桐 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
基本情報
建造所 横須賀海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
級名 松型駆逐艦
艦歴
発注 1942年戦時建造補充(改マル5)追加計画
起工 1944年2月1日
進水 1944年5月27日
竣工 1944年8月14日
除籍 1945年10月5日
その後 1947年7月29日、賠償艦としてソ連に引き渡される。ソ連海軍にて1969年まで使用。
要目
基準排水量 1,262t
公試排水量 1,530t
全長 100.00m
最大幅 9.35m
吃水 3.30m
ボイラー ロ号艦本式缶 2基
主機 艦本式タービン 2基2軸
出力 19,000hp
速力 27.8kt
燃料 重油370t
航続距離 18ktで3,500
乗員 211名 / 257名[1]
兵装
レーダー
ソナー
テンプレートを表示

(きり)は、大日本帝国海軍駆逐艦[2]松型(丁型)の6番艦である[3][4]。日本海軍の艦名としては2代目[5](初代は大正時代の二等駆逐艦「樺型」10番艦「」)[6]

概要[編集]

一等駆逐艦(きり)は、日本海軍が太平洋戦争末期に運用した松型駆逐艦。丁型一等駆逐艦第5486号艦として横須賀海軍工廠で建造され[5]1944年(昭和19年)8月14日に竣工した[7]。訓練部隊の第十一水雷戦隊に所属したあと、10月10日付で第三十一戦隊隷下の第43駆逐隊に編入される[8]捷一号作戦では小沢機動部隊に所属して出撃したが[9]10月24日に燃料不足となり松型2隻(桐、杉)は引き返した[10]

11月上旬、第三十一戦隊と第四航空戦隊日向伊勢)は内地を出撃し[11]、「桐」は馬公南沙諸島を経由してマニラに進出した[12]。この間には、ブルネイから内地へもどる第一遊撃部隊を台湾周辺まで護衛した[注釈 1]

12月9日以降[18]レイテ島西岸オルモック揚陸を目指す第九次多号作戦に参加した[19][注釈 2]12月12日未明にオルモック湾でアメリカ軍の駆逐艦と交戦し、さらに日中の空襲で「夕月」が沈没したので[25]、生存者を「桐」と第140号輸送艦が救助した[26]。この戦闘で「桐」は損傷して内地での修理を命じられ[27]1945年(昭和20年)1月上旬に内地帰投[28]呉海軍工廠で修理をおこなった。その後は内海西部で行動して終戦を迎え、ソ連に引き渡された[5]

艦歴[編集]

建造~訓練[編集]

仮称艦名第5486号艦として横須賀海軍工廠で建造され、1944年(昭和19年)2月1日に起工した[29]5月27日、進水[29]。同27日付で「」と命名[2]、松型駆逐艦に類別される[4]横須賀鎮守府[30]7月1日、川畑誠少佐(当時、重巡鈴谷水雷長)は桐艤装員長に任命される[31]7月7日、横須賀海軍工廠の桐艤装員事務所は事務を開始する[32]7月25日、艤装員事務所を撤去する[33]。 8月14日、竣工した[29]。同14日付で、川畑少佐は制式に桐駆逐艦長となった[34]。就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(司令官高間完少将海軍兵学校41期)に編入。残工事を終えて[35]瀬戸内海に回航され、出撃準備を整えた。当時の十一水戦旗艦は軽巡洋艦「多摩」であった[36]

レイテ沖海戦[編集]

1944年(昭和19年)10月10日付で、「桐」は第三十一戦隊(司令官江戸兵太郎少将・海兵40期)麾下の第43駆逐隊に編入される[8][37]。その一週間後の10月17日[38]アメリカ軍がフィリピン、レイテ湾スルアン島に上陸を開始した[39][40]。 翌18日朝に日本海軍は捷一号作戦警戒を発令[41] 夕刻に日本軍捷一号作戦を発動した[42][43]。 この作戦は第三艦隊司令長官小沢治三郎中将(海兵37期)が率いる機動部隊が囮となって第38任務部隊をひきつけ、その隙に第二艦隊司令長官栗田健男中将(海兵38期)率いる第一遊撃部隊[注釈 3]がレイテ湾に突入しアメリカ軍の上陸部隊を撃破するというものであった(レイテ沖海戦、両軍戦闘序列[44]

小澤機動部隊の護衛は第二遊撃部隊(第五艦隊)が担当していたが、台湾沖航空戦の「残敵掃討」に投入されてしまった[45][46]。このため第三航空戦隊第四航空戦隊の警戒兵力が不足し、連合艦隊は内地所在の第十一水雷戦隊から2隻(軽巡多摩、駆逐艦)を[47]、対潜掃蕩部隊の第三十一戦隊から一部兵力(五十鈴、秋風、桐、桑、槇、海防艦複数隻)を[48]、機動部隊に編入した[49][50]。 第三十一戦隊は訓練や整備時をのぞき軽巡洋艦五十鈴」に将旗を掲げていたが、捷一号作戦では「大淀」を旗艦とした[51]。四航戦のうち空母「隼鷹」と「龍鳳」は搭載する航空隊がなく、出撃しなかった[52]。出撃各艦は内地残留の「隼鷹」から燃料を補給した[48]

10月20日夕刻[53]空母4隻と航空戦艦2隻[54]を基幹とする小沢機動部隊は豊後水道を出撃した[注釈 4][注釈 5]。 10月22日、「桐」は「大淀」から重油の洋上補給を行うも[58]、予定の100トンに対して30トンしか補給できなかった[注釈 6]10月23日午前より、小沢機動部隊は対潜警戒を主とした第一警戒航行序列から、対空警戒を主とした輪形陣に切り替えた[60][61]。輪形陣は、第五群(瑞鶴瑞鳳伊勢、大淀、多摩、初月秋月若月、杉、桐)と、第六群(千代田千歳日向、五十鈴、霜月)にわかれていた[62]

10月24日、上空警戒にあたっていた「瑞鶴」の零戦1機が着艦に失敗して海上に墜落し、「桐」と「杉」が捜索を行う。この分離について『戦史叢書56巻』240ページでは「小沢長官(瑞鶴)は燃料不足になった桐に杉を付し台湾高雄に退避させた」と記述している[注釈 7]。 捜索後、同24日深夜には第四航空戦隊[注釈 8]日向伊勢[66]及び秋月型駆逐艦4隻(初月若月秋月霜月)からなる機動部隊前衛部隊に「桐」と「杉」は再合流、前衛部隊に後続する事とした[67]。しかし同時刻に上空を飛行していた空母「インディペンデンス」所属の夜間哨戒機を発見し、同機の発した無線通信[注釈 9]が艦内電話に混線した事などもあり、川畑艦長はこの前衛部隊を米軍機動部隊であると誤認、松型2隻(桐、杉)で反転離脱する事となった[68][69]。その後、「燃料の余裕がない」との機関長の進言もあって「杉」とともに高雄に向かった[70]。 23時53分[71]、小沢長官は「前衛(四航戦)と杉は本隊に合同せよ。桐は奄美大島で補給した上で合同せよ」と命じた[注釈 10]。この命令があったものの、「桐」と「杉」は機動部隊と再合流できず、2隻とも10月25日エンガノ岬沖海戦に参加していない[70]10月26日午前9時30分に高雄市到着、つづいて奄美大島に向かい29日着[73]。補給部隊のタンカー「たかね丸」(日本海運、10,021トン)から200トンの重油を補給してもらった[74][75]。同日に「杉」と「桐」は奄美大島を出港し、翌10月30日にに帰投した[76]

