令公報(部内限)第1064号 p.29』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089900 
  131. ^ 昭和18年3月23日(発令3月23日付)海軍辞令公報(部内限)第1078号 p.33江戸免職、p.34秋山補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090100 
  132. ^ #S1803佐鎮日誌(4)p.14『二十日海軍大臣(宛略)官房機密第一三〇五號 望月型、水無月型、神風型及峯風型驅逐艦ニ機銃装備及罐撤去ノ件訓令』
  133. ^ #S1709八艦隊日誌(6)p.28『水無月文月|三-一一|「レガタ」輸送ヲ實施ス/揚陸物件機銃彈藥及糧食四六屯治療品〇.六屯其ノ他』
  134. ^ #S1709八艦隊日誌(6)p.28『水無月文月|三-七|水無月〇〇三〇「スルミ」湾口ニ於テ坐礁文月ニテ曳卸シ帰途ニ就ク/彈藥糧食若干揚陸一〇一設営隊員約五〇名収容ス/横七特銃隊一ヶ中隊及彈藥糧食』
  135. ^ #S1709八艦隊日誌(7)p.13『(一)「スルミ」「フィンシユ」「ツルブ」輸送』
  136. ^ #S1709八艦隊日誌(7)p.13『四.二 三|22dgニテ「フィンシユ」輸送途中ヨリチュし|敵機ノ哨戒厳重ニシテ触接攻撃ヲ受ケ中止ス「文月」「カビエン」附近ニテ四日被弾損傷』
  137. ^ #S1709八艦隊日誌(7)p.19『(ト)四月三日「メーウェ」泊地碇泊ノ青葉及「スエツフエン」水道南方回避行動ノ文月ハ〇三二〇ヨリ〇四一〇ノ間ニ敵機ノ攻撃ヲ受ケ青葉ハ浸水擱座文月ハ中破セリ』
  138. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.24『(ニ)文月卯月ハ内地ニ於テ改造修理ニ從事中』
  139. ^ #S1709八艦隊日誌(8)p.11『(ハ)「コロンバンガラ」輸送 六月中左ノ通海虎及駆逐艦ヲ以テ人員物件ヲ輸送シ「ニュージョージヤ」「コロンバンガラ」地区ン防備強化ニ努ム』
  140. ^ a b c #佐藤艦長続(文庫)31-34頁『懲罰覚悟の帰投』
  141. ^ #S1709八艦隊日誌(8)p.12『二|長月水無月|人員四七三名物件約四〇噸燃料六〇缶』
  142. ^ #S1709第八艦隊(8)p.14『三經過(イ)敵「レントバ」島及「ナッソウ」方面ニ上陸』
  143. ^ #叢書96ガ島撤収後205頁『連合軍の艦砲射撃と攻略部隊の発見』
  144. ^ #S1709八艦隊日誌(8)pp.67-68『別紙第二 兵力部署(昭和十八年六月三十日現在)』-『増援部隊|(指揮官)(長官)8F|(司令官)3sd|川内夕張11dg(天霧初雪)22dg(長月水無月皐月)30dg(三日月望月)夕凪松風浜風|敵艦隊撃滅』
  145. ^ #S1709八艦隊日誌(8)p.15『敵上陸時ノ外南洋部隊兵力(主要部隊ノミ)配備所在左ノ通』-『増援部隊|11dg(天霧初雪)|ブカ/22dg(長月水無月)三日月|ブイン|}「ブイン」ニ集結ヲ発令』
  146. ^ a b #叢書96ガ島撤収後226-227頁
  147. ^ #S1709第八艦隊(8)pp.23-24『第一次「レントバ」突入作戰』
  148. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.11-12『(一)「レンドバ」島攻撃作戰(イ)第一次作戰(略)11dg司令ヲシテ11dg(天霧)初雪22dg(長月水無月)三日月ヲ併セ指揮シ「レンドバ」島方面ニ先行敵艦艇奇襲攻撃ニ任ゼシメ、本職新月30dg(望月)皐月夕凪ヲ率ヰ急行セルモ敵艦艇ヲ見ズ(以下略)』
  149. ^ a b #叢書96ガ島撤収後230頁
  150. ^ #S1709八艦隊日誌(8)pp.29-30『七.五夜間 半晴|増援部隊(イ)兵力部署/(ロ)経過概要 陸兵二四〇〇名物件約一八〇屯ヲ搭載3sd司令官(新月乗艦)指揮ノ下ニ五日夕刻「ブイン」泊地出撃「チヨイセル」島寄リニ進撃シタル處支援隊ハ五日二三四八「コロンバンガラ」島北東海面ニ於テ乙巡三隻駆逐艦ヨリナル敵艦隊ト交戰尓餘ノ隊亦會敵交戰スルト共ニ輸送艦ハ豪雨中ノ狭視界ヲ冒シテ概ネ目的地ニ到達陸軍約千六百名物件約九〇屯ノ揚陸ニ成功一〇〇〇迄ニ「ブイン」ニ帰投セリ/(ハ)戰果 乙巡一轟沈 巡洋艦一轟沈 駆逐艦一炎上(沈没確實)/被害 新月沈没 長月座礁放棄』
