檜 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
発注 1942年戦時建造補充(改マル5)追加計画
起工 1944年3月4日
進水 1944年7月4日
就役 1944年9月30日
その後 1945年1月7日戦没
除籍 1945年4月10日
性能諸元
排水量 基準:1,262t
公試:1,530t
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000
速力 27.8kt
航続距離 18ktで3,500海里
燃料 重油370t
乗員 211名/268名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm三連装機銃 4基
25mm単装機銃 12基
九二式61cm4連装魚雷発射管 1基
(予備魚雷なし)
爆雷投射機 2基 爆雷投下軌条 2基
二式爆雷 36個
電探 二号二型(対水上用)
一号三型(対空用)
水測装置 九三式探信儀
九三式聴音機

(ひのき)は、大日本帝国海軍駆逐艦松型(丁型)の16番艦である。日本海軍の艦名としては2代目(初代は二等駆逐艦「桃型」3番艦「」)。丁型一等駆逐艦第5502号艦として横須賀工廠で建造された。

艦歴[編集]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊高間完少将海軍兵学校41期)に編入。燃料ポンプの歯車破損の修理を行った上で[2]瀬戸内海に回航され訓練に従事する。10月17日、アメリカ軍がフィリピン、レイテ湾スルアン島英語版に上陸し、日本軍捷一号作戦を発動した。この作戦は小沢治三郎中将(海兵37期)が率いる機動部隊が囮となって第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)をひきつけ、その隙に栗田健男中将(海兵38期)率いる第二艦隊主力がレイテ湾に突入しアメリカ軍の上陸部隊を撃破するというものであった。第十一水雷戦隊旗艦軽巡洋艦多摩」は「」とともに機動部隊に加わり[3]、海戦に出陣しない高間少将[4]はこれを機会に第十一水雷戦隊の旗艦を変更することとなる。10月18日10時を期して第十一水雷戦隊の旗艦となり、11月23日に「」に変更されるまで旗艦の任務を務めた[5]。11月15日に「」「杉」「」「」とともに第五十二駆逐隊(岩上次一大佐・海兵60期)を編成[6]。11月23日付で第五十二駆逐隊は第三十一戦隊江戸兵太郎少将・海兵40期))に編入された[7]。11月25日、昭南に向かうヒ83船団を空母海鷹」、「樅」「」などとともに護衛して門司を出撃[8]高雄到着後はヒ83船団と別れ、12月3日に高雄を出港して馬公経由で[9]呉に帰投後、12月17日に「時雨」「樅」とともにマニラ方面への緊急輸送任務に就く空母「雲龍」を護衛して呉を出撃する[10]。しかし、2日後の12月19日に「雲龍」は東シナ海でアメリカ潜水艦レッドフィッシュ (USS Redfish, SS-395) の攻撃により沈没する。「雲龍」沈没後から反撃を開始し、約46メートル、次いで約70メートルの深度に潜むレッドフィッシュに対して12発の爆雷を投下[11]。二度目の攻撃では爆雷9発を投下して油圧計や音響装置を破壊し、1人の乗組員が突然開いたドアに頭部を激突させ、その衝撃で耳がちぎれ飛んだ。電池も亀裂が走り電気系統もダメになった[12]。レッドフィッシュは沈没を免れたものの、これ以上の哨戒を断念して真珠湾に戻っていった[13]。レッドフィッシュを追い払った後はそのまま南下して高雄に入港し、12月22日に出港して12月24日にマニラに到着[14]。12月中は樅とともにマニラとサンジャックカムラン湾との間で輸送任務に従事した[15]

12月31日、樅とともに特設給糧船「生田川丸」(元イタリア船カリテア、4,013トン)[16][17]を護衛してサンジャックを出港し、1945年(昭和20年)1月4日にマニラに到着[18]。翌日には「生田川丸」を連れてマニラを出港[19]。しかし、この時ルソン島西岸部にはリンガエン湾を目指すアメリカ艦隊と輸送船団が、幾度かの神風特別攻撃隊の攻撃に遭いながらも北上中だった。これを見た南西方面艦隊司令長官大川内傳七中将(海兵37期)は、輸送船団への殴りこみ攻撃を命令する[20]。「生田川丸」を逃した後、午後には掃海担当の第77.6部隊の背後に躍り出て第77.6部隊を驚かせた[21]。第77.6部隊を護衛していたオーストラリア海軍スループワレーゴ (HMAS Warrego, U73) とガスコーニュ (HMAS Gascoyne, K354) 、助太刀に来たアメリカ駆逐艦ベニオン (USS Bennion, DD-662) と交戦するが、約一時間の交戦でさしたる戦果も被害もなかった[22]。避退後間もなく、第77任務部隊の護衛空母から発進した艦載機の攻撃が始まり、多数の至近弾を受けて缶室が焼け、一時航行不能となる[23]。さらに潜水艦の雷撃を受けたが回避し、応急修理で12ノットの速力が出るまでに回復させてマニラに帰投した[24]。ともに行動していた「樅」は、舵を損傷した後の19時10分に航空魚雷が命中して沈没した[25]

