アムチトカ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯51度28分0秒 東経179度5分0秒 / 北緯51.46667度 東経179.08333度 / 51.46667; 179.08333

1-5 ニア諸島 1 - アッツ島 2 - アガッツ島 3-5 - セミチ諸島 3 - アライド島 4 - ニズキ島 5 - シェムリャ島 6 - ブルダー島 7-15 ラット諸島 7 - キスカ島 8 - 小キスカ島 9 - セグラ島 10 - クヴォストフ島 11 - ダヴィドフ島 12 - 小スィッキン島 13 - ラット島 14 - アムチトカ島 15 - セミソポクノイ島

アムチトカ島(アムチトカとう)とは、アメリカ合衆国アラスカ州の南西に伸びる、アリューシャン列島ラット諸島に属する島の名前である。約64km(キロメートル)(40mi(マイル))の長さがある。

歴史[編集]

元来、アレウト族の居住地であった。漂流体験者・大黒屋光太夫の体験を綴った『北槎聞略』によれば、18世紀末当時にはアザラシなどの毛皮を求めるロシア商人が来島し、交易を目的として常駐していた(ロシアによるアメリカ大陸の植民地化)。

1867年3月、アラスカ購入アメリカ合衆国領となる。

核実験場としてのアムチトカ島[編集]

3回の核実験が行われた島内の場所
カニキン実験のため、地下に降ろされるW71型核弾頭

1967年、アムチトカ島はアメリカ原子力委員会によって核兵器用地下核実験場に選ばれた。委員会は、島の多くの動物を島外に移動させた。そこで行われた3回の核実験は、多くの論争を引き起こした。

アムチトカ島で行われた核実験
実験名 実施日 深度 核出力 備考
ロングショット (Long Shot) 1965年10月29日 714m 80キロトン
ミルロウ (Milrow) 1969年10月2日 1,220m 1メガトン
カニキン (Cannikin) 1971年11月6日 1,860m 5メガトン 米国が実施した最大規模の地下核実験。W71核弾頭使用

テストフィルム[編集]

核兵器実験フィルム:Milrowテスト(0800040 - 1969 - 27:30 - Color)

ロスアラモス国立研究所によって示されたこのフィルムは、Mandrel作戦の一部であるマンドレル作戦について意見を交換するための叩き台となった。ビデオフィルムの中で、ナレーターはこの実験の理由を、このように要約する。

「milrow実験の目的は、兵器ではなく、この島自体をテストすることなのです。」

実験に先立って地下1,200メートルに埋設されたその核実験装置は、1969年10月2日にアラスカ州アムチトカ島で爆発した。これは1.2メガトンの核出力が得られた。Milrow実験は、今まで以上に大きな威力の核実験が、この島で問題なく実施できることを証明するものであった。

ビデオ番号0800038を見ると、その島への科学的見解と、さらなる第二次世界大戦時の活動が散見される。追加の場面では、核実験の前後での環境保護活動と安全保障活動がどうなったかを示している。核爆弾と器材パッケージは実験用縦坑の中に下ろされるのがこのフィルムに映っている。ネバダ核実験場と異なるクレーター生成が行われている。

現在[編集]

核実験終了後も科学者による監視が続けられている。2001年には掘削で生じた汚泥がポリエステル膜によって隔離されたうえで埋没され、その上に植物の種が植えられた。

現在のところ、重大な放射性物質の漏洩は起きていないと報告されている。野生動物保護区となり、アクセスが制限される2025年まではアメリカ合衆国エネルギー省により監視が続けられる予定となっている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]