槇 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese destroyer Maki 1944.jpg
基本情報
建造所 舞鶴海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
級名 松型駆逐艦
艦歴
発注 1944年(昭和19年)度計画
起工 1944年2月19日[1]
進水 1944年6月10日[2]
竣工 1944年8月10日[3]
除籍 1945年10月5日
その後 1947年8月14日、イギリスに引渡し、解体。
要目
基準排水量 1,262t
公試排水量 1,530t
全長 100.00m
最大幅 9.35m
吃水 3.30m
ボイラー ロ号艦本式缶 2基
主機 艦本式タービン 2基2軸
出力 19,000hp
速力 27.8kt
燃料 重油370t
航続距離 18ktで3,500
乗員 211名 / 259名[4]
兵装
テンプレートを表示

(まき)は日本海軍駆逐艦[5]。艦名は楢型駆逐艦の4番艦「[6]に続いて2代目[7]

概要[編集]

一等駆逐艦「」は[8]松型駆逐艦の8番艦[9][10]1944年(昭和19年)8月10日に竣工[8]。訓練部隊の第十一水雷戦隊に所属したのち[11]第三十一戦隊隷下の第43駆逐隊に編入された[12][13]捷号作戦にともなう10月下旬のレイテ沖海戦では、小沢機動部隊所属艦として参加する[14][15]。10月25日の空襲では、沈没した駆逐艦「秋月」の乗組員を救助する[16]。つづいて軽巡「五十鈴」と共に空母「千代田」の救援を試みたが成功せず[17]、「槇」も空襲で損傷した[18][19]

修理後、第41駆逐隊(涼月冬月)と共に空母「隼鷹」を護衛してマニラ輸送作戦を実施した[8]。帰路では41駆と共に戦艦「榛名」と「隼鷹」を護衛中、長崎沖で米潜水艦の雷撃により損傷した[20]。修理後は、内海西部で待機する[21]1945年(昭和20年)4月6日夕刻の大和特攻部隊出撃では、駆逐艦3隻(花月、槇、榧)として豊後水道の対潜掃蕩をおこなった[22]。終戦後は復員輸送に従事した。のちにイギリスに引き渡され、解体された[7]

艦歴[編集]

建造[編集]

1944年(昭和19年)2月19日[23]、本艦は仮称第5488号艦として[24]舞鶴海軍工廠で起工[25][注 1]6月5日、建造中の駆逐艦や海防艦と共に命名される[5]。同5日付で駆逐艦3隻(、槇、)は松型駆逐艦に類別される[27]。 6月10日、「槇」は進水した[28][注 2]

7月1日、日本海軍は、駆逐艦「村雨」水雷長[31]、軽巡洋艦「北上」水雷長[31] 等を歴任した石塚栄少佐(当時、阿賀野型軽巡洋艦3番艦「矢矧」水雷長[32]海軍兵学校63期[33] )を槇艤装員長に任命する[34]。同日附で、舞鶴海軍工廠の槇艤装員事務所は事務を開始した[35]。 8月10日、就役[36][37]。艤装員事務所を撤去した[38]。石塚少佐も制式に槇駆逐艦長(初代)となる[39]。主な初代幹部は、航海長大山雅清中尉、砲術長宇田広美大尉、水雷長芦田森一大尉[39]

竣工後[編集]

1944年(昭和19年)8月10日の竣工と共に、訓練部隊の第十一水雷戦隊に編入される[40][注 3]。 8月中旬、「槇」は舞鶴から瀬戸内海に移動した[46][47]。 第二遊撃部隊[注 4]や協力艦艇・部隊と共に[49]、内海西部で訓練をおこなう[47][50]。 後日「槇」と行動を共にする「涼月」も、8月上旬から内海西部で十一水戦と訓練をおこなっている[47][51]

9月30日付で第三十一戦隊[52](司令官江戸兵太郎少将、海兵40期)[53]麾下の第43駆逐隊[13](駆逐隊司令菅間良吉大佐[54]、海兵50期)に編入された[55][56]ネームシップの「」は既に沈没しており[57]第43駆逐隊は本艦の編入で4隻編制(竹、梅、桃、槇)となった[55][58]。 当時の航海長が病気で退艦し、後藤英一郎中尉(槇乗組)が10月7日付で槇航海長に任命されるまで本艦は航海長欠員だったが[59]、任務は続行された[60]。 10月10日、第43駆逐隊から「松」が除籍され、松型6番艦「」が編入される[61]

レイテ沖海戦[編集]

10月17日朝、アメリカ軍がフィリピン、レイテ湾スルアン島に上陸した[62]。翌18日夕刻、日本軍捷一号作戦を発動した[63]。本作戦は、第一機動艦隊司令長官小沢治三郎中将(海兵37期)が率いる機動部隊第三艦隊)が囮となって第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)をひきつけ[64]、その隙に第二艦隊司令長官栗田健男中将(海兵38期)率いる第一遊撃部隊がレイテ湾に突入し、アメリカ軍の上陸部隊を撃破するというものであった[65][66]

第三艦隊の本来の護衛部隊は第二遊撃部隊[注 5]だったが[67]台湾沖航空戦の「残敵掃討」に駆り出されてしまった[68][69]。さらに秋月型駆逐艦「冬月[70][71]と「涼月[72][73]が日本近海で相次いで潜水艦に撃破され、修理を余儀なくされた。 機動部隊の水上兵力不足という事態に対し、練習部隊の第十一水雷戦隊から軽巡洋艦「多摩」と駆逐艦「」を[74][注 6]、対潜部隊の第三十一戦隊[76][注 7]、内地所在の軽巡「大淀」を、それぞれ機動部隊の護衛部隊に編入した[78]。 当時、第三十一戦隊司令官は旗艦を「五十鈴」から「槇」に移し、「五十鈴」は呉で整備を実施、「槇」と「桑」は大分県佐伯において訓練中だった[77]。このあと第三十一戦隊旗艦は「大淀」に変更された[79][80]。また四航戦のうち空母「隼鷹」と「龍鳳」は搭載する航空隊がなく、出撃しなかった[81]。出撃各艦は内地残留の「隼鷹」から燃料を補給した[82]

10月20日夕刻、小沢機動部隊(第三航空戦隊の空母4隻〈瑞鶴瑞鳳千代田千歳〉、第四航空戦隊航空戦艦2隻〈日向伊勢[81]、巡洋艦3隻〈大淀五十鈴多摩〉、秋月型駆逐艦4隻〈初月秋月若月霜月〉、松型駆逐艦4隻〈〉)は豊後水道を出撃した[83][注 8]。 10月22日[84]、「槇」は空母「千代田」から重油の洋上補給を行う[85]10月23日午前より、小沢機動部隊は対潜警戒を主とした第一警戒航行序列から、対空警戒を主とした二つの輪形陣に切り替えた[86][87][注 9]。 10月24日、燃料不足の松型2隻(桐、杉)は小沢機動部隊から分離[89]、沖縄方面に退避した[90]

10月25日エンガノ岬沖海戦における「槇」は、軽空母2隻(千代田、千歳)および航空戦艦「日向」[91]を中心とする第二群(千歳、千代田、日向、五十鈴、霜月、槇)を構成していた[92][93]。 朝8時からの空襲第一波で、8時56分に駆逐艦「秋月」が轟沈した[94]。「槇」は『我レ、秋月ノ救助ニ向フ』を打電して救助活動を行う[95]。第二群の指揮を執る第四航空戦隊司令官松田千秋少将(海兵44期、日向座乗)は9時00分に「槇」に対し「沈没駆逐艦ノ救助ニ行ケ」と命じた[96]。「槇」は秋月乗組員の救助を実施、秋月駆逐艦長も収容した[97]

