桐 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
艦歴
発注 1942年戦時建造補充(改マル5)追加計画
起工 1944年2月1日
進水 1944年5月27日
就役 1944年8月14日
除籍 1945年10月5日
その後 1947年7月29日賠償艦としてソ連に引き渡される。ソ連海軍にて1969年まで使用。
性能諸元
排水量 基準:1,262t
公試:1,530t
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000
速力 27.8kt
航続距離 18ktで3,500海里
燃料 重油370t
乗員 211名/257名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm三連装機銃 4基
25mm単装機銃 8基
九二式61cm4連装魚雷発射管 1基
(予備魚雷なし)
爆雷投射機 2基 爆雷投下軌条 2基
二式爆雷 36個
電探 二号二型(対水上用)
一号三型(対空用)
水測装置 九三式探信儀
九三式聴音機

(きり)は、大日本帝国海軍駆逐艦松型(丁型)の6番艦である。日本海軍の艦名としては2代目(初代は二等駆逐艦「樺型」10番艦「」)。丁型一等駆逐艦第5486号艦として横須賀海軍工廠で建造された。

艦歴[編集]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊高間完少将海軍兵学校41期)に編入。残工事を終えて[2]瀬戸内海に回航され、出撃準備を整えた。10月10日付で第三十一戦隊江戸兵太郎少将・海兵40期)第四十三駆逐隊に編入される[3]。その一週間後の10月17日、アメリカ軍がフィリピン、レイテ湾スルアン島英語版に上陸し、日本軍捷一号作戦を発動した。この作戦は小沢治三郎中将(海兵37期)が率いる機動部隊が囮となって第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)をひきつけ、その隙に栗田健男中将(海兵38期)率いる第二艦隊主力がレイテ湾に突入しアメリカ軍の上陸部隊を撃破するというものであった。10月20日夕刻、機動部隊は豊後水道を出撃。10月22日に軽巡洋艦大淀」から重油の洋上補給を行うも、予定の100トンに対して30トンしか補給できなかった[4]。機動部隊は10月23日に兵力を二分して2つの輪形陣を形成するが[5]、次第に燃料事情が艦の行動を圧迫する。翌10月24日、上空警戒にあたっていた空母瑞鶴」の零戦1機が着艦に失敗して海上に墜落し、「」とともに捜索を行う。捜索後、25日深夜には第四航空戦隊及び秋月型駆逐艦4隻からなる機動部隊前衛部隊に「杉」とともにに再合流、これに後続する事とした[6]。しかし同時刻に上空を飛行していた空母「インディペンデンス」所属の夜間哨戒機を発見し、同機の発した無線通信[7]が艦内電話に混線した事などもあり、川畑艦長はこの前衛部隊を米軍機動部隊であると誤認、「杉」とともに反転離脱する事となった[8][9]。その後、「燃料の余裕がない」との機関長の進言もあって「杉」とともに高雄に向かった[10]。機動部隊からは、後追いで「奄美大島ニ回航補給ノ上速ニ合同スベシ」と命令されたが[11]、ついに機動部隊との再合流はならなかった。このため、10月25日のエンガノ岬沖海戦に参加する事ができなかった[10]。高雄経由で奄美大島に向かい、補給部隊のタンカー「たかね丸」(日本海運、10,021トン)から200トンの重油を補給してもらった[12]。「杉」とともに10月29日に奄美大島を出港し、翌10月30日にに帰投した[13]

11月9日、南方に進出する戦艦伊勢」「日向」を護衛して門司を出撃する[14]。途中の11月11日に馬公入港後、強風により港内で座礁するも南下を続ける。「伊勢」「日向」とは南沙諸島長島で別れ[15]、第三十一戦隊旗艦の軽巡洋艦「五十鈴」を護衛してマニラに向かい、11月18日に到着の予定だったが[16]ブルネイ湾を出港して日本本土に回航して整備を行う事となった[17]第二艦隊と、11月17日に「」とともに合流[18]。11月20日まで護衛に協力した後[19]、馬公に帰投した[20]。その後、改めてマニラに進出してレイテ島行きの多号作戦に参加する事となる。

