パース (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HMAS Perth (AWM 301166).jpg
艦歴
発注
起工 1933年6月26日
進水 1934年7月27日
就役 1936年6月15日
退役
その後 1942年3月1日戦没
除籍
性能諸元
排水量 基準:6,830トン
全長 555 ft (水線長)
全幅 56 ft 8 in
吃水 15 ft 8 in
機関
最大速 32.5ノット (60.2 km/h)
乗員 士官35名、兵員611名
兵装

パース (HMAS Perth, D29) は、オーストラリア海軍軽巡洋艦パース級。1936年にイギリス海軍のアンフィオン (HMS Amphion) として就役し、オーストラリアへ売却されて1939年にパースとなった。

艦歴[編集]

アンフィオンはポーツマス工廠で建造された[1]。1932年12月1日発注[1]。 1933年6月26日起工、1934年7月26日(または7月27日[2])に進水し、1936年6月15日にポーツマスで就役した[1]

アンフィオンは第6巡洋艦戦隊に編入され、南アフリカへ移動しアフリカ艦隊の旗艦となった[1]。1938年末にはイギリスに戻り、改装工事を実施[1]

アンフィオンはオーストラリア政府に購入され、1939年6月29日にポーツマスでパースとしてオーストラリア海軍に就役した。

1939年7月26日、パースはオーストラリアへ向けてポーツマスから出航[3]。8月4日にニューヨークに到着[3]。8月16日まで滞在し国際博覧会に参加した[1]。8月21日、ジャマイカキングストンに到着[3]。8月23日に出航しパナマ運河へ向かう予定であったが、それは中止された[3]。、

第二次世界大戦開戦後、パースはカリブ海でタンカーの航路の防衛やドイツ商船の逃走阻止などに従事した[3]。10月4日からは重巡洋艦ベリックとともにキングストンからイギリスに向かうKJ3船団(45隻)を途中まで護衛した[4]。11月22日にパースはパナマ運河を通過し[4]、太平洋に出た。11月25日にココ島に到着し、カナダ海軍の駆逐艦オタワレスティゴーシュに給油を行った[4]。パースは11月29日にパナマ運河を通過しカリブ海に戻った[4]。1940年2月29日、キングストンを出航[5]。3月2日にパナマ運河を通過し[5]オーストラリアへ向かった。3月17日にタヒチ島パペーテに到着。3月25日にフィジースバに着き、3月31日にシドニーに到着した。

1940年終わりからパースは地中海で活動し、1941年3月にはマタパン岬海戦に参加、4月にはギリシャからの撤退を支援した。続いてクレタ島からの撤退を支援し、5月30日に爆撃で直撃弾を受けた。パースはアレクサンドリアで修理を受けた。修理完了後、6月26日にパースは、シリア・レバノンでの作戦を支援する部隊に加わり、フランス軍に対する砲撃などに従事した。

1942年頃のパース。

8月、パースはホバートと交代して整備や対空兵装強化のためのオーストラリアに戻った[6]。その完了後、パースは重巡洋艦キャンベラとともに1941年12月12日にシドニーから出港しブリスベンへ向かった[7]。3日後には軽巡洋艦アキリーズと合流し、ペンサコーラ船団の護衛を構成した[7]。その後、1942年末までパースは本国水域での船団護衛に従事した[8][9]

1942年1月31日、パースはシドニーから出航して2月10日にフリーマントルに着き、2月15日には軽巡洋艦アデレードに代わって空荷の4隻のタンカーと2隻の貨物船からなるMS4船団の護衛となった[9]。これは日本軍に侵攻前に蘭印から出来るだけ多くの石油を確保するための任務であった[9]。シンガポールが陥落するとパースと貨物船's Jacob以外はフリーマントルへ引き返させられた[9]。途中でオランダ船SwartenhondtとKarsikが加わったが、この作戦は2月21日に中止となった[9]。パースは3隻をフリーマントルから700海里以内まで護衛し、それから北上した[8][9]。2月24日にタンジョン・プリオクに着いた[8][9]。翌日、パースは重巡洋艦エクセター、駆逐艦ジュピターエレクトラエンカウンターとともにスラバヤへ移動しカレル・ドールマン少将麾下のABDA艦隊に加わった[8]

パースは1942年2月27日、重巡洋艦エクセター、ヒューストン、軽巡洋艦デ・ロイテルジャワなどとスラバヤを出撃、ジャワ島攻略に向かう日本軍の船団の護衛艦隊と交戦した。このスラバヤ沖海戦で連合軍は敗退し、28日、パースはヒューストンと共に離脱してタンジョン・プリオクに入港した。同日2隻は出港し、スンダ海峡経由でジャワ島南岸のチラチャップへ向かった。その途中日本軍の船団を発見、それを攻撃したが日本軍の護衛艦隊との交戦で2隻とも撃沈された(バタビア沖海戦)。

パースでは艦長を含め353名が死亡した[10][11]。パースの328名の生存者のうち4名は岸に着いた後死亡し、他は捕虜となった[12]。106名が泰緬鉄道建設などに動員され死亡し、うち38名はヒ72船団楽洋丸で移動中に米潜水艦の攻撃を受けて死亡した[13]、戦後まで生き残ったのは218名であった[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f HMAS Perth (I) | Royal Australian Navy(2018年10月29日閲覧)
  2. ^ Cruisers of World War Two, p.19
  3. ^ a b c d e Royal Australian Navy, 1939–1942, p.130
  4. ^ a b c d Royal Australian Navy, 1939–1942, p.131
  5. ^ a b Royal Australian Navy, 1939–1942, p.132
  6. ^ Bastock, Australia's Ships of War, p. 127
  7. ^ a b Gill, Royal Australian Navy 1939–1942, p. 510
  8. ^ a b c d Cassells, The Capital Ships, p. 93
  9. ^ a b c d e f g Gill, Royal Australian Navy 1939–1942, p. 580
  10. ^ Cassells, The Capital Ships, p. 94
  11. ^ Remembering 1942: The Cat Who Knew”. Australian War Memorial. 2015年6月29日閲覧。
  12. ^ a b Cassells, The Capital Ships, p. 95
  13. ^ [1]2019年11月29日閲覧

参考文献[編集]

  • G. HerMon Gill, Australia in the War of 1939–1945. Series 2 – Navy Volume I – Royal Australian Navy, 1939–1942, 1957
  • M. J. Whitley, Cruisers of World War Two: an International Encyclopedia, Naval Institute Press, 2000, ISBN 1-55750-141-6
  • Bastock, John (1975). Australia's Ships of War. Cremorne, New South Wales: Angus and Robertson. ISBN 0-207-12927-4. OCLC 2525523. 
  • Cassells, Vic (2000). The Capital Ships: Their Battles and Their Badges. East Roseville, New South Wales: Simon & Schuster. ISBN 0-7318-0941-6. OCLC 48761594. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]