夕雲型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夕雲型(甲型)駆逐艦
清霜
艦級概観
艦種 一等駆逐艦
艦名
前級 陽炎型
次級 秋月型
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

夕雲型駆逐艦(ゆうぐもかたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦[1]陽炎型駆逐艦の改良型で、書類上は陽炎型と同じ「甲型」(一等駆逐艦)に類別される。

概要[編集]

海軍は1939年(昭和14年)に第四次軍備充実計画(通称マル4計画)を策定した。その中で陽炎型4隻の追加を決めたが、陽炎型の速力35ノットは満足のいくものではなかったため、その点などを改良した甲型駆逐艦11隻の量産を決定する。改良により別の型となったため、これを「夕雲型」とした。

当初、1941年(昭和16年)に計画された第五次海軍軍備充実計画(通称マル5計画)では、夕雲型に続く次世代型の甲型駆逐艦として島風型駆逐艦16隻を建造する予定であった。しかし、対米開戦の軍戦備が急速に必要だったことから、同年に策定された戦時急増計画(通称マル急計画)では夕雲型16隻が追加で計画された。更に太平洋戦争が開戦して戦局が変化し、1942年(昭和17年)にマル5計画を改定して策定された改マル5計画では、島風型ではなく夕雲型が8隻追加で計画されることとなった。しかし、戦局の悪化に伴いマル急計画分の内8隻(第348号艦~第355号艦)と改マル5計画分は建造中止となっている[2]

甲型駆逐艦である夕雲型は1943年以降起工されず、代わりに乙型駆逐艦に当たる秋月型駆逐艦と丁型駆逐艦に当たる松型駆逐艦が優先して建造された。大戦末期、軍令部や艦政本部内の新しい甲型駆逐艦案として、「速力33ノット、主砲を高角砲とし、8射線以上の雷装を持ち、急速建造に適する艦型」が浮上した。しかし私案の域を出ず、計画を具体化すること無く終わったという[3]

最終的に、夕雲型はマル4計画分の11隻とマル急計画分の内8隻(第340号艦~第347号艦)に当たる19隻が建造された。しかし、前線の損耗補充として訓練もままならないまま実戦投入された艦が多く、坊ノ岬沖海戦に参加した「朝霜」を最後に全て戦没している。

特徴[編集]

陽炎型の速力35ノットだが、一部の艦はそれに達しなかったため、それを解消するために船体を延長する他、艦尾喫水下の形状を変更、それにより全ての艦が35ノットの速力を維持できるようになった。主砲は、C型砲塔(仰角55度)ではなく、仰角75度のD型砲塔に変更がおこなわれており、射撃指揮装置も対空射撃に対応した2式距離苗頭盤を装備して主砲での対空射撃にもある程度の配慮がされている。しかし大仰角での連射能力に欠いているため対空戦闘能力に於いて秋月型ほど優れているとは言えない。

また陽炎型との外観上の違いとして艦橋構造物前面の傾斜角があげられる。陽炎型は垂直であるのに対し、夕雲型は下へ広がった末広がりの形状をしている。ちなみに、「秋雲」が陽炎型と断定された決定的な証拠は、「秋雲」の艦橋部分が写っていた集合写真であった。

電子機器に関しては、当時の海軍主力である九三式聴音機と九三式探信儀、後に三式探信儀が装備されるが、対潜能力において決して優れているといえない。レーダーに関しては、大戦中に竣工したこともあり、竣工時より前マストに22号を装備した艦も多い。竣工時搭載していなかった艦も損傷修理の際などに搭載したと推定される。

機銃に関しては、当初は25mm連装機銃2基のみだったが、大戦後半に竣工した艦ほど対空機銃が増備されている。最終艦の「清霜」(1944年竣工)の場合、艦橋前に25mm連装1基、第一煙突後ろに機銃座を設け25mm3連装機銃2基を装備、第2煙突前の機銃座には3連装2機を搭載して合計25mm3連装4基、同連装1基となった。その後単装機銃も増備されたものと推定される。

1944年以降、陽炎型以前の艦では2番砲塔を撤去し、その跡に3連装機銃を1基(初春型及び白露型)もしくは2基(吹雪型、朝潮型、及び陽炎型)設置したが、本艦型はその種の訓令工事の対象から外れており、レイテ沖海戦前および戦没直前に撮影された長波、戦没直前に撮影された朝霜、戦没後にマニラ湾で撮影された秋霜など、昭和19年下半期以後に撮影された夕雲型諸艦のいずれの写真でもこの工事が行われていないことが判明している。