戦闘はなおも続き、9時37分に「千歳」が沈没[98]、「霜月」が乗組員を救助した[99]。10時ごろからの空襲第二波で「千代田」が航行不能となり[100]、4隻(日向、五十鈴、槇、霜月〈千歳救助完了後に合流〉)が掩護をおこなう[101]。「五十鈴」は「千代田」の曳航を試みていたが燃料不足や空襲により成功しなかった[102][103]。敵機動部隊接近の気配もあった[104]。四航戦司令官は2隻(五十鈴、槇)に「千代田ヲ処分シ北方ニ避退」と命じ[104]、午後1時30分以降、「霜月」を率いて北方にむかった[105]

「五十鈴」と「槇」はひきつづき「千代田」救援に従事した[17][106]。「五十鈴」は幾度も曳航を試みていたが、14時14分に被弾して舵故障状態となり、遂に曳航を断念するに至った[107]。「五十鈴」は千代田艦長城英一郎大佐に「敵ノ空襲下ニ於テハ曳航ハ困難ト認ム 人員ヲ救助シタル後処分スルコトニシテハ如何」と進言し、「槇」に対しては「(14440)我舵故障 槇ハ千代田ニ横付シ人員ヲ救助シタル後 艦ヲ処分セヨ」と指示した[108]。「槇」は総員退艦準備中の「千代田」に接近する[109]。だが15時頃より空襲がはじまり、「五十鈴」は千代田側に「日没頃迄避退シ再ビ此ノ附近ニ引返ス」と伝え、「槇」に「近寄レ」と命じた[注 10]。15時25分、「槇」は「五十鈴」を追及して「我針路0度ニテ避退ス」と信号してきたので、「五十鈴」は「我人力操舵中近寄ルナ」と返信した[108]。そうこうしているうち「槇」は15時30分頃に被弾した[108]。発揮可能速力20ノットに低下[注 11]、戦死者31名と負傷者35名を出した[110]。「槇」に救助されていた秋月乗組員からも[111]、戦死者や負傷者が出た[112][注 12]。 15時40分、「五十鈴」は「槇」に「今ヨリ千代田ノ処分ニ行ク」と信号をおくったが[108]、敵機の襲来により損傷中の2隻(五十鈴、槇)は退避を続けた[112]。槇側は、この間の戦闘で敵機5機を撃墜したと主張している[113]。 なお「槇」被弾後、姉妹艦「」が接近してきて同艦駆逐艦長山下正倫中佐(海兵53期)から「大丈夫か?」(いかがなりや)と声をかけられる一幕もあった[113][114]。また単艦で引き返す秋月型4番艦「初月[115](第61駆逐隊司令天野重隆大佐座乗)と遭遇、信号を交わしてすれ違うが[116][注 13]、このあと「千代田」[118]と「初月」[119]は、米軍水上艦部隊に撃沈された[120]。付近にいた各艦(槇[121]、若月、五十鈴)[122]は「初月」の奮戦により助かったと言える[123][124]

海戦後、10月26日16時沖縄本島中城湾に帰投した[121][125]。ここで2隻(五十鈴、槇)は「桑」から瑞鳳生存者を受け入れ[126]、「桑」と「槇」は山下少佐(桑駆逐艦長)の指揮下で奄美大島に向かう[127]。補給部隊のタンカー「たかね丸」(日本海運、10,021トン)から240トンの重油を補給してもらった[128]。奄美大島で、「槇」に収容されていた秋月生存者の一部は航空戦艦「伊勢」に移された[129][130]。フィリピンへむかった2隻(大淀、若月)[131]を除く機動部隊残存艦(日向、伊勢、五十鈴、霜月、桑、槇)は、10月29日へ帰投した[132]。 「槇」は約20日間、呉海軍工廠で修理を実施した[133][注 14]。「槇」の修理完成直前、第三十一戦隊は第五艦隊に編入された[135][注 15]

隼鷹護衛[編集]

レイテ沖海戦で第二艦隊は、戦果のほどはさておいて多数の弾薬を消費した[138]レイテ決戦の夢を捨てきれない連合艦隊では、航空隊を陸揚げして「失業」状態の空母「隼鷹」を活用して[139]、弾薬や軍需品の緊急輸送を行う事となった[138]。空母の格納庫と高速力は、輸送艦としても適していた[140]。 「隼鷹」は10月27日から11月18日までの第一回マニラ緊急輸送を終えていた[注 16]11月23日に瀬戸内海を出撃して第二回マニラ向け緊急輸送を行う事となり[143]、この第二回輸送に「槇」は加わる[144][注 17]。 「槇」は第41駆逐隊冬月涼月)とともに「隼鷹」を護衛してフィリピンに向かう[147]。11月30日、隼鷹隊はマニラ到着した[148][注 18]。 同地で軍需品を陸揚げしたあと、12月1日に出発する[150]。12月3日、澎湖列島馬公に到着した[151]。 馬公にて、隼鷹隊は日本に戻る途中の戦艦「榛名」と合流する[150][152][注 19]。 榛名護衛任務を終えた「霞」と「初霜」はシンガポールに戻った[157]

12月6日、5隻(榛名、隼鷹、冬月、涼月、槇)は馬公を出港して日本本土に向かう[158]。ひきつづき悪天候下の12月9日未明[159]佐世保入港を目前にして野母崎沖を航行する日本艦隊は[160]、アメリカ潜水艦のウルフパックに発見される[注 20]。当時「榛名」より『槇は隼鷹の後につけ』の命令があり、本艦は護衛対象2隻(榛名、隼鷹)右側を反航して南下、「隼鷹」の後方につく直前に雷撃を受けた[162]。 午前1時30分、「隼鷹」に米潜水艦レッドフィッシュ (USS Redfish, SS-395) の発射した魚雷が2本命中する[163]。「隼鷹」は浸水が拡大して傾斜し、便乗中の戦艦武蔵生存者を慌てさせた[164]。だが片舷機械で航行可能であり[165]、他艦と共に佐世保に帰投することが出来た[166][167]。 続いて潜水艦シーデビル (USS Seadevil, SS-400) と潜水艦プライス (USS Plaice, SS-390) が攻撃を行い[168]、シーデビルは0時28分に魚雷を4本発射して、それは戦艦か空母に命中したと判断された[169]。プライスは1時28分と31分に魚雷3本と4本をそれぞれ発射して、3本のうちの2本と4本のうちの2本の計4本が照月型駆逐艦に命中して撃破したと判断された[170]。いずれかの攻撃にせよ「槇」前部に魚雷1本が命中して艦首を喪失した[171]。戦死者4名[168]。午前10時、損傷した「槇」は長崎港に入港した[167]。調査の後、佐世保に帰投した[172]

