薄雲 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Usugumo II.jpg
艦歴
発注 大正15年度計画(昭和2年度艦艇補充計画
起工 1926年10月21日
進水 1927年12月26日
就役 1928年7月26日
その後 1944年7月7日戦没
除籍 1944年9月10日
性能諸元
排水量 基準:1,680t
公試:1,980t
全長 118.5メートル
全幅 10.36メートル
吃水 3.19
機関 艦本式タービン2基2軸
艦本式ロ号専焼缶4基
50,000馬力
最大速 38.0ノット
航続距離 5,000/14ノット
兵員 219人
兵装 12.7cm50口径連装砲×3
7.7mm機関砲(機銃)×2
61cm魚雷発射管×9 他

薄雲(うすぐも)は日本海軍駆逐艦[1]一等駆逐艦吹雪型(特型駆逐艦)の7番艦[2]。雲級(くもクラス)の1隻[3][4]。当初の艦名は、第41号駆逐艦[5]。この名を持つ日本海軍の艦船としては東雲型駆逐艦「薄雲」に続いて2隻目[6]

艦歴[編集]

太平洋戦争以前[編集]

1926年(大正15年)9月29日、建造予定の駆逐艦4隻にそれぞれ「第三十七号駆逐艦(のちの初雪)」、「第四十一号駆逐艦(〃薄雲)」、「第四十二号駆逐艦(〃白雲)」、「第四十三号駆逐艦(〃磯波)」の艦名が与えられる[7]。同日附で4隻は一等駆逐艦に類別される[8]。 「薄雲」は東京石川島造船所で同年10月21日に起工、1927年(昭和2年)12月26日に進水、1928年(昭和3年)7月26日に竣工[9]。「薄雲」の建造スケジュールは、姉妹艦3隻(東雲、白雲、磯波)とほぼ同一だった[10][11][12]。 竣工から一週間もたたない8月1日附で「第41号駆逐艦」は「薄雲」と改名される[5]。同年12月1日、第二艦隊第二水雷戦隊第12駆逐隊に編入された。

1935年(昭和10年)4月、満州国愛新覚羅溥儀皇帝が戦艦「比叡」(当時艦長井上成美大佐)を御召艦として来日することになり、第12駆逐隊(叢雲、薄雲、白雲)は御召艦「比叡」の供奉艦に指定された[13]。第12駆逐隊は「比叡」を護衛して日本と中国大陸を往復した。 同年9月26日、「薄雲」は三陸沖で演習中、台風により多数の艦が損傷する第四艦隊事件に遭遇する。当時、第四水雷戦隊旗艦「那珂」は第11駆逐隊(初雪白雪)、第12駆逐隊(白雲、薄雲、叢雲)、第7駆逐隊()、第8駆逐隊(天霧夕霧)を率いて演習をおこなっていた[14]。艦首切断に至った「初雪、夕霧」ほどではないものの、「薄雲」は若干の被害を受けた[15]

日中戦争に際しては1940年(昭和15年)7月以降、第二遣支艦隊(指揮官高須四郎中将:旗艦「鳥海」)に編入され、中国大陸へ進出。日中戦争にともなう華中での沿岸作戦、北部仏印進駐作戦などに参加した[16]。姉妹艦「叢雲」と共に大陸沿岸部封鎖作戦に従事中、ホ田市の興化湾・南日水道で日本軍の機雷に触雷して大破[17]。掃蕩戦を終えた「叢雲」は満潮時になるまで水道通過を見合わせ湾内に停泊しており、『お先に』の信号を残して単艦出港した「薄雲」が触雷する結果となった[17]。「薄雲」は「叢雲」に台湾まで曳航される[17]。そこから内地へ帰投し、10月11日に呉へ到着[18]呉工廠で修理をおこなう。 第12駆逐隊から除籍された後は、呉鎮守府司令長官(日比野正治中将)直率部隊として待機[19]1941年(昭和16年)2月14日に呉を出発し、16日に舞鶴港到着[20]。呉鎮守府籍第四予備駆逐艦のまま、舞鶴防備隊に附属[21]舞鶴工廠で修理を実施しつつ待機した[22]。以後は1942年(昭和17年)7月30日まで修理と待機を続けた。

1941年(昭和16年)9月12日に内示された昭和17年度海軍戦時編制によれば、駆逐艦「薄雲」は姉妹艦「白雲」と第51駆逐隊を編制[23]。さらに第51駆逐隊(薄雲、白雲)は空母「赤城」および「加賀」と共に第五航空戦隊を編制する予定とされた[24]。しかし太平洋戦争の勃発により本編制は実現せず、第51駆逐隊(薄雲、白雲)が「赤城、加賀」と行動する事はなかった。

