い号作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
い号作戦
Yamamoto last image alive.jpg
作戦終了後の4月18日、搭乗員に訓示敬礼する山本五十六(向かって右に草鹿任一
戦争太平洋戦争
年月日1943年4月7日-4月15日
場所オロ湾ガダルカナル島ポートモレスビーミルン湾
結果:日本軍の勝利、連合国軍は多数の艦船を喪失
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
指導者・指揮官
山本五十六 ダグラス・マッカーサーウィリアム・ハルゼー
戦力
第11航空艦隊196機
第3艦隊184機
米陸軍第5航空軍、米海兵隊航空団、豪空軍の航空機約234機
損害
航空機61 駆逐艦、コルベット艦、油槽船、商船、各1、航空機25
ソロモン諸島の戦い

い号作戦(いごうさくせん)とは、日本海軍1943年4月7日から15日にかけて第十一航空艦隊第三艦隊所属の艦載機により、ガダルカナル島ニューギニア島南東部のポートモレスビーオロ湾ミルン湾に対して空襲を行った作戦である。4月7日に実施された空襲は、大本営発表によってフロリダ沖海戦と呼称された[1]。作戦名はいろは順の最初の文字にあやかって付けられた[2]

背景[編集]

日本海軍ケ号作戦後、1943年3月に発令された第三段作戦帝国海軍方針と、同時期に日本陸軍との間に取り決められた陸海軍中央協定で、春以降の作戦方針としてニューギニア方面を重視していくことを確認した[3]。こうしたなか、ラエサラモア方面に対する増援作戦として3月3日に八一号作戦が実施されたが、輸送船団は連合軍の爆撃に遭い、増援の陸軍51師団は上陸前に大損害を受けてしまった(ビスマルク海海戦)。一方連合軍はガダルカナル島(以下ガ島と省略)及び東部ニューギニアブナ地区を手中にし、これより発進する戦闘機と爆撃機は、ムンダ方面、ラエ、サラモア方面を連日のように空襲し、ソロモン諸島方面ではニュージョージア島より南、ニューギニア方面ではダンピール海峡地区より南の制空権を掌握するに至った[4]。軍令部作戦課長山本親雄大佐によれば「い号作戦について軍令部から指示した記憶はない。八十一号作戦ラエ輸送の全滅は「い」号作戦決行の一つの動機になったと思う」という[5]

日本海軍はケ号作戦後も中部ソロモン地区強化の為、駆逐艦による輸送作戦を実施していたが、既に制空権は連合軍側に渡っていたため、その傘の元に連合軍艦艇の行動も活発化、その結果ニュージョージア島ムンダ地区、コロンバンガラビラ地区英語版は3月5日、連合軍艦船により艦砲射撃を受け、同日コロンバンガラ島へ輸送作戦を実施していた日本海軍駆逐艦村雨峯雲は、メリル少将率いる第17任務部隊に襲撃され、全滅する事態となった(ビラ・スタンモーア夜戦)。この頃、南東方面の日本海軍基地航空部隊は練度低下、器材搭乗員の損耗共に激しく、夜間少数機で行っていた陸攻の夜間爆撃すら実施困難となり、十一航艦水偵がそれを肩代わりする事態に陥っていた[6]

2月14日にアメリカ陸軍航空隊や海兵隊航空隊の航空機からなる戦爆連合がブーゲンビル島のカヒリを攻撃し、日本海軍の航空隊が迎撃したが、日本軍は戦闘機一機の損害だったのに対してアメリカ軍は10機を被撃墜され、セントバレンタインデーの虐殺("Saint Valentine's Day Massacre")と呼ばれる被害を出した。4月3日、ニューアイルランド島・カビエン港がアメリカ軍の空襲を受け、日本は重巡洋艦青葉が大破・擱座するなどの被害が出た。

計画[編集]

い号作戦時の隼鷹艦爆隊、ブナカナウ基地。

連合艦隊が母艦飛行機隊を陸上基地で大規模に運用する構想については、1943年1月の「ケ号作戦」後の連合艦隊の作戦指導構想の中にすでに見えている。ただしこの時点では投入兵力は一航戦のみであり、攻撃目標も敵機動部隊を想定していた[7]。また、「い号作戦」そのものの構想が固められた時期について戦史叢書では、1月に大本営海軍部(軍令部)より提案された昭和18年度帝国海軍戦時編制案について、連合艦隊が2月25日に回答した中に次期作戦についての言及があり、この次期作戦が「い号作戦」を指すのではないかと推測、そこから遅くとも2月中旬頃には作戦に関する構想は固まっていたのではないかとしている[8][注 1]