  151. ^ #内令昭和18年11月(1)p.38『内令第二千二百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年十一月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十二驅逐隊ノ項中「、長月」ヲ削ル』
  152. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.14-15『(ロ)此處ニ於テ第一次作戰輸送ヲ左ノ通改メ五日夜決行ノコトトス(略)被害新月沈没長月坐礁後被爆大破/天霧初雪谷風中破 涼風望月小破』
  153. ^ a b 故海軍中将秋山輝男外二名位階追陞の件 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.A12090368600 
  154. ^ a b c d #叢書96ガ島撤収後245-247頁『水上部隊の作戦』
  155. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.6『2.七月五日、六日RD方面輸送並ニ支援作戰中「コロンバンガラ」戰闘ニ於テ六日〇〇〇〇以後旗艦新月消息不明トナリシ為鳥海艦長増援部隊指揮官トナル』
  156. ^ 昭和18年7月7日(発令7月7日付)海軍辞令公報(部内限)第1167号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092100 
  157. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.7『3.七月十日第三水雷戦隊司令官伊集院大佐着任増援部隊指揮官トナル』
  158. ^ a b #叢書96ガ島撤収後237-238頁『七月十二日〜七月二十日』
  159. ^ #S1709第八艦隊(8)p.31『七.九 一〇|外南洋部隊 外南洋部隊戰斗詳報第一八號通』
  160. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.28-30『(二)一時指揮下ニ編入サレシ艦船部隊ノ行動』
  161. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.35-36『九(天候略)一.RD方面出撃作戦 二.「コロンバンガラ」緊急輸送』
  162. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.15-16『(ハ)七月十二日十三日決行ノSNB電令作第三五九號ニ依ル緊急輸送 1.兵力部署|警戒隊|2sd司令官|2sd(神通清波)16dg(雪風)浜風夕暮30dg(三日月)|敵艦船撃滅輸送支援|輸送隊|22dg司令|22dg(皐月水無月)夕凪松風|輸送|(以下略)』
  163. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.15-16『(ハ)七月十二日十三日決行ノSNB電令作第三五九號ニ依ル緊急輸送 1.兵力部署|警戒隊|2sd司令官|2sd(神通清波)16dg(雪風)浜風夕暮30dg(三日月)|敵艦船撃滅輸送支援/輸送隊|22dg司令|22dg(皐月水無月)夕凪松風|輸送| 3.経過 輸送隊十二日一八一五「ブイン」出撃十三日〇〇三六泊地着〇一四三揚搭終了皈還中命ニ依リ〇五四五22dg(皐月水無月)反転神通遭難現場ニ向フ発見スルニ至ラズ〇七三五救助ヲ止メ皈投一一四〇「ブイン」皈着 3.戰果(1)陸軍歩兵一個大隊砲兵一個中隊計一〇四六名物件五〇噸「ドラム」缶三五個輸送/(2)被害ナシ』
