小林庄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし しょういちろう
小林 庄一郎[1][2]
生誕1922年7月14日[1]
中華民国の旗 中華民国奉天省大連市[2]
死没 (2020-02-04) 2020年2月4日(97歳没)
出身校旅順高等学校 (旧制)[2]
東京帝国大学経済学部[2]
雇用者関西配電→関西電力[1]

小林 庄一郎(こばやし しょういちろう、1922年7月14日 - 2020年2月4日[3])は、日本経営者である[1]

経歴[編集]

中華民国奉天省(現中華人民共和国遼寧省大連市生まれ[2]旅順高等学校 (旧制) から東京帝国大学(現東京大学経済学部に進学[2]1943年、大学2年で学徒出陣[2]海軍少尉となり、駆逐艦に砲術士として乗艦[2]山口県沖に停泊中の艦上で玉音放送を聞いた[2]

日本の敗戦後復学し、1947年1月関西配電(現関西電力)に入社[2]1977年関西電力社長、1985年会長[1]1987年芦原義重名誉会長を解任した(関電二・二六事件)[1]1997年相談役2002年-2015年6月顧問[2]

1984年-1985年電気事業連合会会長[2]関西文化学術研究都市推進機構理事長、日本放送協会(NHK)経営委員長を務めた[1]

2020年2月4日死去[4]。97歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 小林庄一郎 こばやし しょういちろう”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社. 2019年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 【戦後70年】駆逐艦に配属、敵機の攻撃で友失う 「死は運、不運だった。本人の意志は関係なかった」 元関電会長・小林庄一郎氏”. 産経新聞. 産業経済新聞社 (2015年12月16日). 2019年10月3日閲覧。
  3. ^ “関西電力元会長、小林庄一郎さん死去 97歳”. 朝日新聞. (2020年2月5日). https://www.asahi.com/articles/ASN250NZ0N24PLFA00V.html 2020年2月5日閲覧。 
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年2月5日). “元関電会長、小林庄一郎さん死去 「クーデター」を主導” (日本語). 産経ニュース. 2020年2月5日閲覧。
先代:
森岡俊男
第5代関西電力社長
1977年6月-1985年11月
次代:
森井清二