榎 (橘型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 1944年(昭和19年)度計画
建造所 舞鶴海軍工廠
起工 1944年10月14日
進水 1945年1月27日
就役 1945年3月31日竣工
除籍 1945年9月30日
その後 1948年解体
要目(計画値)
排水量 基準:1,262トン
公試:1,530トン
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000馬力
速力 27.8ノット
航続距離 18ノットで3,500海里
燃料 重油370トン
乗員 211名/335名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm連装機銃 4基
25mm単装機銃 12基
61cm4連装九二式魚雷発射管 1基4門(予備魚雷なし)
九四式爆雷投射機 2基、爆雷投下軌条×2、(二式爆雷 36発)
四式水中聴音機

(えのき)は日本海軍駆逐艦。仮称4812号艦、橘型(改松型)駆逐艦として舞鶴海軍工廠で建造された。

艦名は植物のによる。艦名としては楢型駆逐艦の6番艦「」に続いて2代目。

艦歴[編集]

竣工後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将・海軍兵学校41期)に編入。4月8日に瀬戸内海西部に回航し訓練に従事する。やがて、第十一水雷戦隊は瀬戸内海への機雷投下を避けて日本海側に移動することとなる。5月27日に舞鶴に到着するも、舞鶴鎮守府から「空襲の際に刺激となる」との理由で、舞鶴以外の場所へ移動するよう要請を受ける[2]。そこで、6月に入って小浜湾に移動することとなった[3]

6月26日昼過ぎ、小浜湾内の錨地に入泊した際に触雷する。小浜灯台の310度750メートル地点に曳航され、右に32度傾いた状態かつ艦尾を着底させ[4]艦橋の一部を水面に露出した状態で擱座。そのまま終戦を迎えた。9月30日除籍、1948年(昭和23年)6月から7月1日に三菱七尾造船所で解体された。

駆逐艦榎慰霊碑[編集]

1981年6月26日遺族や生存者らにより慰霊碑が、擱坐地点を見下ろす遊歩道脇に建立された。碑文は以下のとおり。

第十一水雷戦隊駆逐艦榎此地に於て終焉す

太平洋戦争の戦局急を告ぐる昭和二十年六月二十六日米軍機の投下せる機雷に触雷 艦後部を大破浸水戦闘機能を喪失しあまた尊き殉國の友を失う 痛恨極まりなし爾来三十有余年 我々元乗組員一同相諮り慰霊碑の建設を企画せり願わくば此小碑が 駆逐艦榎 最後の地を記念し更には散華せる戦友の鎮魂の礎石として又我国の平和と繁栄を希求し萬世に亘り風光明媚な此地小浜湾の波静かならん事を願って此碑を建立す

昭和五十六年六月二十六日

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』371頁による。

艤装員長[編集]

  1. 若松武次郎 大尉 1945年3月1日-

駆逐艦長[編集]

  1. 若松武次郎 大尉 1945年3月31日-

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.6
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.54
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128100, pp.5
  4. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128100, pp.16

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和二十年五月一日至昭和二十年五月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128000
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年六月一日至昭和二十年六月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(7)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128100
  • 福井静夫『終戦と帝国艦艇 わが海軍の終焉と艦艇の帰趨』出版協同社、1961年
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.43 松型駆逐艦』(学習研究社、2003年) ISBN 4-05-603251-3