山崎保代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 保代
YasuyoYamasaki.jpg
生誕 1891年10月17日
大日本帝国の旗 大日本帝国,山梨県
死没 (1943-05-29) 1943年5月29日(満51歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,アッツ島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1913 - 1943
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

山崎 保代(やまさき やすよ、1891年10月17日 - 1943年5月29日)は日本陸軍軍人。最終階級陸軍中将太平洋戦争大東亜戦争)中に、アッツ島の戦いを指揮し17日間の激しい抗戦の後戦死した。

経歴[編集]

山梨県南都留郡禾生村(現:都留市)出身。現在の都留市四日市場の保寿院住職の山崎玄洞の二男として生れる。日川中学校名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1913年(大正2年)5月、陸軍士官学校(25期)を卒業、同年12月、陸軍歩兵少尉に任官し歩兵第15連隊附となる。1918年(大正7年)4月から1920年(大正9年)12月までシベリア出兵に従軍。同連隊の大隊副官中隊長を務め、1928年(昭和3年)5月、済南事変に出動。以後、同連隊の沼田中学校配属将校大隊長を歴任し、歩兵第50連隊補充隊長第36師団兵器部長などを歴任。1940年(昭和15年)3月に陸軍歩兵大佐に進級し歩兵第130連隊長を拝命。

1943年(昭和18年)2月に北海守備第2地区隊長に任命され伊31アッツ島に着任した、同部隊の任務は独力で島を堅守することであった。

アッツ島の戦いでは2,650名の守備隊を指揮し水際防御ではなく、のちのペリリュー島の戦い硫黄島の戦いと同じく敵を島の内部や高地に引き込む戦略を採用し陣地を構築した。その結果上陸したアメリカ軍との戦闘は太平洋戦争の激戦のひとつとして記憶されることとなった。

1943年5月29日、山崎部隊長は守備隊の生存者に本部前に集まるよう命令し、旭湾(マサッカル湾)近くの臥牛山附近のアメリカ軍陣地に最後の攻撃を行った。山崎は右手に軍刀、左手に日の丸の布を持って攻撃部隊の先頭に立ち、満身創痍の将兵約300名が後に続いた。山の斜面を駆け上ってアメリカ軍の哨戒線を突破、スピーカーから流れる降伏勧告を拒否して突撃し、アメリカ軍陣地で激しい白兵戦を展開した。しかし次第にアメリカ軍の圧倒的な火力が集中して攻撃部隊は壊滅、山崎も戦死しアッツ島守備隊は玉砕した。

死後二階級特進し、将軍である陸軍中将に進級。なお、戦後遺骨収集の際に攻撃部隊の一番先頭で遺品・遺骨が確認されたのは山崎である。指揮官先頭の伝統をよく守った最期であった。

保代没後の1954年昭和29年)には、父親の山崎玄洞により生家の保寿院境内に「アッツ観音」が建立される。1994年平成6年)にはさらに石碑も建立されている。

参考文献[編集]

  • 水島周平・松下芳男『山崎部隊長』内外書房、1944年
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年

関連項目[編集]