渋谷(当時、隼鷹艦長)の証言によれば「隼鷹の護衛は槇1隻だけで、槇艦長が「オレが引き受けてやる」と身を挺して魚雷を受けた」という[165]。 石塚(当時、少佐/槇駆逐艦長、海兵63期)の証言によると、回避運動を取るとその魚雷が「隼鷹」に向かってしまうため、回避運動をとらずにわざと艦首すれすれに魚雷を当てたともいう[173]。石塚は「航海長も『艦長、直進です』と直進を進言してくれた。航海長も私と同じ気持ち(護衛に任ずる者は捨て身の護衛をやる覚悟が大切)だったと思う」と回想している[174]。後藤英一郎(槇航海長)の証言によると、左前方から魚雷が接近したため右旋回をやめて直進したという[175]。「榛名」は『五島沖にて敵潜水艦の攻撃を受け、槇、轟沈』と発信した[176][注 21]

太平洋戦争末期[編集]

「槇」は三菱長崎造船所1945年(昭和20年)3月15日まで修理をおこなった[173]。またこの時大型水中聴音機も装備した。修理完了後は呉に回航された[8]。第五艦隊は前月5日に解隊されており[179]、第三十一戦隊は連合艦隊附属を経て、第二艦隊に編入されていた[180]。第二艦隊編入時の第三十一戦隊旗艦は秋月型駆逐艦「花月」であった[181][182]

3月19日、米軍機動部隊艦上機による呉軍港空襲がおこなわれた[183]。この戦闘で43駆僚艦「」が機銃掃射で若干の被害を受けた[184]28日17時30分、第三十一戦隊(花月、槇、榧)をふくむ第一遊撃部隊[注 22]は佐世保回航のため呉を出撃したが、直後に回航は中止された[185][186]。翌29日、駆逐艦「」が機雷で損傷、曳航されて呉に帰投した[187][188]

4月5日夕刻、第一遊撃部隊の沖縄出撃が伝達され[189]、第三十一戦隊は出撃各艦に弾薬を移載した[190]6日15時20分の第一遊撃部隊徳山沖出撃では[191]大和特攻/坊ノ岬沖海戦[192][124]、呉防備戦隊の各部隊や海防艦「志賀」等と協力し[193]、前路掃蕩隊[194]花月[195]、槇)として豊後水道出口まで第一遊撃部隊に随伴した[196][注 23]。16時20分、伊藤中将より帰投命令があり、第三十一戦隊は引き返した[197]。第三十一戦隊は待機部隊に編入され、第十一水雷戦隊司令官の指揮下に入った[22][198]

4月20日をもって第二艦隊や第二水雷戦隊が解隊され、第三十一戦隊は連合艦隊附属になった[199]5月20日、軽巡「北上」(人間魚雷回天母艦)と駆逐艦「波風」および第三十一戦隊を基幹として海上挺進部隊が新編され、第43駆逐隊の「槇」も同挺進部隊所属となる[200]。出撃の機会はなく、瀬戸内海で訓練と待機の日々を過ごした[182]。 以後は瀬戸内海で数回の対空戦闘を行ったが無傷で、終戦時は呉に在泊していたとも[201]、3隻(竹、榧、槇)で山口県屋代島の日見海岸に疎開し[202]、そのまま終戦を迎えたともされる[203]。10月5日に除籍。12月1日に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事。1947年(昭和22年)8月14日[204]、賠償艦としてシンガポールイギリスに引渡された。その後、「槇」は解体された。

歴代艦長[編集]

1944年9月の「槇」艦型略図。25mm3連装機銃4基、同単装12基を装備

※『艦長たちの軍艦史』364-365頁による。

艤装員長[編集]

  1. 石塚栄 少佐 1944年7月1日[34] - 1944年8月10日[39]

駆逐艦長[編集]

  1. 石塚栄 少佐 1944年8月10日[39] -

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後日、行動を共にする秋月型駆逐艦8番艦「冬月」も舞鶴で建造中だった[26]
  2. ^ 同日(6月10日)[29]、松型4番艦「」も舞鶴で竣工した[28][30]
  3. ^ 第十一水雷戦隊司令官は高間完少将[41]海軍兵学校41期。十一水戦配備の軽巡洋艦「長良」が輸送作戦従事中の8月7日に撃沈されたため[42]、高間少将は引き続き駆逐艦「」を旗艦としていた[43]8月30日に軽巡「多摩」が十一水戦に編入され[44]、「多摩」に将旗を掲げた[45]
  4. ^ 第二遊撃部隊は8月1日に新編され、機動部隊に編入された[48]。第二遊撃部隊指揮官は第五艦隊司令長官志摩清英中将である[48]。8月1日時点の第二遊撃部隊兵力は、第五艦隊(第二十一戦隊〈那智足柄木曾多摩〉、第一水雷戦隊〈軽巡阿武隈、第7駆逐隊()、第18駆逐隊(不知火)〉、第21駆逐隊(8月5日付編入:若葉初春初霜) 〉 )、十一水戦(長良、清霜、梅、竹、桃、桑)、第61駆逐隊(初月、秋月、涼月、若月)、第二戦隊(9月10日付新編:扶桑山城[44]、第四航空戦隊(伊勢、日向)、第三航空戦隊の一部)[48]。十一水戦は入れ替わりが激しい[48]
  5. ^ 第二遊撃部隊指揮官は第五艦隊司令長官志摩清英中将。第五艦隊の重巡洋艦(那智、足柄)や第一水雷戦隊で編成されていた。
  6. ^ 十一水戦司令官は旗艦を「多摩」から駆逐艦「」に移し、十一水戦の大部分と共に内地に残った[75]
  7. ^ 第三十一戦隊の一部兵力は10月17日GF電令作第35号をもって機動部隊本隊出撃部隊に編入され、指定された5隻(五十鈴、槇、秋風、桐、桑)が機動部隊に加わった[77]
  8. ^ 軍隊区分[15]:第一軍隊区分 主隊(三航戦、四航戦)、巡洋艦戦隊(多摩、五十鈴)、警戒隊/第一駆逐連隊(大淀、桑、槇、杉、桐)/第二駆逐連隊(初月、秋月、若月、霜月)、補給部隊(仁栄丸、たかね丸、秋風、海防艦4隻)|第二軍隊区分 主隊(三航戦、巡洋艦戦隊、第一駆逐連隊)、前衛(四航戦、第二駆逐連隊)。
  9. ^ 機動部隊の輪形陣は、第五群(瑞鶴、瑞鳳、伊勢、大淀、多摩、初月、秋月、若月、杉、桐)と、第六群(千代田、千歳、日向、五十鈴、霜月、槇、桑)にわかれていた[88]
  10. ^ 五十鈴機密第251510番電(宛四航戦司令官)[108] 一 空襲ノタメ千代田ヲ曳航不能 本艦暫ク避退夜ヲ待チ救難ニ任ズルモ 状況悪ケレバ人員ヲ救助ノ上船体処分ス/二 本艦若干被爆セルモ戦闘航海ニ差支ナシ 
  11. ^ (機動部隊本隊捷一号作戦戦闘詳報、昭和19年11月15日)[18]〔 槇 一罐室命中弾 一号罐及重油「タンク」一部破損 残リ一罐ニテ出シ得ル速力二〇節 重油「タンク」使用不能量約二〇〇トン 蒸気管破損ノ為揚錨機使用不能 発射管破損使用不能 〕
  12. ^ 秋月乗組員328名、生存145名、戦死183名(槇艦上で戦死した4名、伊勢で戦死した1名を含む)であった[16]
  13. ^ 槇航海長の回想によれば、初月「クカヨクカ(駆逐艦長より駆逐艦長)、我レ艦載内火艇収容ノタメ引返ス」の手旗信号に、槇「ゴ武運ヲ祈ル」[117]
  14. ^ 一部の二次資料では、11月9日に北九州を出発した南方輸送部隊「H部隊」の編成を、航空戦艦(日向、伊勢)、軽巡「五十鈴」、防空駆逐艦「霜月」、護衛駆逐艦5隻(梅、桃、槙、桑、杉)と記述する[134]
  15. ^ 11月25日、第三十一戦隊旗艦の秋月型駆逐艦「霜月」が潜水艦に撃沈され[136]、第三十一戦隊司令部は全滅した[137]。後任の第三十一戦隊司令官は鶴岡信道少将であった[52]
  16. ^ 隼鷹隊の第一回往路は4隻(木曾夕月卯月秋風)に護衛されていたが[138]、11月3日に潜水艦ピンタドの雷撃で「秋風」が轟沈v、ボルネオ島で重巡「利根」が加わった[141]。マニラで第一水雷戦隊配備予定の「木曾」がはずされ[142]、帰路は駆逐艦「時雨」が追加された。
  17. ^ レイテ沖海戦後の再編で[145]、第三十一戦隊は11月20日付で第五艦隊の麾下となった[146]
  18. ^ 石塚(槇艦長)によれば、マニラ進出後はレイテ島西岸オルモックへの強行輸送作戦「多号作戦」に投入されると思っていたが、隼鷹艦長が「槇」を贔屓にして護衛続行を要求したという[149]
  19. ^ 「榛名」は11月22日に座礁して艦底に損傷をうけ[153]、高速航行と長期航海に不安を抱えていた[154]。シンガポールから馬公までの榛名護衛艦艇は[155]、駆逐艦「初霜」と「」であった[156]
  20. ^ 護衛の「涼月」は艦隊速力が約18ノットで速すぎると感じ「黎明後に男女群島を通過するよう、速力を落とされてはいかが」と発光信号を「榛名」に送ったが、同艦(榛名艦長重永主計大佐)の反応はなかったという[161]
  21. ^ 倉橋(当時の涼月砲術長)は「敵潜攻撃に向かった駆逐艦「」は帰らなかったと聞く」と回想している[177]。同著1987年版では、この記述は削除されている[178]
  22. ^ 指揮官は第二艦隊司令長官伊藤整一中将:戦艦大和第一航空戦隊)、第二水雷戦隊(軽巡矢矧、第7駆逐隊、第17駆逐隊、第21駆逐隊、第41駆逐隊)、第三十一戦隊(花月、榧、槇)。
  23. ^ 戦艦「大和」、二水戦旗艦「矢矧」、第17駆逐隊(磯風、雪風、浜風)、第21駆逐隊(朝霜、初霜、霞)、第41駆逐隊(冬月、涼月)[197]

