刈萱 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
IJN destroyer Karukaya at China.jpg
艦歴
計画 1918年度(八六艦隊案
起工 1922年5月16日
進水 1923年3月19日
就役 1923年8月20日(第十八駆逐艦)
その後 1944年 5月10日戦没
除籍 1944年7月10日
性能諸元
排水量 基準:820トン
全長 83.8m
全幅 8.08m
吃水 2.51m
主缶 ロ号艦本式缶3基
機関 オールギアードタービン2基2軸
21,500shp
最大速力 35.5ノット
航続距離
乗員
兵装 12.0cm単装砲3基
6.5mm単装機銃2基
53cm連装発射管2基4門

刈萱(かるかや)は、日本海軍駆逐艦若竹型駆逐艦の8番艦である。

艦歴[編集]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』381-382頁による。

艤装員長[編集]

駆逐艦長[編集]

  • 原顕三郎 少佐:1923年8月20日 - 1925年12月1日
  • 中原達平 少佐:1925年12月1日 - 1926年11月1日
  • 猪瀬正盛 大尉:1926年11月1日 - 1927年12月1日
  • 矢野志加三 少佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  • 伊藤皎 少佐:1928年12月10日 - 1929年11月1日[1]
  • 渋谷紫郎 少佐:1929年11月1日[1] - 1932年4月1日
  • 有田貢 少佐:1932年4月1日 - 1933年5月25日[2]
  • 藤田友造 少佐:1933年5月25日 - 1933年11月15日
  • 一門善記 少佐:1933年11月15日 - 1934年1月11日[3]
  • (兼)中津成基 少佐:1934年1月11日 - 1934年2月1日[4]
  • 勢経雄 少佐:1934年2月1日 - 1934年10月22日
  • 山隈和喜人 少佐:1934年10月22日 - 1935年11月15日
  • 笹川博 大尉:1935年11月15日 - 1937年12月1日[5]
  • 吉田正一 少佐:1937年12月1日 - 1938年8月1日[6]
  • 千本木十三四 少佐:1938年8月1日 - 1940年6月15日[7]
  • 花見弘平 大尉:1940年10月15日[8] - 1941年9月1日[9]
  • 中尾小太郎 少佐:1941年9月1日 -
  • 益満行 大尉:1942年10月13日 -
  • 島田喜与三 大尉:1944年3月5日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  2. ^ 『官報』第1918号、昭和8年5月26日。
  3. ^ 『官報』第2106号、昭和9年1月12日。
  4. ^ 『官報』第2124号、昭和9年2月2日。
  5. ^ 海軍辞令公報 号外 第99号 昭和12年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  6. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第219号 昭和13年8月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  7. ^ 海軍辞令公報(部内限)第491号 昭和15年6月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078200 
  8. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  9. ^ 海軍辞令公報(部内限)第701号 昭和16年9月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081900 

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9