  164. ^ #S1709八艦隊日誌(8)pp.31-33『七.十二 半晴後暗/七.十三 曇|増援部隊及二水戰部隊(イ)兵力部署|二水戰部隊|(司令官)2sd|2sd(神通清波)16dg(雪風)浜風夕暮30dg(三日月)|「クラ」湾方面敵艦隊撃滅/輸送隊|(司令)22dg|22dg(皐月水無月)夕凪松風|陸兵及物件輸送| (ロ)経過概要(一)2sd部隊 七月十二日〇三三〇「ラバウル」出撃「ブガ」島北方ヲ経テ一八三〇「ボーゲンビル」水道通過「クラ」湾北方海面ニ向フ各艦咄嗟砲戰魚雷戰ニ備ヘツツ南下シツツアリシニ、二三〇八「クラ」湾北方海ニテ敵巡洋艦四隻駆逐艦数隻ヨリナル部隊ヲ發見 二三一三距離約六〇〇〇米ニテ魚雷戰砲戰開始乙巡一隻撃沈一隻炎上セシム 各駆逐艦ハ次発装填後再ビ突入 〇〇〇五巡洋艦二隻駆逐艦数隻ヨリナル部隊(前者ト同一ナリヤ否ヤ不明)ニ対シ砲雷撃ヲ加ヘ乙巡一隻轟沈一隻炎上(大火災ヲ生ジ撃沈確実)セシメ〇〇三〇戰場ヲ離脱〇五一五「ブイン」ニ帰投セリ/(二)輸送隊 七月十発日夕刻「ブイン」出撃「ボーゲンビル」海峡「ベラ」海湾ヲ経テ十三日〇〇三〇「コロンバンガラ」泊地着陸軍第四十五聯隊一ヶ大隊野砲六聯隊山砲中隊合計一一〇〇名及物件約一〇〇屯ヲ揚搭無事「ブイン」ニ歸投セリ/(ハ)戰果 乙巡一隻轟沈一隻撃沈二隻炎上(内一隻轟沈確實)被害神通沈没/(二)記事 詳細増援部隊戰斗詳報第 號通』
  165. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.15-16『(ハ)七月十二日十三日結構ノSNB電令第三五九號ニ依ル緊急輸送 1.兵力部署/2.経過 輸送隊一二日一八一五「ブイン」出撃十三日〇〇三六泊地着〇一四三揚搭終了皈還中命ニ依リ〇五四五22dg(皐月水無月)反転神通遭難現場ニ向フ発見スルニ至ラズ〇七三五救助ヲ止メ皈投一一四〇「ブイン」皈着/3.戰果(1)陸軍歩兵一個大隊砲兵一個中隊計一〇四六名物件五〇噸「ドラム」缶三五個輸送 (2)被害ナシ』
  166. ^ 昭和18年7月20日(発令7月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1174号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092200 
  167. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.25『(一)4sd兵力ノ2sd編入竝ニ旗艦ノ変更』
  168. ^ #佐藤艦長続(文庫)380-381頁『ベテラン司令、再登場』
  169. ^ a b #S1807三水戦日誌(1)p.23『(ハ)17日.18日「ブイン」泊地対空戦斗 17日初雪望月入泊皐月ハ望月ヨリ水無月ハ初雪ヨリ夫々横付重油補給出撃準備中、0722ヨリ0741ニ至ル間敵大型機並ニ戦爆連合ノ大編隊来襲主トシテ泊地攻撃之ト交戦、初雪被弾約十個沈没、皐月水無月被爆小破、18日0715ヨリ戦爆連合約100機以上ノ「ブイン」泊地来襲ニ依リ望月小破、19日0800「ラバウル」着、修理ニ従事』
  170. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.7『4.七月十五日附外南洋部隊夜戰部隊編成セラレ當隊ハ夜戰部隊水雷戰隊ニ編入セラル |夜戰部隊|主隊|第七戰隊司令官|7S(熊野鈴谷)/水雷戰隊|第三水雷戰隊|川内/1N| |一六駆司令|(1)雪風(2)浜風(3)清波(4)夕暮/二二駆司令|(1)皐月(2)水無月|輸送隊| |三〇駆司令|(1)三日月(2)夕凪(3)松風| 但シ十八日附主隊ニ鳥海ヲ加ヘ輸送隊中夕凪ヲ水無月ニ変更サル』
  171. ^ a b #叢書96ガ島撤収後248頁
  172. ^ #豊田、雪風(文庫)261-264頁
  173. ^ a b #S1709八艦隊日誌(8)pp.34-37『七.一八 曇/七.一九 曇時時雨後曇/七.十九 二〇|夜戰部隊(イ)兵力部署 |(ロ)経過概要 主隊水雷戰隊ハ七月十八日二二〇〇「ラバウル」出撃十九日一七二〇「ショートランド」北口ニ於テ輸送隊ヲ合同「ボーゲンビル」水道ヲ南下二一〇〇「ベララベラ」島北方海面ニ於テ輸送隊ヲ分離中央水道ヲ進撃ス|(1)主隊水雷戰隊 「クラ」海湾北方海面ニ進出セシモ敵ヲ見ザルヲ以テ二三〇〇反転帰途ニ就ク之ヨリ先一九〇〇頃ヨリ敵機ノ執拗ナル触接ヲ受ケツツアリシニ二〇日〇〇三五ヨリ〇〇四五ニ亘リ「ベララベラ」島北方海面ニ於テ敵SBD雷撃機五機ト交戰爾後〇四〇三迄間歇的ニ来襲セル敵飛行機ト交戰シツツ「ショートランド」島南方ヲ経テ「ラボール」ニ向フ 