太平洋戦争[編集]

修理完了後の1942年(昭和17年)7月31日附で本艦は第五艦隊(司令長官細萱戊子郎中将)編入され、北方部隊主隊に配備された[25]。8月5日に舞鶴を出発、千島列島アリューシャン列島方面に進出する[26]。8月11日、第6駆逐隊(暁、雷、電、響)に編入される[27]。 8月15日に北方部隊護衛隊(指揮官大森仙太郎第一水雷戦隊司令官:阿武隈〔旗艦〕、第6駆逐隊《》、第21駆逐隊《若葉初春初霜》)に編入される[25][28]。だが第6駆逐隊は8月28日附で機動部隊所属となり、「薄雲」は第21駆逐隊(若葉、初春、初霜)に編入された[29]。同隊は7月5日に米潜水艦の雷撃で「子日」を喪失、3隻編制となっていたのである[30]。以後、「薄雲」は護衛部隊僚艦や、北方部隊所属巡洋艦(那智摩耶《一時編入》、阿武隈多摩木曾)等と共に海上護衛、哨戒活動に従事した。

1943年(昭和18年)3月22日16時、アッツ島への輸送を実施するため第二護衛部隊(薄雲、三興丸)は幌筵海峡を出発[31]。翌日には輸送船2隻と北方部隊(指揮官細萱戊子郎第五艦隊長官、主隊《那智、摩耶、若葉、初霜》、護衛部隊《阿武隈、雷、電》、輸送船《浅香丸、崎戸丸》)も出撃した[31]3月26日、北方部隊と第二護衛部隊(薄雲、三興丸)は合同に失敗し、細萱長官は合同命令を出す[32]3月27日午前2時、主隊(第五艦隊)はコマンドルスキー諸島南方海域でチャールズ・マクモリス少将率いるアメリカ艦隊(重巡1、軽巡1、駆逐艦4)と遭遇する(アッツ島沖海戦[32]単縦陣最後尾の「電」は『敵見ゆ』を報じたが、「阿武隈」は『三興丸、薄雲発見』と報告、しばらくしてから敵艦隊と気づいた[32]。アメリカ艦隊を第二護衛部隊と誤認したことは、第五艦隊関係者の余裕を奪い、その後の戦闘に大きな影響を与えたとみられる[33]。3時55分、「薄雲」は190度方向に戦闘煙を発見し、「三興丸」を西方に退避させると戦闘に参加するため南下を開始[34]。北方部隊指揮官は6時3分に「薄雲、浅香丸」に幌筵帰投を命じ、7時25分にも「薄雲」に船団護衛と帰投を命じた[34]。海戦も、日米双方が決定的戦果をあげないまま7時30分に終了[34]。3月29日12時15分、第二護衛部隊(薄雲、三興丸)は幌筵に帰投した[34]。3月31日、第五艦隊司令長官は細萱中将から河瀬四郎中将に変わった。

4月1日、白雪型駆逐艦(4月1日附で初雪型駆逐艦と改定)[35]2隻(白雲、薄雲)は、ビラ・スタンモーア夜戦で姉妹艦「峯雲」を喪失し一等駆逐艦朝潮型(4月1日附で満潮型と改定)[35]の「朝雲」だけになっていた第9駆逐隊に編入される[36]

5月12日、米軍はアッツ島に来襲し、山崎保代陸軍大佐以下日本軍守備隊は5月29日玉砕した(アッツ島の戦い[37]。日本軍はキスカ島からの撤退を決定したが、潜水艦撤退作戦は失敗、水上部隊による一挙撤収作戦が立案される[37]。6月1日時点で、本艦は水雷部隊(指揮官森友一第一水雷戦隊司令官:阿武隈、第9駆逐隊《朝雲、白雲、薄雲》、第21駆逐隊《若葉、初霜》、五月雨、長波、響)に所属していた[38]。6月6日、第一水雷戦隊司令官森友一少将(阿武隈座乗)は急病で倒れて退任、木村昌福少将が同水雷戦隊司令官となった[39]。同日、対潜掃蕩作戦中に駆逐艦「沼風」と「白雲」が衝突、損傷した「白雲」は大湊に回航され、修理に従事することになった[39]