作戦を計画するにあたり、軍令部からの直接の作戦指導はなく、ろ号作戦時のような現地部隊からの増援要請も無く、連合艦隊が独自に立案し実行されたものだった[10]。連合艦隊戦務参謀渡辺安次の回想によれば、「八一号作戦」以前から一度敵の出鼻を挫こうという考えがあり、同作戦の失敗によってその時期を繰り上げたという。また、この作戦は初めから荒ごなしのつもりであり、母艦飛行機隊保全の観点からそうなったという[11]。戦務参謀である渡辺は「ケ号作戦」とニューギニア方面の輸送作戦を担当いていたが、い号作戦は航空参謀である樋端久利雄が担当した[12]

第三艦隊作戦参謀長井純隆の回想によれば、「第三艦隊母艦機を南東方面に使うことについて連合艦隊と第三艦隊司令部幕僚間では、相当の論争があったように記憶している。三艦隊側は反対意見であった。しかしこの問題が司令部上層までに及んで論議されたことは聞いていない。おそらく山本長官自ら発案し、小澤第三艦隊司令長官に直接了解を得られたものと思う。」という[13]。また、軍令部第一部第一課員の佐薙毅は、軍令部総長が「ケ号作戦」後「ガ島攻撃を実施する」と発言した事を天皇が取り上げ、その後一向にやらんではないかと問われており、その事が少なからず作戦の実施に影響を与えたのではないかと推測している[14]。このように作戦立案に関する経緯が現在も不透明な部分が多いのは、作戦終了後、作戦立案の中心的人物であった山本五十六が戦死していることや、当時連合艦隊参謀長であった宇垣纒の記した『戦藻録』の1943年1月1日~4月2日までの記述が戦後紛失してしまっていることも影響している[15]

宇垣纏の口述書によれば[16]、作戦を決意したのは3月の中旬であり、その目的は以下のようであった。

  • ソロモン及び東部ニューギニアの敵船団、航空兵力を撃破しその反攻企図を妨げる。
  • 同地域の急迫する補給輸送を促進し、戦力の充実を図り部隊の強化を実現すること

作戦の実施時期については内地において訓練中だった第二航空戦隊トラック進出を待って開始された。また、作戦指揮に関して第三艦隊と基地航空部隊である第十一航空艦隊を統一して指揮する必要があり、これまでの慣例では先任にあたる十一航艦の草鹿任一が統一指揮をとることになるのだが、母艦飛行機隊の指揮を基地航空部隊の指揮官に任せて必要以上に消耗させたくないという第三艦隊の意向もあり、連合艦隊司令長官である山本五十六が統一指揮をとることになった[17]

①X攻撃、②Y2攻撃、③Y攻撃、④14日の攻撃

戦史叢書では作戦の概要は以下のようなものだったと推測している[18]

作戦目的
 1 敵の反攻企図を撃砕、妨圧
 2 補給輸送を促進し、第1線戦力の充実を促進する
 3 現地陸海軍部隊の作戦指導強化

作戦期間

  • 第1期 4月5日から4月10日まで、ソロモン方面(X作戦)
  • 第2期 4月11日から4月20日まで、ニューギニア方面(Y作戦)

参加兵力

参加兵力の内訳[注 2]

さらに作戦要領として、敵艦船の攻撃は艦上爆撃機を主用、戦闘機はその掩護にあたるほか制空隊により敵機の制圧、陸上攻撃機隊は敵航空基地攻撃に主用する、などとしている。 この基本計画に従って攻撃予定地や参加部隊などが決められた。

  • 攻撃予定地:ガダルカナル島方面(X攻撃)
    • 参加部隊:第三艦隊、第十一航空艦隊
  • 攻撃予定地:ポートモレスビー(Y攻撃)
    • 参加部隊:第三艦隊、第十一航空艦隊  
  • 攻撃予定地:ラビ方面(Y1攻撃)
    • 参加部隊:第十一航空艦隊
  • 攻撃予定地:ブナ方面(Y2攻撃)          
    • 参加部隊:第三艦隊

経過[編集]

4月7日 X攻撃(フロリダ沖海戦)[編集]