12月9日14時、第九次多号作戦で駆逐艦「卯月」「夕月」、駆潜艇2隻とともに輸送船3隻と、第140号輸送艦第159号輸送艦およびセブ行きの第9号輸送艦を護衛してマニラを出撃[21]。翌10日には早くも偵察機に発見され、12月11日朝からB-24P-38F4U の波状攻撃を受ける[22]。この作戦時、「桐」は25mm機銃を増強しており、艦長や砲術長は7から10機を撃墜したと述べている[23]。また空襲では輸送船2隻が沈み、「桐」は陸兵約600名を収容した[24]。18時55分、輸送部隊は二分され、「夕月」とともに第140号輸送艦および第159号輸送艦を護衛してオルモック湾に突入。しかし、この頃すでにオルモックにはアメリカ軍第77師団がいて日本軍の姿はなく、第159号輸送艦は陸上からの砲撃を受けて炎上した。さらに、南方からは第77師団に対する補給部隊が駆逐艦5隻に守られてオルモックに向かいつつあった。12月12日0時15分、発見したアメリカ駆逐艦コグラン (USS Coghlan, DD-606) に対して照射砲撃を開始[25]。さらに肉薄して雷撃を行ったものの命中しなかった[26]。コグランは一旦退却して他の駆逐艦を連れてオルモック湾に引き返してきた[27]。盛んに砲撃され、命中弾はなかったものの「夕月」とともに湾外に脱出した。「桐」は「夕月」と別れて、未明3時に[要出典]パロンポンで収容していた陸兵降ろした[28]。それから、別行動をとっていた「空知丸」といったん合流したがすぐに別れて「夕月」と合流した[29]。この間「夕月」は再びオルモック湾に戻り第140号輸送艦を引き連れて脱出していた。3隻はマニラへ向けて北上したが[30]、16時22分から再び46機のF4U による空襲を受け、「桐」は至近弾で右舷機械が損傷して一軸航行となり[31]、戦死者12名を出した[27]。「夕月」も缶室に爆弾2発が命中して航行不能となる。このため、第140号輸送艦とともに「夕月」の乗員および第三十駆逐隊司令沢村成二大佐などを収容の後、20時27分に北緯11度38分 東経123度29分 / 北緯11.633度 東経123.483度 / 11.633; 123.483の地点で「夕月」を砲撃処分した[32]。12月13日19時、第140号輸送艦とともにマニラに帰投[33]

この後、応急修理を行って日本本土へ帰り、呉海軍工廠1945年(昭和20年)3月まで本格的修理を行った[34]。その後は瀬戸内海で回天との訓練に従事し、7月に入ると柳井で待機[35]。そのまま8月15日の終戦を迎えた。10月5日に除籍され、12月1日に特別輸送艦となり復員輸送に従事する。

1947年(昭和22年)7月29日、ソビエト連邦に賠償艦としてナホトカで引き渡される。艦名は「復活した」という意味のヴォズロジュジョーンヌイロシア語:Возрожденныйヴァズラジュヂョーンヌィイ)に改称される。8月中旬にウラジオストクへ回航され、1949年3月まで係留ののち、3月中旬には現役を退いて、武装解除上で標的艦となる。7月17日に艦名を TsL-25ЦЛ-25ツェエール・ドヴァーッツァチ・ピャーチ 。「第25号標的艦」といった意味)に改称。1953年には応急修理のため、ウラジオストクの第90船舶修理工場(SRZ-90)に入る。1957年3月、シコトヴォにて工作艦плавучая мастерская)として使用される。同年10月3日には PM-65ПМ-65ペエーム・シヂスャート・ピャーチ 。「第65号工作艦」といった意味)に改称される。その後、1969年12月20日に退役し、解体のため資金資産局へ引き渡される。

歴代艦長[編集]

