太刀風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
IJN Tachikaze on trials Taisho 10.jpg
艦歴
計画 1918年度(八六艦隊案
起工 1920年8月18日
進水 1921年3月31日
竣工 1921年12月5日
その後 1944年2月18日戦没
除籍 1944年3月31日
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個

太刀風(たちかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型の11番艦である。艦名は太刀を振るった際に出る風を意味する。

艦歴[編集]

舞鶴海軍工廠で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入。

1933年(昭和8年)3月3日に発生した昭和三陸地震のとき、太刀風は第4駆逐隊に属して青森県の大湊要港部にあり、3隻の僚艦とともに出航した。太刀風は翌日早朝までに鮫(八戸市)に着き、救援にあたった[1]

日中戦争に際して、1937年(昭和12年)以降、華中の沿岸作戦、南部仏印進駐作戦に参加。

太平洋戦争では南方で輸送、海上護衛作戦に参加。

1941年12月8日、太刀風は不時着場確保などを目的とするカラヤン島攻略に従事した[2]。太刀風は横三特の1個小隊を乗せて12月7日に高雄より出撃し、12月8日にカラヤン島に陸戦隊を上陸させた[3]。12月9日、カラヤン島南岸で不時着機の乗員を救助[4]。同日、陸戦隊はカラヤン島より撤収し、太刀風は12月10日に高雄に戻った[4]

1944年(昭和19年)2月4日、太刀風は人員物資輸送のため向かったトラック島君島環礁で座礁した。17日にトラック島空襲に参加のアメリカ軍機と交戦し、翌18日朝にアメリカ軍機の攻撃を受け戦没した。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』231-232頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  • (心得)森繁二 少佐:1921年9月1日[5] - 1921年9月17日[6]

艦長[編集]

  • (心得)森繁二 少佐:1921年9月17日[6] - 1922年11月10日[7]
  • 池田武義 中佐:1922年11月10日 - 1923年10月15日[8]
  • (心得)神山忠 少佐:1923年10月15日[9] - 1924年12月1日[10]
  • 山下深志 少佐:1924年12月1日 - 1926年12月1日
  • 中田操 中佐:1926年12月1日[11] - 1927年12月1日[12] 同月5日より予備艦
  • (兼)難波正 中佐:1927年12月5日[13] - 1928年12月10日[14]
  • 難波祐之 少佐:1928年12月10日 - 1930年11月21日[15]
  • 田中頼三 少佐:1930年11月21日 - 1931年10月31日
  • 田原吉興 少佐:1931年10月31日 - 1932年2月12日[16] ※1931年12月1日より予備艦
  • 有賀幸作 少佐:1932年2月12日 - 1933年11月1日
  • 森可久 少佐:1933年11月1日 - 1935年3月15日[17]
  • 杉野修一 少佐:1935年3月15日 - 1935年8月26日[18]
  • 奥山鎮雄 少佐:1935年8月26日 - 1937年1月20日 同日より予備艦
  • (兼)勝見基 少佐:1937年1月20日 - 1937年8月18日[19]
  • 勝見基 少佐:1937年8月18日[19] - 1938年1月20日[20]
  • (兼)赤沢次寿雄 少佐:1938年1月20日 - 1938年3月5日[21]
  • (兼)工藤俊作 少佐:1938年3月5日[22] - 1938年7月1日[23]
  • 工藤俊作 少佐:1938年7月1日 - 1938年12月1日[24]
  • 吉田正一 少佐:1938年12月1日 - 1940年10月15日[25] ※1940年1月20日より予備艦
  • 菅間良吉 少佐:1940年10月15日 - 1941年9月20日[26]
  • 平佐田休 少佐:1941年9月20日 - 1942年12月27日戦死
  • 宮崎勇 少佐:1943年1月8日 -
  • 横田保輝 少佐:1943年2月27日 -

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤大介「昭和三陸津波と軍隊」218頁、山本和重・編『北の軍隊と軍港』(地域の中の軍隊1 北海道・東北)、吉川弘文館、2015年。
  2. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、166、200ページ
  3. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、200ページ
  4. ^ a b 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、201ページ
  5. ^ 『官報』第2727号、大正10年9月2日。
  6. ^ a b 『官報』第2741号、大正10年9月19日。
  7. ^ 『官報』第3085号、大正11年11月11日。
  8. ^ 『官報』第3347号、大正12年10月18日。
  9. ^ 『官報』第3348号、大正12年10月19日。
  10. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  11. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  12. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  13. ^ 『官報』第282号、昭和2年12月6日。
  14. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  15. ^ 『官報』第1172号、昭和5年11月24日。
  16. ^ 『官報』第1534号、昭和7年2月13日。
  17. ^ 『官報』第2459号、昭和10年3月16日。
  18. ^ 『官報』第2596号、昭和10年8月27日。
  19. ^ a b 海軍辞令公報 号外 第30号 昭和12年8月18日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072200 
  20. ^ 海軍辞令公報 号外 第125号 昭和13年1月20日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073300 
  21. ^ 『日本海軍史』第9巻、599頁。
  22. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第145号 昭和13年3月7日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073500 
  23. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第204号 昭和13年7月2日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074100 
  24. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 昭和13年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  25. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  26. ^ 海軍辞令公報(部内限)第716号 昭和16年9月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082100 

参考文献[編集]