攻撃当日朝のツラギ港。左端が沈没した駆逐艦アーロンワード

当初4月5日実施予定であったが天候不良により二度延期され、この間ポートモレスビーに攻撃目標を変更することも検討されたが準備不足のため結局実施はされず、その稚拙な対応ぶりに宇垣は「度々云ふ事乍ら如何にも計画が一本筋のみの薄ペラなり事にぶつかって始めて変更を考ふ」と日記に記している[20]

攻撃は結局7日に実施され、部隊編成および発進基地は以下の様になった[21]

  • 第一制空隊 二五三空(艦戦21機) ブカ基地 
  • 第二制空隊 二〇四空(艦戦27機) ブカ基地
  • 第一攻撃隊 瑞鶴隊(艦戦27機、艦爆17機)、瑞鳳隊(艦戦3機) ブイン基地
  • 第二攻撃隊 五八二空艦爆隊(18機)、瑞鳳隊(艦戦4機) ブイン基地
    • 五八二空艦戦隊(21機) バラレ基地発
  • 第三攻撃隊 飛鷹艦戦隊(24機)、瑞鳳隊(艦戦6機) ブイン基地
    • 飛鷹艦爆隊(17機) バラレ基地発
  • 第四攻撃隊 隼鷹艦爆隊(17機)、瑞鳳隊(艦戦3機) ブイン基地
    • 隼鷹艦戦隊(21機) バラレ基地

6日の敵通信情報によればガ島付近には艦船約35隻の所在が確認され、同夜ガ島を爆撃した陸攻からもブラク島英語版北東海面に北上する巡洋艦3隻、駆逐艦6隻の発見報告があり、7日朝に実施された二五三空の百式司偵による偵察でもツラギ港に巡洋艦2隻、駆逐艦6隻、大型輸送船2隻などを確認、その他ルンガ岬沖、サボ島付近にも敵艦船の存在を認め、前日の敵通信情報が裏付けられた[22]。攻撃隊は午前9時45分から11時にかけて次々と各飛行場を発進、攻撃隊ごとに空中で合同し目標上空を目指した。午前11時25分頃、第一制空隊ガ島上空に突入、続いて15分遅れて発進した第二制空隊もガ島上空に到着、午後12時30分、五八二空の零戦隊が敵戦闘機と空戦に入る。その後おおよそ午後1時前後に第一~第四攻撃隊が相次いでガ島上空に到着、第一、第二攻撃隊はツラギ港在泊艦船を攻撃、第三攻撃隊はシーラーク水道英語版付近の輸送船を攻撃、第四攻撃隊はルンガ岬付近の艦船を攻撃した。その直後から制空隊、直掩隊の零戦は迎撃に上がった連合軍のF4FP-39戦闘機76機と空戦に入り、おおよそ午後1時40分頃にすべての部隊が戦場を後にした[23]。また、この攻撃で飛鷹艦爆隊の操縦員として参加していた作家の豊田穣の乗機は撃墜され、その後米軍に救助され、捕虜になった[24]。その後、豊田中尉は「大谷中尉」の偽名を名乗り、ハワイの収容所でリーダー役を務めた後、昭和19年4月頃ウィスコンシン州マッコイ収容所に移送され、そこの娯楽室で時代小説を書いて周囲を楽しませたりして、さらに昭和20年6月24日、テキサス州ケネディ収容所に移りそこで終戦を迎えた[25]

攻撃終了後午後3時~午後5時までの間に各部隊は発進基地へ帰着したが、飛鷹艦爆隊の内3機、隼鷹艦爆隊の内1機はコロンバンガラ基地に、隼鷹艦爆隊の内6機はムンダ基地に帰投した[29]。また、連合軍は航空機の写真偵察により日本海軍機の集結を事前に察知しており、これに対応するために使用可能な戦闘機の全てがガ島に集められ、当日は76機の戦闘機がサボ島周辺で日本軍の攻撃隊を迎えうち、爆撃機は全て事前にガ島南西端上空へ避退していた[30]。さらに当日の日本軍の攻撃隊の発進もコーストウォッチャーにより逐一動静をつかんでいた[31]。また、この方面には当時第18任務部隊の軽巡ホノルル、ヘレナ、セントルイス、駆逐艦6隻も在泊していたが、日本軍の接近を察知し、当日予定されていたムンダへの砲撃をキャンセルしインディスペンサブル英語版海峡を南下し避退していた[32][33]