此ノ間敵飛行機ノ雷撃ニ依リ二〇日〇〇三五夕暮沈没〇〇四五熊野中破(右舷二〇〇番「ビーム」附近大破口舵機故障二十四節航行可能)又夕暮ノ救援ニ向ヒタル清波〇二三〇以後消息ナク沈没セルモノト認メザルヲ得ザルニ至レリ|(2)輸送隊 一九日一九〇五ヨリ二二三〇迄敵機ノ触接攻撃ヲ受ケタルモ輸送ヲ決行二三四五「コロンバンガラ」着二〇日〇〇一五人員二八〇名物件一二〇屯揚搭完了歸途ニ就ク帰途〇一二〇ヨリ〇三二〇迄「ベラ」海湾及「ベララベラ」島北島海面ニテ敵十数機ノ連続執拗ナル爆撃ヲ受ケ三日月ノ外各艦小被害アリシモ一一〇八主隊ト合同一七三〇「ラバウル」ニ歸投セリ|(ハ)戰果 飛行機七機撃墜/被害 清波夕暮沈没 熊野中破 水無月松風小破(以下略)』
  174. ^ a b #S1807三水戦日誌(1)pp.16-17『(二)十九日SNB電令作第三八四號ニ依ル作戰 30dg(三日月)水無月松風ハ30dg司令指揮ノ下ニ外南洋部隊夜戰部隊輸送隊トシテ一五三〇「ブイン」出撃一七三〇主隊ト合同續行二一〇三主隊ト分離二一一六ヨリ常時敵機ノ触接攻撃ヲ受ケタルモ強行二三四三入泊〇〇一一揚搭終了後送者収容皈途ニ就ク〇一〇五ヨリ〇三一二迄約二時間敵夜偵ノ爆撃十数個ヲ受ケタルモ夫々之ヲ攻撃々退一一一〇主隊ト合同一七三五「ラバウル」着戰果敵機三機撃墜(内一機不確実)被害松風水無月被爆小破』
  175. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.24『(ホ)七月中旬以降22dg(皐月水無月)望月11dg(天霧)夕凪松風「ラバウル」ニ於テ應急修理ニ從事、22dg(皐月)望月二十九日、水無月夕凪三十日、11dg(天霧)松風三十一日夫々完成』
  176. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.45『三〇(天候略)一一五〇夕凪水無月白山丸国川丸ヲ護衛「トラツク」ニ向ケ「ラバウル」発』
  177. ^ #S1807三水戦日誌(1)pp.22-23『(六)艦船護衛(ハ)夕凪水無月、白山丸国川丸ヲ護衛「トラック」ニ向ケ三十日一一三〇「ラバウル」発八月二日一二三〇「トラック」着』
  178. ^ #S1807三水戦日誌(2)pp.32-33『一時指揮下ニ編入サレタル艦船部隊ノ行動』
  179. ^ #S1807三水戦日誌(2)p.29『(六)其ノ他(イ)二二駆(長月欠)三〇駆(三日月欠)夕霧ハ内地ニ 一一駆(天霧)ハ「トラツク」ニ在リテ損傷復旧工事並ニ修理整備ニ從事中/(ロ)一一駆(天霧)二二駆(文月)ハ三十日「トラツク」發「トラツク」「ラバウル」間船団護衛ニ協力ス』
  180. ^ #S1808佐鎮日誌(3)pp.19-21『十二日海軍大臣(宛略)驅逐艦皐月水無月望月改装工事ノ件訓令 部下海軍工廠ヲシテ驅逐艦皐月、水無月(呉)望月(佐世保)ニ對シ左記ニ依リ改装工事ヲ施行セシムベシ 記 一、工事要領 別圖要領ニ依リ次ノ工事ヲ施行スルモノトス(イ)四番砲及同弾薬ヲ撤去ス/(ロ)機銃ヲ左ノ通整備ス(一)二十五粍三聯装機銃二基(四番砲撤去跡ニ新設)/(二)二十五粍二聯装機銃二基(艦橋前方ニ新設)/(三)十三粍二聯装機銃一基(機械室情報現装ノモノヲ残置ス但シ同位置ニ二十五ミ粍機銃現装ノ艦ハ換装ス)/(四)右以外ノ現装十三粍機銃及七.七粍機銃ハ之ヲ撤去ス/(ハ)魚雷六ホンヲ残シ他ヲ撤去ス/(ニ)對艦式大掃具ヲ撤去ス/(ホ)魚雷格納筺ノ全部ヲ撤去ス/(ヘ)機雷爆雷()用軌道ハ爆雷投下ニ必要ナル最後部ノ一部ヲ残シ撤去ス/(ト)六糎高角双眼望遠鏡四個ヲ新設ス/(チ)必要ニ應ジ陸戰兵約五〇名ヲ便乗スルコトアルモ之ニ對シテハ特別ノ設備ヲ設ケズ(以下略)』
  181. ^ a b #S1807三水戦日誌(3)pp.47-49『(四)麾下並ニ一時指揮下ニ入ル艦船部隊ノ行動』
  182. ^ #S1807三水戦日誌(4)pp.26-27『(四)麾下並ニ一時指揮下ニ入ル艦船部隊ノ行動(イ)麾下艦船部隊』
  183. ^ #S1807三水戦日誌(4)pp.28-29『(ロ)一時指揮下ニ入リタル艦船部隊』
  184. ^ #叢書96ガ島撤収後299頁〔「セ」号作戦第二次計画〕
  185. ^ #叢書96ガ島撤収後300-302頁『「セ」号作戦実施経過』
  186. ^ #叢書96ガ島撤収後329-333頁『襲撃部隊による配備兵力の作戦輸送』