※『松型駆逐艦「桐」~戦中戦後の大洋を駆けた桐の物語~』198-205頁による。

艤装員長[編集]

  1. 川畑誠 少佐:1944年7月1日 -

駆逐艦長[編集]

  1. 川畑誠 少佐/第二復員官:1944年8月14日 - 1946年4月11日
  2. 伊東謹之助 第二復員官/復員事務官:1946年4月11日 - 1946年9月頃
  3. 川畑誠 復員事務官:1946年9月頃 - 1946年12月28日
  4. 松下寛 復員事務官:1947年5月22日 - 1947年7月頃
  5. 磯辺秀雄 復員事務官:1947年7月頃 - 1947年7月29日

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.7
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.24
  3. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.13
  4. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.19,20
  5. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.24
  6. ^ 『松型駆逐艦「桐」』, pp.51
  7. ^ USS Enterprise (CV6) Action Report 22-31 October 1944』によれば、同機は午前2時5分に「北緯16度50分 東経125度10分 / 北緯16.833度 東経125.167度 / 16.833; 125.167の地点で東進する2つのグループに分かれた日本軍部隊を発見した」という報告を行っている。
  8. ^ 『艦長たちの太平洋戦争<続篇>』, pp.245。尚、同証言内においても川畑元艦長は合流した部隊が米軍のものであるとの認識を示している。
  9. ^ 『松型駆逐艦「桐」』, pp.52
  10. ^ a b 雨倉, 96ページ
  11. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.39
  12. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036700, pp.12
  13. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.34
  14. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.53
  15. ^ 野村, pp.10
  16. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.58 、野村, pp.10
  17. ^ 『第十七駆逐隊戦時日誌』pp.20
  18. ^ 『第十七駆逐隊戦時日誌』pp.6
  19. ^ 『第十七駆逐隊戦時日誌』pp.7
  20. ^ 木俣『日本戦艦戦史』592ページ
  21. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.34
  22. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.35
  23. ^ 地獄の海、113-114ページ
  24. ^ 地獄の海、114ページ
  25. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.36 、木俣, 575ページ、雨倉, 100ページ
  26. ^ 雨倉, 100ページ
  27. ^ a b 木俣, 576ページ
  28. ^ 地獄の海、123ページ
  29. ^ 地獄の海、124ページ
  30. ^ 地獄の海、132ページ
  31. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.58
  32. ^ 『第三十駆逐隊戦時日誌』pp.37 、木俣, 577ページ、雨倉, 100ページ
  33. ^ 『多号作戦第九次輸送部隊戦闘詳報』pp.15
  34. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074800, pp.8,9 、C08030074800, pp.6,7,8,9
  35. ^ 木俣, 644ページ

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年八月一日至昭和十九年八月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127600
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127700
  • 野村留吉『第四航空戦隊 戦時日誌抜粋』(昭和19年5月1日~昭和20年3月1日 第4航空戦隊戦時日誌抜粋 (旗艦日向行動等)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030742100
  • 第十七駆逐隊『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十七駆逐隊戦時日誌』(昭和19年11月1日~昭和20年5月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030147000
  • 第三十駆逐隊『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月十二日 第三十駆逐隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030149800
  • 多号作戦第九次輸送部隊『昭和十九年十二月十五日 多号作戦第九次輸送部隊戦闘詳報』(昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(4)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030149900
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
  • 木俣滋郎『日本戦艦戦史』図書出版社、1983年
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ43 松型駆逐艦』学習研究社、2003年、ISBN 4-05-603251-3
  • 岸見勇美、『地獄の海 レイテ多号作戦の悲劇』、光人社、2004年、ISBN 4-7698-1172-1
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争<続篇>』光人社、1995年。 ISBN 4-7698-2106-9
  • 冨井篤弥 『松型駆逐艦「桐」 ~戦中戦後の大洋を駆けた桐の物語~MyISBN デザインエッグ社アマゾン、2018年2月。ISBN 978-4-8150-0400-2

外部リンク[編集]