出典[編集]

  1. ^ #S1902舞鎮日誌 p.49〔 十九(天候略)工廠工事 呂四六潜竣工受領/第五四八八號艦起工(略) 〕
  2. ^ #S1906舞鎮日誌 p.44〔 十(天候略)(略)其ノ他 五四八八號艦進水式 驅逐艦桃引渡 〕
  3. ^ #S1908舞鎮日誌 p.8〔 (a)新造艦船 槇 八月十日完成引渡ヲ了ス 〕
  4. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.7
  5. ^ a b #達昭和19年6月 pp.3-4〔 達第百八十一號 昭和十八年度及昭和十九年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦三隻、潜水艦二隻及海防艦九隻ニ左ノ通命名ス 昭和十九年六月五日 海軍大臣嶋田繁太郎|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 驅逐艦 杉(スギ) 第三十六號海防艦 第四十號海防艦|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 槇(マキ) 第六十一號海防艦|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 樅(モミ) 伊號第三百七十二潜水艦|呉海軍工廠ニ於テ建造 伊號第四百四潜水艦|日立造船所株式會社ニ於テ建造 海防艦 大東(ダイトウ)
  6. ^ 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 294日本海軍駆逐艦艦名一覧/Ⅱ二等駆逐艦
  7. ^ a b 福井静夫、日本駆逐艦物語 1993, p. 291(I 一等駆逐艦つづき)槇(Ⅱ)Maki
  8. ^ a b c d 陽炎型(光人社) 2014, p. 333槇(まき)
  9. ^ 戦史叢書88 1975, pp. 52-56駆逐艦(丁)
  10. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 291-293帝国海軍駆逐艦・水雷艇建造少史(18)戦時急造關―松型と同改(丁型)
  11. ^ #S1906十一水戦(3) p.21〔 十二日一二五二総長(宛略)機密第一二一二五二番電 八月十日附槇ヲ11sdニ編入 〕
  12. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127600, pp.52
  13. ^ a b 戦史叢書37 1970, p. 80.
  14. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 332-333.
  15. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 82-85作戦要領
  16. ^ a b 歴群23、秋月型 1999, p. 109漂流と救助
  17. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 435a-436「五十鈴、槇」の行動、「千代田」の曳航を断念
  18. ^ a b 戦史叢書56 1972, p. 453各艦の損傷状況
  19. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 30-34大本営海軍部の水上兵力整頓の基本方針
  20. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 588-589護送駆逐艦の損害
  21. ^ 木俣、駆逐艦入門 2006, p. 341.
  22. ^ a b 吉田満、原勝洋 1986, pp. 77-79出撃
  23. ^ #S1902舞鎮日誌 pp.8-9〔 (a)新造艦船 早霜 二月二十日完成引渡ヲ了ス/冬月 一月二十日進水艤装中/松 二月三日進水艤装中/第五千四百八十四號艦 船臺ニ在リ船殻工事中/臺三六六號艦 二月十日、第五四八八號艦 二月十九日起工/第二四一二號艦 二月十日起工、第二四一一號艦何レモ日本海船渠ニテ船殻工事中 〕
  24. ^ 戦史叢書88 1975, p. 55第5488号艦 槇(まき)
  25. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 448a-449舞廠建造艦艇一覧、槇(5488)
  26. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 446-447舞廠建造艦艇一覧、冬月(361)
  27. ^ #内令昭和19年6月 pp.6-7〔 内令第七百三十八號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年六月五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|驅逐艦、一等松型ノ項中「桑」ノ下ニ「、杉、槇、樅」ヲ加フ(以下略) 〕
  28. ^ a b #S1906舞鎮日誌 p.8〔 (a)新造艦船|桃 兵装艤装竝ニ諸公試試験完了六月十日引渡ヲ了ス/槇 六月十日進水/第一二六六號艦 第五四九二號艦 第五四九六號艦}船臺ニ在リテ船殻工事中(以下略) 〕
  29. ^ 舞廠造機部 2014, pp. 448b-449舞廠建造艦艇一覧、桃(5484)
  30. ^ #S1906舞鎮日誌 p.20〔 十一日〇九一四桃驅逐艦長|十一日一一〇〇長官他|桃機密臺一一〇九一四番電 十日一〇〇〇竣工受領十四日舞鶴發 〕
  31. ^ a b 昭和17年11月25日(発令11月25日付)海軍辞令公報(部内限)第996号 p.17」 アジア歴史資料センター Ref.C13072088300 
  32. ^ 昭和18年12月31日(発令12月29日付)海軍辞令公報(部内限)第1291号 p.46」 アジア歴史資料センター Ref.C13072094900 
  33. ^ 昭和11年3月20日(水)官報第2763号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4
  34. ^ a b 昭和19年7月5日(発令7月1日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1526号 p.25」 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  35. ^ 昭和19年7月8日(土)海軍公報(部内限)第4734号 p.32」 アジア歴史資料センター Ref.C12070479600 〔 ○事務開始 驅逐艦槇艤装員事務所ヲ七月一日舞鶴海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ 〕
  36. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 22a-25「槇」の誕生
  37. ^ #S1906十一水戦(3) p.20〔 十日一四一三槇クカ(宛略)機密第一〇一四一三番電 十日竣工十三日出撃準備完了即日出港十五日午後桂島着ノ予定 〕
  38. ^ 昭和19年8月18日(金)海軍公報 第4773号 p.6」 アジア歴史資料センター Ref.C12070496200 〔 ○事務所撤去 第二十九號海防艦艤装員事務所ハ八月八日之ヲ撤去セリ|槇艤装員事務所ハ八月十日之ヲ撤去セリ 〕
  39. ^ a b c d 昭和19年8月14日(発令8月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1563号 p.40」 アジア歴史資料センター Ref.C13072100500 
  40. ^ #S1906十一水戦(3) p.36〔 一〇(天候略)〇七四五清霜 竹 桂島発/梅 桃 涼月桂島ヨリ八島回航/桑大津島出動|清霜 竹 桂島出撃、桑 梅 桃 涼月出動諸訓練|槇11sd編入 〕
  41. ^ #S1906十一水戦(3) p.6〔 (一)司令部(イ)主要職員官氏名 〕
  42. ^ 軽巡二十五隻 2014, pp. 326-327長良(ながら)
  43. ^ #S1906十一水戦(3) p.8〔 二日(司令官)11Sd|二日〇八三〇扶桑、桑〔呉鎭〕|11Sd信令第二〇號 一.明三日一三〇〇将旗ヲ桑ニ移揚ス/二.本職桑ヲ率ヰ一三一五出港桂島ニ回航ノ豫定|信號 〕、同部隊戦時日誌 p.11〔 三日一三〇五(司令官)11Sd(宛略)機密第〇三一三〇五番電 将旗ヲ桑ニ移揚セリ|無電 〕、同部隊戦時日誌 p.39(作戦経過概要、昭和19年8月)(30日)(略)〔 旗艦ヲ桑ヨリ多摩ニ変更 多摩11Sd編入 〕
  44. ^ a b 戦史叢書37 1970, p. 372.
  45. ^ 軽巡二十五隻 2014, p. 322多摩(たま)
  46. ^ #S19.06十一水戦日誌(3) pp.36-37(作戦経過概要、昭和19年8月)(13日)〔 〇七五〇清霜 竹 馬公着/槙一一〇〇舞鶴発 〕(14日)〔 槇徳山ヲ経テ一九三〇八島着 一四〇〇清霜竹マニラニ向ケ馬公発(略)|桑 梅 桃出動訓練|桐11Sd編入 〕
  47. ^ a b c #S1906十一水戦(3) p.5〔 (四)麾下艦船部隊竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動 〕(昭和19年8月)
  48. ^ a b c d 戦史叢書37 1970, p. 370.
  49. ^ 戦史叢書37 1970, pp. 373-374第二遊撃部隊(第五艦隊)/訓練等
  50. ^ #S1906十一水戦日誌(3) p.43〔 (四)麾下艦船ノ行動 〕(昭和19年9月)
  51. ^ #S1906十一水戦日誌(3) p.12〔 三日(司令官)11Sd|三日一五一五 43dg 桑 涼月|11Sd信令第二一號 43dg及涼月ハ左ニ依リ対潜訓練ヲ實施スベシ 一.實施期日八月四日 竹涼月 五日梅桃/二.作業海面廣島湾崎田島附近 協力(参加)部隊呉潜戰(三航戰)|信号 〕〔 四日(司令官)11Sd(宛略)43dg司令ハ当分ノ間涼月及桑ノ訓練ヲ統制スベシ|信號 〕
  52. ^ a b 戦史叢書46 1971, pp. 330-332第三十一戦隊の編成
  53. ^ 戦史叢書37 1970, pp. 76-79敵潜撃滅戦隊の創設
  54. ^ 昭和19年7月21日(発令7月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1541号 p.7」 アジア歴史資料センター Ref.C13072100100 