南西方面作戦[編集]

11月9日、南方輸送部隊「H部隊」は日本本土を出発する[注釈 11][注釈 12] [注釈 13]。 すなわち第四航空戦隊[85](司令官松田千秋少将)航空戦艦日向伊勢[86]第三十一戦隊(旗艦五十鈴[87]、秋月型駆逐艦霜月[88][注釈 14]、松型駆逐艦、桐、 )として北九州を出撃した[91]。マニラ到着後、南西方面部隊に編入されることが発令されていた[11]。 航海途上の11月11日15時、H部隊は澎湖諸島馬公に入港して補給を開始した[77]。「桐」は強風により港内で座礁する。12日夕刻、H部隊は馬公を出発した[77]。 翌13日、米軍機動部隊艦上機の襲撃により、マニラ在泊の日本海軍艦船は大損害を受けた[92]。マニラ大空襲の情報により、H部隊は新南群島退避を命じられる[93]14日14時、H部隊は新南群島北険錨地に入泊した[77]。翌15日第一号型輸送艦3隻(6号、9号、10号)が到着し、マニラ行の積荷や便乗者を託した[94]11月17日、ここでH部隊は分割された[注釈 15]。「五十鈴」等はマニラへ向かい[注釈 16]、5隻(日向、伊勢、霜月、梅、桐)は[77]、いったん南沙諸島長島に移動した[95]。 長島泊地では、マニラから脱出してきた第一水雷戦隊司令官木村昌福少将指揮下の駆逐艦3隻[95][96])が停泊していたので[97]、燃料を補給した。

この頃11月16日夕刻にボルネオ島ブルネイ湾を出港して日本本土にむけ航行中だった第一遊撃部隊[98](戦艦大和長門[99]金剛、軽巡矢矧、第17駆逐隊〈浦風雪風浜風磯風〉)が南シナ海を北上していた[100][17]。 「桐」と「梅」は連合艦隊から第一遊撃部隊の護衛を命じられていたので出動した[注釈 17] [注釈 18]17日18時30分、第一遊撃部隊に合流[103]、護衛を開始する[注釈 19]。 また悪天候に翻弄される駆逐艦に対し、旗艦の「大和」から「桐は大丈夫か」という信号が何度もあったという[79]。「直衛任務を解き原隊に復帰せよ」との命令があり[79]20日午前11時すぎまで護衛に協力した後[107]、「桐」と「梅」は馬公に帰投した[108][注釈 20]。 松型2隻分離後の21日未明[110]、アメリカ軍潜水艦シーライオン (USS Sealion, SS-315) が第一遊撃部隊を襲撃する[注釈 21]。シーライオン(II)の雷撃により「金剛」[113][114]と「浦風」[115]が沈没した[116][注釈 22]。「金剛」では第三戦隊司令官鈴木義尾中将や島崎利雄艦長など[118]、約1,300名が戦死した[119]。「浦風」では第17駆逐隊司令谷井保大佐以下全乗組員が戦死した[120]。川畑(当時、桐駆逐艦長)は「もうちょっと護衛していたら、「金剛」もぶじだったのではないかと、残念でしたねえ。」と回想している[79]

この間の11月20日付で第一水雷戦隊が解隊された[121]。 一水戦司令官木村昌福少将が、第二水雷戦隊司令官に任命された[122][123]。 同20日付で、第三十一戦隊は第五艦隊に編入された[12]。第一遊撃部隊を見送った「桐」は馬公に戻る[79][注釈 23]12月3日、マニラ輸送作戦を終えた空母「隼鷹」と駆逐艦3隻(冬月[126]涼月[127]、槇[83])が馬公に到着した[128]12月5日朝、内地へ戻る戦艦「榛名」と護衛の駆逐艦2隻(初霜)が馬公に到着した[129]。「霞」と「初霜」の榛名護衛任務は馬公までと定められていた[130][注釈 24]。 翌6日未明、「榛名」と隼鷹隊は馬公を出発し[132]、内地にむかった[注釈 25]。同6日朝、駆逐艦3隻(初霜、霞、桐)は馬公を出発、「桐」は途中で分離してマニラにむかった[135]

12月中旬、第九次多号作戦が実施されることになった[20]。アメリカ軍はすでにレイテ島西岸オルモックに上陸し[19]レイテ島地上戦の戦局は一変していた[136]。 第30駆逐隊司令澤村成二大佐が指揮する駆逐艦3隻(夕月卯月 )、第21駆潜艇隊(第17号駆潜艇、第37号駆潜艇)、輸送船3隻(空知丸、美濃丸、たすまにあ丸)、第140号輸送艦第159号輸送艦海軍陸戦隊特二式内火艇10輌)[23]セブ島の特殊潜航艇基地[注釈 26]行きの第9号輸送艦(特殊潜航艇甲標的 2隻搭載)[138]レイテ島西岸のオルモック湾を目指した[139]。米軍機動部隊の来襲を予期し、情況によりオルモック北西約25kmパロンポン英語版に揚陸地点を変更することになった[138]

12月9日14時[140]、第九次多号作戦部隊はマニラを出撃する[18][141]。 翌10日には早くも偵察機に発見された[142]12月11日朝からB-24P-38F4U の波状攻撃を受ける[143]。この作戦時、「桐」は25mm機銃を増強しており、艦長や砲術長は7から10機を撃墜したと述べている[144]。12時30分、第9号輸送艦は船団から分離してセブ島に向かい、任務を終えてマニラへ戻った[142]。15時以降の空襲で「美濃丸」と「たすまにあ丸」が航行不能となり、「空知丸」はパロンポン揚陸を命じられた[145]。「桐」は航行不能船から陸兵約600名を収容した[146]。午後6時以降、第九次多号作戦部隊は二分され、第21駆潜隊司令宮下亮中佐が指揮する駆潜艇2隻と駆逐艦「卯月」は溺者救助と「空知丸」護衛のためパロンポロンに残った[注釈 27]。30駆司令直率2隻(夕月、桐)は第140号輸送艦および第159号輸送艦を護衛して進撃を続行、午後10時ころオルモック湾に突入した[145]。オルモック西方2km地点で強行揚陸を開始したが[148]、この頃すでにオルモックにはアメリカ軍第77師団がいて日本軍の姿はなく、第159号輸送艦は陸上からの砲撃を受けて炎上した[149]。さらに、南方からは第77師団に対するアメリカ軍補給部隊が駆逐艦5隻に守られてオルモックに向かいつつあった。

