W71 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W71
タイプ 核弾頭
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配備先 アメリカ陸軍
開発・生産
開発期間 -1974年
生産期間 1974年-1975年
配備期間 1975年-1976年
生産数 30発
要目
核出力 5Mt
弾頭 熱核弾頭
直径 42インチ
長さ 101インチ
重量 2,850ポンド
テンプレートを表示

W71アメリカ合衆国が開発した核弾頭アメリカ陸軍LIM-49A スパルタン弾道弾迎撃ミサイル用のものである。


概要[編集]

ローレンスリバモア国立研究所で開発が行われた熱核弾頭である。1971年から1975年にかけて30発が生産された。

LIM-49A スパルタンは1975年より配備に付けられたが、1976年には退役している。弾頭自体は1992年まで保管されていた。

目的[編集]

弾道弾迎撃ミサイルの弾頭として、大気圏外核爆発(高高度核爆発)を行いX線放射による敵弾道ミサイルの核弾頭を無効化することを目的としている。

機構[編集]

  • 信管は指令爆破もしくは時限式による。
  • サイズは直径42インチ、長さ101インチ
  • 重量2,850ポンド。

グロメット作戦での使用[編集]

アメリカ合衆国が1971年から1972年にかけて行なった地下核実験((グロメット作戦)のうち、カニキン・プロジェクト[1]においてW71は使用された。カニキン・プロジェクトとは、1971年、アリューシャン諸島アムチトカ島において地下核実験で、核出力は5Mtで地下核実験としては最大規模の記録を出した。またマグニチュード7.0の人工地震も記録している。


外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Project CANNIKIN。カニキン実験とも。

関連項目[編集]