  55. ^ a b #内令(秘)昭和19年10月(1) p.6〔 内令第一一二一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年九月三十日 海軍大臣 第四十三驅逐隊ノ項中「桃」ノ下ニ「、槇」ヲ加フ 〕
  56. ^ #S19.06十一水戦日誌(3) p.52〔 二十日一九一六 大海一部長(宛略)機密第二〇一九一六番電 九月三十日附 槇ヲ11Sdヨリ除キ43dgニ編入|無電 〕
  57. ^ 木俣、駆逐艦入門 2006, pp. 331-332.
  58. ^ #内令昭和19年7月 p.21〔 内令第八百六十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年七月十五日 海軍大臣|第三十二驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ二項ヲ加フ |第四十一驅逐隊|霜月、冬月|・|第四十三驅逐隊|梅、竹、松、桃| 〕
  59. ^ 昭和19年10月13日(発令10月7日付)海軍辞令公報(甲)第1618号 p.39」 アジア歴史資料センター Ref.C13072101500 
  60. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 22b-25.
  61. ^ #内令(秘)昭和19年10月(2) pp.35-36〔 内令第一一六二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年十月十日海軍大臣|第十九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十七驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「、夕凪」ヲ削ル|第四十三驅逐隊ノ項中「松、」ヲ削リ「槇」ノ下ニ「、桐」ヲ加フ 〕
  62. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 21-22.
  63. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 33-36.
  64. ^ 撃沈戦記 2013, pp. 32-34囮部隊の出撃
  65. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 29-31激戦のレイテ沖に死す
  66. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 75-77機動部隊本隊/出撃準備の下令
  67. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 27-29機動部隊本隊に対する指導
  68. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 483-487台湾沖航空戦の余波
  69. ^ 戦史叢書37 1970, pp. 677-678聯合艦隊司令長官、残敵殲滅を命令
  70. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 130-131冬月被雷す
  71. ^ 陽炎型(光人社) 2014, pp. 328-329冬月(ふゆづき)
  72. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 123-128またもや被雷
  73. ^ 陽炎型(光人社) 2014, pp. 325-326涼月(すずつき)
  74. ^ 戦史叢書56 1972, p. 78a十一水戦
  75. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 532.
  76. ^ 撃沈戦記 2013, p. 33.
  77. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 78b-79第三十一戦隊
  78. ^ #S1906十一水戦日誌(4) pp.25-26〔 (長官)KdB|31S司令官 KdMB〔 GF長官 2F長官 軍令部総長〕|機密第一七一三五〇番電 KDMB電令作第九號 一.3Sf、4Sf(第六三四航空隊欠)31S(一部欠)大淀 61dg(涼月欠)41dg(冬月欠)ハ速ニ出撃準備ヲ完成シ八島錨地ニ集合スベシ/二.第六五三航空隊中大分鹿児島航空基地方面残留兵力及第六〇一航空隊中着発可能兵力ハ別ニ定ムル所ニ依リ別動スル3Sfニ収容ス/三.尓余ノ隊艦ハ現任務ヲ続行スベシ|無電 〕〔 (長官)KdMB(宛略)機密第一七一六二五番電 KdMB電令作第一〇號 一.電令作第七號第一項出撃兵力ニ多摩 杉ヲ追加ス/二.同二項 三航戰収容兵力ニ634fg当方残留兵力ニシテ母艦着発可能兵力ヲ追加 右兵力ハ十九日中ニ大分航空基地ニ転進スベシ|無電 〕
  79. ^ 日本軽巡戦史 1989, pp. 569-571,605.
  80. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 531第三十一戦隊、空母を護衛
  81. ^ a b 大内、航空戦艦 2014, p. 90.
  82. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 78a-79第三十一戦隊
  83. ^ 日本空母戦史 1977, p. 726第一機動部隊編成(昭和19年10月20日、出撃)
  84. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 88-90.
  85. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.19,20
  86. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.24
  87. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 154-156機動部隊本隊の作戦行動/頻繁に敵潜水艦を探知
  88. ^ 戦史叢書56 1972, p. 155.
  89. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 25-26出撃
  90. ^ 戦史叢書56 1972, p. 240.
  91. ^ 佐藤、艦長たち 1993, p. 129小沢部隊の輪形陣(実際には杉と桐は不在)
  92. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, p. 465(第四警戒航行序列)《杉、桐欠》
  93. ^ #レイテ霜月 p.4〔 友軍ノ戰闘経過ノ概要 〕、同艦戦闘詳報 p.55〔 別紙第二 霜月合戰圖第一回対空戰斗(自10月25日0800 至同日0900) 〕
  94. ^ 歴群23、秋月型 1999, p. 108「秋月」の最期
  95. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 30-32「秋月」轟沈
  96. ^ 戦史叢書56 1972, p. 414.
  97. ^ 佐藤、艦長たち 1993, pp. 206-208.
  98. ^ #レイテ霜月 p.9〔 〇九三七|千歳沈没 〕、#日向捷1号 p.11〔 〇九三七|(千歳被爆沈没) 〕
  99. ^ 戦史叢書56 1972, p. 426「千歳」乗員の救助
  100. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 526第二次空襲(十月二十五日)
  101. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 434a-435第六群の状況
  102. ^ 撃沈戦記 2013, pp. 38-39.
  103. ^ 軽巡二十五隻 2014, pp. 274-275.
  104. ^ a b 戦史叢書56 1972, pp. 434b-435.
  105. ^ #レイテ霜月 p.13〔 一三五〇|敵ヲ北方ニ誘出スベク日向ト共ニ北進ス針路〇度速力二〇節之字運動A法|槇列ヲ解キ千代田ノ警戒ニ向フ 〕
  106. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036600, pp.47、木俣『日本水雷戦史』536ページ
  107. ^ 戦史叢書56 1972, p. 435b.
  108. ^ a b c d e 戦史叢書56 1972, p. 436.
  109. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 34-36直撃弾「槇」に命中
  110. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 537.
  111. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 47-48.
  112. ^ a b 最後の海空戦 2011, pp. 38-40襲いくる危機
  113. ^ a b 佐藤、艦長続篇 1995, p. 471.
  114. ^ 雨倉孝之「松型駆逐艦長の奮戦記」『松型駆逐艦』101ページ
  115. ^ 歴群23、秋月型 1999, pp. 176-178.
  116. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 42a-44死地へ行く初月
  117. ^ 歴群23、秋月型 1999, p. 170.
  118. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 4347-438米側資料による「千代田」の最期
  119. ^ 戦史叢書56 1972, p. 446米側資料による「初月」の敢闘
  120. ^ 撃沈戦記 2013, pp. 39-41囮部隊の囮になって
  121. ^ a b 最後の海空戦 2011, pp. 42b-44.
  122. ^ 軽巡二十五隻 2014, pp. 275-276.
  123. ^ 歴群23、秋月型 1999, p. 172.
  124. ^ a b 木俣、駆逐艦入門 2006, pp. 367-368.
  125. ^ 雨倉, 96ページ
  126. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 451-452分離艦の行動