活躍[編集]

巻雲、風雲
ミッドウェー海戦時、大破した空母飛龍を処分するため、巻雲と風雲は魚雷を撃ち、巻雲は一本命中させている。南太平洋海戦時には、日本機動部隊航空隊の攻撃により航行不能となった空母ホーネット撃沈のため巻雲と陽炎型の秋雲が雷撃・沈没させる。世界の海戦史において、空母に二度も魚雷を発射・沈没させた駆逐艦は巻雲のみである。

同型艦[編集]

夕雲(ゆうぐも/ゆふぐも)[4]
1941年12月5日竣工(舞鶴海軍工廠)。ミッドウェー海戦南太平洋海戦などに参加。1943年10月6日、第二次ベララベラ海戦で米水上部隊と交戦しソロモン諸島ベララベラ島沖にて戦没。
巻雲(まきぐも)
1942年3月14日竣工(藤永田造船所)。ミッドウェー海戦南太平洋海戦第三次ソロモン海戦などに参加。1943年2月1日、第一次ガダルカナル撤収作戦においてサボ島近海で触雷により航行不能、「夕雲」により処分された。
風雲(かざくも)
1942年3月28日竣工(浦賀船渠)。ミッドウェー海戦南太平洋海戦第三次ソロモン海戦などに参加。1944年6月8日、米潜水艦「ヘイク」の雷撃によりダバオ湾口にて戦没した。
長波(ながなみ)
1942年6月30日竣工(藤永田造船所)。ルンガ沖夜戦などに参加。1944年11月11日、第三次オルモック輸送作戦で米空母艦載機の攻撃によりフィリピンのオルモック湾にて戦没。
巻波(まきなみ)
1942年8月18日竣工(舞鶴海軍工廠)。南太平洋海戦などに参加。1943年11月25日、セントジョージ岬沖海戦で米水上部隊と交戦しブーゲンビル島沖にて戦没。生存者29名がラバウルに漂着した。
高波(たかなみ)
1942年8月31日竣工(浦賀船渠)。南太平洋海戦などに参加。1942年11月30日、ルンガ沖夜戦で米水上部隊と交戦しガダルカナル島沖にて戦没。
大波(おおなみ/おほなみ)
1942年12月29日竣工(藤永田造船所)。1943年11月25日、吉川潔艦長の下、ブーゲンビル島沖において発生したセントジョージ岬沖海戦にてアーレイ・バーク大佐率いる米水上部隊に奇襲を受け被雷。その後僅か4分で沈没した。艦長以下全員戦死。
清波(きよなみ)
1943年1月25日竣工(浦賀船渠)。1943年7月20日、コロンバンガラ輸送作戦で米陸海軍機の攻撃によりベララベラ島沖にて戦没。
玉波(たまなみ)
1943年4月30日竣工(藤永田造船所)。マリアナ沖海戦などに参加。1944年7月7日、米潜水艦「ミンゴ」の雷撃でフィリピン諸島ルソン島マニラ湾沖にて戦没。
涼波(すずなみ)
1943年7月27日竣工(浦賀船渠)。1943年11月11日、米空母艦載機の攻撃によりラバウル港沖にて戦没。
藤波(ふじなみ)
1943年7月31日竣工(藤永田造船所)。1944年10月27日、レイテ沖海戦で米空母艦載機の攻撃によりシブヤン海にて戦没。
早波(はやなみ)
1943年7月31日竣工(舞鶴海軍工廠)。1944年6月7日、米潜水艦「ハーダー」の雷撃によりタウイタウイ島沖にて戦没。
浜波(濱波)(はまなみ)
1943年10月15日竣工(舞鶴海軍工廠)。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1944年11月11日、第三次オルモック輸送作戦で米空母艦載機の攻撃により戦没。
朝霜(あさしも)
1943年11月27日竣工(藤永田造船所)。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1945年4月6日、沖縄水上特攻作戦に戦艦「大和」とともに第21駆逐隊旗艦として出撃したが、翌7日早朝、機関故障を起こし艦隊より落伍。正午過ぎに敵機と交戦中との無電を発した後、連絡が途絶えた。単艦戦闘であった上、生存者がいない為にその最期は明らかではない。米空母艦載機の攻撃により東シナ海にて戦没したと推測されている。駆逐隊司令以下乗組員全員が戦死した。
岸波(きしなみ)
1943年12月3日竣工(浦賀船渠)。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1944年12月4日、米潜水艦「フラッシャー」の雷撃によりパラワン島沖にて戦没。
沖波(おきなみ)
1943年12月10日竣工(舞鶴海軍工廠)。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1944年11月13日、米空母艦載機の攻撃によりマニラ湾にて戦没。
早霜(はやしも)
1944年2月20日竣工(舞鶴海軍工廠)。マリアナ沖海戦などに参加。1944年10月27日、レイテ沖海戦で米空母艦載機の攻撃によりミンドロ島沖にて戦没。
秋霜(あきしも)
1944年3月11日竣工(藤永田造船所)。マリアナ沖海戦レイテ沖海戦などに参加。1944年11月13日、米空母艦載機の攻撃によりマニラ湾にて戦没。
清霜(きよしも)
1944年5月15日竣工(浦賀船渠)。レイテ沖海戦などに参加。1944年12月26日、サンホセ突入作戦で米水上部隊および米陸軍機の攻撃により航行不能、後に米魚雷艇の雷撃を受けミンドロ島沖にて戦没。