7月上旬以降、第9駆逐隊(朝雲、薄雲)はキスカ島撤退作戦(ケ号作戦)に加わる[40]。参加巡洋艦・駆逐艦はアメリカ艦艇と誤認させるための迷彩カモフラージュを行った[40]。 7月7日以降の第一次撤収作戦は15日に作戦中止命令が出され、主隊(那智〔指揮官河瀬四郎第五艦隊長官〕、摩耶、多摩、野風、波風)・撤収部隊各艦は18日までに幌筵に帰投した[40]。7月22日、第一水雷戦隊(司令官木村昌福少将)の指揮のもと、収容部隊(阿武隈木曾島風朝雲薄雲長波秋雲夕雲風雲若葉初霜五月雨)、主隊(多摩〔第五艦隊長官〕)、燃料補給部隊(国後、日本丸)という戦力が集結、幌筵を出撃した[41]。7月26日17時44分(日没17時46分、視界200-300m)、濃霧により海防艦「国後」、軽巡「阿武隈」、駆逐艦「初霜、若葉、長波」の多重衝突事故が起きる[42]。損傷により「若葉」は幌筵帰投を余儀なくされ、また速力低下をきたした「初霜」も「日本丸」護衛にまわされた[42]。7月29日、撤収部隊はキスカ島に突入、第一輸送隊(阿武隈、秋雲、夕雲、風雲)・第二輸送隊(木曾、朝雲、薄雲、響)ともキスカ将兵の撤収に成功した[43]。各部隊は7月31日から8月1日にかけて幌筵へ帰投[44]。撤収人員海軍2518名・陸軍2669名・遺骨30柱・合計5183名(もしくは5187名)が帰投[44]。薄雲収容人数は478名と記録されている[44]

同年9月1日、第9駆逐隊に「朝雲」の姉妹艦「」が編入され、同隊は定数4隻(満潮型《朝雲、霞》、初雪型《薄雲、白雲》)を回復する[45]。だが「朝雲」は10月31日附で第10駆逐隊(秋雲風雲)に転出し、第9駆逐隊は3隻(薄雲、白雲、霞)に減少した[46]

1944年(昭和19年)3月1日、第9駆逐隊に不知火型(陽炎型)駆逐艦「不知火」が編入され、同隊は定数4隻(薄雲、白雲、霞、不知火)を回復した[47]。 3月16日夕刻、第9駆逐隊(霞、白雲、薄雲)は輸送船4隻(山菊丸、慶安丸、梅川丸、日連丸)を護衛して釧路を出発[48]。同日深夜、得撫島に向かう途中の愛冠岬60km沖で米潜水艦「トートグ」 (USS Tautog, SS-199)の襲撃を受ける[49]。「白雲」は轟沈[50]。「霞」が敵潜制圧を実施し「薄雲」は船団を護衛して釧路に退避した[51]。白雲艦長以下全乗組員が戦死したが、船団(駆逐艦波風合同)はこのあとも「日連丸」を「トートグ」の雷撃により撃沈された[52]

「白雲」の除籍と共に3月31日附で第9駆逐隊は解隊され、駆逐艦3隻(薄雲、霞、不知火)は新たに編制された第18駆逐隊に所属、第一水雷戦隊に編入された[53]。先代の第18駆逐隊は朝潮型駆逐艦(霞、)と陽炎型駆逐艦(陽炎、不知火)で編制され、南雲機動部隊を護衛して真珠湾攻撃等に参加したが、アリューシャン方面作戦従事中に米潜水艦の襲撃で「霰」沈没、「霞、不知火」大破という損害により1942年(昭和17年)8月15日附で解隊されていた[54]。 6月中旬、マリアナ方面の戦いがはじまったことに伴い、第五艦隊各艦は横須賀に帰投。扶桑型戦艦山城」と共にサイパン島へ突入する準備を行うが、マリアナ沖海戦の惨敗や、サイパン地上戦の情勢に鑑み、作戦は中止された。6月30日、「薄雲〔木村一水戦司令官座乗〕、潮、曙、帝洋丸」は大湊に戻る[55]。さらに小樽へ移動[56]7月5日、木村司令官は「霞」に将旗を移した[57]

1944年(昭和19年)7月5日、駆逐艦3隻(第7駆逐隊《》、第18駆逐隊《薄雲》)と輸送船4隻(太平丸、梅川丸、笠戸丸、第二号新興丸)で編制された「キ504船団」は小樽港を出発[58][59]7月7日16時14分、オホーツク海を航行中の「キ504船団」は米潜水艦「スケート」 (USS Skate, SS-305)に襲撃され、「薄雲」は被雷・沈没した[60]。若杉駆逐艦長を含め全乗組員267名戦死[61]。「潮」でも下士官1名が戦死[62]。日本側沈没地点記録北緯47度36分 東経148度10分 / 北緯47.600度 東経148.167度 / 47.600; 148.167[63]。米軍による沈没地点記録北緯47度43分 東経147度55分 / 北緯47.717度 東経147.917度 / 47.717; 147.917

