春雨型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春雨型駆逐艦
IJN Murasame at Sasebo Taisho 8.jpg
基本情報
種別 駆逐艦
運用者  大日本帝国海軍
就役期間 1903年 - 1923年
前級 白雲型駆逐艦
次級 神風型駆逐艦 (初代)
要目
常備排水量 375トン
全長 69.2 m
最大幅 6.6 m
吃水 1.8 m (平均)
ボイラー イ号艦本式缶×4缶
主機 レシプロ蒸気機関×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 6,000馬力
速力 29ノット
航続距離 1,200海里 (10kt巡航時)
燃料 石炭100トン
乗員 62名
兵装 40口径7.6cm砲×1門
40口径5.7cm砲×5門
・45cm単装魚雷発射管×2基
テンプレートを表示
春雨艦型図

春雨型駆逐艦(はるさめがたくちくかん、英語: Harusame-class destroyers)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級。第二期拡張計画に基づき、初の国産駆逐艦として、明治33年明治36年度計画で計7隻が建造された[1]

来歴[編集]

大日本帝国海軍は、第一期海軍拡張計画において駆逐艦の導入に着手し、まず明治29年30年度計画で、イギリスヤーロウ社に雷型イギリス海軍B級の準同型艦)、ソーニクロフト社に東雲型(イギリス海軍D級の準同型艦)を発注した。続く第二期海軍拡張計画でも、ヤーロウ社に暁型、ソーニクロフト社に白雲型が発注された[1]

1897年の計画策定時点では、同計画での駆逐艦建造はこれで打ち止めになる予定であったが、1900年、水雷艇母艦兼工作艦1隻の建造を中止するかわりに駆逐艦4隻を追加、1903年には、更に雑役船6隻のかわりに駆逐艦3隻を追加することとなった。これらは全て国産化されることになり、これによって建造されたのが本級である[1]

設計[編集]

国産艦とはいえ、基本的にはイギリス駆逐艦のコピーの域を出ないものであった[2]。ヤーロウ社製の雷型をベースとして、ソーニクロフト艦の長所も採り入れるかたちで設計されており[3]、前半部はヤーロウ艦、後半部はソーニクロフト艦を模している[1]

ボイラーとしては、ヤーロウ式ボイラー英語版を元に改良設計した艦本式缶(後のイ号艦本式缶)が採用された。また主機械も、ヤーロウ式の3段膨張4気筒レシプロ蒸気機関をもとにして、復水器への送水方法など一部に改正を施したものとなったが、基本寸法は踏襲されている。蒸気性状は雷型(圧力17.6 kgf/cm² (250 psi)、飽和温度)と同様であった[3]。ただし所期の馬力・速力に達しない艦もあった[1]

装備[編集]

兵装は、同じ第二期海軍拡張計画で建造された暁型の構成・配置が踏襲されており、艦砲として司令塔上に40口径7.6cm砲(安式十二斤速射砲)1門、また副砲として40口径5.7cm砲(山内式六斤速射砲)を上甲板後端に1門と両舷に2門ずつ設置した[4]。また6番艦以降は57mm砲を28口径7.6cm砲(短十二斤速射砲)に変更して砲力を強化し、1~5番艦も後に同様に換装した[1]

水雷兵器については従来の装備が踏襲され、上甲板後部の中心線上に2個の旋回台を設け、これに人力旋回式の45cm魚雷発射管を1門ずつ設置した。魚雷としては、当初は冷走式の三二式、その後は乾式加熱装置を備えた三八式二号と、いずれもホワイトヘッド魚雷の系譜である[4]

同型艦[編集]

春雨(はるさめ)[編集]

1903年(明治36年)6月26日横須賀造船廠で竣工。1911年(明治44年)11月24日三重県的矢湾で荒天により擱座沈没。同年12月28日、除籍。1912年(大正元年)8月1日、沈没のまま売却。

村雨(むらさめ)[編集]

1903年(明治36年)7月7日、横須賀造船廠で竣工。1922年(大正11年)4月1日、特務艇(二等掃海艇)に類別変更。1923年(大正12年)4月1日、雑役船(魚雷標的船)に編入。翌年2月14日、廃船。

速鳥(はやとり)[編集]

1903年(明治36年)8月24日、横須賀造船廠で竣工。1904年(明治37年)9月3日旅順港閉塞作戦中、小平島南方で触雷沈没。1905年(明治38年)6月1日、喪失公表[5]。同年6月15日、除籍。

朝霧(あさぎり)[編集]

1903年(明治36年)9月18日、横須賀造船廠で竣工。1922年4月1日、特務艇(二等掃海艇)に類別変更。1923年(大正12年)4月1日、雑役船(魚雷標的船)に編入。翌年2月14日、廃船。

有明(ありあけ)[編集]

1905年(明治38年)7月30日、横須賀造船廠で竣工。1924年(大正13年)12月1日、除籍。翌年4月10日、廃船認許。同年11月12日内務省に移管、東京水上警察署取締船となる。

吹雪(ふぶき)[編集]

1905年(明治38年)2月28日呉海軍工廠で竣工。1924年12月1日、除籍。1926年(大正15年)5月5日、売却。

霰(あられ)[編集]

1905年(明治38年)5月10日、呉工廠で竣工。1924年4月1日、除籍。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 中川 1992.
  2. ^ 石橋 1992.
  3. ^ a b 阿部 1992.
  4. ^ a b 高須 1992.
  5. ^ 『官報』第6574号、明治38年6月1日。

参考文献[編集]

  • 中川, 務「日本駆逐艦史」、『世界の艦船』第453号、海人社、1992年7月、 20-21頁。
  • 石橋, 孝夫「船体 (技術面から見た日本駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第453号、海人社、1994年2月、 160-165頁、 ISBN 978-4905551478
  • 阿部, 安雄「機関 (技術面から見た日本駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第453号、海人社、1994年2月、 166-173頁、 ISBN 978-4905551478
  • 高須, 廣一「兵装 (技術面から見た日本駆逐艦の発達)」、『世界の艦船』第453号、海人社、1992年7月、 174-181頁。
  • 福井, 静夫 『写真日本海軍全艦艇史』資料編、KKベストセラーズ、1994年ISBN 978-4584170540
  • 海軍歴史保存会 『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年ISBN 978-4474100589
  • 『艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1』モデルアート社、2006年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1988年。
  • 官報

関連項目[編集]