9日、大本営海軍部は現地からの報告を元に戦果を発表した。

  • 撃沈 巡洋艦1隻、駆逐艦1隻、
  • 撃墜 37機

なお、この戦闘を大本営海軍部は「フロリダ沖海戦」と呼称した[34]

4月11日 Y2攻撃[編集]

オロ湾、1943年

予定では4月10日にY攻撃実施となっていたが、前日よりニューブリテン島スタンレー山脈方面の天候悪化のため、これを延期し、10日以降Y1、Y2攻撃を実施するとし、整備の為1日間をおいて11日ブナ方面(オロ湾)攻撃であるY2攻撃が実施された。 部隊編成は以下のようになった。また艦爆隊は各機60キロ爆弾2発装備で出撃した[35]

  • 制空隊   瑞鳳隊(零戦15機)
  • 第一攻撃隊 瑞鶴隊(零戦27機、艦爆13機)
  • 第二攻撃隊 飛鷹隊(零戦21機、艦爆8機)、隼鷹隊(零戦9機)

午前8時30分から9時にかけてラバウルを発進した攻撃隊は、午前11時25分から40分にかけてオロ湾及びその南のポートハーヴェイ上空に到着、艦爆隊は在伯中の輸送船を攻撃し、イギリス商船「ハンヤン」に直撃弾2発を与え、他に護衛のオーストラリア海軍の掃海艇「パイリー」[注 3]と小型の輸送船にも命中弾を与えた。この攻撃に対しP-38及びP-40戦闘機約50機が日本軍を迎え撃ったが、当日迎撃に上がった米陸軍の第8、第49戦闘航空群の戦闘機隊は日本の陸軍航空隊との連日の空戦を経験しているため練度が高く、日本海軍機は撃墜戦果を果たすことができなかった[36]。その後攻撃隊は午後2時から2時40分にかけて帰着した。

  • 日本軍の損害 零戦2機、艦爆4機喪失[37]
  • 連合軍の損害 掃海艇(パイリー)1隻、貨物船1隻損傷[38]

4月12日 Y攻撃[編集]

オーエンスタンレー山脈

連合艦隊は11日の天候予想の結果に基づき、12日にY攻撃を実施することを決めた。攻撃直前の偵察も2回に渡り実施し、2回目は進撃路上空の天候偵察に重点が置かれた。これはニューギニア特有の変化の激しい天候と、オーエンスタンレー山脈を越える際の危険性に配慮したものだった。 部隊編成は以下のようになった[39]

  • 制空隊   瑞鶴隊(零戦23機)、隼鷹隊(零戦15機)、飛鷹隊(零戦18機)
  • 第一攻撃隊 二五三空(零戦18機)、瑞鳳(零戦14機)、七五一空(陸攻18機)
  • 第二攻撃隊 二〇四空(零戦24機)、五八二空(零戦20機)、七〇五空(陸攻27機)

今回はラバウル上空で全飛行隊が集合、第一攻撃隊と第二攻撃隊は約1000メートルの間隔を空けて編隊を組み、その上空500メートルに制空隊を配備して進攻した。攻撃隊は午前9時ごろポートモレスビー上空の手前から連合軍機44機の邀撃を受け、その後午前9時25分頃から爆撃開始、おおよそ午後12時30分頃に帰着した。また、瑞鶴隊の一部はいったんニューブリテン島西部のスルミ基地に着陸し、燃料を補給した後午後1時15分ラバウルに帰着した。

  • 日本軍の損害 陸攻9機[40]
  • 連合軍の損害 戦闘機6機[41]、中型機4機(地上撃破)、燃料集積所の火災[42]

4月14日 Y1、Y2攻撃[編集]

ミルン湾、1943年

この日ミルン湾及びラビに対する基地航空部隊の攻撃(Y1攻撃)と、同じく母艦飛行機隊の攻撃(Y2攻撃)が実施された。 部隊編成は以下の通りであった[43]

Y1攻撃隊

  • 直掩隊 二〇四空(零戦21機)、二五三空(零戦17機)、五八二空(零戦18機)
  • 攻撃隊 七〇五空(陸攻26機)、七五一空(陸攻11機)

Y2攻撃隊

  • 制空隊 瑞鶴隊(零戦23機)、瑞鳳隊(零戦15機)
  • 攻撃隊 飛鷹隊(艦爆12機)、隼鷹隊(艦爆11機)
  • 直掩隊 飛鷹隊(零戦20機)、隼鷹隊(零戦17機)