12月12日0時15分、発見したアメリカ駆逐艦コグラン (USS Coghlan, DD-606) に対して照射砲撃を開始した[150]。さらに肉薄して雷撃を行ったものの命中しなかった[151]。コグランは一旦退却して他の駆逐艦を連れてオルモック湾に引き返してきた[152]。この砲撃戦で命中弾はなかったものの、日本側2隻は湾外に脱出した[148]。午前3時30分、「桐」は30駆司令の下令によりパロンポンへ移動し、午前6時45分より陸兵約600名を揚陸した[148][153]。午前7時20分にパロンポンを出発し、マニラへ帰投中の駆潜艇2隻と「空知丸」においついて合流した[148]。午前11時すぎ、「桐」は反転して「夕月」との合流を目指した[154]。 12時30分、オルモック湾から脱出してきた2隻(夕月、第140号輸送艦)と合流した[148]。3隻(夕月、桐、140号)はマニラへ向けて北上したが[155]、16時22分から再び46機のF4U による空襲を受け、「桐」は至近弾で右舷機械が損傷して一軸航行となり[156]、戦死者12名を出した[152]。「夕月」も缶室に爆弾2発が命中して航行不能となる[142]。このため、第140号輸送艦とともに「夕月」の乗員および第30駆逐隊司令などを収容の後[26]、20時27分に北緯11度38分 東経123度29分 / 北緯11.633度 東経123.483度 / 11.633; 123.483の地点で「夕月」を砲撃処分した[157]。12月13日19時[142]、夕月生存者を乗せた2隻(桐、第140号)は[26]、マニラに帰投した[158]。 同時期、アメリカ軍がミンドロ島に攻勢を開始した[159]。レイテ戦局の転換にともない[160]、この第九次作戦をもって多号作戦は中止され、第十次多号作戦は実施されなかった[161][162]。12月15日、南西方面艦隊は「桐」の呉帰投と修理を命じた[27]

太平洋戦争末期[編集]

1945年(昭和20年)1月4日、「桐」はタモ04船団を護衛して基隆を出発した[注釈 28]。内地帰投後の「桐」は呉海軍工廠で3月まで本格的修理を行った[164]。修理中の2月5日付で第五艦隊が解隊されて第十方面艦隊が新編され[165]、第三十一戦隊は連合艦隊付属を経て[166]3月15日付で第二艦隊に編入された[167]

4月20日、第二艦隊と第二水雷戦隊の解隊により、第三十一戦隊は連合艦隊付属となった[168]。 5月20日、第三十一戦隊と軽巡洋艦「北上[169](人間魚雷回天母艦)などで海上挺進部隊が編成され、「桐」も同部隊に所属した[170]。その後は瀬戸内海で回天との訓練に従事し、7月に入ると柳井で待機した[171]。そのまま8月15日の終戦を迎えた。10月5日に除籍され、12月1日に特別輸送艦となり復員輸送に従事する。

ソ連時代[編集]

1947年(昭和22年)7月29日、ソビエト連邦に賠償艦としてナホトカで引き渡される。艦名は「復活した」という意味のヴォズロジュジョーンヌイロシア語:Возрожденныйヴァズラジュヂョーンヌィイ)に改称される。8月中旬にウラジオストクへ回航され、1949年3月まで係留ののち、3月中旬には現役を退いて、武装解除上で標的艦となる。7月17日に艦名を TsL-25ЦЛ-25ツェエール・ドヴァーッツァチ・ピャーチ 。「第25号標的艦」といった意味)に改称。1953年には応急修理のため、ウラジオストクの第90船舶修理工場(SRZ-90)に入る。1957年3月、シコトヴォにて工作艦плавучая мастерская)として使用される。同年10月3日には PM-65ПМ-65ペエーム・シヂスャート・ピャーチ 。「第65号工作艦」といった意味)に改称される。その後、1969年12月20日に退役し、解体のため資金資産局へ引き渡される。

歴代艦長[編集]

※『松型駆逐艦「桐」~戦中戦後の大洋を駆けた桐の物語~』198-205頁による。

艤装員長[編集]

  1. 川畑誠 少佐:1944年7月1日[31] - 1944年8月14日[34]

駆逐艦長[編集]