  127. ^ #レイテ桑 p.5〔 十月二十六日一四二〇|中城湾着 中城湾ニテ瑞鳳乗員三一〇名ヲ五十鈴 槇ニ移乗セシム/瑞鳳戰死者(二名)ヲ荼毘ニ付シタル後槇ヲ率ヒ奄美大島ニ回航奄美大島着主隊ト合同 〕
  128. ^ 『機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報』C08030036700, pp.12
  129. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 48-50.
  130. ^ 秋月型(光人社) 2015, pp. 110-112伊勢艦底の痛恨
  131. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 605.
  132. ^ 戦史叢書56 1972, pp. 454-456主隊の内地回航
  133. ^ #S19.07十戦隊日誌(3) p.42〔 1KdF機密第〇二一四一八番電 第四航空戰隊(日向伊勢)第四十一駆逐隊(霜月)凉月 第三十一戰隊(五十鈴 桑 桐 梅 桃 杉)ハ十一月八日 槇 冬月十八日頃内地出撃可能ノ見込 〕
  134. ^ 撃沈戦記 2013, p. 45南方向けH部隊編成
  135. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 67-69第一水雷戦隊の解隊と第三十一戦隊の第五艦隊編入
  136. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 134-135霜月の最期
  137. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 73-74南西方面部隊、駆逐艦の不足を訴う
  138. ^ a b c 日本空母戦史 1977, pp. 790-792.
  139. ^ 佐藤、艦長たち 1993, pp. 83-85片肺航行で帰還
  140. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 135-136緊急マニラ輸送行
  141. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 794-795.
  142. ^ 日本軽巡戦史 1989, p. 604.
  143. ^ 日本空母戦史 1977, pp. 795-800隼鷹の第二次輸送作戦(十一月~十二月)
  144. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.57
  145. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 579.
  146. ^ 戦史叢書54 1972, p. 453.
  147. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127700, pp.57、遠藤, 203、215ページ
  148. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.26〔 三十日一五四二隼鷹艦長(宛略)隼鷹冬月涼月槇一五三〇マニラ着 〕、#S1911二水戦日誌(1) p.54〔 三〇(天候略)(略)一五三〇隼鷹冬月涼月槇マニラ着 〕
  149. ^ 佐藤、艦長続篇 1995, p. 72a乗員の意気ますます軒昂
  150. ^ a b 日本空母戦史 1977, p. 796.
  151. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.55〔 三(天候略)(略)一一四五冬月涼月槇隼鷹ヲ護衛シ馬公着 〕
  152. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 44-45嵐の長崎沖、早朝
  153. ^ 戦史叢書56 1972, p. 550.
  154. ^ 戦史叢書54 1972, p. 452.
  155. ^ 戦史叢書54 1972, p. 454.
  156. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.25〔 三十日一〇一二(指揮官)2YB(宛略)NSB支援部隊電令作第二號 一.省略/二.霞及初霜ハ榛名艦長ノ指揮ヲ承ケ馬公迄同艦ノ護衛ニ任ジタル後昭南ニ帰投予定ノ修理整備ニ從事スベシ 〕、#S1911二水戦日誌(1) p.55〔 五(天候略)一〇二〇 二十一駆(初霜)霞榛名ヲ護衛シ馬公着 〕
  157. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, p.8〔(c)初霜.霞ハ榛名ヲ馬公迄護衛シタル後、昭南ヘノ皈途船團護衛ニ從事中 〕、p.14〔 (二)自十二月一日至十二月三十一日 第二遊撃部隊麾下艦船部隊行動一覧表 〕
  158. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.55〔 六(天候略)〇〇四〇 四十一駆榛名隼鷹ヲ護衛馬公発(以下略) 〕
  159. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 138-140三角波の脅威
  160. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, pp. 140-143隼鷹被雷す
  161. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, p. 141.
  162. ^ 最後の海空戦 2011, p. 46.
  163. ^ 日本空母戦史 1977, p. 798.
  164. ^ 軍艦武藏(下) 2009, pp. 396-397.
  165. ^ a b 佐藤、艦長たち 1993, p. 84.
  166. ^ #S1911二水戦日誌(1) p.56〔 九(天候略)一一〇〇冬月涼月隼鷹榛名佐世保着(以下略) 〕
  167. ^ a b 昭和19.1~昭和20.2大東亜戦争経過概要(護衛対潜関係)其の2/昭和19年12月 」 アジア歴史資料センター Ref.C16120660300  p.5(昭和19年12月)〔 9|0130|馬公ヨリ内地ニ向ケ帰投中ノ隼鷹 野母埼方南西約50′ニ於テ敵(潜水艦)ノ雷撃ヲ受ク|2本命中セルモ13K片舷航行可能1000頃佐世保ニ入港 〕〔 9|0200|d槇女島ノ60°30′ニ於テ艦首ニ1本被雷|1000長崎ニ帰着 〕
  168. ^ a b 日本空母戦史 1977, p. 799.
  169. ^ 「SS-400, USS SEA DEVIL」p.83,84
  170. ^ 「SS-390, USS PLAICE」p.150,151,152,153
  171. ^ 最後の海空戦 2011, pp. 48-50艦首をもがれた「槇」
  172. ^ 『第五艦隊戦時日誌』C08030019900, pp.32
  173. ^ a b 佐藤、艦長続篇 1995, p. 472b.
  174. ^ 軍艦武藏(下) 2009, p. 395.
  175. ^ 最後の海空戦 2011, p. 47.
  176. ^ 最後の海空戦 2011, p. 57.
  177. ^ 駆逐艦隊悲劇の記録 1967, p. 153.
  178. ^ 激闘駆逐艦隊 1987, p. 142.
  179. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 178-179第五艦隊の解隊
  180. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 179a-180第三十一戦隊の第二艦隊編入
  181. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 179b-180.
  182. ^ a b #戦隊行動調書 p.27(第31戦隊行動調書)
  183. ^ 吉田満、原勝洋 1986, pp. 14-15米機動部隊の来襲
  184. ^ 南海の死闘 1994, pp. 184-186「呉」空襲「竹」修理完成後の新任務
  185. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 622-623米機動部隊の誘致作戦
  186. ^ 吉田満、原勝洋 1986, p. 16邀撃作戦の混乱
  187. ^ 能村次郎 2017, p. 23.
  188. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 622-623響の触雷(三月二十九日)
  189. ^ 吉田満、原勝洋 1986, pp. 22-25出撃発令
  190. ^ 戦史叢書17 1968, p. 629出撃準備
  191. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 382-383大和部隊(第一遊撃部隊)の沖繩突入作戦
  192. ^ 日本水雷戦史 1986, p. 626.
  193. ^ 戦史叢書85 1975, pp. 408-409第一遊撃部隊の出撃
  194. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 632-634第一遊撃部隊の作戦計画
  195. ^ 日本水雷戦史 1986, pp. 624-625第三十一戦隊旗艦 花月(三月)
  196. ^ 雨倉, 104ページ
  197. ^ a b 日本水雷戦史 1986, p. 627.
  198. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 635-636出撃
  199. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 283-284第二艦隊、第二水雷戦隊の解隊
  200. ^ 戦史叢書93 1976, pp. 396-397海上挺進部隊の編成
  201. ^ 『日本海軍史 第7巻』
  202. ^ 南海の死闘 1994, pp. 194-195.
  203. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』、『艦長たちの軍艦史』、『艦長たちの太平洋戦争 続篇』
  204. ^ 最後の海空戦 2011, p. 54.