1月7日午後、再度サンジャックへの脱出を試みてマニラを出港する[26]。しかし、リンガエン湾へ向かう輸送船団のうちサン・ファビエン上陸に派遣された輸送船団と遭遇[26]。その護衛艦艇の内の駆逐艦チャールズ・オースバーン (USS Charles Ausburne, DD-570) がレーダーで「檜」を捉えて調査に向かい、照明弾で「檜」を照らし出した[27]。チャールズ・オースバーンは「檜」に対して砲撃を行い、その間別の駆逐艦ブレイン (USS Braine, DD-630) が「檜」を照らし出した[27]。「檜」は東方へ逃走するも砲火を散々浴びた末に爆発を起こし、後部から沈没していった[26]。「檜」も反撃したが、チャールズ・オースバーンには命中弾はなかった[27]。駆逐艦ラッセル (USS Russell, DD-414) が生存者を捜索したものの発見できず[28]、岩上司令、駆逐艦長山口浩少佐(海兵64期)以下乗員全員が戦死した。4月10日に除籍。

歴代艦長[編集]

艦長[編集]

  1. 山口浩 少佐:1944年9月30日 - 1945年1月7日戦死[29]

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.8
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.11,12
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.26,28
  4. ^ 木俣『日本水雷戦史』532ページ
  5. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.27,66
  6. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.56
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.59
  8. ^ 『第一海上護衛隊戦時日誌』pp.52 、駒宮, 297ページ
  9. ^ 『第五艦隊戦時日誌』pp.21
  10. ^ 『軍艦雲龍戦闘詳報』pp.3
  11. ^ 「SS-395, USS REDFISH」p.144,145 、木俣『敵潜水艦攻撃』270ページ
  12. ^ 木俣『敵潜水艦攻撃』270ページ
  13. ^ 「SS-395, USS REDFISH」p.149
  14. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.8,14
  15. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.8,16,17
  16. ^ 1943年9月9日のイタリアの無条件降伏の際、神戸港で自沈を図ろうとして阻止され日本側に拿捕される(『大阪警備府戦時日誌』pp.4)
  17. ^ 正岡, 84ページ
  18. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.23,26
  19. ^ 木俣『日本水雷戦史』609ページ
  20. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.27
  21. ^ 木俣『日本水雷戦史』610ページ
  22. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.29,30 、木俣『日本水雷戦史』610、611ページ
  23. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.30,31
  24. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.30
  25. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』pp.29,30 、木俣『日本水雷戦史』611ページ
  26. ^ a b c 木俣『日本水雷戦史』612ページ
  27. ^ a b c The U.S. Navy Against the Axis, p.290
  28. ^ 木俣『日本水雷戦史』612、613ページ
  29. ^ 『艦長たちの軍艦史』368頁。

参考文献[編集]

  • 大阪警備府司令部『自昭和十八年九月一日至昭和十八年九月三十日 大阪警備府戦時日誌』(昭和18年6月1日~昭和18年12月31日 大阪警備府戦時日誌(3))アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030499700
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127700
  • 第一海上護衛隊司令部『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌』(昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030141700
  • 第一航空戦隊雲龍『昭和二十年三月二日 軍艦雲龍戦闘詳報 昭和十九年十二月十九日東支那海ニ於ケル対潜戦闘』(昭和19年12月19日 軍艦雲龍戦闘詳報) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030585900
  • 第五艦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第五艦隊(第三遊撃部隊)戦時日誌』(昭和19年11月1日~昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030019900
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
  • SS-395, USS REDFISH(issuuベータ版)
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎『敵潜水艦攻撃』朝日ソノラマ、1989年、ISBN 4-257-17218-5
  • 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦』学習研究社、2003年、ISBN 4-05-603251-3
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 正岡勝直編「小型艦艇正岡調査ノート5 戦利船舶、拿捕船関係」『戦前船舶資料集 第130号』戦前船舶研究会、2006年
  • Vincent P. O'Hara, The U.S. Navy Against the Axis: Surface Combat 1941-1945, Naval Institute Press, 2007, ISBN 978-1-59114-650-6