  1. 川畑誠 少佐/第二復員官:1944年8月14日[34] - 1946年4月11日
  2. 伊東謹之助 第二復員官/復員事務官:1946年4月11日 - 1946年9月頃
  3. 川畑誠 復員事務官:1946年9月頃 - 1946年12月28日
  4. 松下寛 復員事務官:1947年5月22日 - 1947年7月頃
  5. 磯辺秀雄 復員事務官:1947年7月頃 - 1947年7月29日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 11月16日夕刻にボルネオ島ブルネイ湾を出発した時の第一遊撃部隊編成は[13]、戦艦3隻(大和長門金剛)、軽巡洋艦「矢矧」、第17駆逐隊(浦風雪風浜風磯風)であった[14]20日昼頃に43駆(桐、梅)は護衛をやめたが[15]、翌日21日未明、「金剛」と「浦風」はアメリカ潜水艦シーライオンⅡ[16]に撃沈された[17]
  2. ^ 第九次多号作戦部隊[20]:第30駆逐隊司令(澤村成二大佐、夕月座乗)指揮:駆逐艦(夕月卯月[21]、桐)、第9号輸送艦(甲標的輸送、セブ島行)[22]、第17号駆潜艇、第37号駆潜艇、輸送船3隻(美濃丸、空知丸、たすまにや丸)、第140号輸送艦と第159号輸送艦[23][24]
  3. ^ 第一遊撃部隊の通称は「 栗田艦隊 」または「 栗田部隊 」である。
  4. ^ 機動部隊軍隊区分[55]:第一軍隊区分 主隊(三航戦、四航戦)、巡洋艦戦隊(多摩、五十鈴)、警戒隊/第一駆逐連隊(大淀、桑、槇、杉、桐)/第二駆逐連隊(初月、秋月、若月、霜月)、補給部隊(仁栄丸、たかね丸、秋風、海防艦4隻)|第二軍隊区分 主隊(三航戦、巡洋艦戦隊、第一駆逐連隊)、前衛(四航戦、第二駆逐連隊)。
  5. ^ (昭和19年10月20日)[56]〔 内海出撃、豊後水道より南下す。比島沖海戦 機動部隊本隊。瑞鶴、瑞鳳、千歳、千代田、4sf、大淀、五十鈴、多摩、秋月、霜月、若月、涼月、槇、桑、松、杉 〕(註、涼月は10月16日に被雷して出撃できず[57]初月の誤記。また8月4日に撃沈されており[10]、「桐」の誤記。)
  6. ^ 『瑞鳳戦闘詳報』では「桐」補給量は70トンであるが、『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.19,20では30トンとあり、30トンが正しいとされる[59]
  7. ^ 『戦史叢書56 海軍捷号作戦(2)』240頁[63](引用開始)一七〇〇過ぎ、小澤長官は、燃料不足になりつつある駆逐艦桐を高雄に向け分離させることを決意した。同長官は自隊の警戒兵力の不足するのを覚悟の上で、さらに駆逐艦杉をもこれに付した。/こうして、「桐」と「杉」は主隊から分離し、爾後の警戒兵力は軽巡三隻(多摩、五十鈴、大淀)と駆逐艦二隻(槇、桑)となった。(引用おわり) 
  8. ^ (昭和19年10月24日、火曜日)[64](中略)1800頃本隊指揮官より前衛(〈将旗〉日向、伊勢、秋月、若月、涼月、霜月)は敵方に進出残敵を撃滅すべき命あり、航空戦の戦果詳ならず、敵兵力の位置亦不明(以下略)〔 註、秋月型涼月は出撃直前に被雷して内地で修理中[65]、「初月」の誤記。 〕
  9. ^ USS Enterprise (CV6) Action Report 22-31 October 1944』によれば、同機は午前2時5分に「北緯16度50分 東経125度10分 / 北緯16.833度 東経125.167度 / 16.833; 125.167の地点で東進する2つのグループに分かれた日本軍部隊を発見した」という報告を行っている。
  10. ^ 機動部隊本隊電令作第一五号(1KdF機密第二四二三五三番電)[72] 一 本隊二十五日〇六〇〇地点「ヘンホ33」〔 北緯18度30分、東経126度30分 〕針路一四〇度速力十六節 前衛及杉ハ本隊ニ合同スベシ/二 桐ハ単独奄美大島ニ回航補給ノ上速ニ合同スベシ
  11. ^ (昭和19年11月9日)[77]〔 0615日向、有川湾発五島北方にて伊勢、(司令官/31S)五十鈴、霜月、桑、槇、杉、桃、合同し茲に南方輸送部隊H部隊の集合成る。指揮官31S司令官。速力20kt馬公に向う。〕
  12. ^ 大内『航空戦艦「伊勢」「日向」』96頁ではH部隊編成を「航空戦艦(伊勢、日向)、軽巡2(大淀、五十鈴)、防空駆逐艦2(霜月、涼月)、護衛駆逐艦6(梅ほか)11隻と記述する[78]。H部隊に「桐」[79]ではなく姉妹艦「」参加という資料があるが[80][81]、この時点での「槇」はレイテ沖海戦で損傷して修理中[82]。修理後の初任務は11月下旬の空母隼鷹護衛だった[83]
  13. ^ 第43駆逐隊司令は菅間良吉大佐で「梅」乗艦、梅艦長は大西快治少佐[84]駆逐艦長予定の宇那木勁少佐も馬公から便乗した[84]
  14. ^ 本来、四航戦と第三十一戦隊に第41駆逐隊(霜月涼月)が同行する筈だったが[89]、「涼月」の修理が間に合わず「霜月」単艦での出撃となった[90]
  15. ^ (昭和19年11月17日)[77]〔 2YB電令により支援部隊5F(足柄)4Sf 榛名 大淀×4はリンガに回航の事となる。31S(五十鈴、槇、桑、杉、桃)マニラに向ふ。4Sf、霜月、梅、桐は長島錨地に向ふ。1600入泊。1sd、霞、潮、竹、同地にあり各艦に燃料を補給す。〕
  16. ^ 11月19日、「五十鈴」はマニラ沖合で潜水艦ヘイク (USS Hake, SS-256) に雷撃されて大破、駆逐艦「」に護衛されてシンガポールにむかった[12]
  17. ^ (昭和19年11月15日12時43分、GF電令作第419号)[14] 一 第一遊撃部隊〔 大和、第三戦隊(長門、金剛)、矢矧、駆逐艦四(損傷艦ヲ含ム)〕ハ燃料満載ノ上内地ニ回航夫々所属軍港ニ於テ急速整備ヲ実施スベシ/二 第三十一戦隊ノ駆逐艦二隻ハ第一遊撃部隊指揮官ノ指揮ヲ受ケ基隆附近迄之ガ護衛ニ従事スベシ/三 第一遊撃部隊指揮官「ブルネイ」発以後第一項以外ノ南西方面所在第一遊撃部隊兵力(高雄妙高ヲ含ム)ヲ南西方面部隊指揮官ノ作戦指揮下ニ入ル 〕
  18. ^ 『戦史叢書93巻』74ページでは「梅」が「五十鈴」の護衛、「桃、桐」が第一遊撃部隊(大和、長門、金剛)護衛となっているが[101]、第一遊撃部隊護衛は「梅」と「桐」である[102]
  19. ^ 第二水雷戦隊司令官早川幹夫少将が駆逐艦「島風」沈没時に戦死したので[104](11月11日、第三次多号作戦)[105]、矢矧艦長吉村真武大佐が二水戦司令官代理を務めていた[106]
  20. ^ 宇垣纏著『戦藻録』(昭和19年11月20日記事)[109](十一月廿日 月曜日 半晴 強風)〔 強風三日、支那の高氣壓は東漸せるにかゝわらず一向に収まらず驅逐艦桐、梅分離馬公に向ふ。此の附近敵潜の出現少し。潮流の大なるも一の理由なるべし。〕
  21. ^ 一部の二次資料では、“シーライオン(II)”[111]、“シーライオン二世”[112]などと表記する。
  22. ^ ◎十一月二十一日(火)〇二〇〇-〇四〇〇ノ当直中、突如「金剛」爆発 「金剛」ガ魚雷ヲ食ッタ! 雷跡ヲ見張レ! 挙艦対潜見張トナル 駆逐艦一隻撃沈サル[117]
  23. ^ 姉妹艦「梅」はマニラへ進出し[124]、第43駆逐隊(梅、桃、杉)として第八次多号作戦に参加した[125]
  24. ^ (昭和19年11月~12月、第二水雷戦隊経過概要)[131]〔 (2)此ヨリ曩「リンガ」回航中觸衝セル榛名内地回航ニ決シ2Sdノ二艦ヲ以テ馬公迄同艦ノ護衛實施方發令アリタルヲ以テ七駆(霞)二十一駆(初霜)ヲ之ニ指定二十八日「リンガ」発二十九日昭南着同日夕刻昭南発十二月五日馬公着 十一月二十九日一六〇〇将旗ヲ潮ニ移揚ス/十一月二十二日被雷昭南待機中ノ五十鈴ハ「スラバヤ」ニ於テ修理ノコトトナリ十二月五日昭南發命ニ依リ二駆(朝霜)ヲ同艦護衛艦トシテ六日昭南發之ヲ追及セシム 同日榛名護衛任務ヲ終了セル二十一駆(初霜)霞ハ馬公発昭南ニ向ヘルトコロ高雄発航船團護衛協力方2YBヨリ命令アリ反轉高雄ニ向カヘリ 〕。
  25. ^ 12月9日、長崎半島沖合で潜水艦複数隻の襲撃を受け[133]、被雷した「隼鷹」は大破、「槇」は艦首を喪失した[134]
  26. ^ セブ島には第33特別根拠地隊(司令官原田覚少将)[22]があり、甲標的による作戦を実施していた[137]
  27. ^ その後、第21駆潜隊司令の下令で「卯月」はオルモック湾にむかったが[142]、アメリカ軍魚雷艇2隻の雷撃で沈没した[147]
  28. ^ タモ04船団の護衛艦艇は、「桐」、第14号海防艦第16号第32号第17号掃海艇第37号駆潜艇であった[28][163]