建造中止艦[編集]

マル4計画における計画艦

  • 仮称艦名:128号艦、129号艦
  • 双方共に大和型戦艦2隻(信濃111号艦)の建造予算調達の為に計上された艦であり、実際の建造予定は無かった。

戦時建造計画(昭和16年度、マル急計画)における計画艦

  • 仮称艦名: 348号艦、349号艦、350号艦、351号艦、352号艦、353号艦、354号艦、355号艦
  • 予定艦名: 妙風(たえかぜ/たへかぜ)、清風(きよかぜ)、村風(むらかぜ)、里風(さとかぜ)、
    山霧(やまぎり)、海霧(うみぎり)、谷霧(たにぎり)、川霧(かわぎり/かはぎり)

改マル5計画における計画艦(改夕雲型)

  • 仮称艦名: 5041号艦、5042号艦、5043号艦、5044号艦、5045号艦、5046号艦、5047号艦、5048号艦
  • 予定艦名: 山雨(やまさめ)、秋雨(あきさめ)、夏雨(なつさめ)、早雨(はやさめ)、
    高潮(たかしお/たかしほ)、秋潮(あきしお/あきしほ)、春潮(はるしお/はるしほ)、若潮(わかしお/わかしほ)

駆逐隊の変遷[編集]

夕雲型は戦時中に建造されたため、戦没と新造艦の編入が錯綜し、フル編成が完結する機会は少ない。高波玉波のように単艦での行動も多い一方、主力部隊である第二艦隊第二水雷戦隊第三艦隊・第十戦隊での活動がほとんどを占め、主力駆逐艦らしい戦歴を重ねている。

第十駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍の夕雲型駆逐艦夕雲巻雲風雲陽炎型駆逐艦秋雲で編成。1939年(昭和14年)11月15日付で解隊した吹雪型駆逐艦3隻からなる先代に続く四代目の第十駆逐隊である。終始第10戦隊に属して機動部隊の直衛をもくろんだが、南太平洋海戦以降は機動部隊と分離して外南洋の水雷戦に臨んだ。風雲以外の同型艦は外南洋で失われ、代わりに朝潮型駆逐艦朝雲が加わって2隻体制で隊を維持したが、風雲の戦没を機に解散した。

1942年(昭和17年)3月14日:巻雲竣工。夕雲と合わせ編成[5]
1942年(昭和17年)3月28日:竣工した風雲を編入[6]
1942年(昭和17年)4月10日:第一航空艦隊・第十戦隊所属。第五航空戦隊より秋雲を編入[7]
1942年(昭和17年)7月14日:第十戦隊は第三艦隊に転籍。
1943年(昭和18年)2月1日:ケ号作戦で巻雲触雷、航行不能のため雷撃処分、3月1日除籍。
1943年(昭和18年)10月6日:第二次ベララベラ海戦で夕雲戦没、12月1日除籍。
1943年(昭和18年)10月31日:第九駆逐隊より朝雲を編入[8]
1944年(昭和19年)4月11日:インドネシアで秋雲戦没、6月10日除籍。 
1944年(昭和19年)6月8日:ダバオ湾で風雲戦没、7月10日除籍。
1944年(昭和19年)7月10日:解隊[9]。朝雲は第四駆逐隊(野分満潮山雲)に転出[9]。以後は第四駆逐隊の項に譲る。