参考文献[編集]

  • 遠藤昭『高角砲と防空艦』原書房、1975年
  • 大内健二『航空戦艦「伊勢」「日向」航空母艦と戦艦を一体化させた恐るべき軍艦 付・航空巡洋艦』光人社〈光人社NF文庫〉、2014年6月。ISBN 978-4-7698-2834-1
  • 岡本孝太郎『舞廠造機部の昭和史』文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片岡紀明「エンガノ岬沖の死闘―駆逐艦「槇」航海長・後藤英一郎」『最後の海空戦 若き最前線指揮官たちの日米戦争』光人社〈光人社NF文庫〉、2011年4月(原著2003年)。ISBN 978-4-7698-2683-5
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎『日本軽巡戦史』図書出版社、1989年3月。
  • 木俣滋郎『駆逐艦入門 水雷戦の花形徹底研究』光人社〈光人社NF文庫〉、2006年7月。ISBN 4-7698-2217-0
  • 木俣滋郎「2.軽空母「千代田」」『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』光人社〈光人社NF文庫〉、2013年6月。ISBN 978-4-7698-2786-3
  • 倉橋友二郎『駆逐艦隊悲劇の記録 海ゆかば・・・』徳間書店、1967年6月。 著者は1944年6月〜1945年5月まで駆逐艦「涼月」砲術長勤務。
  • 倉橋友二郎『激闘駆逐艦隊』朝日ソノラマ、1987年12月。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 34人の艦長が語った勇者の条件』光人社〈光人社NF文庫〉、1993年5月。ISBN 47698-2009-7
  • (37-58頁)『孫子の兵法』<戦艦「大和」艦長・松田千秋少将の証言>(レイテ沖海戦時の四航戦司令官)
  • (71-85頁)『門前の小僧』<航空母艦「隼鷹」艦長・渋谷清見少将の証言>(レイテ沖海戦時の隼鷹艦長)
  • (86-98頁)『用兵の極致』<戦艦「伊勢」艦長・中瀬沂少将の証言>(レイテ沖海戦時の伊勢艦長)
  • (123-125頁)『武人の本懐』<戦艦「日向」艦長・野村留吉少将の証言>(レイテ沖海戦時の日向艦長)
  • (180-192頁)『暗夜の快挙』<駆逐艦「綾波」艦長・佐間英邇大佐の証言>(隼鷹護衛時の冬月艦長、大和特攻時の第43駆逐隊司令)
  • (193-208頁)『綱渡りの航跡』<駆逐艦「秋月」艦長・緒方友兄大佐の証言>(レイテ沖海戦時の秋月艦長、槇に救助)
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
  • 「戦術の極意」<駆逐艦艦長・石塚栄少佐の証言>(砲術長、村雨水雷長、北上水雷長、矢矧水雷長、槇艦長等)
  • 「勝敗の分岐点」<駆逐艦艦長・川畑誠少佐の証言>(太平洋戦争時、奄美大島根拠地隊副官、横須賀第一陸戦隊副官、水雷艇「鷺」艇長、重巡鈴谷水雷長、桐艦長等)
  • 重本俊一ほか『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
  • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 手塚正巳「第二十六章 内地へ」『軍艦武藏 下巻』新潮社〈新潮文庫〉、2009年8月(原著2003年)。ISBN 978-4-10-127772-1
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 能村次郎『慟哭の海 戦艦大和死闘の記録』中央公論社〈中公文庫〉、2017年4月(原著1967年)。ISBN 978-4-12-206400-3
  • 原為一ほか『軽巡二十五隻 駆逐艦群の先頭に立った戦隊旗艦の奮戦と全貌』潮書房光人社、2014年12月。ISBN 978-4-7698-1580-8
  • (263-280頁)当時五十鈴通信長・海軍大尉芝山末男『防空巡洋艦五十鈴エンガノ岬沖の血戦 主砲を撤去して高角砲六門に対空機銃と電探。大改装後の通信長の回想
  • (281-292頁)当時大淀航海長・海軍中佐内田信雄『艦隊司令部用旗艦大淀の航跡 連合艦隊旗艦としても栄光をになった名艦の生涯を綴る航海長の手記
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 沖縄方面海軍作戦』第17巻、朝雲新聞社、1968年7月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<1> 臺灣沖航空戦まで』第37巻、朝雲新聞社、1970年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海上護衛戦』第46巻、朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』第54巻、朝雲新聞社、1972年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍捷号作戦<2> フィリピン沖海戦』第56巻、朝雲新聞社、1972年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 本土方面海軍作戦』第85巻、朝雲新聞社、1975年6月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍戦備<2> ― 開戦以後』第88巻、朝雲新聞社、1975年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<7> ―戦争最終期―』第93巻、朝雲新聞社、1976年3月。
  • 松田源吾ほか『軽巡海戦史 駆逐艦を率いて突撃した戦隊旗艦の奮戦と最後』潮書房光人社、2017年3月。ISBN 978-4-7698-1639-3
  • (22-29頁)当時「大淀」電機分隊・海軍機関兵長星藤吉『レイテ海戦を生き延びた「大淀」奮迅録 三連装砲二基の最新鋭軽巡の艤装時から乗艦した少年兵の戦闘日誌
  • (190-198頁)当時「五十鈴」艦長・海軍大佐松田源吾『防空巡「五十鈴」のエンガノ岬沖海戦 小沢オトリ艦隊とともに最後の決戦場に殴り込んだ艦長の回想
  • 茂呂計造『南海の死闘 少年水兵の海戦記』株式会社近代文藝社、1994年4月。ISBN 4-7733-3262-X
  • 山本平弥ほか『秋月型駆逐艦<付・夕雲型・島風・丁型> 戦時に竣工した最新鋭駆逐艦の実力と全貌』潮書房光人社、2015年3月。ISBN 978-4-7698-1584-6
  • (20-31頁)当時「秋月」二代目艦長・海軍中佐緒方友兄『二代目艦長が綴る駆逐艦「秋月」の奮戦 被雷損傷修理をおえ新艦長を迎えて前線復帰した後の精鋭艦の航跡
  • (32-58頁)当時「秋月」罐部四分隊士・海軍中尉山本平弥『防空駆「秋月」の死命を制した最後の一弾 秋月の沈没原因は敵潜の魚雷か直撃弾か。それとも発射管の誘爆か