出典[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.7
  2. ^ a b 昭和19年1月~6月 達(防衛省防衛研究所)昭和19年5月(2) p.36」 アジア歴史資料センター Ref.C12070124900 〔 達第百七十三號 昭和十八年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦一隻ニ左ノ通命名ス 昭和十九年五月二十七日 海軍大臣 嶋田繁太郎  横須賀海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 桐(キリ) 〕
  3. ^ 戦史叢書88 1975, pp. 52-56駆逐艦(丁)
  4. ^ a b #S19.05内令(2) p.48〔 内令第七百十二號 艦艇類別等級表別表中左ノ通改正ス 海軍大臣 嶋田繁太郎 驅逐艦、一等松型ノ項中「桑」ノ下ニ「、桐」ヲ加フ 〕
  5. ^ a b c 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 291(I 一等駆逐艦つづき)桐(Ⅱ)Kiri
  6. ^ 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 294日本海軍駆逐艦艦名一覧/Ⅱ二等駆逐艦
  7. ^ 陽炎型(光人社) 2014, p. 332桐(きり)
  8. ^ a b #S19.9-12秘海軍公報号外/10月(2) pp.35-36〔 内令第一一六二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年十月十日海軍大臣|第十九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十七驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「、夕凪」ヲ削ル|第四十三驅逐隊ノ項中「松、」ヲ削リ「槇」ノ下ニ「、桐」ヲ加フ 〕
  9. ^ 戦史叢書41 1970, p. 163海上決戦/小澤部隊
  10. ^ a b 秋月型(光人社) 2015, pp. 332-333.
  11. ^ a b 戦史叢書93 1976, pp. 73-74南西方面艦隊、駆逐艦の不足を訴う
  12. ^ a b c 戦史叢書54 1972, p. 453.
  13. ^ 撃沈戦記(Ⅱ) 1988, pp. 179-180内地へ
  14. ^ a b 戦史叢書56 1972, p. 549a第一遊撃部隊の内地回航
  15. ^ #S19.11十七駆日誌(1) p.7(昭和19年11月20日項)〔 (中略)一一二五 桐 梅ト分離(以下略) 〕
  16. ^ 撃沈戦記(Ⅱ) 1988, pp. 181-183二代目の「シーライン」
  17. ^ a b 戦史叢書93 1976, p. 67a第二遊撃部隊のマニラ撤退と第一遊撃部隊の内地回航
  18. ^ a b 戦史叢書93 1976, p. 81a第九次多号作戦
  19. ^ a b 第二次世界大戦略歴大東亜戦争経過概要(防衛省防衛研究所)昭和19年10月経過概要~昭和19年12月経過概要 」 アジア歴史資料センター Ref.C16120725100 p.15(昭和19年12月)〔 十日|敵ハ「オルモック」附近ニ新ニ一ヶ師ヲ揚陸シ「レイテ」作戰ノ勝敗決セリ 第一海上護衛艦隊ヲ編成、海上護衛部隊ニ編入 〕〔 十一日|第九次多號部隊ハ「オルモック」附近迄進出セルモ敵航空部隊等ト交戰企圖ヲ挫折ス 〕
  20. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 563a-566第九次多号作戦
  21. ^ 陽炎型(光人社) 2014, p. 269卯月(うづき)
  22. ^ a b 戦史叢書98 1979, pp. 383-384セブ基地特殊潜航艇の作戦
  23. ^ a b 写真日本の軍艦(小艦艇I) 1990, pp. 244a-245多号作戦と一、二等輸送艦
  24. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 334-335.
  25. ^ 陽炎型(光人社) 2014, p. 270夕月(ゆうづき)
  26. ^ a b c #S19.11五艦隊日誌(2) p.34〔 十三日〇三〇〇 百四十號輸送艦(宛略)桐 SB一四〇 〇三三〇ノ位置「ロンブロン」水道一八〇〇「マニラ」入港ノ予定 両艦共辛ジテ自力航行中 夕月ノ乗員ハ両艦ニ収容ス|無電 〕
  27. ^ a b #S19.11五艦隊日誌(2) p.38〔 十五日一一三七南西方面艦隊長官|十五日一三一八 桐 四十三駆(五艦隊長官 聯合艦隊長官 呉鎭長官)|NSB電令作第一四一號 桐ハ十五日夕刻「マニラ」發 呉ニ回航修理ニ從事スベシ|無電 〕
  28. ^ a b #S20.01一海護日誌(1) p.53〔 別表第三 舩団護衛状況 昭和二十年一月 第一護衛艦隊司令部 〕(門司~台湾)
  29. ^ a b c 戦史叢書88 1975, p. 55第5486号艦(桐)
  30. ^ #S19.05内令(2) p.47〔 内令第七百十一號 驅逐艦 桐 右本籍ヲ横須賀鎭守府ト定メラル/第三十九號掃海艇 右本籍ヲ佐世保鎭守府ト定メラル 佐世保鎭守府在籍 第三十九號掃海艇 右警備掃海艇ト定メラル 昭和十九年五月二十七日 海軍大臣 嶋田繁太郎 〕
  31. ^ a b 昭和19年7月5日(発令7月1日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1526号 p.26」 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  32. ^ 昭和19年6月~7月 秘海軍公報(防衛省防衛研究所)7月(2)/海軍公報 第4738号 昭和19年7月13日(木) 」 アジア歴史資料センター Ref.C12070479700  p.41〔○事務開始(中略)驅逐艦桐艤装員事務所ヲ七月七日横須賀海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ 〕
  33. ^ 昭和19年8月~9月 秘海軍公報(防衛省防衛研究所)8月(1)/海軍公報 第4761号 昭和19年8月6日 」 アジア歴史資料センター Ref.C12070495900  p.25〔○事務所撤去 驅逐艦桐艤装員事務所ハ七月二十五日之ヲ撤去セリ/第五號輸送艦艤装員事務所ハ七月二十日之ヲ撤去セリ/敷設艇網代艤装員事務所ハ七月三十一日之ヲ撤去セリ/呂號第五十潜水艦艤装員事務所ハ七月三十一日之ヲ撤去セリ/海防艦鵜來艤装員事務所ハ七月三十一日之ヲ撤去セリ 〕
  34. ^ a b c 昭和19年8月17日(発令8月14日付)海軍辞令公報(部内限)第1566号 p.8」 アジア歴史資料センター Ref.C13072100600 
  35. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.24
  36. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.33〔 三十日0000軍令部總長(宛略)|機密第三〇〇〇〇〇番電 多摩ヲ21Sヨリ除キ11Sdニ編入ス|無電〕〔 三十一日〇七二八(宛略)|機密第三一〇七二八番電 八月三十日旗艦ヲ多摩ニ変更セリ|〃 〕
  37. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.13
  38. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 21-23寝耳に水の、敵スルアン上陸
  39. ^ 福田幸弘 1981, pp. 109-112スルアン島来攻と作戦発動
  40. ^ 戦史叢書41 1970, pp. 239-244スルアン島来攻(十七日)