第三十一駆逐隊[編集]

横須賀鎮守府籍と舞鶴鎮守府籍の夕雲型で編成。1922年(大正11年)12月1日に神風型駆逐艦 (初代)4隻からなる先代が佐世保鎮守府第三十駆逐隊に転出した後に続く、二代目の第三一駆逐隊である。当初より第二艦隊第二水雷戦隊に属し、外南洋で活動した。そのため消耗も激しく、4隻フル編成が維持できたのは半年にも満たない。1944年(昭和19年)より、第十一水雷戦隊での練成を終えた後期型3隻を補充して隊は維持され、レイテ沖海戦でも全艦が生還したが、その後のフィリピン防衛戦で急激に消耗し、第二駆逐隊に転出した朝霜を除き全滅した。所属した夕雲型駆逐艦は「長波、巻波、高波、大波、清波、沖波、岸波、朝霜、浜波《書類上》」の9隻。

1942年(昭和17年)8月31日:長波巻波で編成[10]。第二艦隊第二水雷戦隊。
1942年(昭和17年)10月1日:高波を編入[11]
1942年(昭和17年)11月30日:ルンガ沖夜戦で高波戦没、12月24日除籍。
1943年(昭和18年)1月20日:大波を編入[12]
1943年(昭和18年)2月25日:清波を編入[13]
1943年(昭和18年)7月20日:ベララベラ島沖で清波戦没、10月15日除籍。
1943年(昭和18年)11月25日:セント・ジョージ岬沖海戦で巻波、大波戦没、翌年2月10日除籍。
1944年(昭和19年)2月10日:第十一水雷戦隊より沖波岸波朝霜を編入[14]
1944年(昭和19年)11月11日:オルモック湾で長波戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月13日:マニラ湾空襲で沖波戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月15日:朝霜は第二駆逐隊に転出[15]。沈没していた浜波を書類上編入[15]
1944年(昭和19年)12月4日:フィリピン沖で岸波戦没、翌年1月10日除籍。
1945年(昭和20年)1月10日:解隊[16]

第三十二駆逐隊[編集]

舞鶴鎮守府籍の夕雲型で編成。1943年(昭和18年)1月6日付で解隊した若竹型駆逐艦3隻(編成当初は4隻)からなる先代に続く二代目の第三二駆逐隊である。従来の駆逐隊とは異なり、練成部隊の第一艦隊第十一水雷戦隊で練成中の駆逐艦で編成された。三一駆と同じく、第二艦隊第二水雷戦隊に編入され、外南洋や「あ号作戦」・「捷号作戦」、以後のフィリピン防衛線で活動した。編成が大戦後期だったため、当初もくろんだ水雷戦は生起せず、フィリピン防衛線で消耗した。

1943年(昭和18年)8月20日:涼波藤波早波で編成[17]。第一艦隊第十一水雷戦隊。
1943年(昭和18年)9月30日:第二艦隊第二水雷戦隊に転籍。
1943年(昭和18年)10月1日:単艦で二水戦に在籍していた玉波を編入[18]
1943年(昭和18年)11月11日:ラバウル空襲で涼波戦没、翌年1月5日除籍。
1943年(昭和18年)12月15日:第十一水雷戦隊より浜波を編入[19]
1944年(昭和19年)6月7日:タウイタウイ島沖で早波戦没、8月10日除籍。
1944年(昭和19年)7月7日:マニラ湾沖で玉波戦没、9月10日除籍。
1944年(昭和19年)10月27日:レイテ沖海戦で藤波戦没、12月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月11日:オルモック湾上陸作戦で浜波戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月15日:解隊[15]。書類上在籍していた浜波は、第三十一駆逐隊に編入[15]

第二駆逐隊[編集]