  187. ^ a b c 昭和18年10月25日(発令10月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1246号 p.42福山免職、p.44磯部補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 
  188. ^ 昭和18年11月10日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1257号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  189. ^ #叢書96ガ島撤収後386-388頁『水上部隊の第一回出撃―敵を逸す』
  190. ^ #叢書96ガ島撤収後382頁『連合軍のタロキナ上陸とわが航空攻撃』
  191. ^ #S1807三水戦日誌(5)p.30『(二)軍隊区分各部隊ノ任務』
  192. ^ a b c #叢書96ガ島撤収後390-391頁『第二回出撃―輸送隊の反転帰投』
  193. ^ #叢書96ガ島撤収後391-394頁『ボーゲンビル島沖海戦・その一』
  194. ^ a b c d #叢書96ガ島撤収後358-360頁
  195. ^ a b c #叢書96ガ島撤収後404頁
  196. ^ #S1807三水戦日誌(5)pp.20-24『(二)一時指揮下ニ入レル艦船』
  197. ^ a b #叢書96ガ島撤収後414-415頁『邀撃空戦と艦艇の被害』
  198. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.13-14『四麾下及一時指揮下ニ入リタル艦船ノ行動(イ)麾下艦船ノ行動』
  199. ^ a b #叢書96ガ島撤収後440-441頁『十一月下旬の作戦輸送再開』
  200. ^ #叢書96ガ島撤収後429-431頁『ブカ輸送と「セントジョージ岬沖海戦』
  201. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.54『(ハ)被害 大波巻波夕霧沈没(二十五日) 夕張小破(二十四日)』
  202. ^ #叢書96ガ島撤収後432頁
  203. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.6『長波「ラバウル」ニ在リテ待機中ノ所應急修理完成三日水無月曳航夕張護衛ノ下ニ「ラバウル」発八日「トラック」着』
  204. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.15『(4)31dg(長波)「ラバウル」ニ在リテ待機修理中ノ所三日水無月曳航夕張22dg(文月)護衛ノ下ニ「ラバウル」発八日「トラック」着原隊ニ復皈(NTB SYBヨリ除カル)爾後「トラック」ニ在リテ修理内地回航準備ヲナス下旬内地回航下令セラレタルモ延期セラル』
  205. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.46-47『八日一八四五(宛略)夕張第二十二駆逐隊(文月水無月)長波PT着』
  206. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.65『八(天候略)(略)長波被曳航「トラツク」着』
  207. ^ #五月雨出撃す268頁
  208. ^ #S1812三水戦日誌(1)p.50『十日一九〇六NTB指揮官(宛略)夕張ハPTニ於テ應急修理實施後内地ニ回航入渠修理整備内地ニ回航入渠修理整備ニ從事スベシ』
  209. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.13『十九日一一一〇夕張艦長(宛略)夕張五月雨NAA着』
  210. ^ 昭和18年12月17日(発令12月16日付)海軍辞令公報(部内限)第1283号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094900 
  211. ^ #S1812三水戦日誌(1)p.21『(イ)司令部(一)主要職員官氏名』
  212. ^ #叢書96ガ島撤収後442頁〔第三水雷戦隊司令官交迭〕