9月10日、駆逐艦「薄雲」は初雪型駆逐艦[64]、 第18駆逐隊[65]、 帝国駆逐艦籍より除籍された[66]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』270-271頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 後藤英次 中佐:1928年7月26日 - 12月10日
  • 木幡行 中佐:1928年12月10日 - 1929年11月15日
  • 伊藤長 中佐:1929年11月15日 - 1930年11月15日
  • 池田久雄 中佐:1930年11月15日 - 1931年12月1日 同日より第二予備艦
  • (兼)酒井一雄 中佐:1931年12月1日[67] - 1932年12月1日[68]
  • 江戸兵太郎 中佐:1932年12月1日 -
  • 田村劉吉 少佐:1933年4月1日 - 1934年11月1日[69]
  • (兼)秋山輝男 中佐:1934年11月1日[69] - 11月15日[70]
  • 瀬戸山安秀 少佐:1934年11月15日 - 1936年12月1日
  • 北村昌幸 中佐:1936年12月1日 - 1937年8月16日[71]
  • (兼)山本岩多 中佐:1937年10月20日 -[72]
  • 島居威美 中佐:1937年12月1日 -
  • 宮崎俊男 少佐:1938年12月15日 -
  • 新谷喜一 少佐:1939年10月10日 - ※1940年10月15日より第四予備艦
  • 種子島洋二 少佐:1940年12月10日 -
  • 小山猛夫 中佐:1941年2月10日 -
  • 池田周作 少佐:1942年6月20日 -
  • 若杉次一 少佐:1943年11月8日 - 1944年7月7日戦死

脚注[編集]