攻撃隊は午前11時35分~11時50分にかけミルン湾在泊の敵艦船及びラビ東飛行場英語版を爆撃した。Y1攻撃隊の七五一空の陸攻は泊地を爆撃したが、有効弾は与えられなかった。また、七〇二空の陸攻隊は敵戦闘機の邀撃を受け隊形が乱れ、泊地攻撃の予定を変更し、ラビ東飛行場を爆撃、数カ所を炎上させた[44]。隼鷹、飛鷹の艦爆隊は湾内の艦船の攻撃に成功、オランダ商船ヴァン・ヘームスケルクを至近弾により火災を生じさせ、その結果同船の貨物室は大爆発を起こし、オーストラリア掃海艇ワガの消火作業も実らず、遂に放棄されその後沈没した[45]。その他ヴァン・オウツフールン、ゴーゴンの2隻の商船にも損害を与え、攻撃隊は午後3時頃に帰投した。ラビ付近の敵対空砲火は比較的少なく、連合軍のP-40、P-38戦闘約40機が日本海軍の攻撃隊を迎え撃ったが[46]、その妨害行動もあまり執拗ではなかったという[47]

  • 日本軍の損害 零戦4機、艦爆3機、陸攻4機[48]
  • 連合軍の損害 戦闘機3機[49]、貨客船1隻大破(その後沈没)[50]

作戦後[編集]

4月15日、予定計画に基づき各飛行隊は翌日のブナ攻撃の準備に入った。16日早朝、東部ニューギニア北岸への偵察を実施したところ、ブナ方面に敵艦船は見られなかった。このため山本長官はブナ攻撃を中止し、これをもってい号作戦の終結を下令した。また同日、連合艦隊は第二期作戦の戦果並びに被害を報告、「ガ島方面攻撃に相次ぎニューギニア方面航空作戦に敵の意表を衝き甚大なる打撃を与え敵の反撃企図を相当防遏し得たるものと認む」と所見を出し、概ね作戦目的を達しえたものと判断した[51]

作戦終了後の17日、連合艦隊はラバウルで「い号作戦」研究会を行なった。ここでは連合軍の増勢遮断と前線航空基地の整備を主題として取り上げ、山本も航空戦の成否が勝敗を決するという趣旨の訓示を行なった。また、宇垣は航空作戦に関して、偵察を徹底すること、小目標であってもこまめに攻撃すること、大型機に対する対処法や、新たな攻撃法に対する研究の促進などを希望として述べた[52]

「い号作戦」の間、山本長官は、トラック島の連合艦隊旗艦「武蔵」を離れ、「い号作戦」を直接指揮するため、幕僚をしたがえてラバウル基地に来ていた。作戦終了後、山本は、ブーゲンビル島、ショートランド島の前線航空基地の将兵の労をねぎらうため、ラバウルからブーゲンビル島のブイン基地を経て、ショートランド島の近くにあるバラレ島基地に赴く予定を立てた。その前線視察計画は、艦隊司令部から関係方面に打電された[53]。これは前線視察を兼ねて現地将兵の士気高揚を狙ったものであったが、同時にガ島奪回作戦以来、苦闘を続ける陸軍第17軍に対し参謀長の宇垣は司令部を訪問しその戦功を労いたいと以前から考えており、山本もそれを望んでいたことも理由の一つであった。前線視察に関しては第三艦隊の小沢治三郎らから反対されたが、視察は予定通り決行された。4月18日午前6時5分、司令部一行は2機の一式陸攻に分乗し、護衛の零戦6機をともなってラバウル東飛行場を発進した。7時40分頃、米陸軍のP-38戦闘機16機と空戦になり、一式陸攻は2機とも撃墜され、山本は20日捜索隊によって死亡が確認された(海軍甲事件[54]。この後21日に古賀峯一が連合艦隊司令長官に任命されたが[55]、参謀長の宇垣以下司令部員も多くが戦死、負傷しており、その結果、3月に軍令部より打ち出された第三段帝国海軍作戦方針に基づき、直ちに発令されるべき連合艦隊第三段作戦命令の発令が8月になり、日本海軍の作戦指導に影響を与えた[56]

戦績[編集]