  41. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 25-26捷一号警戒の発令
  42. ^ 戦史叢書41 1970, pp. 244-252捷一号発動(十八日)
  43. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 33-36大本營、比島方面決戦実施を指示
  44. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 723-724.
  45. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 717-718十月十五日の追撃戦
  46. ^ 福田幸弘 1981, pp. 103-106台湾沖航空戦
  47. ^ 戦史叢書56 1972, p. 78a十一水戦
  48. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 78a-79第三十一戦隊
  49. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 725-726.
  50. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 27-29機動部隊本隊に対する指導
  51. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 569-571.
  52. ^ 大内、航空戦艦 2014, p. 90.
  53. ^ 日本空母戦史 1977, p. 728.
  54. ^ 戦史叢書88 1975, pp. 102-104.
  55. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 82-85作戦要領
  56. ^ 日向、追憶 1977, p. 91.
  57. ^ 日本空母戦史 1977, p. 719.
  58. ^ 16歳の海戦 2011, pp. 265-267.
  59. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 90-91難渋の洋上燃料補給
  60. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.24
  61. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 154-156機動部隊本隊の作戦行動/頻繁に敵潜水艦を探知
  62. ^ 戦史叢書56 1972, p. 155.
  63. ^ 戦史叢書56 1972, p. 240.
  64. ^ 日向、追憶 1977, p. 97.
  65. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 128-129比島沖海戦
  66. ^ 日本空母戦史 1977, p. 749.
  67. ^ 『松型駆逐艦「桐」』, pp.51
  68. ^ 『艦長たちの太平洋戦争<続篇>』, pp.245。尚、同証言内においても川畑元艦長は合流した部隊が米軍のものであるとの認識を示している。
  69. ^ 『松型駆逐艦「桐」』, pp.52
  70. ^ a b 雨倉, 96ページ
  71. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.39
  72. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 241-242.
  73. ^ 戦史叢書56 1972, p. 452.
  74. ^ 戦史叢書56 1972, p. 454.
  75. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036700, pp.12
  76. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.34
  77. ^ a b c d e f 日向、追憶 1977, p. 92.
  78. ^ 大内、航空戦艦 2014, pp. 95-96.
  79. ^ a b c d e 佐藤、艦長続篇 1984, p. 137.
  80. ^ 日本空母戦史 1977, p. 802H部隊編成表
  81. ^ 撃沈戦記 2013, p. 45H部隊編成表
  82. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 258.
  83. ^ a b 佐藤、艦長続篇 1984, p. 259.
  84. ^ a b 佐藤、艦長続篇 1984, p. 102.
  85. ^ #S19.07十戦隊日誌(3) p.35〔 (2)霜月 内海西部方面ニアリテ警戒待機中ノ所第四航空戰隊 第三十一戰隊ト共ニ八日出撃「ブルネイ」ニ回航中 〕
  86. ^ 撃沈戦記 2013, pp. 43-45H部隊南下す
  87. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 605.
  88. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 134-135霜月の最期
  89. ^ #S19.07十戦隊日誌(3) p.42〔 1KdF機密第〇二一四一八番電 第四航空戰隊(日向伊勢)第四十一駆逐隊(霜月)凉月 第三十一戰隊(五十鈴 桑 桐 梅 桃 杉)ハ十一月八日 槇冬月十八日頃内地出撃可能ノ見込 〕
  90. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 132-134凉月の突貫工事間に合わず
  91. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.53
  92. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 543-546十一月十三日の空襲、「木曾」、駆逐艦等の沈没
  93. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 309-311僚艦沈没の悲報しきり
  94. ^ 撃沈戦記 2013, p. 46.
  95. ^ a b #S19.09一水戦日誌(2) p.52〔 十六日一九一五(指揮官)2YB(宛略)第二遊撃部隊電令第一號 支援部隊(足柄 榛名 羽黒 大淀 朝霜 初霜)一七日〇四〇〇ブルネイ発 干里堆ニテ第四航空戰隊 第一水雷戰隊 竹ヲ合同「リンガ」泊地ニ回航ス 〕
  96. ^ #S19.09一水戦日誌(2) p.65〔 一七(天候略)一三二〇霞 潮 竹ヲ率ヰ干里堆着/一五五〇4sf霜月干里堆着 〕
  97. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 548a-549第二遊撃部隊のマニラ撤退/ブルネイに避退す
  98. ^ #S19.11二水戦日誌(1) pp.10-11〔 十一月十六日「ブル子ー」ヲ出撃セル第一遊撃部隊ノ大部ハ同二十三日内海西部着 本回航中十七駆(浦風)ハ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没セリ 〕
  99. ^ 不沈戦艦長門 1972, p. 206.
  100. ^ 戦史叢書54 1972, p. 452.
  101. ^ 戦史叢書93 1976, p. 74.
  102. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, pp. 249-251粛然とした「桑」の沈没
  103. ^ #S19.11十七駆日誌(1) p.6(昭和19年11月17日項)〔 一八三〇桐 梅ト合同(以下略) 〕
  104. ^ 戦史叢書56 1972, p. 538二水戦司令官戦死、第二船団全滅