  1. ^ #日本軍艦集2600年版p.44『一等驅逐艦 薄雲(うすぐも) 基準排水量1,700噸、長さ113.2米、幅10.3米、平均吃水2.97米、速力34節、備砲12.7糎砲6門、魚雷發射管9門、起工大正5年10月21日、進水昭和2年12月26日、竣工昭和3年7月26日、建造所石川島造船所-特型驅逐艦。雲級にはこのほかに、東雲、白雲、叢雲の三隻がある。』
  2. ^ #艦艇類別等級表(1941年12月31日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|吹雪型|吹雪、白雪、初雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波、敷波、天霧、狭霧、夕霧、朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電、朝霧』(4番艦の深雪は除籍済)
  3. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.48『一等驅逐艦 "東雲 しののめ" 全要目{排水量1,700噸 速力34.0節 備砲12.7糎砲6門 魚雷發射管9門 起工大正15年8月 竣工昭和3年7月 建造所佐世保海軍工廠}東雲も浦波と同型の1,700噸級の驅逐艦である。浦波のところで驅逐艦の使命とするところは魚雷襲撃にあると云つたが、その外に驅逐艦は種々の重用任務に使用される。その中第一に擧ぐべきは潜水艦撃攘である。その得意とする快速力と輕快極まる操縦性及び潜水艦の魚雷を恐れぬ吃水の淺少さ等を利して敵潜水艦のゐる海上を爆雷を投射しつゝ縦横無盡に走りまはる驅逐艦は潜水艦にとつては何よりも恐るべき敵であらう。故に驅逐艦に襲はれたら最後潜水艦は上記の如き驅逐艦の特長と全然相反する弱點をもつため到底これに刄向ふ力はなく、うまく逃げをはせることが出來れば僥倖と云ふところである。』
  4. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.47『一等驅逐艦 "叢雲 むらくも" 全要目{排水量1,700頓 速力34.0節 備砲12.7糎砲6門 魚雷發射管9門 起工昭和2年4月 竣工昭和4年5月 建造所 藤永田造船所} 一等驅逐艦中、特型と呼ばれるのがこの1,700頓驅逐艦である。12.7糎砲は6門、魚雷發射管は實に9門を有つてゐる大型驅逐艦である。長さ113.2米、幅10.3米、平均吃水2.97米。近頃は驅逐艦も航空機に對する兵装を改善し、更に新鋭なる武器を装備し、空中からの攻撃を反撃しつゝ戦闘をつゞけなければならない。水上にあつては隊伍を組んで主力艦に肉薄し魚雷戦を挑む外に水中の敵潜水艦を驅つて輕快なる運動と機敏なる操縦によつて爆雷をもつて戦ふのである。驅逐艦生活も亦、限りなく男兒を魅するかずかずの壮烈さをもつてゐる。雲級には"薄雲 うすぐも" "白雲 しらくも" "東雲 しののめ"がある。』
  5. ^ a b #達昭和3年6月pp7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣岡田啓介|(略)第四十一號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 薄雲(ウスグモ)トス』
  6. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.74『叢雲|(起工)明治30-10|(進水)明治31-11-16|(竣工)明治31-12-29|(建造所)英國ソーニ・クロノト社/東雲|明治30-10|明治31-12-14|明治32-2-1|同/夕霧|明治30-11|明治32-1-26|明治32-3-10|同/不知火|明治31-1|明治32-3-15|明治32-5-15|同/陽炎|明治31-8|明治32-8-23|明治32-10-31|同/薄雲|明治31-9|明治33-1-16|明治33-2-1|同』
  7. ^ #達大正15年9月p.15『達第九十三號 艦艇製造費ヲ以テ大正十五年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦四隻ニ左ノ通命名ス|大正十五年九月二十九日 海軍大臣 財部彪|舞鶴要港工作部ニ於テ建造 第三十七號驅逐艦|石川島造船所ニ於テ建造 第四十一號驅逐艦|藤永田造船所ニ於テ建造 第四十二驅逐艦|浦賀船渠ニ於テ建造 第四十三號驅逐艦』
  8. ^ #達大正15年9月p.16『達第九十四號 艦艇類別等級表中驅逐艦一等ノ項「第三十五號」ノ下ニ「第三十七號」ヲ、「第四十號」ノ下ニ「第四十一號」「第四十二號」「第四十三號」ヲ加フ|大正十五年九月二十九日 海軍大臣 財部彪』
  9. ^ #艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『薄雲|(艦要目略)|石川島造船所|大正15-10-31|昭和2-12-26|3-7-26|(装備略)』
  10. ^ #艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『東雲|(艦要目略)|佐世保工廠|大正15-8-12|昭和2-11-26|3-7-25|(装備略)』
  11. ^ #艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『白雲|(艦要目略)|藤永田造船所|大正15-10-27|昭和2-12-27|3-7-28|(装備略)』
  12. ^ #艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『磯波|(艦要目略)|浦賀船渠會社|大正15-10-18|昭和2-11-24|3-6-30|(装備略)』
  13. ^ #満洲国皇帝御行動に関する件p.9『二.御召艦及供奉艦 御召艦 軍艦比叡 供奉艦 第十二駆逐隊(叢雲、薄雲、白雲)』
  14. ^ #夕霧初雪遭難事件報告(1)p.3『航行隊形』/pp.42-45『別紙第三、主ナル被害損傷調』
  15. ^ #夕霧初雪遭難事件報告(1)p.44『十二驅|薄雲|一.第一防水區劃外鈑「リベット」弛緩/二.第三兵員室支柱湾曲/三.第六兵員室支柱湾曲』
  16. ^ #海軍三等士官167頁
  17. ^ a b c #海軍三等士官168-169頁
  18. ^ #支那事変第8回功績(12駆)p.22『十二驅薄雲|全般|勲功乙|自昭和十五年七月八日至昭和十五年十月十一日|南支沿海(分擔區城南岐山列島ヲ通ズル一四〇度線以南大窄角ヲ通ズル一四〇度線以北)ニ行動シ船舶ノ交通遮断敵沿岸兵力竝ニ軍事施設ノ監視警戒攻撃要地ノ掃蕩等ニ従事ス|上記任務ヲ遂行シ以テ作戰目的達成上多大ノ効果ヲ収メタリ|十月十一日呉歸着』