報告による戦果と実際の戦果
巡洋艦 駆逐艦 輸送船(大中小型) その他の大型艦船 その他の小型艦船 航空機
報告戦果 1隻撃沈 2隻撃沈 19隻沈没、8隻撃破 なし なし 134機撃墜
実戦果 なし 1隻撃沈 貨物船1隻撃沈、2隻撃破 油槽船1隻撃沈 コルベット艦1隻撃沈、掃海艇1隻撃破 25機喪失
日本の航空機の消耗[57]
準備数 消耗数 消耗度
零戦 206機 25機 12%
艦爆 81機 21機 21%
陸攻 83機 15機 18%

(消耗数には10月15日の空襲による被害や作戦後被弾のため廃棄された物、作戦中事故や故障など様々な要因で廃棄された機体も含むものと思われる)

影響[編集]

海軍[編集]

母艦飛行機隊は一度損耗すると再建に時間がかかるという理由から、「い号作戦」は短期間で終了したものの、母艦飛行機隊の航空機は艦戦14機、艦爆16機を自爆、未帰還で失い、艦戦6機、艦爆17機が被弾した。特に母艦飛行機隊の艦爆の損耗率は三割に達し(上記の消耗度と一致していないが、これは基地航空隊である五八二空所属機が含まれていないため)、被弾した物を加えると六割を超えており、結局一航戦は機材と搭乗員の一部を二航戦に移し、飛行機隊再建のため五月に内地へ帰投することとなった。このため5月12日にはじまるアッツ島の戦いや6月30日に始まる連合軍の中部ソロモン地域に対する反攻(ニュージョージア島の戦い)に対して機動部隊を活用することができず、一航戦がトラックに再進出するのは7月15日になった[58]。また、基地航空部隊も、作戦直後の偵察により、ガ島周辺および東部ニューギニア北岸地域に多数の航空機、艦船の集結を認め、今後もい号作戦のような大規模な航空作戦の必要性を感じていたが、二十一航戦、二十六航戦ともにい号作戦の消耗から回復しつつ、小規模な攻撃を実施する程度で、大規模な攻勢作戦は5月の二十五航戦の再進出まで待たねばならなかった[59]。また、草加任一の回想によれば、17日の研究会において戦闘機の実力が開戦時に比べ相当落ちていることが取り上げられており[60]、過大な戦果報告と空戦能力の低下は、徐々に日本軍の航空作戦の問題になり始めていた。こうした犠牲を払いながらも、今回の作戦により連合軍側も7日のX攻撃によって連合軍の北上作戦が10日間延期されている[61]

陸軍[編集]

今回の作戦についての連絡は、現地の第8方面軍には3月12日に、参謀本部には同18日に正式に伝えられていたが、海軍の航空作戦に呼応して、積極的な航空作戦や大規模な船団輸送を実施するような機運にはならず、中央も現地も傍観的な態度であったという[62]。これに関して4月11日、天皇からもい号作戦に関連して陸軍の作戦指導に関する質問がなされた。そのため参謀本部では現地第8方面軍に対して、12日には補給の現状と今後の見通しについての問い合わせが、14日には海軍の航空作戦に呼応して積極的に輸送作戦を実施するよう督促が発せられたが[63]、もとより現地の第8方面軍では、ニューギニア方面の輸送計画に関して海軍側と困難な折衝を続けていたいきさつもあり[64]、方面軍参謀の井本熊雄はそれまでの中央の現地に対する無理解への不満も相まって[65]、中央からの神経質な干渉に相当な苛立ちを感じていた。ただ現実問題として、当時積極的な航空作戦を実施できるほど陸軍の航空戦力が充実していなかったことは井本自身も認めており[66]、当時の南東方面はもはや航空援護無しに輸送作戦を実施することはありえない情勢であったため、事は簡単ではなかった。また、この当時の南東方面に展開していた陸軍航空部隊である第6飛行師団の3月20日頃の実働戦力は、一式戦闘機50機、九九式双発軽爆撃機16機、九七式重爆撃機17機、一〇〇式司令部偵察機3機の合計87機であり、これは部隊定数の60%に過ぎず、この頃の第六飛行師団はもっぱらブナ、オロ湾方面への夜間爆撃と、輸送部隊の船団護衛に従事する程度の活動に甘んじていた[67]。それでもこの作戦中にソロモン方面、ニューギニア方面への輸送は数回実施されており、この時期の同方面への輸送船団が航空機による妨害を受けないことはまれであったが、X攻撃直後の4月8日のムンダ輸送は連合軍の妨害を受けることなく成功し、この後始まる中部ソロモンの防衛の一助となった[68]