  105. ^ 戦史叢書41 1970, p. 430海上護衛経過
  106. ^ #S19.11十七駆日誌(1) p.9〔 一五一〇四七(長官)大和|矢矧 ツホ 1YB 足柄|第一遊撃部隊信令第二五一號 吉村矢矧艦長ニ命令ス 第二水雷戰隊司令官着任迄同職代理ヲ命ス 一五日一〇〇〇|信號 〕
  107. ^ #S19.11十七駆日誌(1) p.7(昭和19年11月20日項)〔 (中略)一一二五 桐 梅ト分離(以下略) 〕
  108. ^ 木俣『日本戦艦戦史』592ページ
  109. ^ 戦藻録 1968, p. 443.
  110. ^ 撃沈戦記(Ⅱ) 1988, pp. 183-185嵐の中の雷撃
  111. ^ 歴群135巻、金剛生涯 2016, pp. 48-49『金剛』の最期
  112. ^ 日本戦艦の最後 2015戦艦VS潜水艦
  113. ^ 撃沈戦記(Ⅱ) 1988, pp. 185-187沈みゆく「金剛」
  114. ^ 福田幸弘 1981, p. 411.
  115. ^ 陽炎型(光人社) 2014, pp. 308-309浦風(うらかぜ)
  116. ^ 雪風ハ沈マズ 2004, pp. 381-384.
  117. ^ 不沈戦艦長門 1972, p. 207.
  118. ^ 日本戦艦の最後 2015, pp. 300-301論理明快、卓見の人 戦艦「金剛」最後の艦長・島崎利雄少将
  119. ^ 撃沈戦記(Ⅱ) 1988, p. 187.
  120. ^ 磯風、特年兵 2011, pp. 298-299.
  121. ^ 戦史叢書93 1976, p. 67b-69第一水雷戦隊の解隊と第三十一戦隊の第五艦隊編入
  122. ^ #S19.11二水戦日誌(1) pp.9-10〔 (二)經過(1)十一月二十日「リンガ」回航中第一水雷戰隊解隊同隊所属駆逐艦ノ第二水雷戰隊編入ト共ニ本職第二水雷戰隊司令官ニ補職セラレ多號作戰部隊第一警戒部隊指揮官トシテ支援部隊ニ属シ當方面所在二水戰ヲ直接指揮スルコトトナリ二十二日「リンガ」着岸波ヲ合同ス 同日四十一駆(霜月)第二警戒部隊ニ編入ノ令ニ接シ同夜之ヲ分離昭南ニ回航三十一戰隊ニ合同セシム(31Sハ二十四日同艦ニ将旗移揚昭南発「ブル子ー」回航中二十五日〇四四八 二度八分北一〇七度二〇分東ニ於テ敵潜攻撃ヲ受ケ沈没)二十三日七駆()ヲ二十六日朝霜ヲ夫々修理ノ爲昭南ニ回航セシム 〕
  123. ^ #S19.11五艦隊日誌(1) p.9〔(二)自十一月一日 至十一月三十日 第二遊撃部隊麾下艦船部隊ノ行動一覧表 〕
  124. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 96.
  125. ^ 戦史叢書56 1972, p. 563b第八次多号作戦
  126. ^ 陽炎型(光人社) 2014, pp. 328-329冬月(ふゆづき)
  127. ^ 陽炎型(光人社) 2014, pp. 325-326涼月(すずつき)
  128. ^ 日本空母戦史 1977, p. 796.
  129. ^ #S19.11五艦隊日誌(2) pp.22-23〔 五日〇九三四榛名(宛略)當隊(榛名、初霜、霞)十二月五日〇九三〇馬公着隼鷹隊ト合同セシム 初霜、霞ハ昭南ヘ歸投セシム|無電 〕
  130. ^ #S19.11五艦隊日誌(2) p.14〔(二)自十二月一日 至十二月三十一日 第二遊撃部隊麾下艦船部隊行動一覧表 〕
  131. ^ #S19.11二水戦日誌(1) p.11
  132. ^ #S19.11二水戦日誌(1) p.55〔 六(天候略)〇〇四〇 四十一駆榛名隼鷹ヲ護衛馬公発(以下略) 〕
  133. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 798-800.
  134. ^ 佐藤、艦長続篇 1984, p. 260.
  135. ^ #S19.11五艦隊日誌(2) p.23〔 五日一七〇〇(宛略)初霜、霞、桐行動予定 六日〇七〇〇馬公発 十日一八〇〇昭南着 桐 七日一二〇〇分離 八日一四〇〇「マニラ」着 通信系略|無電 〕
  136. ^ 戦史叢書93 1976, p. 80a米軍のオルモック上陸
  137. ^ 戦史叢書54 1972, p. 461航空兵力の比島撤収
  138. ^ a b 戦史叢書56 1972, p. 564.
  139. ^ 歴群64、睦月型 2008, pp. 153-154「多号作戦」第九次
  140. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.34
  141. ^ 戦史叢書41 1970, p. 536多号第九次 九日進発
  142. ^ a b c d e 歴群64、睦月型 2008, p. 154.
  143. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.35
  144. ^ 地獄の海、113-114ページ
  145. ^ a b 戦史叢書56 1972, p. 565.
  146. ^ 地獄の海、114ページ
  147. ^ 木俣、駆逐艦入門 2006, p. 82.
  148. ^ a b c d e 戦史叢書56 1972, p. 566.
  149. ^ 写真日本の軍艦(小艦艇I) 1990, p. 263(オルモック湾で炎上する第159号輸送艦写真)
  150. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.36 、木俣, 575ページ、雨倉, 100ページ
  151. ^ 雨倉, 100ページ
  152. ^ a b 木俣, 576ページ
  153. ^ 地獄の海、123ページ
  154. ^ 地獄の海、124ページ
  155. ^ 地獄の海、132ページ
  156. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.58
  157. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.37 、木俣, 577ページ、雨倉, 100ページ
  158. ^ 『多号作戦第九次輸送部隊戦闘詳報』pp.15
  159. ^ 戦史叢書41 1970, p. 554挿図第四十九 自十二月七日至同十五日の経過図
  160. ^ 戦史叢書41 1970, pp. 560-563レイテ決戦拡大の萌芽と爾後の判断
  161. ^ 戦史叢書54 1972, pp. 455-456多号作戦の中止
  162. ^ 戦史叢書93 1976, p. 82決号作戦の挫折
  163. ^ #S20.01一海護日誌(1) pp.24-26,pp.28-30(昭和20年1月艦船部隊行動)
  164. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.8,9 、C08030074800, pp.6,7,8,9
  165. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 178-179第五艦隊の解隊
  166. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 128-130水上部隊
  167. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 179-180第三十一戦隊の第二艦隊編入
  168. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 283a-284第二艦隊、第二水雷戦隊の解隊
  169. ^ 戦史叢書88 1975, pp. 101-102.
  170. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 396a-397海上挺進部隊の編成
  171. ^ 木俣, 644ページ