  213. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.52-53『十二日二〇〇〇22dg司令(宛略)当隊(水無月)RRニ向ケPT発「ステフエン」水道通過一四日着ノ予定 便乗者第三水雷戰隊司令部附候補生外五八名彈藥糧食三五噸 二号重油一五〇噸 大発一隻曳航』
  214. ^ #S1812三水戦日誌(2)p.3『十四日一二一〇夕凪駆逐艦長(宛略)夕凪機密第一四一二一〇番電 一二〇五水無月ノ曳航ニ依リ離礁セリ』
  215. ^ #S1812三水戦日誌(1)pp.17-19『(ロ)一時指揮下ニ入リタル艦船』
  216. ^ a b #叢書96ガ島撤収後442-443頁〔作戦輸送の再開〕
  217. ^ #S1902三水戦日誌(1)p.19『(艦名)水無月|(修理着年月日)一.一七|(修理完了(予定)月日)二.七|(修理地)トラツク』
  218. ^ 昭和19年1月15日(発令1月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1298号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095300 
  219. ^ a b c #叢書96ガ島撤収後487-488頁『一月、二月の駆逐艦輸送』
  220. ^ #野分物語(文庫)99頁
  221. ^ #S1812十戦隊日誌(2)pp.8-9『四.麾下艦船部隊ノ行動』
  222. ^ #野分物語(文庫)101-102頁
  223. ^ a b c d e f g #叢書96ガ島撤収後488-489頁『最後の駆逐艦輸送(二月十日)』
  224. ^ #S1812十戦隊日誌(3)p.5『(ヘ)十五日附4dg機動部隊ニ復皈』
  225. ^ #S1902三水戦日誌(1)p.26『(四)麾下及一時指揮下ニ入リタル艦船ノ行動(イ)麾下艦船』
  226. ^ #野分物語(文庫)106頁『トラック空襲』
  227. ^ #S1902三水戦日誌(1)p.13『備考 一.二十二駆逐隊司令十七日入院/二.文月十八日沈没/三.太刀風十八日沈没/四.三十駆逐隊司令駆逐艦ヲ二十六日夕月ニ変更』
  228. ^ #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八驅逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二驅逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  229. ^ #S1902三水戦日誌(3)p.55『二四(天候略)一.3sd(夕月《将旗》水無月)一三三〇「パラオ」西水道着一四四四内港着/二.秋風一四四〇「パラオ」着』
  230. ^ #S1902三水戦日誌(1)p.16-17『4.司令部ハ「ラボール」ニ於ケル燃料ノ補給ノ見込當分無キニ至リタルニ依リ當分ノ間同地ニ於ケル駆逐艦ノ行動不能トナルニ至リタルト航空兵力ノ撤退以後「ラボール」方面艦艇行動殆ド困難トナルニ至リ其ノ任務ヲ遂行シ得ザルニ至リタルトヲ以テ十九日将旗ヲ夕月ニ移揚シ二十日夕月水無月ヲ率ヰ第二回「ガブブ」輸送實施揚搭後「ガブブ」ヨリ「パラオ」行後送人員ヲ搭載セシメ二十一日午前「パラオ」行オ〇〇三船團護衛ノ爲合同地点ハ「ステツフエン」水道ニ向ヒタルモ同船團ノ行動予定ヨリモ遅レタルト當隊昨夜來終夜 午前中〇八〇〇頃迄ノ連續執拗ナル敵機ノ觸接攻撃ニ依リ対空戰闘ノ運動ノ爲燃料消費大トナリタルトニ依リ護衛行動不能ナルニ至リ單獨「パラオ」ニ回航二十四日「パラオ」着同日「トラツク」ヨリ明石ヲ護衛シ回航シ來レル秋風ヲ合同同地ニ在リテ待機ス』
  231. ^ #S1902三水戦日誌(3)p.21『二月二十五日一三五五(宛略)貴隊補給艦ハ夕月秋風ハ妙高、水無月ハ羽黒ヨリ補給量ハ貴信號通リ取計ハレ差支ナシ』
  232. ^ #S1902三水戦日誌(3)p.56『二五(天候略)』
  233. ^ #生と死の記録151頁『四月七日』
  234. ^ a b c d e f #飢餓の島(メレヨン守備隊年表)
  235. ^ #飢餓の島47-50頁『平穏だった航海』
  236. ^ #生と死の記録151-153頁『四月八日』