第8方面軍もい号作戦によってムンダ、サラモア方面の連合軍の活動が低下したことを認めている[69]。とはいえ、作戦実施期間の関係でその効果が現れた期間は短く、陸軍側には物足りないという思いが残った[70]

評価[編集]

作戦終了時、連合艦隊は、「ガ島方面攻撃に相次ぎニューギニア方面航空作戦に敵の意表を衝き甚大なる打撃を与え敵の反撃企図を相当防遏し得たるものと認む」と所見を出し、概ね作戦目的を達しえたものと判断している[71]

この作戦の問題点としては、戦果に比して日本の被害が大きいことが挙げられ、参加部隊の機材の損失、搭乗員の質の低下といった航空戦力の低下を招いたことが批判される[72]。戦死者も、戦闘機搭乗員のみの比較でも日本側の15名に対し連合軍側は3名と少なかった[73]。こういった結果は予測できたものとして、計画者の山本五十六長官を批判する意見もある[74]

当時のアメリカ太平洋艦隊司令長官のチェスター・ニミッツは、「山本長官は戦勢の悪化に驚き、連合国計画の撹乱を意図した全面航空攻勢作戦を指揮するため、自らラバウルに出発した。第三艦隊(空母部隊)から派遣した約200機と、陸上基地の海軍機100機をもって、彼は戦争中もっとも強力な日本航空部隊を編成、まず最初に、アイアンボトム水道における船舶を、次いで、東部ニューギニアの目標に攻撃を加えた。この結果はけっして小さくなかった。駆逐艦1隻、コルペット艦1隻、給油艦1隻、輸送船2隻を撃沈し、25機の連合軍飛行機を破壊した。しかし、日本は40機の犠牲を出し、空母の第一線搭乗員の大きな損失は、日本の空母部隊の戦力をこれまで以上に大きく低下させたのである。」と評している[75]。戦後GHQによって作成された「マッカーサー・レポート」には「航空攻撃の非常に有効な結果にも関わらず、日本海軍航空隊は大規模な航空攻撃を継続する能力を持っていなかった」と評価をしている[76]。連合国軍最高司令官総司令部参謀第2部長チャールズ・ウィロビーは「広く分散していた三つの目標に飛行隊を分けた結果、その攻撃は徹底さを欠いていた」と評している(「三つの目標」とは当時マッカーサーが担当していた戦区である東部ニューギニア方面へのY攻撃を指すと思われる)[77]サミュエル・エリオット・モリソンは、4月7日のX攻撃については「アメリカ軍の攻勢準備のスケジュールを約10日間遅滞せしめた」と記し[78]、また11日以降に始まるY攻撃に関しては「艦砲射撃のない航空戦力は航空支援のない艦艇と同様に効果がないことを証明した」[79]と両航空作戦を評価している。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和18年度帝国海軍戦時編制案は、機動部隊を2隊編成するという案であり、具体的には第二航空戦隊の第二艦隊への編入が提案されていた[9]
  2. ^ この内艦攻隊はカビエンにて訓練、対潜哨戒に任じ、直接攻撃には参加していない。また基地航空部隊の機数は常用定数であり、作戦開始時にはほぼ定数を満たしていた[19]
  3. ^ 戦史などではこのパイリーを「コルベット艦」と表記するケースもあるが、「HMAS Pirie」はオーストラリア海軍の正式な艦種区分では「Minesweepers」(掃海艇)である。HMAS Pirie (I)”. Sea Power Centre Australia. 2012年5月21日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫256頁
  2. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫250頁
  3. ^ #戦史39、p89~p103
  4. ^ #戦史39、 p115
  5. ^ #戦史39117-118頁
  6. ^ #戦史96 、p80~p81
  7. ^ #戦史39、p117
  8. ^ #戦史39、p117
  9. ^ #戦史39、p50~p55
  10. ^ 軍令部第一課長山本親雄および南東方面艦隊司令長官草加任一の回想。#戦史39、p117~p118
  11. ^ #千早、p121~p122
  12. ^ #戦史96、p106
  13. ^ #戦史39p118
  14. ^ #戦史96、p106
  15. ^ #千早、p126~p130
  16. ^ この口述書は、山本五十六戦死後の4月28日「山本聯合艦隊司令長官作戦指導ノ為『ラボール』進出及『ショートランド』方面実視ニ至ル経緯竝ニ所見」として海軍次官に報告されたものである。#戦史96、p104~p105
  17. ^ #戦史96、p107~ p109
  18. ^ #戦史39、p122~p123
  19. ^ #戦史96、 p109~p110
  20. ^ #戦藻録、p281
  21. ^ #戦史96、p112~p114
  22. ^ #戦史96、p112
  23. ^ #戦史96、p112~p115
  24. ^ #飛鷹、「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C08051584800、昭和17年10月~昭和18年4月 飛鷹飛行機隊戦闘行動調書 (防衛省防衛研究所)」第48画像目