横須賀鎮守籍の早霜秋霜清霜で編成。1943年(昭和18年)7月1日付で解隊した白露型駆逐艦4隻(村雨夕立春雨五月雨)からなる先代に続く[20]、五代目の第二駆逐隊である。第十一水雷戦隊での練成を終えた駆逐艦で編成された。第二艦隊第二水雷戦隊に編入され、レイテ沖海戦で活動し、以後もフィリピンに残留して防衛戦に挑んだ。オルモック上陸戦(多号作戦)や礼号作戦に参加したが、編成当初の3隻は礼号作戦までにすべて失われ、転入した朝霜を第二十一駆逐隊に譲って解散した。

1944年(昭和19年)8月15日:早霜秋霜清霜で編成[21]。第二艦隊第二水雷戦隊。
1944年(昭和19年)10月27日:レイテ沖海戦で早霜戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月13日:マニラ湾空襲で秋霜戦没、翌年1月10日除籍。
1944年(昭和19年)11月15日:第三十一駆逐隊より朝霜を編入[15]
1944年(昭和19年)12月26日:礼号作戦で清霜戦没、翌年2月10日除籍。
1945年(昭和20年)2月10日:解隊[22]。朝霜は第二十一駆逐隊(初霜時雨)に転出[22]。以後は第二一駆逐隊の項に譲る。

脚注[編集]