参考文献[編集]

  • 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦』学習研究社、2003年、ISBN 4-05-603251-3
  • 井上理二『波濤の中の青春 駆逐艦磯風と三人の特年兵』光人社〈光人社NF文庫〉、2011年10月(原著1999年)。ISBN 978-4-7698-2709-2
  • 宇垣纏(著)、成瀬恭(発行人)『戦藻録 明治百年史叢書』原書房、1968年1月。
  • 大内健二『航空戦艦「伊勢」「日向」航空母艦と戦艦を一体化させた恐るべき軍艦 付・航空巡洋艦』光人社〈光人社NF文庫〉、2014年6月。ISBN 978-4-7698-2834-1
  • 小淵守男「第十一章 北号輸送作戦」『少年水兵の太平洋戦争 巡洋艦「大淀」16歳の海戦』光人社〈光人社NF文庫〉、2011年11月。ISBN 978-4-7698-2713-9
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎「第8章 護送駆逐艦の登場」『駆逐艦入門 水雷戦の花形徹底研究』光人社〈光人社NF文庫〉、2006年7月。ISBN 4-7698-2217-0
  • 木俣滋郎「3.航空戦艦「日向」「伊勢」」『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』光人社〈光人社NF文庫〉、2013年6月。ISBN 978-4-7698-2786-3
  • 岸見勇美、『地獄の海 レイテ多号作戦の悲劇』、光人社、2004年、ISBN 4-7698-1172-1
  • 倉橋友二郎『激闘駆逐艦隊』朝日ソノラマ、1987年12月。
  • 今官一『不沈〈戦艦長門〉』R出版〈海の戦記〉、1972年1月。
  • 重本俊一ほか『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
  • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 「縁の下の役割」<駆逐艦「」艦長・大西快治少佐の証言>
  • 「幸運と不運」<駆逐艦「」艦長・宇那木勁少佐の証言>
  • 「戦術の極意」<駆逐艦「」艦長・石塚栄少佐の証言>
  • 「勝敗の分岐点」<駆逐艦「」艦長・川畑誠少佐の証言>(太平洋戦争時、奄美大島根拠地隊副官、横須賀第一陸戦隊副官、水雷艇「鷺」艇長、重巡鈴谷水雷長、桐艦長等)
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』光人社〈光人社NF文庫〉、1993年5月。ISBN 47698-2009-7
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争<続篇>』光人社、1995年。 ISBN 4-7698-2106-9
  • 冨井篤弥『松型駆逐艦「桐」 ~戦中戦後の大洋を駆けた桐の物語~MyISBN デザインエッグ社アマゾン、2018年2月。ISBN 978-4-8150-0400-2
  • 豊田穣『雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦 栄光の生涯』光人社〈光人社NF文庫〉、2004年。ISBN 978-4-7698-2027-7
  • 永井喜之、木俣滋郎「第2部 第二次世界大戦/日本編 第14章 日本戦艦「金剛」」『新戦史シリーズ撃沈戦記・PARTII』朝日ソノラマ、1988年10月。ISBN 4-257-17223-1
  • 日向会事務局『航空戦艦の活躍 軍艦日向栄光の追憶』日向会事務局、1977年7月。
  • 福井静夫福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 日本駆逐艦物語』第5巻、阿部安雄・戸高一成/編集委員、光人社、1993年1月。ISBN 4-7698-0611-6
  • 福田幸弘『連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記』時事通信社、1981年7月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 捷号陸軍作戦(1) レイテ決戦』第41巻、朝雲新聞社、1970年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』第54巻、朝雲新聞社、1972年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<2> フィリピン沖海戦』第56巻、朝雲新聞社、1972年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍戦備<2> ― 開戦以後 ―』第88巻、朝雲新聞社、1975年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<7> ―戦争最終期―』第93巻、朝雲新聞社、1976年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 潜水艦史』第98巻、朝雲新聞社、1979年6月。
  • 茂呂計造『南海の死闘 少年水兵の海戦記』株式会社近代文藝社、1994年4月。ISBN 4-7733-3262-X
  • 山本平弥ほか『秋月型駆逐艦<付・夕雲型・島風・丁型> 戦時に竣工した最新鋭駆逐艦の実力と全貌』潮書房光人社、2015年3月。ISBN 978-4-7698-1584-6
  • (297-307頁)当時「桑」一番高角砲射手・海軍上等兵曹山本貢『小さな勇者「桑」オルモックに死すとも 瑞鳳直衛の比島沖海戦をへて七次多号作戦に果敢な砲戦を演じた勇者の最後
  • (308-319頁)当時「梅」乗組・海軍上等兵曹市川國雄『香り浅き「梅」バシー海峡に消えたり 熾烈なる対空戦闘の果て誕生六ヶ月余りで海底に没した愛艦への鎮魂歌
  • (332-338頁)戦史研究家伊達久『丁型駆逐艦船団護衛ダイアリィ 松型十八隻と橘型十四隻の太平洋戦争
  • 吉村真武ほか『日本戦艦の最後 日米双方の視点で捉えた戦艦十二隻の終焉』光人社、2015年10月。ISBN 978-4-7698-1603-4
    • (146-154頁)米軍事記者H・ボールドウィン、米海軍大佐W・カリグ、米国著述家T・ロスコ―『米戦史家の眼に映じた金剛の栄光と最後 サマール沖の駆逐艦撃沈と敵潜水艦長との対決
  • 「小嶋和夫『多号作戦と一、二輸送艦』」『写真 日本の軍艦 小艦艇I 特務艦・潜水母艦 特設潜水母艦 駆潜艇・哨戒艇 掃海艇・輸送艦』第13巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年8月、244-245頁。ISBN 4-7698-0463-6
  • 歴史群像編集部編『睦月型駆逐艦 真実の艦艇史4 ― 謎多き艦隊型駆逐艦の実相』第64巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、2008年5月。ISBN 978-4-05-605091-2
  • 歴史群像編集部『ミリタリー・戦史 Magazine 歴史群像 2016年2月号(第25巻第1号、通巻135号) ●巡洋戦艦から戦艦、そして高速戦艦へ戦艦『金剛』の生涯 』株式会社 学研プラス、2016年1月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年5月(2)』。Ref.C12070197500。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『昭和19年11月1日〜昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030019800。
    • 『昭和19年11月1日〜昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030019900。
    • 『昭和19年11月1日〜昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030020000。
    • 『昭和19年11月1日〜昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030020100。
    • 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030087300。
    • 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030051000。
    • 『昭和19年11月1日〜昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030147000。
    • 『昭和19年11月20日〜昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030102400。
    • 『昭和20年1月1日〜昭和20年3月31日 第1海上護衛艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030142000。
    • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年八月一日至昭和十九年八月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127600
    • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127700
    • 野村留吉『第四航空戦隊 戦時日誌抜粋』(昭和19年5月1日~昭和20年3月1日 第4航空戦隊戦時日誌抜粋 (旗艦日向行動等)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030742100
    • 第十七駆逐隊『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十七駆逐隊戦時日誌』(昭和19年11月1日~昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030147000
    • 第三十駆逐隊『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月十二日 第三十駆逐隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030149800
    • 多号作戦第九次輸送部隊『昭和十九年十二月十五日 多号作戦第九次輸送部隊戦闘詳報』(昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030149900
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900

関連項目[編集]

外部リンク[編集]