呂号第六十七潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
艦歴
計画 大正12年度艦艇補充計画
起工 1925年3月5日
進水 1926年3月18日
就役 1926年12月15日
除籍 1945年7月20日
その後 戦後、佐世保で桟橋として使用後に解体
性能諸元
排水量 基準:988トン 常備:1,060.3トン
水中:1,301トン
全長 76.20m
全幅 7.38m
吃水 3.96m
機関 ヴィッカース式ディーゼル2基2軸
水上:2,400馬力
水中:1,600馬力
速力 水上:15.7kt
水中:8.6kt
航続距離 水上:10ktで5,500海里
水中:4ktで80海里[1]
燃料 重油
乗員 48名
兵装 40口径8cm単装砲1門
53cm魚雷発射管 艦首6門
魚雷12本
備考 安全潜航深度:60m

呂号第六十七潜水艦(ろごうだいろくじゅうななせんすいかん)は、日本海軍潜水艦呂六十型潜水艦(L4型)の8番艦。

艦歴[編集]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』467頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 山崎重暉 少佐:1926年12月15日 - 1927年11月15日
  • 三戸寿 少佐:1927年12月1日 - 1928年12月15日
  • 林清亮 大尉:1928年12月15日 - 1929年11月5日[6]
  • 宮崎武治 大尉:1929年11月5日 - 1930年4月1日
  • 遠藤敬勇 大尉:1930年4月1日 - 1931年4月1日
  • 都築登 大尉:1931年4月1日 - 1931年12月1日
  • 岡田有作 少佐:1931年12月1日 - 1933年3月15日[7]
  • 遠藤敬勇 少佐:1933年3月15日 - 1934年2月21日[8]
  • (兼)浜野元一 少佐:1934年2月21日[8] - 1934年7月16日[9]
  • 清水太郎 少佐:1934年7月16日 - 1934年10月22日
  • (兼)都築登 少佐:1934年10月22日[10] - 1934年11月15日[11]
  • 大畑正 少佐:1934年11月15日 - 1936年2月15日
  • 広川隆 大尉:1936年2月15日 - 1937年11月15日[12]
  • 市川旦 大尉:1937年11月15日[12] -
  • (兼)上野利武 大尉:1938年4月19日[13] - 1938年6月10日[14]
  • (兼)河野昌道 大尉:1938年6月10日[14] - 1938年7月30日[15]
  • (兼)矢島安雄 少佐:1938年7月30日[15] - 1938年12月15日[16]
  • (兼)小川綱嘉 少佐:1938年12月15日[16] - 1939年3月20日[17]
  • (兼)宇野亀雄 少佐:1939年3月20日[17] - 1939年9月1日[18]
  • 成沢千直 少佐:1939年9月1日 - 1939年11月15日[19]
  • 大橋勝夫 少佐:1939年11月15日 - 1940年3月20日[20]
  • 渡辺勝次 少佐:1940年3月20日 - 1940年7月26日[21]
  • (兼)小比賀勝 少佐:1940年7月26日[21] - 1940年10月30日[22]
  • 吉留善之助 少佐:1940年10月30日[22] - 1941年10月31日[23]
  • 井元正之 少佐:1941年10月31日 -
  • 山口一生 大尉:1942年5月30日 -
  • 中山伝七 大尉:1942年8月26日 -
  • 江波戸和郎 大尉:1943年3月16日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『艦長たちの軍艦史』による。
  2. ^ a b c d e 『艦長たちの軍艦史』467頁。
  3. ^ 昭和13年6月1日付、内令第421号。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』150頁。
  5. ^ 『日本海軍史』第7巻、372頁では、「伊予灘で米軍により処分」とされている。
  6. ^ 『官報』第857号、昭和4年11月6日。
  7. ^ 『官報』第1861号、昭和8年3月15日。
  8. ^ a b 『官報』第2141号、昭和9年2月22日。
  9. ^ 『官報』第2262号、昭和9年7月17日。
  10. ^ 『官報』第2344号、昭和9年10月23日。
  11. ^ 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  12. ^ a b 海軍辞令公報 号外 第91号 昭和12年11月15日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  13. ^ 昭和13年 海軍辞令公報 完(部内限)4月』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073700 
  14. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第193号 昭和13年6月11日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  15. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第218号 昭和13年7月30日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074100 
  16. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号 昭和13年12月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  17. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第316号 昭和14年3月21日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075500 
  18. ^ 海軍辞令公報(部内限)第375号 昭和14年9月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076300 
  19. ^ 海軍辞令公報(部内限)第402号 昭和14年11月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076800 
  20. ^ 海軍辞令公報(部内限)第453号 昭和15年3月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077800 
  21. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第508号 昭和15年7月26日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078400 
  22. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第549号 昭和15年10月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079200 
  23. ^ 海軍辞令公報(部内限)第737号 昭和16年10月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082900 

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号・呂号・波号・特殊潜航艇他、光人社、1998年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9