  25. ^ #渡辺、p86~87
  26. ^ #梅本、p108
  27. ^ Miller, John, Jr. (1959年). “CARTWHEEL: The Reduction of Rabaul”. United States Army in World War II: The War in the Pacific. Office of the Chief of Military History, U.S. Department of the Army. pp. 42-44. 2012年4月24日閲覧。
  28. ^ #梅本、p108
  29. ^ #戦史96、p112~p115
  30. ^ #戦史96、p116~p117
  31. ^ #梅本、p98~p100
  32. ^ Miller, John, Jr. (1959年). “CARTWHEEL: The Reduction of Rabaul”. United States Army in World War II: The War in the Pacific. Office of the Chief of Military History, U.S. Department of the Army. pp. 43. 2012年4月27日閲覧。
  33. ^ #日本空母戦史458頁
  34. ^ #戦史39、p126~p126
  35. ^ #戦史96、p119
  36. ^ #梅本、p114
  37. ^ #戦史96、p119
  38. ^ #梅本、p111~p114
  39. ^ #戦史96、p120
  40. ^ #戦史96、p121~p122
  41. ^ #梅本、p16~p20
  42. ^ #戦史96、p121~p122
  43. ^ #戦史96、p122~p123
  44. ^ #戦史96、p123
  45. ^ Cargo for the Jungle: KPM ships in New Guinea”. Royal Netherlands Navy Warships of World Wae Ⅱ. 2012年4月23日閲覧。同船の最期についてはオーストラリア公刊戦史などに座礁の記録もあるが Cargo for the Jungle では座礁の後沈没とある。
  46. ^ USAAF CHRONOLOGY- ,APRIL-JANE 1943”. US Air Force. 2012年4月24日閲覧。
  47. ^ #戦史96、p123
  48. ^ #戦史96、p123~p124
  49. ^ #戦史96、p124
  50. ^ Australia in the War of 1939–1945. Series 2 – Navy - Volume Vol2, Volume II – Royal Australian Navy, 1942–1945, CHAPTER 9 THE SUPPLY LINES BATTLE”. Royal Australian Navy. pp. 281-282. 2012年4月23日閲覧。(pdfファイル)
  51. ^ #戦史96、 p124~p126
  52. ^ #戦史39、p129~p130
  53. ^ 吉村昭『戦史の証言者たち』文藝春秋35頁
  54. ^ #戦史39、p130~p134
  55. ^ #戦史39、p139
  56. ^ #戦史39、p431
  57. ^ #戦藻録、p288
  58. ^ #戦史96、 p127
  59. ^ #戦史96、p
  60. ^ #戦史39、p130
  61. ^ #戦史96、p117
  62. ^ #戦史7、p225
  63. ^ #戦史66、p376
  64. ^ #戦史7、p227~p228
  65. ^ #戦史7、p201
  66. ^ #戦史66、p370
  67. ^ #戦史7、p222~p224
  68. ^ #戦史96、p133
  69. ^ #戦史66、p369
  70. ^ #戦史7、p227
  71. ^ #戦史96、 p124~p126
  72. ^ 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫258頁、#佐藤p128、#外山、p55~p56、#ポッターp345~p346
  73. ^ #>梅本、p124
  74. ^ #外山、p55~p56
  75. ^ #ニミッツ、ポッター P.162
  76. ^ Reports of General MacArthur - JAPANESE OPERATIONS IN THE SOUTHWEST PACIFIC AREA VOLUME II - PART I”. U.S.Army. pp. 207. 2012年4月25日閲覧。
  77. ^ #ウィロビー、p222
  78. ^ #Morison、p124
  79. ^ #Morison、p127

参考文献[編集]

関連項目[編集]