  19. ^ #支那事変第9回功績(薄雲)p.1『(期間)自昭和十五年十一月十六日至昭和十六年二月二十日|呉鎮守府司令長官直率部隊トシテ呉軍港及所在海面防衛警戒ニ任ズ』
  20. ^ #支那事変第9回功績(薄雲)p.1『参考事項|二月十四日呉軍港出港同十六日舞鶴軍港ニ入港』
  21. ^ #支那事変第9回功績(薄雲)p.1『自昭和十六年二月二十一日至昭和十六年三月十九日|(略)|呉鎮守府第四予備駆逐艦ノ儘舞鶴防備隊ニ附属|舞鶴鎮守府令達ニ依ル』
  22. ^ #支那事変第9回功績(薄雲)p.1『自昭和十六年三月二十日至昭和十六年五月三十一日|一.呉鎮守府機密第五號ノ一二九及舞鶴鎮守府第三號ノ二六ノ二ニ依ル舞鶴鎮守府防衛管區ノ警戒防衛任務ニ従事/二.昭和十六年度舞鶴鎮守府第二.三.四回防空訓練ニ参加シ舞鶴方面部外防空指導ニ任ズ』
  23. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1『呉|第五十一驅逐隊|薄雲、白雲|(戦時編制ニ依ル所属)第五航空戦隊』
  24. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制p.5『艦隊|第一航空艦隊|第一航空戦隊/翔鶴、瑞鶴、第十一驅逐隊|第二航空戦隊/蒼龍・飛龍・第十二驅逐隊|第四航空戦隊/龍驤、《飛鷹》、《隼鷹》、第三驅逐隊|第五航空戦隊/赤城、加賀、第五十一驅逐隊|第六航空戦隊/《第三十一驅逐隊》/特設航空母艦三』
  25. ^ a b #叢書29北東方面288頁
  26. ^ #叢書29北東方面289頁
  27. ^ #S1708一水戦日誌(1)p.5『1.八月一一日北方部隊信令第一三四號ニ依リ薄雲一時本職ノ指揮下ニ入リ第六驅逐隊ニ編入セラル』
  28. ^ #S1708一水戦日誌(1)p.5『2.八月一五日北方部隊信令第一三七號ニ依リ薄雲北方部隊主隊ヨリ除彼護衛隊ニ編入、特令アル迄第六驅逐隊ニ編入セラル』
  29. ^ #S1708一水戦日誌(1)pp.5-6『3.八月二八日聯合艦隊電令作第二四三號及北方部隊電令作第二九二號ニ依リ第六驅逐隊機動部隊ニ編入セラレ本職ノ指揮下ヲ離ル、之ニ伴ヒ北方部隊信令第一五三號ニ依リ薄雲ヲ第六驅逐隊ヨリ除カレ第二十一驅逐隊ニ編入セラル』
  30. ^ #内令昭和17年7月(4)p.38『内令第千三百九十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年七月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十八驅逐隊ノ項中「霰、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「子日、」ヲ削ル』
  31. ^ a b #叢書29北東方面474-475頁『第二次集団輸送部隊の出撃』
  32. ^ a b c #叢書29北東方面477頁『会敵』
  33. ^ #叢書29北東方面481頁
  34. ^ a b c d #叢書29北東方面501-502頁『戦闘中止後の経過』
  35. ^ a b #内令昭和18年4月(1)p.20『内令第五百六十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年四月一日海軍大臣嶋田繁太郎|驅逐艦、一等ノ部中「白雪型」ヲ「初雪型」ニ改メ同項中「白雪、」ヲ、同白露型ノ項中「、村雨」ヲ削リ同「朝潮型」ヲ「満潮型」ニ改メ同項中「、朝潮、大潮」「、「荒潮」「、峯雲」ヲ、同陽炎型ノ項中「時津風、」ヲ削ル(以下略)』
  36. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「村雨、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、峯雲」ヲ「朝雲、薄雲、白雲」ニ改ム|第十一驅逐隊ノ項中「白雪、」ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項中「、時津風」ヲ削ル|第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  37. ^ a b #叢書29北東方面517頁『第三篇 アッツ島の失陥とキスカ島の撤退』
  38. ^ #叢書29北東方面596-598頁『北方部隊の状況』
  39. ^ a b #叢書29北東方面598-599頁『主隊および水雷部隊、水上機部隊』
  40. ^ a b c #叢書29北東方面614頁『水雷戦隊の作戦準備』
  41. ^ #叢書29北東方面632頁『幌筵出撃』
  42. ^ a b #叢書29北東方面636-637頁『「國後」出現による触衝事故』
  43. ^ #叢書29北東方面643-646頁『七月二十九日(撤収成功)』
  44. ^ a b c #叢書29北東方面646-647頁『幌筵帰投』
  45. ^ #内令昭和18年9月(1)p.26『内令第千八百十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年九月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 第九驅逐隊ノ項中「白雲」ノ下ニ「、霞」ヲ加フ』
  46. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四驅逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一驅逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  47. ^ #内令昭和19年3月(1)p.17『内令第三百八十八号 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年三月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「霞」ノ下ニ「、不知火」ヲ加フ|第十九驅逐隊ノ項中「敷波」ノ下ニ「、天霧」ヲ加フ』
  48. ^ #S1809一水戦日誌(6)p.48『一六(天候略)1600九駆山菊丸慶安丸梅川丸日連丸ヲ護衛釧路發2335薄雲ハ船團ヲ護衛反轉釧路ニ向フ|2335白雲被害ニ即應霞附近敵潜制圧ニ任ズ』
  49. ^ #S1809一水戦日誌(5)p.22『機密第151259番電 (ヘ乙)船團(山菊丸慶安丸梅川丸)(ホ)船團(日連丸)護衛艦九駆(霞白雲薄雲)三月十六日一六〇〇釧路發速力7.5節(以下略)』
  50. ^ #第五艦隊AL作戦(5)p.29『十六(天候略)2335 N42°18′E145°11′白雲雷撃ヲ受ケ轟沈』