  237. ^ #徴傭船舶行動カ〜コ(7)p.1『木津川丸(略)一九.四.八 北緯一三度二〇分東経一四五度五分ノ地点ニ於テ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ航行不能トナリ駆逐艦(水無月)ニ曳航サレ大宮港入港四月中大宮島在泊以後消息不明』
  238. ^ #生と死の記録153-154頁『四月九日』
  239. ^ #飢餓の島56-58頁『メレヨン島に上陸』
  240. ^ #陽炎型(2014)286頁『雷(いかづち)』
  241. ^ #内令昭和19年5月(1)p.1『内令第六百十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年五月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十二驅逐隊ノ項中「水無月」ノ下ニ「、夕凪」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「夕月」ノ下ニ「、松風、秋風」ヲ加フ』
  242. ^ #S1811海護総司令部(3)p.11『三(略)「三五〇五」船團(旗艦朝凪)〇七三〇東京灣発』
  243. ^ a b #佐藤艦長続(文庫)169-170頁『「朝凪」小笠原海域に沈む』
  244. ^ #S1904船団護衛(1)pp.1-2『第三五〇三船団ノ護衛(一)横須賀鎮守府丁直接護衛部隊〔朝凪(旗艦)水無月 鴻 隠岐 第二四號海防艦 第三一號驅潜艇 第五二號驅潜艇 第八昭南丸〕及輸送船慶洋丸 筥崎丸 日和丸 江ノ島丸 美濃丸 大阪丸 恭國丸 復興丸 竜田川丸 神福丸 富國丸 黄浦丸 廣順丸 春川丸(以下十四隻)ハ五月三日〇九〇〇横浜沖鎖地ニ集合第三五〇三尖端部隊ノ編成ノ了シ本職指揮ノ下ニ同日横浜沖発諸訓練ヲ實施シツツ館山湾ニ回航翌四日一四〇〇館山湾出撃別圖第一ノ第二航路ヲ採リ「サイパン」ニ向フ』
  245. ^ #S1904船団護衛(1)p.2『(二)(略)第五二號駆潜艇ハ八日一八〇〇北硫黄島北西海面ニ於テ分離原隊ニ復帰ノ爲父島ニ向フ/(三)七日一九〇〇横鎮電令作第三四五號ニ依リ第一八號海防艦、第五一號駆潜艇及第八拓南丸ヲ「サイパン」方面所在ノ侭丁直接護衛部隊ニ編入セラル』
  246. ^ #S1904船団護衛(1)pp.2-5『(五)十日一七四三慶洋丸(PS G行施設機材輕油便乗者六〇三名)北緯一九度二七分東經一四〇度〇分ニテ突如船団後尾ニテ左舷一二〇度一〇〇〇米ヨリ雷撃三本ヲ受ケ一本艦橋前方左舷ニ命中シ第二、第三船舟倉ニ満水戰死行方不明計九七名負傷約七〇名ヲ出シタルモ乗員ノ必死ノ奮闘ニ依リ應急處置適切ニ實施セラレ尓後被害ヲ増大スルコトナク速力八.五節ニテ船団ニ續行「サイパン」ニ入泊セリ』
  247. ^ #S1904船団護衛(1)pp.5-6『(六)』
  248. ^ #S1904船団護衛(1)pp.5-6『(六)』
  249. ^ #S1904船団護衛(1)p.7『(八)』
  250. ^ #S1904船団護衛(1)p.7『(九)丁直接護衛部隊(欠隠岐、鴻、第八昭南丸)第三五〇三船団(輸送船十二隻)ハ十四日一二〇〇「サイパン」ニ入泊ス』
  251. ^ #S1811海護総司令部(3)p.14『一四(略)「三五〇五」船團一二〇五「サイパン」着/東松八號船團(旗艦皐月)〇四三〇「サイパン」ニ向ケ館山發』
  252. ^ #徴傭甲第5回の2(16)pp.1-2『(船名)台東丸|(船舶番號)四〇八七九|(總噸數)四四六六噸』-『五.二〇|サイパン|サイパン発航行中五月二十五日北緯一一度一二分東経一三五度一二分ノ位置ニ於テ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没ス 尚遭難ニ於テ戰死者六名、戰傷死八名ヲ出セリ』
  253. ^ a b c #あ号作戦日誌(2)pp.26-27『(2)若月 五日迄「タウイタウイ」ニアリテ警戒待機シツツ諸訓練ニ從事ス此ノ間二日一戰隊射撃曳的艦トシテ出動セリ 六日水無月ト共ニ興川丸ヲ護衛「バリクパパン」ニ向ケ発出港後間モナク水無月敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没之ガ救難ニ赴ク途中敵潜ノ雷撃ヲ被リタルモ被害ナシ 八日「バリツクパパン」着 九日良榮丸荒崎ヲ護衛「タウイタウイ」ニ向ケ出撃セルモ命ニ依リ途中ヨリ反転十日「バリクパパン」皈投、同地ニアリテ待機、十四日同地発KdBニ合同スベク單獨比島東方洋上ニ向フ(以下略)』
