北槎聞略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北槎聞略(ほくさぶんりゃく)は、桂川甫周大黒屋光太夫らから聴取した内容などをもとに著した地誌。寛政6年(1794年)成立。本文11巻・付録1巻・衣類器什図等2軸・地図10葉から成る。

内容[編集]

天明2年(1782年)12月、駿河沖で遭難した伊勢国の神昌丸乗組員17名が、約8ヶ月の漂流の末、船内で死亡した1名を除く16名が当時ロシア帝国の属領となっていたアリューシャン列島アムチトカ島(アミシヤツカと表記)に漂着、厳しい冬で仲間を次々と失いながらも4年後に現地のロシア人たちと協力してカムチャツカ(カムシヤツカ)、オホーツク(ヲホツカ)、ヤクーツク(ヤコツカ)を経由し、寛政元年(1789年イルクーツク(イルコツカ)に到着。船頭光太夫は日本帰国の許しを得るため、キリル・ラクスマン(ラックスマンと表記)の協力を得て当時のロシア女帝エカチェリーナ2世に拝謁、9ヵ月のペテルブルク滞在後、帰化した2名や死者を除いた3名が遣日使節アダム・ラクスマンと共に帰国の途に着き、寛政4年(1792年)9月根室に到着する。根室で死亡した1名を除く光太夫と磯吉の2名は江戸に渡り、翌1793年9月18日、吹上御苑にて将軍に拝謁、ロシアから持ち帰った品を献上する。

幕府の医官で蘭学者桂川甫周は、光太夫と磯吉に諮問し、その答えとドイツ人のヨハン・ヒューブナードイツ語版英語版によって記された世界地理書のオランダ語訳である「Algemeen Geographie」(『ゼヲガラヒ』と表記)のロシアについての記述などを参照しながら、その見聞体験を収録した。記載内容の中には、漂流やロシア帝国内の移動の苦労や厳しい冬、仲間を次々に失う様子、ロシアの多くの人々との出会い、皇帝との謁見、日本帰国等の「漂流記」からロシアの風俗、衣服、文字、什器類、民族等の「博物誌」相当記事。ロシアで訪問した諸施設や諸貴族の館の様子の「見聞録」相当記事など、幅広い記述に満ちている。見聞録の中には孤児院(幼院)に赤ちゃんポストが備えられている様子やその運用方法、ペテルブルクの高級な政府公認の遊郭(娼家)で客である光太夫が娼婦らから逆に金品を贈られる様子など、興味深い記述も多い。

収録内容には光太夫らの記憶違い等に起因する明らかな間違いや、シベリア・カムチャッカ方言を標準ロシア語のように記述している例も僅かにあるものの、学者でもない光太夫・磯吉がロシアで収録・記憶した事項の精細さは驚くほどである。

間違いの一例[編集]

光太夫らの記憶違い等が明確な場合でも、まずはその語ったとおりのことを記しており、注釈の形で桂川甫周が正しいことを記している。たとえば年号の項目では「ロシアでは元号などがなく、ただ開国よりの年暦で年を記す。今年はロシアの暦では1793年にあたる。」という意味のことが書かれているが、注釈で「欧州諸国で用いている年暦はみな同じで、ロシアの開国を元年としているのではなく、みな耶蘇(キリスト)の降誕を元年としている。」という意味のことを書いている。もちろん桂川甫周も気づかなかった誤りもあり、特にロシア皇室の家系の説明にそれが多く見られる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]