  1. ^ #内令昭和16年2月p.18『内令第百三十三號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十六年二月五日 海軍大臣及川古志郎|驅逐艦、一等陽炎型ノ項中「萩風」ノ下ニ「、舞風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |夕雲型|夕雲| 潜水艦、一等伊九型ノ項中「伊號第十」ノ下ニ「、伊號第十一」ヲ加フ|駆潜艇第十三號型ノ項中「第十六號」ノ下ニ「、第十七號」ヲ加フ』
  2. ^ 『日本の駆逐艦オール大百科』p94,98
  3. ^ 『海軍造船技術概要 上』p427
  4. ^ #達昭和16年2月(1)pp.3-4『達第二十四號 昭和十五年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦二隻、一等潜水艦一隻、驅潜艇一隻及運送艦一隻ニ左ノ通命名ス|昭和十六年二月五日 海軍大臣及川古志郎|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 一等驅逐艦 舞風(マヒカゼ)|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 一等驅逐艦 夕雲(ユフグモ)|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 伊號第十一潜水艦|株式會社石川島造船所ニ於テ建造 第十七號驅潜艇|川崎重工業株式會社ニ於テ建造 運送艦 伊良湖(イラコ)』
  5. ^ #内令昭和17年3月(2)pp.20-21『内令第四百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月十四日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第十驅逐隊|夕雲、巻雲|』
  6. ^ #内令昭和17年3月(4)p.42『内令第五百二十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十驅逐隊ノ項中「巻雲」ノ下ニ「、風雲」ヲ加フ|』
  7. ^ #内令昭和17年4月(4)p.3『内令第六百五十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年四月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十驅逐隊ノ項中「夕雲」ノ上ニ「秋雲、」ヲ加フ』
  8. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四驅逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一驅逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  9. ^ a b #内令昭和19年7月p.13『内令第八三八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年七月十日海軍大臣|第四驅逐隊ノ項中「満潮」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第十驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  10. ^ #内令昭和17年8月(4)p.11『内令第千六百二十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年八月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第三十一驅逐隊|長波、巻波| 』
  11. ^ #内令昭和17年10月(1)pp.1-2『内令第千八百二十四号 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「睦月」ヲ削ル|第三十一驅逐隊ノ項中「巻波」ノ下ニ「、高波」ヲ加フ』
  12. ^ #内令昭和18年1月(2)p.25『内令第四十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年一月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項中「巻波」ノ下ニ「、大波」ヲ加フ』
  13. ^ #内令昭和18年2月(4)pp.48-49『内令第三百十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年二月二十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第五驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、天霧、夕霧」ヲ加フ|第二十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二十二驅逐隊|皐月、水無月、文月、長月| |第三十一驅逐隊ノ項中「大波」ノ下ニ「清波」ヲ加フ』
  14. ^ #内令昭和19年2月(2)p.18『内令第三百十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年二月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項中「長波、巻波、大波」ヲ「長波、岸波、沖波、朝霜」ニ改ム』
  15. ^ a b c d e #秘海軍公報昭和19年11月(3)pp.4-5『内令第一二七一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月十五日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「清霜」ノ下ニ「朝霜」ヲ加フ|第七驅逐隊ノ項中「潮」ノ下ニ「、霞」ヲ加フ|第十八驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、初霜、若葉」ヲ「初春、初霜、時雨」ニ改ム|第三十一驅逐隊ノ項中「長波、朝霜、岸波、沖波」ヲ「長波、岸波、沖波、濱波」ニ改ム|第三十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「冬月」ノ下ニ「、涼月、若月」ヲ加フ|第四十三驅逐隊ノ項ノニ左ノ一項ヲ加フ| |第五十二驅逐隊 桑、檜、桐、杉、樫| |第六十一驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  16. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|第七驅逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十驅逐隊及第三十一驅逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル』
  17. ^ #内令昭和18年8月(3)p.24『内令第千七百七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年八月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第三十一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第三十二驅逐隊|涼波、藤波、早波| 』
  18. ^ #内令昭和18年10月(1)p.11『内令第二千三十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月一日海軍大臣嶋田繁太郎|第二十七驅逐隊ノ項中「時雨」ノ下ニ「、五月雨」ヲ加フ|第三十二驅逐隊ノ項中「早波」ノ下ニ「、玉波」ヲ加フ』
  19. ^ #内令昭和18年12月(2)p.46『内令第二千六百八十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十一驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十二驅逐隊ノ項中「玉波」ノ下ニ「、濱波」ヲ加フ』
  20. ^ #内令昭和18年7月(1)p.37『内令第千三百十一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年七月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  21. ^ #秘海軍公報昭和19年8月(4)p.3『内令第九五九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年八月十五日 海軍大臣|第一驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第二驅逐隊|早霜、秋霜、清霜| 』
  22. ^ a b #秘公報昭和20年2月(2)pp.20-21『内令第一一一號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年二月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「時雨」ノ下ニ「、朝霜」ヲ加フ|第四十三驅逐隊ノ項中「桃、」ヲ削ル|第五十二驅逐隊ノ項中「桑、」ヲ削ル』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C12070108700 『昭和16年1月~6月達/達昭和16年2月(1)』。
    • Ref.C12070149700 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年2月』。
    • Ref.C12070161300 『昭和17年1月~3月内令1巻/昭和17年3月(2)』。
    • Ref.C12070161400 『昭和17年1月~3月内令1巻/昭和17年3月(3)』。
    • Ref.C12070162400 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年4月(4)』。
    • Ref.C12070175100 『昭和18年1月~4月内令1巻/昭和18年1月(2)』。
    • Ref.C12070175600 『昭和18年1月~4月 内令1巻/昭和18年2月(4)』。
    • Ref.C12070164700 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月(4)』。
    • Ref.C12070165700 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(1)』。
    • Ref.C12070177800 『昭和18年5~6月内令2巻/昭和18年5月(7)』。
    • Ref.C12070178900 『昭和18年7~8月 内令3巻/昭和18年7月(1)』。
    • Ref.C12070179700 『昭和18年7~8月内令3巻/昭和18年8月(3)』。
    • Ref.C12070181100 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(1)』。
    • Ref.C12070181500 『昭和18年9~10月 内令4巻/内令昭和18年10月(5)』。
    • Ref.C12070182500 『昭和18年11~12月内令5巻/昭和18年11月(6)』。
    • Ref.C12070182700 『昭和18年11~12月内令5巻/昭和18年12月(2)』。
    • Ref.C12070194500 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年2月(2)』。
    • Ref.C12070195500 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年7月』。
    • Ref.C12070496200 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/8月(4)』。
    • Ref.C12070497900 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報号外/11月(3)』。
    • Ref.C12070503600 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。
    • Ref.C12070503900 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/2月(2)』。
    • Ref.C12070504700 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/4月(3)』。
    • Ref.C12070505000 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/5月(3)』。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0461-X
  • 雑誌「丸」編集部『軍艦メカ4 日本の駆逐艦』光人社、1991年。 ISBN 4-7698-0564-0
  • 片桐大自著『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 秋元実 編『ウォーターラインガイドブック 日本連合艦隊編』改訂版、静岡模型教材協同組合、2007年10月改訂。 JANコード 4945187990224
  • 雑誌「丸」編集部『日本の駆逐艦オール大百科』潮書房光人社、2014年。
  • 牧野茂、福井静夫 編『海軍造船技術概要 上・下』今日の話題社、1987年。