古賀峯一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古賀 峯一
Koga Mineichi 3.jpg
生誕 1885年9月25日
日本の旗 日本 佐賀県西松浦郡有田村
死没 (1944-03-31) 1944年3月31日(満58歳没)
フィリピン
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1906年 - 1944年
最終階級 元帥徽章.svg元帥海軍大将
テンプレートを表示

古賀 峯一(こが みねいち、1885年(明治18年)9月25日 - 1944年(昭和19年)3月31日)は、日本海軍軍人。第28代連合艦隊司令長官海軍乙事件にて殉職。最終階級は、殉職による特旨で元帥海軍大将

経歴[編集]

1885年(明治18年)9月25日佐賀県西松浦郡に生まれる。佐賀中学校在学時には、誠友団と名づけた交友団体に属していた。会員には吉田善吾(海兵32期)や小説家の下村湖人がおり、下村の『次郎物語』に登場する新賀峯雄は古賀である[1]1903年(明治36年)12月17日海軍兵学校34期)に、席次195名中29番で入校。同期生に佐藤三郎和田秀穂住山徳太郎らがいる。1906年(明治39年)11月19日、175名中14番の成績で卒業。

当時の日本海軍の大勢を占めていた大艦巨砲主義論者ではあったものの、対英米条約協調派の1人であり、ロンドン海軍軍縮会議の際は海軍省首席副官を務め、山梨勝之進堀悌吉下村正助などと協同して暗殺される覚悟で条約締結に尽力。米内光政山本五十六井上成美などとも親しく、井上は古賀の事を「非常にものの判断の正しい人」と高く評価していた。また、山本や堀とは個人的にも親しかった。

1937年12月1日、軍令部次長。1939年(昭和14年)10月21日、第2艦隊司令長官。12月14日勲一等瑞宝章受章。

左から松平恒雄嶋田繁太郎、古賀、百武三郎
戦艦「武蔵」艦上にて

1941年(昭和16年)9月1日支那方面艦隊司令長官。12月、太平洋戦争開戦。1942年(昭和17年)5月1日、海軍大将に昇進。11月10日横須賀鎮守府司令長官。

1943年(昭和18年)4月21日、前任の山本五十六大将の戦死に伴い、連合艦隊司令長官に親補。25日、旗艦武蔵のあるトラックに到着し、着任[2]。第二航空戦隊航空参謀だった奥宮正武少佐によれば、古賀は海軍士官の中では大柄な方で、どちらかといえば言葉数の少ない提督であり、軍令系統の人で山本大将とは異なる意味で最適な人事に思われたが、航空部隊の指揮官としての経験がないことが気がかりであったという[3]。トラック泊地で連合艦隊司令長官として就任した古賀は戦艦「金剛」・「榛名」、空母「隼鷹」・「飛鷹」、重巡洋艦「利根」・「筑摩」の護衛の下、戦艦「武蔵」で山本五十六の遺骨をトラック島から東京まで送り届けた。 1943年5月8日、トラック泊地の旗艦武蔵連合艦隊司令部での作戦会議で、「日本海軍の兵力は米海軍のそれの半量以下で、勝算は三分の一もない」「活路を見出すためにマーシャル、ギルバート方面で、玉砕を覚悟で艦隊決戦を行う」と訓示を行う[4]

1943年11月、ソロモン方面ではろ号作戦を、中部太平洋方面ではギルバート・マーシャル諸島の戦いを指揮した。古賀は、前任の山本五十六大将のい号作戦の故知にならいろ号作戦を自ら発意して実行した。その結果、母艦航空兵力を消耗して回復に時間が必要になり、前方海域決戦の思想が後退することになった[5]。守りの姿勢に転換し、艦隊決戦を行うならば離島守備隊も捨石にするという玉砕をかけての千早城戦法を採用し、洋上戦ではバルチック艦隊邀撃戦法によって敵の主力艦隊と艦隊決戦を行おうとする戦法を採用して、新Z号作戦を策定した。

パラオ大空襲に際し、パラオからダバオへ飛行艇で移動中に行方不明となり殉職した(海軍乙事件)。山本に続き古賀までも失うことになり、日本海軍にとって大きな打撃となった。殉職後、ナチス・ドイツ政府より柏葉騎士十字章が贈られた。

古賀の墓(左)

墓所は多磨霊園の名誉霊域で、ここには古賀と並んで東郷平八郎、山本五十六が葬られている。古賀の墓は他の二人と比べて質素で目立たないが、これについて古賀の妻は「古賀はお手柄を立てた訳でもないので、これで結構でございます」と語ったという。また、古賀は戦死ではなく殉職とされた事が原因で靖国神社には合祀されていない。死後、元帥海軍大将に任ぜられたが、その時下賜された元帥刀と元帥正刀帯は、横須賀市田浦の海上自衛隊第2術科学校資料室に展示されている。

年譜[編集]

墓所は東京都府中市多磨霊園に所在。

出典[編集]

  1. ^ 『最後の砦 提督吉田善吾の生涯』pp.124-126
  2. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫272頁
  3. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫272頁
  4. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫274頁
  5. ^ 戦史叢書71巻 大本営海軍部・聯合艦隊(5)第三段作戦中期 108頁

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

軍職
先代:
山本五十六
連合艦隊司令長官
第28代:1943年4月21日 - 1944年3月31日
次代:
豊田副武