  • (94-112頁)当時「秋月」乗組軍医長職務執行者・海軍軍医中尉国見寿彦『「秋月」軍医長 炎の海よりわれ帰還せり 初月若月と共にエンガノ沖に戦い沈没後は槇に救われた九死一生の体験
  • (283-297頁)当時艦政本部部員・海軍技術中佐遠山光一『マスプロ防空駆逐艦"松型"の誕生と背景 駆逐艦発達史の中に位置づけた丁型=松型十八隻と橘型十四隻の新機軸
  • (297-307頁)当時「桑」一番高角砲射手・海軍上等兵曹山本貢『小さな勇者「桑」オルモックに死すとも 瑞鳳直衛の比島沖海戦をへて七次多号作戦に果敢な砲戦を演じた勇者の最後
  • (332-338頁)戦史研究家伊達久『丁型駆逐艦船団護衛ダイアリィ 松型十八隻と橘型十四隻の太平洋戦争
  • 吉田満、原勝洋『ドキュメント戦艦大和』文藝春秋〈文春文庫〉、1986年4月。ISBN 4-16-734902-7
  • 歴史群像編集部編『秋月型駆逐艦 対空戦に威力を発揮した空母直衛艦の勇姿』第23巻、学習研究社〈歴史群像 太平洋戦史シリーズ〉、1999年10月。ISBN 4-05-602063-9
  • (79-110頁)田村俊夫『徹底調査 駆逐艦「秋月」の実像』
  • (169-172頁)神野正美『特別企画2「初月」最後の闘い 知られざる「初月」孤独の奮戦』
  • (173-181頁)雨倉孝之『人物抄伝 太平洋戦争の群像「秋月型駆逐艦」の戦士たち』
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.43 松型駆逐艦』(学習研究社、2003年) ISBN 4-05-603251-3
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和19年1月〜6月達/達昭和19年6月』。Ref.C12070125000。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年6月』。Ref.C12070195400。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年7月』。Ref.C12070195500。
    • 『昭和19年8月〜9月 秘海軍公報/9月(1)』。Ref.C12070496600。
    • 『昭和19年9月〜12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『昭和19年2月1日〜昭和19年2月29日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030360000。
    • 『昭和19年6月1日〜昭和19年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030357800。
    • 『昭和19年8月1日〜昭和19年8月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。Ref.C08030358000。
    • 『昭和19年10月25日 駆逐艦霜月戦闘詳報』。Ref.C08030590100。
    • 『昭和19年11月 駆逐艦桑菲島沖海戦戦闘詳報』。Ref.C08030590300。
    • 『昭和19年10月20日〜昭和19年10月29日 軍艦日向捷号作戦戦闘詳報』。Ref.C08030577100。
    • 『昭和19年10月25日 軍艦伊勢捷1号作戦戦闘詳報(1)』。Ref.C08030576900。
    • 『昭和19年10月25日 軍艦伊勢捷1号作戦戦闘詳報(2)』。Ref.C08030577000。
    • 『昭和19年7月1日〜昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030051000。
    • 『昭和19年11月20日〜昭和19年12月30日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030102400。
    • 『第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年八月一日至昭和十九年八月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年九月一日至昭和十九年九月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(3))』。Ref.C08030127600。
    • 『第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和十九年十一月一日至昭和十九年十一月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(4))』。Ref.C08030127700。
    • 第一機動艦隊司令部『昭和十九年十一月十日 機動部隊本隊 捷一号作戦戦闘詳報 自昭和十九年十月二十日至同年十月二十九日 比島沖海戦』(昭和19年10月20日〜昭和19年10月28日 捷号作戦戦闘詳報(比島方面決戦)(1)(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030036600、C08030036700
    • 軍艦五十鈴『昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 十一月十一日送付 軍艦五十鈴戦時日誌 菲島沖海戦』(昭和19年10月1日〜昭和19年11月5日 捷号作戦戦時日誌(6)軍艦五十鈴) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030038500
    • 第五艦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第五艦隊(第三遊撃部隊)戦時日誌』(昭和19年11月1日〜昭和20年2月5日 第5艦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030019900
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和十九年十二月二十二日至昭和二十年一月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日〜昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074800
    • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年二月一日至昭和二十年三月三十一日 第三十一戦隊戦時日誌』『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日〜昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
    • 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。

関連項目[編集]