  254. ^ #戦藻録(1968)338頁『六月七日 水曜日 晴』
  255. ^ #あ号作戦(第2復員局)p.56『六-六』
  256. ^ a b c #あ号作戦日誌(2)p.36(第十戦隊各艦行動表)
  257. ^ a b #海上護衛戦(角川)260-261頁
  258. ^ #ニミッツの太平洋海戦史372-373頁『マリアナ沖海戦』
  259. ^ #あ号作戦(第2復員局)pp.30-31『(イ)前進根據地集結より出撃迄(略)然るに機動部隊の「タウイタウイ」進出は敵の偵知する處となつた如く五月下旬以來菲島南西部海面に敵潜水艦蝟集の情勢を招來し南西方面艦隊協力の下に艦艇及飛行機を以て對潜掃蕩を續行したが六月六日より九日迄の間に驅逐艦四隻相ついで敵潜に依り被害あり驅逐艦數は決戰時所要の最低限度に達したので艦隊泊地を變更し一時敵潜の配備をかわす必要を認めた(以下略)』
  260. ^ #内令(秘)昭和19年8月(3)p.9『内令第九三七號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年八月十日 海軍大臣|軍艦、航空母艦ノ部中「、飛鷹」ヲ、同敷設艦ノ部中「、津軽」ヲ削ル|驅逐艦、一等神風型ノ項中「、松風」ヲ、同卯月型ノ項中「、水無月」ヲ、同白露型ノ項中「白露、」「、春雨」ヲ、同不知火型ノ項中「、谷風」ヲ、同夕雲型ノ項中「、早波」ヲ削ル(以下略)』
  261. ^ #内令(秘)昭和19年8月(3)p.10『内令第九四一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年八月十日 海軍大臣 第十七驅逐隊ノ項中「谷風、」ヲ削ル 第二十二驅逐隊ノ項中「水無月、」ヲ削ル 第二十七驅逐隊ノ項中「白露、」及「、春雨」ヲ削ル 第三十驅逐隊ノ項中「松風、」ヲ削ル 第三十二驅逐隊ノ項中「早波、」ヲ削ル』
  262. ^ #内令(秘)昭和19年8月(3)p.11『内令第九四三號|横須賀鎮守府在籍 軍艦 津軽|呉鎮守府在籍 軍艦 飛鷹 右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 春雨|呉鎮守府在籍 驅逐艦 谷風|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 白露、驅逐艦 水無月、驅逐艦 松風|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 早波 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 呂號第百十六潜水艦、呂號第百十七潜水艦|呉鎮守府在籍 伊號第三十三潜水艦、呂號第百四潜水艦、呂號第百五潜水艦、呂號第百十四潜水艦|佐世保鎮守府在籍 伊號第百八十三潜水艦、伊號第百八十四潜水艦、伊號第百八十五潜水艦、呂號第百六潜水艦、呂號第百八潜水艦、呂號第百十一潜水艦|舞鶴鎮守府在籍 呂號第三十六潜水艦、呂號第四十二潜水艦、呂號第四十四潜水艦|右帝國潜水艦籍ヨリ除カル|舞鶴鎮守府在籍 第二十四號海防艦 右帝國海防艦ヨリ除カル|佐世保鎮守府在籍 特務艦 塩屋 右帝國特務艦籍ヨリ除カル|昭和十九年八月十日 海軍大臣』
  263. ^ #秘海軍公報昭和19年8月(4)pp.45-46『内令第九七七號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル|昭和十九年八月二十日 海軍大臣|第二十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「秋風」ノ下ニ「皐月、夕凪」ヲ加フ』
  264. ^ 昭和20年3月18日(発令昭和19年6月6日)海軍辞令公報(甲)第1749号 p.39』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103800 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]