  51. ^ #S1809一水戦日誌(5)p.23『機密第170015番電 2335北緯42度18分東経145度11分ニ於テ白雲雷撃ヲ受ケ轟沈船團ハ薄雲護衛シ釧路ニ避退セシム霞ハ附近制圧中』
  52. ^ #S1809一水戦日誌(5)pp.26-27『機密第171133番電 日連丸生存者少尉三名准尉一命見習士官一名下士官兵四二名(内死亡者二名)船員一名ガ0730頃北緯42度38分東経144度38分ニ於テ救助白雲乗員ハ總員壮烈ナル戦死ヲ遂ゲタルモノト認ム/一一三〇波風ヲ合同霞薄雲波風ハ現場附近ヲ掃蕩中』
  53. ^ #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八驅逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二驅逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  54. ^ #内令昭和17年8月分(2)p.40『内令第千五百三十號 驅逐隊編制中左ノ通改正セラル 昭和十七年八月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎 第十八驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  55. ^ #S1904一水戦日誌(3)p.63『三十(天候略)2100(将旗)薄雲七駆帝洋丸大湊着』
  56. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.6『(1)二日薄雲七驅ヲ率ヰ小樽ニ進出…』
  57. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.5『(1)一時将旗ヲ左ニ移揚ス 自前月至五日薄雲 自五日至十四日霞 自十四日至十七日小樽在勤海軍武官府廰舎』
  58. ^ #S1904一水戦日誌(4)pp.11-13『(三)麾下艦船部隊ノ行動』
  59. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.7『五|北千島那中一間|七駆(曙潮)薄雲|太平丸(陸)梅川丸(陸)笠戸丸(民)二號新興丸(海)|一.七日薄雲被雷沈没/二.九日太平丸被雷撃沈没/三.二號新興丸松輪行』
  60. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.20『七日1615(司令)7dg(宛略)機密第071615番電 N47°36′E148°10′薄雲雷撃ヲ受ケ沈没我攻撃中船團ハ西方ニ避退中』
  61. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.15『(ロ)麾下總員數(略)記事|七月七日オホーツク海ニ於テ敵潜ト交戰左ノ戦死者(含戰傷死)ヲ出セリ 薄雲准士官以上(含駆逐艦長)一五、下士官兵二五二、潮下士官一』
  62. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.62『七(天候略)一六一四薄雲(四七度三六分北一四八度一〇分東)ニ於テ被雷沈没七駆制圧|戰死 薄雲駆逐艦長若杉少佐以下准士官以上一四 下士官兵二五二/潮下士官一名』
  63. ^ #S1904一水戦日誌(4)p.9『…五日小樽發航ノ「キ五〇四」船團(護衛艦七駆薄雲船團太平丸梅川丸笠戸丸第二號新興丸)中薄雲ハ七日一六一四北緯四七度三六分東経一四八度一〇分ニ於テ又太平丸ハ九日〇九五〇北緯五一度〇分東経一五五度三〇分ニ於テ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没シ…』
  64. ^ #内令昭和19年9月(2)p.25『内令第一〇六五號 艦艇類別等級別表左ノ通改正ス 昭和十九年九月十日海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等球磨型ノ項中「、大井」ヲ削ル|驅逐艦、一等峯風型ノ項中「、帆風」ヲ、同初雪型ノ項中「薄雲、」ヲ、夕雲型ノ項中「、玉波」ヲ削ル(以下略)』
  65. ^ #内令昭和19年9月(2)p.23『内令第一〇五六號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年九月十日海軍大臣|第十八驅逐隊ノ項中「薄雲、」ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「玉波、」ヲ削ル』
  66. ^ #内令昭和19年9月(2)pp.25-26『内令第一〇六〇號|呉鎮守府在籍 軍艦 大井 右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 帆風|呉鎮守府在籍 驅逐艦 薄雲|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 玉波 右帝国驅逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 伊號第五潜水艦、伊號第六潜水艦|佐世保鎮守府在籍 伊號第百六十六潜水艦 右帝国潜水艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 第一號輸送艦 右帝国輸送艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 第二十五掃海艇 右帝国掃海艦艇籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 第五十號駆潜艇|佐世保鎮守府在籍 第十六號駆潜艇 右帝国駆潜艇籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 敷設艦 猿島|佐世保鎮守府在籍 敷設艦 測天 右帝国敷設艦籍ヨリ除カル|昭和十九年九月十日海軍大臣』
  67. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  68. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  69. ^ a b 『官報』第2353号、昭和9年11月2日。
  70. ^ 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  71. ^ 『日本海軍史』第10巻、24頁。
  72. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による。

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C12070086900 『自大正15年至昭和1年達完/9月』。
    • Ref.C12070089800 『昭和3年達完/6月』。
    • Ref.C12070164300 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年7月分(4)』。
    • Ref.C12070164500 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(2)』。
    • Ref.C12070176200 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。
    • Ref.C12070180400 『昭和18年9月~10月 内令4巻/内令昭和18年9月(1)』。
    • Ref.C12070181500 『昭和18年9~10月 内令4巻/内令昭和18年10月(5)』。
    • Ref.C12070180400 『昭和18年9月~10月 内令4巻/内令昭和18年9月(1)』。
    • Ref.C12070496700 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/昭和19年9月(2)』。
    • Ref.C05034104000 『満洲国皇帝御行動に関する件』。
    • Ref.C05034101200 『第596号10.3.9満洲国皇帝陛下御来訪の際御召艦及警衛艦の件』。
    • Ref.C05034650000 『赤軍4水戦機密第6号 10.9.29夕霧、初雪遭難事件報告(1)』。
    • Ref.C05034650100 『赤軍4水戦機密第6号 10.9.29夕霧、初雪遭難事件報告(2)』。
    • Ref.C05034650200 『赤軍4水戦機密第6号 10.9.29夕霧、初雪遭難事件報告(3)』。
    • Ref.C05034651200 『11駆機密第101号の13  10.10.10駆逐艦初雪遭難詳報(1)』。
    • Ref.C05034651200 『11駆機密第101号の13  10.10.10駆逐艦初雪遭難詳報(2)』。
    • Ref.C05034651200 『11駆機密第101号の13  10.10.10駆逐艦初雪遭難詳報(3)』。
    • Ref.C05034651200 『11駆機密第101号の13  10.10.10駆逐艦初雪遭難詳報(4)』。
    • Ref.C05034651200 『11駆機密第101号の13  10.10.10駆逐艦初雪遭難詳報(5)』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C14121196200 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度帝国海軍戦時編制/附表』。
    • Ref.C14121196500 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度戦時駆逐隊・潜水隊・水雷隊・掃海隊・驅潛隊・通信隊・航空隊編制予定表 昭和17年度警備隊・防備隊附属艦艇及防備機関編制予定表 昭和17年度戦時艦船飛行機搭載予定表/第1表~第9表』。
    • Ref.C14120969600 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/12駆隊機密第27号の524 第12駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。
    • Ref.C14120982000 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/薄雲機密第13号の199 駆逐艦薄雲支那事変第9回功績概見表』。
    • Ref.C14120990900 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/薄雲機密第13号の19 駆逐艦薄雲支那事変第10回功績概見表』。
    • Ref.C08030019000 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(1)』。
    • Ref.C08030019100 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(2)』。
    • Ref.C08030019200 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(3)』。
    • Ref.C08030019300 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(4)』。
    • Ref.C08030019400 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(5)』。
    • Ref.C08030019500 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日第5艦隊戦時日誌AL作戦(6)』。
    • Ref.C08030082100 『昭和17年8月1日~昭和17年10月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030082200 『昭和17年8月1日~昭和17年10月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030082300 『昭和17年8月1日~昭和17年10月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030084400 『昭和18年6月1日~昭和18年7月31日第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030084500 『昭和18年6月1日~昭和18年7月31日第1水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030084600 『昭和18年6月1日~昭和18年7月31日第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030085600 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030085700 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030085800 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030085900 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030086000 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030086100 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日第1水雷戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030086400 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030086500 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030086600 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030086700 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 堀之内芳郎、野崎慶三発行人 「第十章 再び南海封鎖 -駆逐艦「叢雲」航海長時代-」『海軍三等士官・裏街道』 震洋通信、1982年6月。 堀之内は昭和15年5月1日~11月まで叢雲航海長。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書29 北東方面海軍作戦』 朝雲新聞社、1969年8月。

関連項目[編集]